投稿

2013の投稿を表示しています

筆者のインタビューがWSJに記載されています

TOKYO—Japanese display maker Sharp Corp. 6753.TO -4.41%will issue new shares in a public offering to raise as much as ¥150 billion ($1.5 billion), people familiar with the matter said. Coupled with funds from business partners, that would pay down about 15% of Sharp's interest-bearing debt, but it won't give the company an edge over leaner, more aggressive rivals. The Apple Inc. AAPL +1.06%supplier needs cash to shore up finances hit by two straight years of record losses, pay for a pension-funds shortfall, and please creditors, two of whom have sent executives to sit on Sharp's board. In the pecking order of priorities, investment in growth areas such as air purifiers and power-saving display technology, is unlikely to rank high. "Any money left for forward-looking investments will be spread thin and it won't make Sharp any more competitive," said Yoshihisa Toyosaki, an analyst at Tokyo-based IT consultancy Architect Grand Design. "Given a chance,…

緊急分析:火災のため操業を停止中の韓国SKハイニックス社

韓国SKハイニックス社は、火災のため操業を停止している中国工場の操業を2─3週間以内に再開できる可能性がある。 暫定調査結果を基に明らかにした。 さらに前倒しで再開できる可能性もあるという。 関連記事:http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE98507Q20130906

緊急分析:次世代テクノロジの落とし穴は健康被害(グラフェンは、カーボンナノチューブ)

次世代ハイテクの切り札にも落とし穴がある。 米国Brown University(ブラウン大学)の研究グループによると、未来の半導体材料として期待されているグラフェンが、生体細胞の機能を破壊する細胞毒性を持つことが明らかになったという。 この研究結果が、他の研究機関からも実証されることになれば、グラフェンは、カーボンナノチューブとともに、危険物として分類される可能性がある。 ※関連記事:http://eetimes.jp/ee/articles/1307/25/news051.html

緊急提言:日本の光学メーカーよ、近未来の新たなビジネスを創出せよ!!

残念ながら筆者の未来予測は、外れる事はない。 故に、企業の皆さんは未来予測の先の超未来予測手法で、新産業を送出する必要がある。 その具体的ヒントは「ニッポン半導体再成長させる会」の講演で披露している。聞き手の能力が高ければ、全ての答えとやるべきことは容易に分かるはずである!!   ニッポン半導体再成長させる会の講演は単なるお人よしのボランティア活動で私はやってるのではない。 日本企業再興、世界で勝つためもグランドデザインを無償で提供してる場なのです。 関連記事:日本のカメラメーカー、業績振るわず―ニコンは大幅減益 http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323338404579001422813139910.html?id=fb&reflink=fb

『本日、ブログアクセス330,093を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。 本日、ブログアクセスが330,093を超えました‼ これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。 本年も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。 尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。 ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。 チーフアーキテクト 豊崎 禎久

ウォールストリートジャーナルに筆者のインタビューが記載されています

【ウォールストリートジャーナルのインタビュー記事】 It’s been a humbling year for Sharp, once one of the world’s largest LCD makers. Battered by mammoth losses, Sharp has slashed staff and licensed its best technology to Chinese manufacturers. It has gone cap in hand to potential partners, selling stakes in itself to arch-rival Samsung Electronics Co. 005930.SE -0.31%, and given its banks managerial say in exchange for a lifeline. There is a concern that the loss-ridden firm may face a slow death through marginalization, however, because it still lacks the cash to invest in growth areas. “Sharp has exhausted all partnerships that could give birth to competitive advantages in its products,” Yoshihisa Toyosaki, analyst at Tokyo-based IT consultancy firm Architect Grand Design, said. “Now, they just want the cash.” For months, the maker of displays used in Apple Inc.'s AAPL -1.58%iPads has been looking into various ways to raise funds to survive.

『本日、ブログアクセス325,005を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが325,005超えました‼
これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。

本年も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「リアルタイムな分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

緊急分析:ルネサスモバイルの事業撤退

経営再建中のルネサスエレクトロニクス社6月27日、全額出資子会社ルネサスモバイルの主力で、携帯端末向け無線通信技術の半導体開発を手掛けるモバイル事業から今年末で撤退すると発表した。 海外勢への売却も含めて事業の方向性を検討してきたが、条件が折り合わず売却を断念した。 同事業は2010年にフィンランドの通信機器メーカー、ノキア社からASICチームを核に約2米億ドル(約180億円)で買収した無線通信技術の開発部門を母体として発足した。 第4世代と呼ばれるLTEモデム技術の製品化に取り組んできたが、グローバル市場環境が厳しく、新規開発や拡販の中止を決めた。 買収後の累積損失は約450億円。 ここからも「経営のグランドデザインが無かった事、戦略なき経営実態」が分かるだろう。 市場関係者によると、ルネサスは当初、富士通セミコンダクタとパナソニックがシステムLSIの設計開発部門を統合して設立する新会社への合流を模索していたが、交渉が難航した。 その後、前ルネサスの鶴丸哲哉社長は複数の海外企業と売却交渉に入っていることを明らかにしていた。 旧世代モデム関連製品や量産納入中の製品は供給を継続するが、LTEモデムの研究開発を手掛けるフィンランド、インド、中国での事業を停止する。 ルネサスモバイル全従業員約1900人のうち約75%を占める海外3拠点に在籍する計1430人との雇用契約を解消する見通しである。 ルネサスモバイルの中でも堅調な自動車向け情報システム、産業機器向け事業は強化する。業績への影響は確定次第、公表する予定。

2013年5月28日第二回ニッポン半導体再成長させる会【アンケート集計結果報告】

イメージ

『本日、ブログアクセス321,413を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。 2013.5.28第二回ニッポン半導体再成長させる会の報告もこのブログ内で公開中です。 本日、ブログアクセスが321,413を超えました‼ これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。 本年も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。 尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。 ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。 チーフアーキテクト 豊崎 禎久

満員御礼申し上げます!! 『5.28第二回ニッポン半導体再成長させる会』は240名参加の大盛会で無事終わりました

イメージ
昨日のご挨拶は松沢しげふみ先生、講師陣は太田教授、冨野フェロー、鈴木会長兼社長、田中社長、豊崎。(講演内容は、日本ハイテク企業に復活するために必要な世界最先端な情報を無償で公開しました)司会者は元NHKアナウンサーやがら様、事務局長森様、そしてスタッフの皆様のご厚意に深く感謝致します。今回、この会に日本全国から参加した日本半導体業界(日本企業、日本人)のメンバーは「世界で戦う気持ち」を取り戻し、民間でこれから日本半導体再興に向けて動き出すでしょう。

ウォールストリートジャーナル/ダウジョーンズに筆者のコメントが出ています

安倍首相の先日の第二弾成長戦略会見に対す る筆者の見解が米国ウォールストリ ートジャーナルに記載されていた 。(2日前) Abe Seeks to Get Japanese Businesses to Spend May 17, 2013, 8:01 a.m. ET TOKYO—Prime Minister Shinzo Abe pledged action Friday to encourage businesses to increase their spending as he seeks to turn recent improvements in the economy into sustainable growth. In a speech to business leaders and academics, Mr. Abe said he would remove barriers preventing capital spending and seek to raise it by 10%, to around ¥70 trillion or $680 billion, in three years—the level seen before the 2008 financial crisis. The comments shed further light on the direction the prime minister will take with the next stage of his "Abenomics" policies for invigorating and deregulating Japan's economy, ahead of a more comprehensive announcement planned for June. Gross domestic product figures released Thursday showed better-than-expected growth amid a wave of optimism surrounding the administration's aggressive stance on the economy.…

『本日、ブログアクセス316,377を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが316,377を超えました‼
これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。

本年も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

緊急分析:富士通半導体のバルクセールが開始される

Fcebook内のブログ 安倍首相の成長戦略の介護ロボッ トと医療分野。この成長戦略を 実現するのであれば「半導体」は 必須である。 説明すると長くな専門的に なるので、この解説はここで止めておくが、富士通本 体のITは医療分野に強くそれに 連動させたシステムと半導体ソリ ューションこそ世界で勝つ戦略の コアとなるもの。 しかし、この日 本は半導体を必要とせず支援を行 わない。行うと間違った投資支援 ばかり。 残念だが私の未来予測の 想定内として、富士通本体は半導 体を完全撤退し外資系企業売却さ れる。 TPPが発動される前に日 本は米国の占領下におかれる。 近未来の日本は暗い。富士通半導体 は唯一、日本発で世界で勝てる要 素技術を持っている企業でもある 。 大手デジタルカメラの画像処理 エンジンは富士通半導体から供給 されている。 関連記事⇒http://diamond.jp/articles/-/35388

2013年5月28日『第2回ニッポン半導体再成長させる会開催』の申し込み受け付け開始しました!!

イメージ

緊急分析:韓国サムスン電子、19nmノードのNANDフラッシュメモリ量産開始

Facebook内の分析 韓国サムスン電子、19nmノードのNANDフラッシュメモリ量産開始した。 容量・セル構造は128GビットでTLC(Triple Level Cell)。400Mbit/secのデータ伝送速度を実現するToggle DDR 2.0を搭載している。 セル構造上、データ信頼性の極度の品質保証をしないPC向けのSSDと民生製品がターゲットだろう。 http://eetimes.jp/ee/articles/1304/17/news024.html

緊急分析:Cyber Intelligence Sharing and Protection Act(CISPA)を支持する米国IT業界

Facebook内の分析 米国IT業界の動き。 米国Google、Microsoft、Yahoo社の幹部らなどが属するテクノロジ業界団体は先週、Cyber Intelligence Sharing and Protection Act(CISPA)を支持する意向を示す書簡を米国議会に送付した。 CISPAは、サイバーセキュリティに関する法案で、米国自由人権協会(ACLU)などの団体からはプライバシーに関する懸念が示されている。 関連記事⇒http://japan.cnet.com/news/business/35030825/

『World CEO Network&次世代CEO養成塾』

日本は、優秀な技術やアイデアを持ち、起業する人が増えているものの、起業家を支援する仕組みが海外に比べて圧倒的に不足しています。 「World CEO Network」では、そうした日本の起業環境をよりよいものとし、起業家を支援し、世界に通用する会社を育て、日本を代表する起業家を輩出していくことを目指します。 海外のCEOネットワークとも連携し、グローバルな起業家のネットワークを構築。また、日本において、ビジネス交流やマッチングをはじめ、資金調達の支援や、様々な経営サポート、セミナー 等を行い、世界最大のCEO支援プラットフォームを提供します。 マーク・ザッカ―バーグ氏(フェイスブック創業者)、ビル・ゲイツ氏(マイクロソフト創業者)、ジャック・ドーシー(ツイッター&Square創業者)、トニー・シェイ氏(ザッポス創業者)、クリス・ボリッシュ氏(人気プロバスケットボール選手)らが登場し、プログラミングがいかに彼らの人生を変えたかを振り返り、プログラミングは思おうほど難しいものではないと語っています。 また、プログラマーが今後、社会で不足することが分かっているにもかかわらず、いかにプログラミングが学校教育で教えられていないかをウェブサイトでは指摘しています。 私達World CEO Networkは、彼らのメッセージ動画を流すことで、米国非営利団体「Code.org(コードドットオーグ)」の活動を日本中に知っていただきます。私達は、この活動を伝える時間とコストを通して、この活動を支援していきます。 ※詳細⇒http://synbridge.jp/wcn/ 開催日時:2013年4月25日(木) 18:30~受付  19:00開始 場所:場所:明治記念館 新館2階 富士の間(1,000人収容可能) 式次第:     18:30~19:00 受付     19:00~19:30 サプライズ動画メッセージ     19:35~19:50 「World CEO Network&次世代経営塾」/「Life is Tech!            (水野代表より説明)」活動についてのご紹介     19:50~20:15  関係者様挨拶/乾杯/     20:15~21:00 歓談/大抽選会 (一等グアムペア招待他豪華賞品用意)     21:…

緊急分析:日本に吹く最後の神風に乗れ!!

Facebook内の分析 安倍首相の「日米同盟」関係再構築は、日本経済にもプラスとなる。韓国財閥企業の50-60%は米国投資家である。 日本 vs 韓国の構図は実は、日本 vs 米国である。 朝鮮半島問題や米国企業を脅かす韓国企業(韓国サムスン電子、現代自動車など)は米国に愛想を尽かす。 これが日本に吹く最後の神風となる!! 関連記事⇒http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20130411/347163/

緊急分析:PC終焉、ポストPCはモバイルデバイス!!

Facebookの分析 PC市場データで最も信頼がおけるが米国IDC社である。同社の調査報告書が昨日リリースされた。 PCメーカーの凋落、CPUメーカーIntel社の凋落はモバイルデバイスのタブレットとARM社が創りだしたポストPCが現実となったからである。 成功体験に固執する企業と経営者はハイテク市場から消える運運命にある。テレビ事業に固執する企業にも言える事である。 【IDC社調査報告書引用】IDCは以下のように述べている。⇒景気が緩やかに改善し、「Windows 8」を搭載するPC新機種が登場したにもかかわらず、PC出荷台数はすべての地域で前年同期から大幅に減少した。 減少を続けるミニノートPCの出荷台数がローエンド市場の出荷台数の大半を奪い、その一方で、個人消費はタブレットとスマートフォンに流れ続けている。 タッチ機能や超薄型システムを提供するPC業界の取り組みは、価格や部品供給という従来の障壁、さらにWindows 8に対する反応の少なさによって妨げられてきた。 PC業界は、PCをほかの製品と差別化する革新を判別して、消費者にPCの購買意欲を起こすのに苦労しており、その代わりに、扱いにくい、または高価だと認識される変化に対する大きな抵抗に直面している。 世界PC出荷台数の地域別の内訳は以下の通り⇒米国市場では、前年同期比で12.7%減、前期比で18.3%減だった。 総出荷台数は1420万台に減少した。 四半期出荷台数は、2006年第1四半期以降で最低の水準に達した。 EMEA(欧州、中東、アフリカ)地域は2013年第1四半期、予想よりも悪い2桁の急減を記録した。 関連資料⇒http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE93A00J20130411

緊急分析:コリアンリスクが始まる

Facebook内の分析 「コリアンリスク回避が始まる」。米国GM社は北朝鮮による韓国攻撃を警戒した対策を進める。 日本企業の動きは?この事態をSFと考えているのだろうか?特に、韓国サムスン電子に協力すべくスオン周辺に進出した機能材料メーカーの対応は? 関連記事⇒http://response.jp/article/2013/04/08/195456.html

『本日、ブログアクセス310,238を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが310,238を超えました‼
これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。

本年も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

『第2回ニッポン半導体再成長させる会のご案内は近々行います』

第2回ニッポン半導体再成長させる会の開催は、本会の事務局の森(サポート小出)で日程調整中です。テーマ及び講師陣4名、モデレーターは既に決定しております。  本セミナーは、日本ハイテク産業支援活動のプログラムで、有志の協力で「無償」です。  前回は、テーブル席の為、220名集客でしたが、今回は集客数が大幅に増える事が予想される為、最大定員350名を予定しております。 注意:アジア企業からの参加は事前登録の段階でお断りさせて頂きます。 2013.11.16第1回ニッポン半導体再成長させる会キックオフの結果と要望。 リンク先⇒http://a-gd.blogspot.jp/2012/12/20121116.html

緊急分析:ドラゴン市場のドラゴン仕様のスマートフォン戦略

Facebook内の分析 中国のスマートフォンのトレンドをお教えしましょう。 日本人の様に小型が好きではなく、タブレットとスマートフォンは使い分けをせず、1機種を所有。 ガラパゴスならぬ「ドラゴン市場(中国独自)」である。 故に、韓国サムスン電子のGalaxynote(ペン入力と音声通話も可能)が中国と香港で爆発的売れている。中国人はペン入力が好きなのである。 このペン入力技術は日本のワコム社(韓国サムスン電子はこの企業にも資本参加)。 本来、Android、ペン入力スマートフォンは日本企業が世界初でやるべき事、その事例はシャープのPDAZaurusにあり。  愚かな日本、故に破綻への地獄道を自ら選択している。軍師なき日本企業は、グローバルでは永遠に勝てない。 台湾ハイテクメディアDigiTimesによれば、台湾Innolux社は中国Huawei Technology社のスマートフォン「Ascend Mate」向けに6.1型パネルの出荷を開始した。 出荷枚数は月産30万枚以上になる見込み。Ascend Mateは2013年中に中国市場で販売が開始される予定だが、Innolux社の携帯端末向けパネルの売上増に寄与するとみられている。 また、Innolux社は米国Amazon社のスマートフォン向けLCDのサプライヤーに選定された他、フィンランドNokia社の携帯端末用パネルの30~35%を供給する最大のサプライヤーにもなっている模様である。

緊急分析:SNSの台頭で米国自動車市場にも変化が顕れる

Facebook内の分析 米国の若者の動向調査(米国政府統計)するとここ数年で14~34歳の年齢層は運転免許を持っていない比率が高まっている。 大きな理由は不況と中間層が貧困層に落ちている事、失業率が以前高止まりしている、仕事がない⇒職場に行く必要がない⇒自動車で通信する人が減少している。 これ以外の要因は? 仕事に就いている若者でも最近の傾向として、以前より車の運転をしなくなっている事も事象として顕れている。 この背景にはブロードバンドITインフラ普及と"SNS"の台頭が関係しているものと思われる。 人のコミュニケーションは、以前ほど直接会わずに、メール、チャット、スカイプ、SNSなどの代替え手段を活用している。 特に、デジタルネィテブ世代はこれに該当する。故に、金銭だけでなく、デジタル社会へのシフトで、米国でさえ自動車を運転する機会が減少していると筆者は分析している。 更に、大きな社会変化は米国も高齢化社会に向かい高齢者は運転をしないという事もある。  「自動車が成長分野と突き進むモデル、経済依存は極めて近未来は危ないという事を警鐘しておこう」。 現在の自動車メーカーはテレマテマテッスシステムか開発に主眼を置いているが、日本自動車メーカーの開発は米国ほどうまくいっていない。 それは何故か? ITと通信、そのクラウド処理技術が弱いからである。 今後自動車メーカーはSNSで自らのオンライサービスを立ち上げ、ストリーミングの音楽、映像配信(ロケーションの地域と連動した情報配信は当たり前)の双方向のテクノロジーを必要とする。 これを実現するのは「半導体」である。日本半導体敗北は、近未来の日本自動車の敗北となる事も警鐘しておこう。

『2013年4月25日のWorld CEO Network & 次世代CEO養成塾 設立記念パーティーのご案内』

皆様 人(人材・人脈)+モノ(テクノロジー&ビジネスモデル)+"金"=グローバルでの新産業を送出します。  有償記念パーティーとなりますが、ご興味がある方は、是非ご参加下さい!! 【記念パーティーの詳細】 「World CEO Network & 次世代CEO養成塾 設立記念パーティー」 http://synbridge.jp/wcn/

緊急分析:中国サンテック社のデフォルトから破綻

Facebook内の分析 ついに、Xデーが来た。 中国政府 支援も間に合わず。太陽光発電メ ーカー世界一の中国サンテック社 の「デフォルト」。 太陽光発電は 利益の出ない市場、そうしたのは デフレ構造を作り出した中国企業 の戦略。因果応報である。 中国サンテック社が破綻処理に入る。 日本人 はこれを見て笑うのではなく、ま ずは日本電機メーカーがデフォル トし、日本国家再建に失敗すれば 国家がデフォルトする可能性もあ る事も警鐘しておきましょう。 関連記事 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130321/k10013340491000.html 関連記事 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130321/k10013340491000.html

緊急分析:ASETのドリームチップ開発はほぼ失敗

Fcebook内の分析 日本の国プロとしての"ASETのドリームチップ(TSV技術を採用した3D 複合LSI構造)"は、ほぼ開発失敗。この技術での量産化は課題が多い。 3D実装ではベルギーのIMEC社が先行している。 日本の言う産官学の国プロは、国民の税金の無駄使いとも言える。 企業連携をさせるのであれば、要素技術と「アプリの出口戦略」を持った強者連合体を構築しないとプロジェクトは成功しない。  私の進める次世代映像技術もTSVによりメモリバンド幅を稼ぎだす。 2008年に基調講演でもTSVの評価は起こったがASETの技術は筋が悪い。 モバイル用APもDRAM・NANDの3D積層が量産される。 それはXデー。 (ED社記事引用)⇒超先端電子技術開発機構(ASET)は2013年3月8日、「ドリームチップ・プロジェクト」の最終成果報告会を開催した。 まず仏Yole Developpement 社長兼CEOのJean-ChristopheEloy氏が基調講演に登場。 スマートフォン向けTSV/3D技術の有望デバイスとして、MPU/GPU、積層メモリ、ベースバンドモジュール、オーディオ、パワーマネージメント、ディスプレイドライバ、カメラセンサ、MEMSなどを挙げた。 TSV/3D技術の市場予測として、「2017年には400億ドル規模になる」との見通しを示した。 三次元集積化技術研究部長 池田博明氏の同プロジェクトの概要説明によれば、2008年度から5年間の実績は、特許出願が78件、学会発表が243件、論文投稿13件となったが、このうち受賞実績は2回のみだった。 また、地域別の産学連携・研究機関の動向として、欧州は2.5Dから3D、Siフォトニクスの開発へシフト。米国は統合設計環境重視の姿勢で、やはり3DとSiフォトニクスに注力している。 アジアでは、「中国が製造装置と薬液の内製化と産学連携を本格化させている」(同氏)と報告した。一方、TSV/3D技術の実用化に向けた課題として、統合設計環境やWafer Support Systemの改善、Pre/Post-Stackテスト手法の確立、サプライチェーンの構築、裏面処理の改善、熱・応力解析と設計のリンクなど多岐にわたる点を指摘。 課題は依然山積している点を強調した。

緊急分析:中国太陽電池メーカー(世界一企業)サンテック社の経営危機

Facebook内の分析 日本の技術(MSK社買収)による世界一の太陽電池メーカーになった中国サンテック社が経営危機である。 中国勢は自らマーケット価格を破壊し、供給過剰の構図を作り、米国太陽電池メーカー数社を倒産に追い込んだ。 そして、世界一の中国メーカーが破たん寸前である。 この企業は10年長期保証を打ち出し、日本での販売促進も進めている(このような馬鹿げた販売促進戦略は犯罪に近い)。 中国政府は、サンテック社の支援に乗り出す。 ここも国策。太陽電池産業がいかにビジネスモデル上、崩壊し政府主導の補助金(FITも同様)でしか成立しないか、日本の国民y政治家の皆さんも正しく理解すべきだろう。 関連記事 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE92C00520130313

緊急分析:EVは地球環境を破壊するが現実の世界!!

Facebook内の分析
皆さんも現実の世界に目を向けては如何でしょうか?
日産、マスコミ、政府が言う「EV」は環境適合車、エコカーというのはホントですか?
日本の場合、EVは原発というエネルギー源を前提の仕組み作り。
EVはクリーテック?
確かにCO2は出しませんが、3.11福島第一原発事故(日本は地震大国)が発生し、この5-10年以内に健康被害も出てくるでしょう。
EV搭載のリチウムイオン二次電池の原材料リチウム採掘の為、地球環境を破壊し、水源汚染。採掘者による原住民の追い出し(リチウムは国際紛争地域が資源国)、最悪土地だけでなく命も奪われている。 
 EV推進国インドの実情は? 
EV用電力を創る為に、石炭による火力発電強化で大気汚染。
現在の中国の大気汚染PM2.5問題が発生し、地球の気象変動化を加速している。 
EVはエコ? 
これはまやかしにしか過ぎない。 
テクノロジーを過信するものはテクノロジーにより滅ぼされる運命。 
そして、テクノロジーには善と悪の側面があり、利益を得たという我欲に捕りつかれると心もダークサイドに落ちる。 
このインドのEV社会の盾の現実(火力発電)=日本のEV推進(原発)という矛盾を生む。

関連記事 http://indonews.jp/2013/02/co2-20.html

緊急分析:未来の必須UIはAI音声認識技術

Facebook内の分析 米国グーグル社による企業買収。 "SNS"+技術が近未来のビジネスでは必須となる。 カナダに拠点を置く従業員数3名の研究企業DNNresearch社を買収した。 この企業は音声認識と画像認識を専門としている。 ※関連資料 http://japan.cnet.com/news/business/35029415/
Facebook内の分析 日本はアフリカの拠点は何処におくのか? 日本ハイテク産業界は戦略視点で考える時期だろう。 既に韓国サムスン電子や中国勢は拠点を作りネットワークを構築中である。 アフリカと日本の距離は遠く日本は中継点として欧州かトルコに信頼関係を強固にすべきである。 何故か? アフリカの中間層は3.3億人。 南アフリカ、モザンビーク、ケニア、ナイジェリア、ガーナは成長地域となった。 アフリカの携帯電話契約数は2000年の1500万台から2010年には5億台、ローエンドではあるが今後急速にスマートフォンなどモバイル端末にリプレイスがかかる。 アフリカでもモバイル端末は生活の必需品となった。今ではマサイ族も携帯電話で会話をする時代。 巨大市場の開拓は自ら行うもの。今回の日揮の事件は不幸な出来事だが、日本国が東アジアだけでなく、アフリカにも積極的に関与する時が来た。 中国は資源外交だけでなく、ファーウェイ社会やZTE社に通信インフラ整備を展開させている。か ※関連資料http://www.jetro.go.jp/world/africa/seminar_reports/pdf/201212_material_oki.pdfhttp://www.jetro.go.jp/world/africa/seminar_reports/pdf/201212_material_oki.pdf

緊急分析:自由民主党サービス産業振興議 員連盟」の設立準備を進める

Facebook内の分析 「自由民主党サービス産業振興議 員連盟」の設立準備を進めるとの事。 昨年の11.16ニッポン半導体再成長させる会のキックオフ、筆者講演のコンテンツ産業が世界を支配する‼を拝聴頂きたかった。 コンテンツをベースにしてITサービス産業"を考えないと実事業者では成功はしない。METIはこの事を理解出来ていないだろう。 そして、テクノロジーコンバージェンス、サプライチェーンと影響(半導体、ディスプレイ、通信、モバイル、パーソナルクラウド、UIなど)の未来が読めなければ米国には勝てない事を申し上げて行う。 社会インフラ整備こそが次世代サービス産業を生み出せる戦略である事を!! 日本の電通(関連する放送や企業広告などモデル)という産業もITとSNSで近未来完全崩壊する。この事は、電通や博報堂、ADKは戦々恐々としているだろう。  近未来のテクノロジー(SNSも含まれる)を理解しなければ、日本にグローバルで稼ぐ出すサービス産業など生まれないことは、ここに明言しておこう。

『本日、ブログアクセス305,615を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが305,615を超えました‼
これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。

本年も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

緊急分析:2013年為替レート(日本:円)の未来予測

Facebook内の分析 今日の朝(2013.3.15)、筆者はある方から質問を受けた2013年に為替レートはどうなるか? 過去の未来予測と2013年の見方を検証して貰えれば、筆者の未来予測(エコノミスト側の顔)では、2010~2012年(野田内閣存続敷きまで「円高」に振れ、ピーク70円台前半まで突入し、70円を割ることはない。 このハイテク産業界の未来予測~アーキテクのブログ~の2012年元旦の分析で、この年の年末まで野田内閣は倒れ、自民党政権に逆ブレする。 ここで潮目が変わり、一時的に円安に動く2013年ピークは100円前半まで突入するが平均は90~95円台を推移、しかしTPP交渉参加し年が変る頃には円高に再度動き始める...と未来予測にブログ(過去)とクライアントに伝えている。 何故、為替レートを予測しなければならないか? それは世界半導体市場予測や各種デバイス、アプリケーションの市場予測をする場合、各国の企業動向とシェアの推計、最終的には予測の積み上げの基礎となる為替レートがシミレーション上、必要となる。 そして、為替レートは、政治や政策以外に、エネルギー(資源問題)や軍事(地政学上)の要因も考慮しなければならない。

緊急分析:米国政府のサーバー戦争への備え

"Facebook内の分析" 米国ホワイトハウスは、サイバーアタックに関する警戒を高め、自国と国内企業を守る法律を強化する。 流石に、テクノロジーの未来と戦略を理解している米国の早い動きである。 近未来はテクノロジーを知らずして、国家経営も戦争(基本回避すべき事)も出来ない。 最終判断する政治家もテクノロジーのブレーン、軍師をつけないと判断を誤り、国を滅び事になる。 テクノロジーでビジネスを稼ぐ出し、テクノロジーに翻弄される人間と国家。 筆者の未来予測からは誰も回避できない。 米国は、適切にその対応を進めている。 結論は、サイバーアタックは「宣戦布告とみなす」となろう。これが近代戦の末路となる。 ※関連記事:米政府が企業秘密の積極的保護を表明、中国など念頭か http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE91K01220130221

緊急分析:米国はハイテクの無人戦術にシフトする

米国の軍事システムと軍人の評価システムは大きく変更される。 ハイテク機器を使いこなせる軍人が評価される制度。 それは、ハイテク無人機を遠隔で操作するオペレーターである。韓国も無人機投入が決定されている。 日本は潜在的にゲームのプロとしての若者が優秀なオペレーターがいる。 しかし、彼らはオタクとして評価されない。 今後は、ハイテク戦争、サイバー戦争が主たる前哨戦になる以上、オタクを最大限活用し、評価するこ事は引きこもりやニート対策となるだろう。  米国は未来予測とテクノロジーを連動させた国家戦略で次世代戦の準備を進めている。自国民の兵士の失う事がないのが無人機よる攻撃。 但し、日本には自国のGPS衛星を保有していないので、自国システムを組み上げる事は出来ないが...。 米国のテクノロジーは「ミリタリー」の要求が創り出し、デスバレーに落ちているテクノロジーを商用化への道を作るのである。  日本のハイテクベンチャーが育成出来ないのは、このデスバレーから這い上がる市場を創り出す(国が強制的)システムがないからである。  ※関連記事:米国防長官「戦争の方法に変化」、無人機操縦士などに新勲章 http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE91D03520130214

『本日、ブログアクセス300,059を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが300,059を超えました‼
これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。

本年も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

緊急分析:インドEV推進が大気汚染を悪化させている

日産、マスコミ、政府が言う「EV」は環境適合車、エコカーというのは本当だろうか? 日本の場合、EVは原発というエネルギー源を前提の仕組み作り。EVはクリーテック? 確かにCO2は出しませんが、3.11福島第一原発事故(日本は地震大国)が発生し、この5-10年以内に健康被害も出てくるでしょう。 EV搭載のリチウムイオン二次電池の原材料リチウム採掘の為、地球環境を破壊し、水源汚染。 採掘者による原住民の追い出し(リチウムは国際紛争地域が資源国)、最悪土地だけでなく命も奪われている。 EV推進国インドの実情は?  EV用電力を創る為に、石炭による火力発電強化で大気汚染。現在の中国の大気汚染PM2.5問題が発生し、地球の気象変動化を加速している。  EVはエコ? これはまやかしにしかすぎません。 テクノロジーを過信するものはテクノロジーにより滅ぼされる運命となる。  そして、テクノロジーには善と悪の側面があり、利益を得たという我欲に捕りつかれると心もダークサイドに落ちる。  このインドのEV社会の盾の現実(火力発電)=日本のEV推進(原発)という矛盾を生み出している。 ※関連記事:電気自動車充電のCO2排出量、インドは世界最悪の水準 http://indonews.jp/2013/02/co2-20.html

緊急分析:2012年世界半導体予測(売上高・成長率)は誰が正しかったか?

イメージ
2012年世界半導体市場予測(成長率)の答え合わせをそろそろ行いましょうか? 昨日、米国半導体工業会(SIA)が2012年世界半導体市場規模を発表を行った。 筆者の世界半導体予測は、クライアントとFacebookにユーザーには全て、情報開示している。 この程度の半導体市場予測で、費用を頂こうないと思ってはない。 "Facebook内の分析" ‎2012.4月時点(豊崎分析)世界半導体市場予測+成長率。 筆者アナリストの仕事では、年1回しか各分野の市場予測はしない。 アナリストたるもの自身の読みを後で、上方・下方修正するなど見苦しい。 SIA、2012年世界半導体成長率はマイナス2.7%。(添付グラフ)私の世界半導体成長率は昨年の12012年4月予測で"マイナス2.5%"。 ほぼ近似値であった。 昨年の同時期の業界団体と調査会社全て"プラス成長で、2012年が過去最大の売上になると発表した"。 世界のアナリストでこの時点での「マイナス2.5%」成長率は私一人であった。 さて、業界の皆様、どうですか? 未来を正しく読み当てる精度も戦略マーケティングに求められるもの。 ※関連記事:2012年の世界半導体売上高、前年比2.7%減の2916億ドル=米国半導体工業会 http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK832422520130204

筆者のインタビューがワシントンポストに記載されています

筆者のインタビューがワシントンポストに引用されています。 eb. 2 (Bloomberg) -- Sharp Corp. said its operating loss from manufacturing solar cells narrowed in the third quarter as sales in Japan increased following the introduction of a government subsidy for the technology. The loss of 1.9 billion yen ($21 million) for the three months through Dec. 31 compared with a shortfall of 5.3 billion yen in the fiscal second quarter and 6.2 billion yen during the third quarter of 2011. Japan in July started a feed-in tariff guaranteeing above market prices for solar power. Sharp, which started in the solar business in 1959 and remains its oldest major manufacturer, relies on Japan for 80 percent of its sales in the business. It’s trimming operations in the U.S. and Europe because of the losses in the face of competition from bigger Chinese panel makers. “In a fight against Chinese makers, Sharp is not cost competitive,” Yoshihisa Toyosaki, an analyst at Architect Grand Design, an electronics research and consulting …

緊急分析:米国Apple社ビジネスモデルの崩壊

"Facebook内の分析" 米国アップル社のビジネスモデル崩壊を加速する米国アマゾン社、そして米国グーグル社。 米国2強が米国アップル社をタブレットを攻撃する。 新興2社の利益なきタブレット販売の裏には、「パーソナルクラウドの仕掛け」がある。 これで筆者の分析の意味がご理解頂けるだろうか? 日本メーカーなど世界で見ればゴミ。 未来予測では、米国 VS 中華Pad(私の定義)の戦いになる。 日本政府がデフレ脱却と言えどもハイテク世界はデフレ戦争、現実を直視すべきである。 ※関連記事:Googleタブレット「Nexus 10」の国内販売開始 3万6800円から http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1302/05/news055.html

緊急分析:日本国のEV戦略と給電インフラ投資は間違っている!!!

既に、Facebbok側に、日本のEV戦略のミスを多くの政治家の方々に、警鐘している。 METIの日本EV戦略は間違っている。中国は強制的にでもEV国家すべきだが米国はシェールガスでEVを捨て去る戦略に出てくる。 米国国家戦略で創出された米国A123社の中国企業(国営企業)売却決定は、これを決定付けるものである。 米国政府の国策企業売却決定は米国がEVを主力戦略におかず、EVインフラ整備をしないというメッセージがA123社である。 日本の自動車メーカーは、より地域マーケティングのリサーチとインテリジェンス能力が問われる事になる。 国家戦略の失敗はグローバルでの日本企業のポジションを悪くする。 ※関連記事:中国企業の米国電池ベンチャー買収を米当局が承認、1年におよぶ迷走は決着へ http://eetimes.jp/ee/articles/1301/30/news099.html "Facebook内の分析" この米国リチウムイオン電池国策企業ABCA123システムズ社の中国企業(国営企業)買収を承認した意味は何を意味するのか? 米国国家はリチウムイオン電池を主軸にはせず、シェールガスを軸にする。故にEV車普及促進はしないという事であると筆者は分析している。 この背景にはリチウムイオン電池の希少材料は、中国やボリビアなど社会情勢問題や国際紛争地域に原材料があり、米国のエネルギー戦略上、首根っこを押さえられたくないという事が容易に読み取れる。 筆者の主張してきた日本のリチウムイオン電池戦略はEV軸に大きなミスを犯し、これから日本企業は統合再編に向かう。 未来予測を出来ない企業の悲しさである。

緊急分析:シャープ決算の分析

ブルームバーグ社へのシャープ決算関連の筆者のコメントです。 (~引用抜粋~) エース経済研究所の安田秀樹アナリストは昨年10-12月期を「何とか黒字にした印象」とコメント。 「テレビと携帯電話は好調だったが、液晶に足を引っ張られた」と分析し、26億円の黒字は「ほとんどゼロと変わらない」と評した。 アーキテクトグランドデザインの豊崎禎久アナリストも、黒字転換は「固定費削減が中心という印象」と指摘した。 ※関連記事:シャープ:10-12月で営業黒字26億円に-通期赤字は不変 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MHIZ2D6KLVS401.html

緊急分析:シャープ太陽電池事業の未来は?

筆者の米国ブルーバーグ社海外版にシャープの太陽電池に関するインタビュー記事が引用されています。 (~記事抜粋~) “In a fight against Chinese makers, Sharp is not cost competitive,” Yoshihisa Toyosaki, an analyst at Architect Grand Design, an electronics research and consulting company in Tokyo, said by phone yesterday. “Even though the company’s shipments are increasing, unit prices are falling.” That, he said, means that volume increase doesn’t boost profit because panels are cheaper. ※関連記事:Sharp Solar Losses Narrow as Panel Sales Rise in Japan http://www.bloomberg.com/news/2013-02-01/sharp-reports-1-9-billion-yen-operating-loss-in-solar-business.html

ROTHCHILD社の社長との記念写真

イメージ
CHAMPAGNE BARONS DE ROTHSCHILD、Fredreic Mairesse氏(正式な英語表記のタイトルは、Managing Directorである)と筆者。 「世界の未来に乾杯!! 世界は誰のもの?」

『NHK BS1 ASIA BIZ FORECASTに出演』

イメージ
2013年2月3日(日)午前2時オンエアのNHKBS1の英語ニュース"Asia Biz Forecast"に、筆者が出演致しました。 http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/asiabiz/index.html 日本の家電業界、決算についての評価、 今後の見通しなどについて、福島優子キャスターとの対話形式のインタビューです。 尚、再放送は、NHK Worldにて、本日2月4日(月)午後11時10分より放送予定との事です。 (要テレビ番組欄でご確認下さい)

『本日、ブログアクセス297,396を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが297,396を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久 【筆者活動は、Facebookに個人、会社、コンソーシアム4つのカテゴリで、最新分析を公開中です】 尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

『本日、ブログアクセス290,900を超えました!!』

新年明けましておめでとうございます!! いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが290,900を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

本年も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

筆者のインタビューがワシントンポストへ記載されています

2012.12.31の最後の仕事は、米国ワシントンポスト記載記事。                                        ※関連記事:Weak Windows 8 demand eroding PC sales, Fujitsu president says http://articles.washingtonpost.com/2012-12-27/business/36071554_1_pc-sales-fujitsu-president-masami-yamamoto-sales-of-notebook-computers Weak Windows 8 demand eroding PC sales, Fujitsu president says By Naoko Fujimura and Shunichi Ozasa,December 27, 2012 Dec. 28 (Bloomberg) -- Fujitsu Ltd., Japan’s biggest provider of computer services, said the company will miss its annual shipment target for personal computers amid slow demand for Microsoft Corp.’s Windows 8 operating system. Initial appetite for the software, introduced in October, is “weak,” Fujitsu President Masami Yamamoto told reporters in Tokyo yesterday. Slumping demand in Europe amid the sovereign- debt crisis will also erode sales, he said. PC deliveries for the year ending March 31 may be more than 6 million units, compared with an October estimate of 7 million, he said. U.S. ret…