ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年3月18日金曜日

緊急分析:日本ハイテク企業の東日本大震災の影響度➃

筆者が日本のメディア(半導体産業分野)の中で最も信頼している・最も日本で優秀なブルームバーグ社の中島記者の『東日本大震災』の電機メーカー被災状況を非常に良くまとめた最新(情報更新)レポート第二弾である。

【ブルームバーグ社の最新報告書】
重要情報:電機各社:東北・関東の工場マヒ、一部で復旧や代替生産-一覧(1)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=ar.Pf2lQrEYQ
2011-03-17 09:58:00.430 GMT
【記者:中島三佳子】
3月17日(ブルームバーグ):東日本大震災が発生した11日以降、東北と北関東に製造拠点を持つハイテク企業の生産・販売活動に大きな影響が出ている。
17日夕、海江田万里経済産業相が東京電力の供給圏内で、予測不能な大規模停電が発生する恐れがあるとの談話を発表したことを受け、ソニー、日立製作所、富士通などの企業は、一斉に首都圏勤務の社員に早期帰宅を促す指示を出した。
地震や津波の被害で、多くの企業の工場が閉鎖または操業停止を余儀なくされた。加えて、東京電力と東北電力が実施した計画停電のため、震災の被害を受けていない拠点までが臨時休業や操業停止に追い込まれた企業が続出している。
非常事態に対応するため、各社は他拠点での代替生産の準備などに着手。
電力が復旧した拠点において、停電時を除く時間帯での一部操業再開の動きも出始めた。
ブルームバーグ・ニュースが、各社の公表に基づき集計した地震や停電の影響による工場の操業状況などは、以下の通り。
17日午後6時現在の情報で、社名の右横に操業停止中の拠点数を示した。

<日立製作所>7拠点
発電システムなどを生産する工場(茨城県日立市)、エレベーターやエスカレーターの工場(同ひたちなか市)、工場内で使われる制御システムの工場(同日立市)、洗濯機や掃除機の工場(同)、自動車関連機器の2工場(茨城県ひたちなか市と福島県伊達郡)、液晶ディスプレイの工場(千葉県茂原市)の計7拠点が停止中。ただ、茨城県と福島県内の計6拠点は、工場内の通電再開に向けた作業を17日までに開始した。
ルームエアコンや冷蔵庫の工場(栃木市)も17日、計画停電の時間帯を除いて生産を再開。神奈川県小田原市のストレージ(大型外部記憶装置)の工場、同横浜市のソフトウエアの工場、同川崎市の情報システム開発の工場では、通常の業務を続けている。

<東芝>2拠点
地震の影響で、カメラなどに搭載されるシステムLSI(大規模集積回路)など半導体の工場(岩手県北上市)が操業を停止中。
神奈川県川崎市の研究開発拠点にある、一部半導体関連のエリアは14日午後か ら休業中だが、それ以外のエリアは操業を再開した。

<三菱電機>1拠点
監視カメラなどを生産する工場(福島県郡山市)の建物が損傷、安全点検中。
このため、約250人の社員の自宅待機措置を取った。

<NEC>5拠点
通信機器の生産2工場(福島市、岩手県一関市)、電子部品を生産する宮城県の2工場(仙台市と白石市)、POS(販売時点情報管理)システムなど業務用端末や一部通信機器の工場(宮城県白石市)が、地震の影響で操業を停止中。

<沖電気工業>1拠点
カラープリンターや複合機などの工場(福島市)が、震災で操業を停止。
復旧に向けて準備中。人的被害はなし。

<富士通>6拠点
半導体を生産する5工場(岩手県胆沢郡、宮城県柴田郡、福島県会津若松市に3つ)と、サーバーを生産する福島工場(福島県伊達市)が地震の影響で、操業を停止中。
15 日、宮城県在住の社員1人が死亡し、数人の従業員の安否が不明と発表。パソコンやサーバーの一部代替生産を、島根県と石川県の拠点で行うことで検討に入ったほか、携帯電話や無線基地局の工場(栃木県大田原市)は夜間操業を再開することなどを16日発表した。
政府の大規模停電の可能性の公表直後の17日夕、東京、千葉、神奈川で勤務する社員に帰宅指示を出した。

<ソニー>8拠点
製造8拠点の操業を停止中で変わらない。甚大な人的被害はなし。
半導体レーザーやリチウムイオン電池、ブルーレイディスクなどを生産する宮城、福島、茨城などで操業を停止。
16日から本社勤務社員約6000人のうち業務に必要な人員を除いて自宅待機とし、17日夕には政府の大規模停電の可能性の発表後、東京エリアの社員に帰宅指示を出した。

<パナソニックグループ(三洋電機とパナソニック電工含む)>3拠点
デジタルカメラの工場(福島市)と光ピックアップの工場 (宮城県名取市)は、16日現在も立ち入りが不能。パナソニック電工の 電子材料の工場(福島県郡山市)も操業停止中。
拠点により、壁や天井などが一部破損、数人の従業員が軽傷。グループで、宮城、山形、福島、茨城、栃木などに製造拠点を持つ。火災・倒壊はなし。
業務用空調やコンプレッサーなどを生産する三洋電機の群馬工場は15日昼に操業を再開した。

<ルネサスエレクトロニクス>7拠点
国内22拠点のうち、7拠点で操業を停止中で変化なし。従業員4人の負傷者を確認。5工場で建物や生産設備などに一部被害が出た。
シ リコンウエハーに回路を焼き付けるなど前工程の5工場(青森県五所川 原市、山形県鶴岡市、茨城県ひたちなか市、群馬県高崎市、山梨県甲斐 市)と、組立・検査工程の3工場 (青森県北津軽郡、山形県米沢市) も停止中で変わらない。

<エルピーダメモリ>なし⇒(アーキテクトGD見解工場影響なし:但しウェハ・材料調達に懸念)
半導体メモリーの組立・検査を行う後工程の製造拠点(秋田市)が停電のため操業を停止していたが、16日夕方に操業を開始した。
国内の広島工場と台湾の工場は通常通り操業で変わらない。

<キヤノン>8拠点
交換レンズの開発・生産拠点(栃木県宇都宮市)、インクジェットプリンターを生産する工場(福島市)など8拠点が操業停止。
この中には、部品が調達できないため、操業停止しているデジタルカメラの大分工場も含まれる。宇都宮と福島の拠点は被害が大きく、1カ月以上の操業を停止する場合は、他の拠点での代替生産も検討する。

<ニコン>4拠点
デジタル一眼レフカメラの上位機種を生産する拠点(宮城県名取市)と半導体や液晶用の露光装置を生産する拠点(宮城県刈田郡)は、地震の影響で閉鎖。栃木には、カメラ用のレンズの一部機種を手掛ける拠点(栃木県大田原市)と半導体用露光装置を生産する拠点(同)が一部被災し、操業を停止。

<セイコーエプソン>4拠点
福島原発事故の避難エリア内にある業務用通信基地局向け水晶デバイスの工場(福島県相馬市)は、閉鎖中。
このため、代替生産の検討を開始した。
青森工場(青森県八戸市)は津波で工場内が浸水し操業を停止したため、宮崎市と米シアトル州の2拠点で代替生産を検討中。
山形工場(山形県酒田市)と秋田工場(秋田県湯沢市)は、停電の影響で操業を停止した。ただ、秋田工場は19日から一部生産を再開予定。

<東京エレクトロン>2拠点
17日、社員全員の無事を確認したと発表。半導体製造の生産に使われるプラズマエッチング装置などの工場(宮城県宮城郡松島町)、熱処理製膜装置の工場(岩手県奥州市)は地震後に操業を停止しているが、火災や水害などの影響は受けず、目立った損傷もなかったことを確認した。
宮城の工場は約2-4週間、岩手の工場は約2週間で、それぞれ復旧し生産体制が整う見込みも発表した。
一部製品を代替生産するため、山梨工場(山梨県韮崎市)の増産に向け、準備を進めている。

<信越半導体>1拠点
半導体の基板材料であるシリコンウエハーメーカー世界首位。
主要拠点である白河工場(福島県西郷村)が操業停止中。
安全最優先の上で、再開を目指す。

<SUMCO>1拠点
シリコンウエハーメーカー世界2位。山形県米沢市の工場が操業を停止した。
ただ、主力工場は九州各地(佐賀県伊万里市など)にあり、台湾にも拠点があるため、供給のためのバックアップ体制を検討中。

<TDK>1拠点
操業を停止しているのは、携帯電話のサブパネルなどに使われる有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の工場(茨城県北茨木市)のみ。
東北・北関東地域にある計24拠点のうち、震災で一時操業を停止したコンデンサー(蓄電器)の工場(岩手県北上市)を含む9拠点が16日までに操業を再開した。
その他の拠点は稼働中、または生準備が整っているが、計画停電の影響を受ける可能性がある。

<京セラ>2拠点
社員全員の安否は確認済み。有機材料の工場(福島県郡山市)の建物や設備の一部が被災し、生産を停止中。水晶部品の工場(山形県東根市)も同様に停止中。
一方、基地局やPHS端末の工場(福島県東白川郡)と有機材料の工場(埼玉県川口市と神奈川県川崎市)は、いずれも15日から一部生産を再開した。
有機材料の工場(栃木県真岡市)、光学部品の2工場(東京都青梅市)の計3拠点は16日から生産
を再開した。

<村田製作所>3拠点
電子部品のフィルタやコイル製品などの工場(宮城県登米市) は、建物・設備が一部損傷。圧電製品や高周波デバイスの工場(宮城県仙台市)は建物・設備の大きな被害はないが、操業停止が長引く場合は金沢の工場(石川県白山市)での代替供給を予定。コンデンサー(蓄電器)の工場(栃木県小山市)は、復旧の準備を進めている。

<JVCケンウッドホールディングス>なし
無線機器などの工場(山形県鶴岡市)と、カーエレクトロニクス製品の工場(長野県伊那市)が停電で操業を停止したが、14日朝から操業を開始。仙台の営業・サービス拠点や倉庫は地震で一部被害を受けたため、復旧作業を進めている。
社員の安否は確認中。震災への支援として、公共インフラに頼らず交信が可能な簡易無線機を300台、特定小電力トランシーバー100台の寄付を決めた。

<アドバンテスト>1拠点
電子部品などの工場(宮城県仙台市)が停止中。
半導体検査装置(テスター)の主力の2工場(群馬県邑楽郡邑楽町)は停電で一時停止したが、15日から一部で操業を再開した。


●アーキテクトGD社東日本大震災半導体・電子部品サプラィチェーン影響度調査一部公開
<日本ケミコン>
復旧作業中の生産拠点⇒日本ケミコン(株) 高萩工場(茨城県高萩市)・ケミコン宮城(株)(宮城県大崎市)・ケミコン精機(株)仙台工場(宮城県岩沼市)・ケミコン福島(株)(福島県西白河郡)
http://www.chemi-con.co.jp/company/pdf/20110317-1J.pdf

<日本テキサス・インスツルメンツ>
日本テキサス・インスツルメンツ・セミコンダクター・セミコンダクター会津若松、美浦工場

【各社復旧状況:メディア発表】
※関連記事:ルネサス、地震により停止していた一部生産を再開
http://www.eetimes.jp/news/4678