ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年3月16日水曜日

緊急分析:福島第一・第二発電所の事故情報

筆者は、これからWEB上で公開されている正しい情報と思われるものこのブログからガイドするリンク先をアップします。
読者の皆さんの判断で、その情報をどう解析し、どう利用するかはご自身で決めて下さい。

☆米GE製の福島原発原子炉、安全上の問題を35年前に指摘☆
http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJPJAPAN-20065820110316
☆日本の原発耐震性を不安視 IAEAスタッフ、08年に(⇐ウィキリークス)☆
http://www.asahi.com/international/update/0316/TKY201103160100.html

上記のウィキリークス内部告発(朝日新聞記事)と下記の安全点検申し入れは連動しております。
下記の記事が日本共産党が安全点検申し入れの経緯であり、今回の福島第一原子力発電所の事故シナリオが的中している。
※重要情報:福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ
http://www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2007/20070724_02.html

読者の皆さん下記のUsteramは必ず視聴して下さい。
※重要情報:元東芝原発設計者の後藤氏が外国特派員協会で会見(Ustearm)
http://www.ustream.tv/recorded/13320454

※重要情報:MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説
http://news.livedoor.com/article/detail/5414245/
※重要情報:数日内にIAEAの専門家派遣を(⇐筆者が強く切望していた事である)
http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJP2011031601000091
※重要情報:チェルノブイリ原子力発電所事故(⇐健康被害ケーススタディー)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85#.E5.81.A5.E5.BA.B7.E8.A2.AB.E5.AE.B3

★危機管理★
※重要情報:福島原発、最悪「レベル7」も(⇐海外専門機関の評価)
http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJP2011031601000074
※重要情報:福島原発、最悪「レベル7」も 米シンクタンク指摘
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031601000075.html
※重要情報:福島原発事故はレベル6の可能性、スリーマイル島とチェルノブイリの中間=仏当局
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPnJT886205620110315
※重要情報:原発20キロ地点、放射線量6000倍=住民ら屋内退避中-文科省
http://www.jiji.com/jc/c?g=eqa_30&k=2011031600058
※重要情報:東京電力会見ライブ
http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi

★福島第一原子力発電所の放射能測定情報★
※重要情報:計器メーター振り切れ、放射線計測不能(YouTube)
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/110.html

★各国の対応★
※重要情報:外資系企業、東京や日本北部から社員を脱出させる動き(⇐危機管理の優れている外企業の対応)
http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJPJAPAN-20058720110316
※重要情報:仏、自国民の日本脱出急ぐ…エールフランスで(⇐仏政府指示=対象東京周辺地域在住者)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000172-yom-int
※重要情報:仏政府、東京在住の仏国民に国外退避か日本南部への移動勧告
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20065620110316


★防護策★
※重要情報:米国内でヨウ化カリウムの需要急増 「まず日本へ」と供給社
http://www.cnn.co.jp/usa/30002154.html
※上記関連記事:放射線被ばく被害防ぐ薬、米企業が開発か イスラエル紙報道
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-147313-storytopic-1.html
※重要情報:チェルノブイリからの放射性セシウムこれまでの輸入食品の放射能検査結果
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/4f/chernobyl.html

★被曝量⇒被曝時間が重要である★
※重要情報:個人被ばく線量測定と健康診断(PDF)
http://www.aart.or.jp/pdfdata/sosiki/020824-2.pdf
※重要情報:広島原爆の黒い雨による残留放射能と被ばく線量(⇐今後の気象情報に注意)http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/10/dl/s1029-10m.pdf

★★緊急被ばく医療における被ばく線量評価―内部被ばくを中心として―★★
http://www.remnet.jp/lecture/seminar/H21kisoII01.pdf

日本政府が国民向けに、安全であるという広報活動については、ご自身・ご家族の生命・健康に関わる事なので、正しい情報を収集し、正しい判断と行動をして下さい。
国民が一致団結して、この難局を共に乗り越えて行きましょう。