投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

緊急分析:米国Intel社がSoCに本格参入

"Facebook内の分析"
米国Intel社がSoCに本格参入。
超最先端22nm3D-Trで韓国、台湾を迎撃開始する。
Intel社は、スペインのBarcelonaで開催中のMobile World Congressにおいて、スマートフォン向けSoCおよび新たな提携などを発表した。
SoCの新製品としてインテル Atom プロセッサ Z2640/Z2580」を発表し、Z2640は処理速度を2GHzまで向上させている。
このZ2580は、Z2640の2倍の処理速度を実現し、LTE/3G/2Gに対応する。
Z2580は2012年後半にサンプル出荷を開始する予定。
仏OrangeやインドLava International、中国ZTEなどとコンテンツ配信や端末開発において提携したと発表。

緊急分析:日本の光学メーカーのコンパクトデジタルカメラ市場を奪いに来たノキア社のスーパーウェポン

"Facebook内の分析"
日本のスマフォメーカーには出来ないノキア社、4100万画素カメラスーパーウェポン開発した。
ノキア808は、日本の光学コンパクトデジタルカメラを世界市場(日本を除く)で駆逐するだろう。
スマフォ市場の苦境をコンパクトカメラ市場から奪還する戦略である。
SNSとの連動。独カールツァイスレンズ社搭載、静止画4100万画素、動画は 1080p で追尾オートフォーカスに対応。、1ピクセルで7ピクセル分のデータを捉えることが出来るピクセルオーバーサンプリング技術なるものを採用している。
8メガピクセルの静止画や、動画撮影時では、画質を損わずにズームを行うことが出来る。
(1080p動画だと4倍ズーム)
スマフォ初、Dolby Digital Plus for 5.1 channel surround sound playback、F2.4のスペック。

※関連記事:ノキア 808 PureView 発表、4100万画素カメラの Symbian 端末(動画)

http://japanese.engadget.com/2012/02/27/808-pureview/

『本日、ブログアクセスが175,000を超えました!!』

筆者の未来予測通りエルピーダメモリが経営破綻した。
昨日はこのアクセスで1,000件を超えた。
筆者としては、経営破綻は回避して欲しかったがこれも時代の流れであろう。
次なる破綻社はどこか?
既に、その未来予測も公開している。

備えあれば、憂なし。

チーフアーキテクト
豊崎禎久

緊急分析:エルピーダメモリが破綻した、 未来予測通りのシナリオを検証する!!

筆者のシナリオ通りの結果になった事は、極めて残念である。
全ては想定内にしておくべきなのである。
詳細な分析はFacebookにリアルタイムに公開している。
そして、筆者は201年日本の2社の半導体メーカーの経営破綻を未来予言していた。
是非、検証して頂きたい。
信じるも良し、信じないも良し。但し、信じない者は救われないだろう。

【ブログ内の分析検証】
●2012年1月1日
日本と世界への未来予言
http://a-gd.blogspot.com/2012/01/blog-post.html

"Fcebook内の分析"
エルピーダメモリ、実質的な破綻。
筆者のシナリオ通りの展開となってしました。
本日、2月27日中にも東京地裁に申請する見通しである。
2011年末の負債総額は約4800億円。
エルピーダメモリは明日でも上場廃止となるだろう。
次なるシナリオも私の展開になるだろう。

※関連記事:エルピーダ、会社更生法の適用申請へ
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E0E5E2EBE28DE0E5E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
※関連記事:半導体エルピーダ、会社更生法申請へ=提携難航で自主再建断念
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012022700603
※関連記事:
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE81Q04Q20120227
※関連記事:
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M01KPE0UQVI901.html
※関連記事:エルピーダ、更生法申請へ 坂本社長は引責辞任
http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012022701001798.html
※関連記事:
http://sp.reuters.co.jp/article/marketsNews/idJPTK074290020120227
※関連記事:
http://headlines.yahoo.co.jp/…

緊急分析:iPad3の登場でデジタルコンテンツ産業が成長し、アナログコンテンツ産業のサプライチェーンは終焉を迎える

"Facebook内の分析"
‎2011年4Qのモバイルとタブレットの世界シェアは?
液晶パネルデータでは精度の高い米国調査会社DisplaySearch社は、2011年第4四半期のタブレット型端末とノートPC+モバイルPC市場の出荷動向について発表した。
米国Apple社の出荷台数は前年同期比128%増の約2340万台。
このうちiPadが80%以上を占めており、同156%増の1870万台以上となった。
モバイルPC市場のメーカー別世界シェアは、1位がApple社で26.6%を占めた。
2位は米Hewlett-Packard(HP)社で9.9%、3位は米Dell社で7.9%、4位は台湾Acer 社で7.7%、5位は中国Lenovo社となった。
筆者の分析としては、Apple社の構成比を見ればユーザーのモバイルユースはPCからタブレットにシフトしている事が分かる。
2012年に発売されるiPad3は解像度はiPhone4(s)と同等になり、人間の分解能を超えるタイトなものとなる。より、高精細でより映像が綺麗に見える。
コンテンツビジネスの世界もApple側とAmazon側にわかれる。
B2B、B2Cをどうターゲットにするかでビジネス成長が変わる。
紙媒体の新聞や広告、雑誌はiPad3の映像表示能力で必要無くなり、デジタル変革の恐ろしさを思い知らされることになる。
大手広告代理店と制作会社、出版社の時代も終焉を迎えつつある。

緊急分析:日本の光学メーカー心臓部が韓国に奪われた?

ツィーター上に、キヤノンのDIGIC2を指揮した開発責任者が韓国企業に引き抜かれたと噂されている?
噂の人物は、栄木裕二(さかえぎゆうじ)氏とされている。
そして、転職先はサムスン電子と言われている。
このツィーター上に流れる噂は、事実か?
仮に、これが事実であれば、日本の危機であり転職の背景は別として、これは日本に対する裏切りであり日本を危機に陥れる技術流出とな売国奴の行為とも言えよう。
しかしながら、日本国は日本国憲法の職業選択の自由があるから、これは現行法では容認せざる終えない。
今回は、この日本に迫り来る危機を検証をしたい。

※重要情報:キヤノン、映像処理エンジン“DIGIC II”の機能や役割を説明するプレス関係者向け技術セミナーを開催
http://ascii.jp/elem/000/000/348/348570/
※関連記事:Samsung,高感度の新型CMOSセンサー量産へ
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090903/174903/

緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの近未来像は?

ルネサスエレクトロニクス、富士通セミコンダクター、パナソニックセミコンダクター3社統合の前に企業の解体分離、統合が始まるだろう。
メガセミコンダクターからナローセミコンダクターへの転身である。
今回はこれをテーマとして分析する。

【ブログ内の分析】
●2012年2月1日水曜日
緊急分析:末期症状のルネサスエレクトロニクスへの処方箋は?
http://a-gd.blogspot.com/2012/02/blog-post_01.html

※関連記事:ポスト・エルピーダの半導体産業システムLSI再編成への「最終政策」
http://diamond.jp/articles/-/16390

緊急分析:日本半導体システムLSI統合の方向性に関して見解

筆者のロイター通信社に対する見解である。

<世界に通用する製品企画力・マーケティング力が必要>


垂直統合型もそれ自体が悪いわけではない。半導体最大手のインテル(INTC.O: 株価, 企業情報, レポート)は垂直統合型だが、パソコン用演算半導体という特定分野での世界市場を独占することで利益を稼ぎ出している。同じように半導体2位のサムスン電子もシステムLSI事業での量産品が米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)のスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」やタブレット型端末「iPad(アイパッド)」に使われており、特定顧客に入り込むことで急成長を遂げている。

垂直統合型と水平分業型のどちらにせよ、「生き残るために必要なのは、世界に売り込むための製品企画力やマーケティング力、人材だ」と、ハイテク業界のシンクタンク「アーキテクトグランドデザイン」のチーフアーキテクト、豊崎禎久氏は強調する

さらに豊崎氏が具体的に重要だと指摘するのは、「中長期的にどんなアプリケーション(自動車、携帯端末など半導体を搭載するハードウエア)が世界で伸びるかの見極め」だ。例えば、携帯電話用でクアルコムや台湾メディアテック(2454.TW: 株価, 企業情報, レポート)などは強い競争力を持つ。世界の競合相手は特定用途向けの汎用品を開発し、価格競争力のある製品を大量生産して成功している。特化する分野を見定め、自ら新たな市場を創造することが必要とされている。


<統合は外資の参入機会にも>

一方、統合はもろ刃の剣にもなりかねない。国際競争力のある日本の自動車向けなら、擦り合わせ技術やカスタマイズ生産が十分生かせるとの声もある。今後も世界での需要拡大が見込まれ、先端技術を駆使したハイブリッド車や電気自動車なら、システムLSIが活躍する場面も多いはずだ。
だが、部品は複数購買が基本だ。特に震災でサプライチェーンが寸断し、減産を余儀なくされた自動車メーカーにはその志向が強まっており、統合が外資の呼び水になる可能性もある。実際、ルネサスエレクトロニクスが誕生した時、米フリースケールなどに参入の機会を与えることになった。

※関連記事:訂正:復活賭ける日の丸半導体構想、成否の鍵はグローバル戦略

http://sp.reuters.co.jp/article/TechnologyN…

『本日ブログアクセスが170,000を超えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測を閲覧頂き有り難うございます。

緊急分析:2012年1月の中国自動車販売台数は138万9800台

"Facebook内の分析"
世界最大市場となった中国の産業統計を今日は1日ざっと洗い出している。
これは月一回の私の頭のデータベースのリフレッシュである。
中国自動車工業協会が、2012年1月の自動車生産販売台数を発表した。
中国2012年1月の自動車生産台数は、2011年同期比27.47%減の129万9400台。
1月の総販売台数は、2011年同期比26.39%減の138万9800台。
また、1月の自動車輸出台数は、2011年同期比8.32%増の5万6300台となった。 
売上を国別ブランド別に見ると、米国車が唯一販売台数を伸ばしたのみで、中国・日本・ドイツ・韓国・フランス車はすべて販売台数を落とす結果となった。
市場シェアを国家別に見ると中国・日本・フランス車がシェアを落とし、ドイツ・アメリカ・韓国車がシェアを広げている。

緊急分析:日本半導体合従連合の統合は『烏合の衆』となるだろう➂

イメージ
何故、筆者は2006年時点でのマーケットデータを最評価しているのか? 分析は、地域別と製品セグメントの構成比である。 最初の資料で分かるように日本の半導体ビジネスは2006年時点でもグローバル対応できておらず国内7~8割、国外(実は日本電機メーカーの海外進出先)も日本企業相手なのである。 そして、重要なデバイスのデザインウィンは、ほぼデジタル民生で成長市場のワイヤレスセグメントの構成比が低い事が分かるだろう。 対する海外リーディング企業(米国Intel社や米国TI社、韓国サムスン電子、仏STマイクロ社)は4地域にバランスよく、地域の電機メーカーにデザインウィンをして売上高が上がっている。 これが、この日本半導体メーカーの構造の大欠陥であり、病巣であった。 ここが日本半導体メーカー(再編前)のピーク年であり、世界でもまだ余力があった時代であった。 ルネサスエレクトロニクス、富士通セミコンダクター、パナソニックセミコンダクターの3社合従連合の統合は効果の無い、親会社のリストラ策に過ぎず持続的成長戦略を描き出せない。 この資料で最も重要コンセプトは5枚目である。 戦略マーケティング能力(インテリジェンス含む)を高める事、人材育成、組織強化する事が日本ハイテク産業の再起動が可能となる時である。

緊急分析:エルピーダメモリ破綻シナリオのシミュレーション

筆者とクライアントは、エルピーメモリの最悪シナリオを想定し、全てを想定内の準備と検証をしている。
これがプロキャメント戦略とベンダー選定手法である。
エルピーダメモリのキャッシュアウトのタイミングと同社のパラメータを複数シナリオとして検証済みである。
2012年3-4月に債務の920億円の償還しなければならない。
世界半導体市場の不況(タイ水害の影響含む)により、エルピーダメモリは、5四半期連続の赤字に転落し、資金はほぼ底を突いているのが実情であろう。
主な取引先に運転資金の支援を求めている状態が続いており、2012年に入りエルピーダメモリは、債権団と債務の借り換えや延長に関する交渉を進めてきたが難航しており、タイミングが悪く経済産業省審議官のエルピーダメモリ(NECエレクトロニクス)のインサーダ疑惑も浮上し、国の関与も極めて難しいであろう。
エルピーダメモリが救済されれば、それはそれで日本半導体産業界としては喜ばしい事であるが、民間企業を支援する上ででは、破綻を想定外とする事態は軍師には絶対に許されない。

※関連記事:UPDATE3: エルピーダ、「3月末までに合意見通し」を短信から削除、財務強化の協議に遅れ
http://sp.reuters.co.jp/article/marketsNews/idJPTK073202620120214
※関連記事:エルピーダ株最安値、支援合意まだで「重要な不確実性」-東京市場
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LZERTC07SXKX01.html
※重要記事:Elpida rumored to be resuming tie-up talks with Toshiba
http://www.digitimes.com/news/a20120216PD209.html

緊急分析:日本半導体合従連合の統合は『烏合の衆』となるだろう➁

イメージ
筆者が考える日本半導体企業の未来は? 特許を検証すると企業の未来が見える。 下記の図表を見れば、日本半導体メーカーがいつの時点で凋落したか分かるだろう。 ルネサステクノロジと富士通セミコンダクターとパナソニックセミコンダクター社の3社統合のシナリオを描いた人物は誰だろうか? 1つ言える事は、グローバル半導体ビジネスを知らない素人が描き出した再編スキームだという事である。



上図の2枚のPPTの様に、未来に単独で生き残れる半導体企業は数社である。 4枚目PPTはプロセスノード毎における半導体設備投資状況である。 半導体プロセスは、40nm以降米国IBM社系列かベルギーIMEC社系+Intel社の2+1つのプラットフォームに集約されている。 筆者のリスト上には、今回の3社統合企業(分割されれば別だが)の名前は、既に2010年時点で無い。
【ブログ内の検証】 ●2012年2月8日水曜日 緊急分析:日本半導体合従連合の統合は『烏合の衆』となるだろう➀
http://a-gd.blogspot.com/2012/02/blog-post_08.html

"Facebook内の分析"
日本半導体陥落、韓国に抜かれ3位。
SoCが不振。
これは不振ではなく事業構造の欠陥。
1994-1997年外資系半導体メーカーの戦略マーケティングの日本潰しの最後の仕掛けがSoC。
日本はこれを薔薇色のビジネスモデルとして事業フォーカス。
ここは日本が1番不得意とする領域、技術ではなく新コンセプトと新市場を創り出すという事である。1997年12月~は日本半導体メーカーを防衛する側の立場となったが、日本半導体メーカーにはインテリジェンスと戦略マーケティングのスタッフがおらず、敗因は戦略マーケティング軽視した事である。
経営は製造主体性の考えが続いた。
これは別としてマスコミもまた半導体の真のサプライチェーンを理解していない。
韓国のSoCの成功?はApple社のアプリケーション・プロセッサのファンダリであるA4/A5でしかない。サムスン電子内製のアプリケーションプロセッサもAppleライク(機能コピー?)である。
ある日Appleがサムスン電子から手を引けばこれは台湾の売り上げに立つだけである。
重要なアーキテクチャと実設計はApple内部の買収した半導体メーカーのチームが開発しており、Appleこそ…

緊急分析:ヘルスケアと医療の現実と超未来予測

イメージ
実業を知らない素人ほど怖いものはない。
特に、外資シンクタンクはプロジェクトベースで勉強しているので、彼らの導き出す答えを信じて投資をすると企業経営は根底から崩れる事になる。
:某メディアが開催するヘルスケアと医療のセミナーもどうであろうか?

現実問題、日本でのヘルスケアと医療分野の市場は、そう簡単には創出出来ないのである。
それは、何故か?
厚生労働省の利権、薬事法があるからである。
この市場が創出される時は、TPPによる全面市場開放で日本市場が海外企業からビジネスを奪われる時である。
この様な実態がない事に時間を費やすより米国の市場と企業をベンチマークして競合企業のビジネスモデルを学んでおく事とヘルスケアと医療のIT化規格を理解しておく必要がある。
日本はヘルスケアと医療のIT化の後進国、ここから配信される情報に価値はないだろう。
Intel社は、日本に専任のロビーリストを配置している。
日本の半導体メーカーには、医療分野専任のロビーリストはいない。
新産業創出の為には、仕掛け仕組みと業界のサプライチェーンを詳細に理解をする必要がある。

※関連記事:ネットワーク化するヘルスケア機器や癒しのぬいぐるみロボットなど
http://m.kaden.watch.impress.co.jp/docs/event/2010_10/20101007_398630.html
※関連記事:インテルと医療
http://www.intel.com/jp/healthcare/index.htm

【アーキテクトGDが考えるヘルスケアと医療の超未来予測(一部)】
筆者から実ビジネスに即した、ヘルスケアと医療分野のソリューションを提言しよう。
そのキーワードは、センサー&ネットワーク(クラウド)である。
超高齢化社会と社会保障費削減は、テクノロジーの活用した答えはない。
ここから先の具体的こ事は"クライアント"として、お話しましょう。








緊急分析:次世代自動車の本命はEV or PHV?

筆者のこの10年間の未来予測ではEV車は、本命の座には付けないと考えている。
この時代の本命は何か?
プラグインハイブリッド自動車(PHV)であると見えている。
この最新調査結果は、2030年の世界ではEV車が本命というシナリオ設定になっている。
富士経済の最新の報告書によれば、ハイブリッド車(HV)は2012年、2013年に各社が新型車の投入を予定しており、先進国を中心に市場は順調に拡大して2012年に138万台を予想。
現状でエコ・次世代自動車の主軸をHVとポジショニングしている自動車メーカーは、燃費性能がさらに上回るPHVへ注力をシフトしていく見通しとしている。
それ以外の外的要因は、米国排ガス規制への対応のほか、HV自体の技術的限界や陳腐化もあり、中長期的にはエコカー・次世代自動車の主役がHVから他へ交代し、PHVやEVに需要を奪われ2030年の市場はEVを下回ると予測している。
2030年のHVは1187万台と、2012年の8.6倍を予想している。

※関連記事:2030年の環境自動車市場、EVがHVとPHVを抜く…富士経済まとめhttp://response.jp/article/2012/02/13/169892.html
※関連記事:
http://ednjapan.com/edn/articles/1202/07/news021.html
※関連記事:
http://www.zaikei.co.jp/article/20120213/95225.html

【ブログ内の検証】
●2011年12月29日木曜日
緊急分析:実証テスト『現在のEV車は実用性があるか?』
http://a-gd.blogspot.com/2011/12/ev.html

緊急分析:中国市場を強化する日立製作所の戦略は正しい!!

"Facebook内の分析"
日立制作所のコンペチターは、独シーメンス社。
彼らは、中国との関係構築済みである。
今、世界で成長出来る市場は、唯一中国。
これを避けるものが企業の死を意味する。恐れは何か?つまらない人脈を掴まされ、本当の中国の権力者と会話していないのである。
ここを探り出すのもインテリジェンス能力とロビー能力である。
日立製作所は、2015年度の中国での売上高を2010年度比で約1.6倍の1600億人民元(約1兆9400億円)に拡大することを目指す中国事業戦略 2015を策定したと発表。具体的な施策は、省エネルギー・環境分野でのパートナーリングの強化、電力システムや鉄道システム事業などでの現地化の推進・拡大、伸長分野への対応、地域戦略。
社会イノベーション事業を中心とした事業展開を加速するもの。アジア・パシフィック地帯における現地司令塔機能を強化するため、4月1日付で日立グループ中国・アジア地区総裁を新たに北京に設置する。
東芝は、大中華室を数年前から設置している。
日本の前に欧州ドイツは深く中国と握っている。
軍に譬えると日本企業は歩兵を中心とした陸軍、ドイツは機動性の高い空軍の空挺師団。
戦略拠点を空から俯瞰しながら落とし策。これがドイツと日本企業の差である。

緊急分析:『本日、ブログアクセス165,000超えました‼』

いつも熱いご支援ありがとうございます。
本日、ハイテク産業界の未来予測のブログアクセスが165,000超えました。
毎日、世界各国からの読者の皆さんのアクセス深く感謝致します。
Facebook内の『友人』1400名近いの方々とリアルタイムでの深い会話を毎日"無償”でご相談に対応しております。

今後共、宜しくお願いします。

緊急分析:日本半導体合従連合の統合は『烏合の衆』となるだろう➀

イメージ
筆者の分析は既に、Facebookに公開している。

"Facebook内の分析”
この統合ディールは烏合の衆の合従連合となるだろう。グローバルにビジネスが無い企業を統合しても破綻を延命させるだけ。未来の運命は労働組合が複雑出来るとJAL化させて事を複雑化させる事になる。

【アーキテクトのブログとしての分析】
ルネサスエレクトロニクスと富士通セミコンダクターとパナソニックセミコンダクターの3社統合ディール、意図的にリークされた先は日本経済新聞社で、今日の一面トップである。
何ともメディアを使った小賢しい大本営的進め方である。
このリークした人物は誰であろうか?
それはこのディールを済崩し的に利益を得たい人物であろう。

下記の図表は、筆者が分析した日米半導体摩擦以降の日本国内における外資系半導体企業の占有率の推移であり、このデータが当時の通産省の通商条約の失策であった事が証明されている。
これこそが日本半導体を崩壊させた元凶である。
この国は誰も責任を取らない、責任を取らさせるのは何も知らない国民だけである。
半導体企業の再編は、メーカーのみならず商流の商社まで淘汰されて、中堅半導体商社経営破綻へと追い込まれる。
自動車メーカーの場合、基本マルチソースが原則となるので、国内メーカー統合によりシングルソース化は、米国フリースケール社などの外資系参入機会を作りだす事になる。
この予測も2008年外資系半導体商社の協会の幹部に基調講演する為に、全て分析したものである。
日本半導体企業再編シナリオ(豊崎マスタープラン)は経済産業省の要請で2008年に提出している。
こもボランティア活動の一環としての政策(実スキーム)提供であった。
簡単の絵に見えるがこれが日本半導体企業(2008年時点)で、世界と戦うための最後の『鶴翼の陣
』であった。
この図表は半導体メーカー1社で、最先端プロセスのR&Dが出来なくなるという事を示した費用のデータである。


※関連記事:ルネサス・富士通・パナソニック、半導体で統合交渉 設計・製造で新会社 米大手・革新機構も出資
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E2E5E283E38DE2E5E2E0E0E2E3E09F9FEAE2E2E2
※関連記事:…

緊急分析:NTTドコモが画策する日韓LTE統合会社は未来の日本最大の汚点となる

イメージ
"Facebook内の分析"
韓国最大メディアの記事によれば、、日本電機敗退その理由はサムスン電子の存在であると...。
日本国・日本企業、このままでいいのか?
日本電機の民生ビジネスと半導体、液晶そして移動通信(LTE)技術も奪われて行く。
特に、NTTドコモのLTEの統合会社のサムスン電子参画は日本の全ての財産を韓国に持ち出されしまう。
総務省と政治家はNTTドコモのスキームの正当性をヒヤリングし、この日本の国益を損ねるディールは見直しまたは、解消すべきである。
次に韓国メディアに絶賛し書かれるのは、『米国クワルコム社と強力に対抗出来る回路技術と特許とノウハウ&レシピをありがとう!!日本の皆さん我々は、感謝します』と数年先、書かれるのであろう。
これは、政治介入すべき重要課題であると考える。



※関連記事(新会社構想):ドコモが半導体開発 富士通、サムスンなど日韓5社と専門会社
http://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/111227/bsd1112271744008-s.htm
※関連記事:日本電子メーカーが没落…「サムスンに世界市場奪われている」(2)
http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=147997&servcode=300§code=300

"Facebook内の分析"
何故、韓国サムスン電子が日本のNTTドコモを懐柔したいのかを推測しよう。
それは4Gの特許と日本企業を完全に封じ込める為の独占的縛りであろう。
同社今3G特許で欧州の査察を受ける事になる。
韓国サムスン電子の弱点を日本のNTTドコモをうまく活用し、ビジネス&戦力補強しようというのである。
その資金は日本国民から得ている通信料金からである。
ガラパゴス化させたのはNTTドコモと総務省、ならび日本通信メーカーと携帯デバイスメーカーを全統合(リ・エンジニアリングを実行し)ニッポン通信機器デバイスメーカーの新産業創出する責任があるはずである。

【ブログ内の検証】
ソニーの液晶パネル製造とテレビ技術とノウハウは、ここサムスン電子との統合会社によって技術を吸収された。
NTTドコモのLTE技術も同様な事が起こるであろう。

●2011年10月30日日曜日

緊急分析:米国マイクロン社長CEOが事故死?

今日は、業界関係者が驚くようなニュース速報が入って来た。
この件に関する分析は、Facebookに分析公開している。

※関連記事:米マイクロンのCEOが事故死=操縦小型機が墜落―エルピーダ提携交渉中

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120204-00000013-jij-int&1328311366
※関連記事:米マイクロンCEOが墜落死、エルピーダとの提携交渉に影響も

http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE81K26Q20120204
※環境記事:米マイクロン:ダーカン氏がCEOに-事故死アップルトン氏の後任

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LYW5036TTDS001.html

緊急分析:日本版FIT制度の行方は先輩国ドイツを見るべき!!

"Facebook内の分析”
太陽光導入先進国ドイツのFIT制度の更なる削減の方向へ。
昨年、日本国は後追いでこの制度のコピー版法案を可決したが、先輩国のモデル(財政)が破綻する事を考えていなかったのか?
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、、ドイツが2012年4月に太陽光発電導入に関するインセンティブ制度を削減すると報道している。
2011年には導入量が7.5GWに達しており、市場の過熱を抑える狙いだが、ユーザーの買い控えを招く可能性が高いとしている。

緊急分析:サムスン電子に襲いかかるブーメランは3G特許

"Facebook内の分析”
ブーメラン(玩具、本来これは狩りに使う道具)がサムスン電子に襲いかかる。
それは、3G特許である。
これが、因果応報の怖さである。

※関連記事:サムスン電子が窮地…「世界標準特許」がブーメランに?(1)
http://japanese.joins.com/article/898/147898.html?servcode=300&sectcode=300
※関連記事:サムスン電子が窮地…「世界標準特許」がブーメランに?(2)
http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=147899&servcode=300&sectcode=300

緊急分析:末期症状のルネサスエレクトロニクスへの処方箋は?

"Facebook内の分析"
ルネサスエレクトロニクスの赤字。ルネサステクノロジとNECエレクトロニクス両社とも基本赤字事業構造。特にNECエレが過去に数回数十億円の黒字を出した時期は実売上によるものではなく、リストラ効果と数字のマジックになるものであったろう。
同企業の赤字構造は変わらない。
今回は、2012年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表し、その営業損益は480億円の赤字となる見通しである。
従来は、280億円の赤字を見込んでおり、赤字幅が拡大する。
(前年実績は145億円の黒字)
その処方箋は、あるのだろうか?
筆者から無償で提言しよう。

※関連記事:ルネサスが今期予想を下方修正、営業赤字480億円に拡大
http://sp.reuters.co.jp/article/TechnologyNews/idJPTYE81K1GU20120131
※関連記事:ルネサスは下期の黒字化が困難、2012年度の業績回復は選択と集中が鍵に (1/2)
http://eetimes.jp/ee/articles/1201/31/news126.html

【過去のブログ内の検証】
●2010年5月19日水曜日
シリーズ1:日本半導体産業復活への処方箋➀
日本独自の戦略マーケティングを独創せよ!そのキーワードは、「テクノロジコンバージェンス新システム」
▮日本半導体の凋落原因は、独創的なASSPを生み出せない
http://a-gd.blogspot.com/2010/05/1.html
●2010年5月20日木曜日
シリーズ1:日本半導体産業復活への処方箋➂
▮未来に磨け!新産業事業価値創出能力
http://a-gd.blogspot.com/2010/05/1-ic-agd-2-3-5-agd-web.html
●2010年5月20日木曜日
シリーズ1:日本半導体産業復活への処方箋➃
▮日本半導体企業の「マーケティング力」強化は一朝一夕には果たせない
http://a-gd.blogspot.com/2010/05/1-assp-10000.html
○2010年5月21日金曜日
シリーズ2:日本半導体産業復活のソリューションと警鐘 ➀
▮イマジネーションがイノベーションを創出する
http://a-gd.blogspot.com/2010/05/s…

緊急分析:米国商務省が動き始めるか? 中国製太陽電池パネルのダンピング

"Facebook内の分析”
2012年1月30日独太陽電ソーラーワールド社は、米国商務省が米国市場には2011年末に中国製太陽電池パネルが大量輸入され、緊急事態が存在する可能性があると判断しているとしている。
この意味するものは、米国商務省の反ダンピング関税の適用の有無に影響を及ぼすだろうとの見解である。

緊急分析:韓国サムスン電子をEUが独占禁止法での調査へ

"Facebook内の分析"
欧州EUでのサムスン電子の独占禁止法違反に向けての動きを解説しましょう。
EUは、韓国サムスン電子が独占禁止法に違反していないか調査していることを2012年1月31日明らかにした。
昨年サムスン電子、同社が保有するモバイル標準特許の一部を侵害したことを理由に、複数のEU加盟国で米国Apple社を提訴した。
サムスン電子は、1998年に欧州電気通信標準化機構(ETSI)と"3G"に関する標準特許を乱用しないことを約束しており、欧州委員会は、昨年の特許侵害を理由とした訴訟が、欧州のETSIとの約束に違反していないかを中心に調査を進めるとしている。
日本の総務省と経済産業省は、NTTドコモとのLTEに関する共同統合会社にストップに掛けるべきで、サムスン電子の連合参入は、日本国の不利益に繋がるであろう。
全ては、サムスン電子にコントロールされる事になる。

※関連記事:独禁法違反でサムスン電子の調査開始…欧州委
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120131-OYT1T01300.htm

緊急分析:モバイル市場を占有し、大躍進を続けるARM社

"Facebook内の分析"
英国ARMホールディングスが2012年1月31日発表した第4四半期決算は、税引き前利益が45%増加して6900万ポンド(1億0800万米ドル)となった。
売上高も1億3780万ポンドに21%増え、予想(同)の1億2360万ポンドを上回った。
同社のARMプロセッサのIPは、スマートフォンやタブレット、あらゆるポータブル機器のプロセッサが英国のARM社であり、この企業はAppleにより育てられ戦略マーケティング手法によって世界シェアを席巻した。モバイル市場は同社を無視はできない。
2001年の同社プライベートセミナー基調講演を務めたの筆者、ARMアーキテクチャが必ず世界を席巻しインテルと並ぶと言った事を覚えている業界人はいるだろうか?
この時には、セミナー会場の雰囲気から何を馬鹿な事を言っているのか?と感じたが。
筆者の基調講演のあとARM社英国本社CEOの講演だった。
今となれば、懐かしい。
この半導体不況に税引き前利益が45%の売り増加である。
未来予測を信じない企業は救われない。

※関連記事:英半導体設計ARM、第4四半期は税引き前利益が45%増加
http://sp.reuters.co.jp/article/TechnologyNews/idJPTYE81K1HW20120131
※過去の検証:スポンサーズセミナー
http://www.cqpub.co.jp/mst/hp/mst2001/conf/sponsarm.htm