投稿

9月, 2011の投稿を表示しています

緊急分析:新興国ブラジルでのApple社の躓き

"Facebook内の分析”
何故、Apple社がブラジルでiPadを生産しなければならなのか?
皆さんは不思議に思うでしょう。
ブラジルには高い関税があり、しかも複雑なグレードに作られている。
オリンピック、ワールドカップなど新興国ブラジルでApple社がもの売り販売をしようとすると海外生産品には『高い関税がかかる』。
Apple社はファブレス企業であり、のEMSはFoxcon社、同社がブラジル工場進出をする事になっている。
しかし、ブラジル政府Apple社を容易に優遇措置容認はしないだろう。
何故か?
ブラジルにはサムスン電子やLG電子が現地工場を持ち、Apple対策の為に、当然当局にロビー活動もしているだろう。
それは、Apple社との価格競争(関税)で優位に戦うために、そして少しでもブラジル生産を遅らせる為にも。
Appleの成長戦略もブラジルという韓国勢優位市場では、躓いているのである。
日本のマスコミなどは何も知らないことである。
これで、事業投資をしている日本企業はこの先生きてはいけないだろう。日本企業でブラジル市場開拓で、現地工場またはEMSソリューションで関税対策を真剣に考えているのは少ない。

※関連記事:ブラジルでの「iPad」生産計画に暗雲、政府との交渉難航=関係筋
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23424220110930
※関連記事:Foxconn、ブラジルの工場建設計画が難航か--Reuters報道
http://japan.cnet.com/news/business/35008352/?tag=topMain


緊急分析:Amazon社Kindle Fireの戦略

"Facebook内の分析”
米国Amazon社新型タブレット"Kindle Fire"を売る毎に、現状では1台あたり50ドルの損失を出す。
過去のゲーム機のハード赤字+ソフトのバンドルで黒字作戦と同じモデルである。
多少、人が進化したとするとAmazon社は『音楽、書籍、動画、アプリケーション』などの商品を扱う同社のデジタルショッピングセンター全体でお金を使ってくれる消費者をさらに多く引き込みたいという戦略である。
これは、Apple社とは異なった現場の囲い込みの差別化である。

※関連記事:「Kindle Fire」、1台あたり50ドルの損失--アナリスト分析
http://japan.cnet.com/news/service/35008344/?tag=topMain

緊急分析:積極経営Backend事業をアムコアテクノロジー社に譲渡

東芝セミコンダクター社、マレーシアにある同社半導体後工程製造子会社の東芝エレクトロニクス・マレーシアの全株式を米アムコアテクノロジー社に譲渡すると発表した。
筆者の実経験からすると15年以上前に、ASSY事業は手放しておくべきであった。
ただ、アセットが軽くなる事は東芝セミコンダクター社が健全化に更に近づくことになる。

※関連記事:東芝、マレーシア半導体子会社の全株を米アムコアに譲渡へ
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-23427420110930

緊急分析:半導体業界に迫りくるスーパー・リセッション

サムスン電子の半導体幹部の見通しは適切である。
世界的な景気減速で需要が圧迫されるため、成長率が低水準にとどまるとの見通しと発言している。

※関連記事:来年の半導体業界は低成長にとどまる=サムスン電子幹部
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23408720110929
※関連記事:米AMDが第3四半期の業績見通しを下方修正、株価下落
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23398320110928
※関連記事:「2011年Q3の半導体在庫は“懸念すべきレベル”」、Gartnerが予測
http://eetimes.jp/ee/articles/1109/29/news082.html

緊急分析:サムスン電子のミラーレス機戦略

現行モデルとコンセプトのサムスン電子のミラーレス機では、日本勢に勝てないだろう。
サムスン電子のミラーレス機の販売目標がロイター通信から配信されている。
韓国サムスン電子のハン・ミョンソプ副社長が競合他社であるニコンが参入を発表しているレンズ交換式ミラーレスカメラの今年の販売台数について、最大25万台と予想しているとのことである。
筆者の予測は30万台である。
サムスン電子のミラーレスカメラ機NX200の発売記念イベントで、記者団にサムスン電子のミラーレスカメラの今年の販売台数は、17~25万台に達すると予想している述べている。
2030万画素という馬鹿げたデバイススペックの表現で一般ユーザーを引きつけようとしている。
日本の光学メーカーはサムスン電子の映像表現力は認知してい無い。
本来何をすべきか?
画素を上げる事ではない。
よって、筆者の予測は、最大15万台αである。
急成長を遂げる欧州・韓国のミラーレス市場である。

【NX200の仕様】
同製品は、2030万画素のCMOSイメージセンサーを搭載。
※関連記事:ミラーレスカメラ販売、今年最大25万台に=サムスン電子幹部
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23407520110929

緊急分析:SiCで完全リードする三菱電機、先行逃げ切りが出来なかったローム

三菱電機半導体は、今後SiCアプリケーションの巨大な潜在市場となる中国で、『SiCモジュール生産』を合弁事業を開始する。
福島第一原発事故以来、世界的な省エネ意識の高まりに伴い、インバーターエアコンを中心とした民生市場をはじめ、EV/HEV市場、一般産業市場、電鉄市場、再生可能エネルギー⇒太陽光・風力発電市場といった幅広い分野において、IGBT/SiC/GaNなどパワー半導体の需要は急成長を続けている。
三菱電機は、中国における製造委託先の捷敏電子(上海)有限公司と、パワー半導体モジュールの製造に関する合弁会社を設立した。
この新しい合弁会社『三菱電機捷敏功率半導体(合肥)有限公司』は、資本金は500万USドル(約4億2500万円)、出資比率は三菱電機が70%で、捷敏電子(上海)有限公司が20%、三菱電機(中国)有限公司が10%。
SiCで先行逃げ切り戦略を推進していたロームは、完全に三菱電機に追い越され、この先追いつく事は出来ないだろう。
何故なら、三菱電機はSiCアプリとなる内製システム(インバーターエアコン⇒業務用/民生、EV車、パワーコンディショナ、モーター、鉄道など)を保有し、最先端モジュール技術も確立している。
そして、技術力のみならず、中国企業へのモジュール生産技術指導力もある。
対するロームは、半導体企業でありモジュール化の技術力は弱く、ノウハウもない。
最大の弱点は、中国市場でもSiCモジュール生産(合弁)パートナーが未だいない事である。
何故、モジュールでなければならないのか?
このブログでは、答えは書かないでおこう。

※関連記事:三菱電機、パワー半導体モジュール製造の合弁会社を中国に設立
http://www.zaikei.co.jp/article/20110928/82030.html
※関連記事:電子立国ニッポン再生のカギは“SiC技術”だ
http://monoist.atmarkit.co.jp/feledev/articles/siliconeswatch/06/siliconeswatch06a.html

緊急分析:Apple社から半導体調達比率を下げられるサムスン電子

"Facebook内の分析”
サムスン電子の危機は半導体事業から土石流れとなる(今は、Apple社特許係争⇒土砂ダム状態)台湾ハイテクメディアのDigiTimesによると米Appleが日本メーカーからDRAMやNAND型フラッシュメモリの調達量を増やしている模様(筆者の情報は実数量まで分析しているが確実に日本企業優位に展開している)。
低消費電力モバイルRAMはエルピーダメモリから、NAND型フラッシュは東芝からの調達量を拡大している。
一方、韓国サムスン電子からの調達は減らす方向に動いており、この背景にはApple社との特許侵害問題が絡んでいると見ている。
A5/A6のアプリケーションプロセッサの製造委託もサムスン電子から台湾TSMC社へ(45nmから28nmLPシュリンク版と次世代開発品)ビジネスを奪われる。
サムスン電子半導体、いつ世界の半導体は米国Apple社1社に依存している産業構造なので、このビジネスが急激に削減されれば企業経営は、当然圧迫される。
これが日本半導体の取るべきポジショニングと国家外交戦略である。
日本国の政治家と官僚の皆さんは、日本がうまくコバンザメとして米国を活用して他国に圧力をかけ、競合企業&ビジネスをうまく消し去るかを良く学んで欲しい。

緊急分析:日本半導体企業の完全敗北の日

"Facebook内の分析”
次世代半導体プロセス開発は『米国』が聖地となる。
450mmウェハ&プロセス開発を本格スタート。
これで、日本半導体は完全敗北したのである。
電子立国ニッポンは滅び去った文明と同じ。
日本国家戦略(日米半導体摩擦交渉)の大失敗であった。

※関連記事:NY州を次世代半導体技術の中心地に、IBMやIntelなど5社が44億ドル投資へ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110928/369543/?ST=sp
※関連記事:国内半導体業界に迫る衝撃の再編シナリオ(日米半導体摩擦の分析)
http://monoist.atmarkit.co.jp/feledev/articles/siliconeswatch/06/siliconeswatch06a.html

緊急分析:サムスン電子の最新鋭Fab16 Hwaseongの投資額

韓国Samsung ElectronicsのDRAM最新鋭工場の発表である。
2011年9月22日韓国Hwaseongで建設が進められていたFab16が完成したと発表した。
20nmノード世代。
2012年には10nmノード世代が立ち上る。
すでに、20nmクラスプロセスでDDR3 DRAMの量産を開始している。
この前工程工場Fab16は12兆ウォン(約8400億円)を投じて建設されており、メモリ生産ラインとしては世界最大になる。
既に、リセッションに入っている半導体業界で8400億円/1工場の投資回収は可能か?
DRAMはコモディティ化しれおり、単一大規模型半導体ビジネスモデルも限界にきている。

※関連記事:Samsung launches 'industry's largest' memory fab
http://www.zdnet.co.uk/news/infrastructure/2011/09/22/samsung-launches-industrys-largest-memory-fab-40094004/
※関連記事:Samsung,Fab15の拡張とFab16の着工を発表
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20100519/226689/?rt=nocnt
※関連記事:DRAM価格
http://www.dramexchange.com/

緊急分析:ソニーセミコンダクタに統合される優良小会社2社

ソニー本体は子会社した稼ぎ頭の半導体2社をソニーセミコンダクタに統合する。
ソニーセミコンダクタ九州(福岡市)、ソニー白石セミコンダクタ(宮城県白石市)が対象子会社である。
そして、主力製品は、CMOSイメージセンサーと半導体レーザー(BD)である。
過去、何故本体から分離したのか?
本体の赤字吸収の為に成長領域半導体子会社を統合するのであろう。
ソニーの本社圏厚木と旧地方本社の確執もまた表面化するであろう。

※関連記事:ソニー、半導体子会社2社が合併
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E0E0E293E18DE0E0E2EBE0E2E3E38698E3E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

緊急分析:ソフトバンクのビジネスモデルの崩壊、それはApple社マルチキャリア戦略

Apple社の毒りんごを囓るとどうなるか?
ソフトバンクの成長阻害要因からリスクへと変わる。
今回はこのテーマを分析しょう。
Apple社はマルチキャリア戦略なのである。
KDDI社参入は何も驚く事はない。
必然なのである。
米国ではベライゾン社へ供給開始したApple社、マルチキャリア対応の始まりであった。

※関連記事:http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPJAPAN-23306920110922

『祝:ブログアクセス100,000超えました‼』

筆者の1つの目標であった"100,000"アクセスを本日、超えました。

世界各国からの読者の皆さんのアクセス深く感謝致します。
既に、Facebook内の『友人』1、000名近いの方々と深い会話を始めています。
その中で様々ご質問リアルタイムな会話で分析を提供しています。
このリアルタイム分析もスマートフォンの時代になったから実現出来た事でしょう。
インテリジェンスの情報は、リアルタイム性が重要となり、瞬時に市場・技術評価解析でするアナリストの能力とコンサルタントの提言能力がこそが求められる時代となりました。
プラス、『軍師』の能力。
そして、リアルタイムでないマスコミと調査会社の分析情報は、価値の無い時代となりました。
リアルな真実の世界を追い求めないと実業世界ではサバイバル出来ません。

今後共、皆様のご支援宜しくお願いします。

チーフアーキテクト 豊崎禎久

『100,000ブログアクセスまでカウントダウン⇒99,984』

いつもハイテク産業界の未来予測をご愛読頂き有難うございます。
本日中には、このブログの目標100000アクセスが達成出来るかと思います。

筆者の『ハイテク産業界の未来予測』におけるブログ活動は、日本企業の戦略マーケティング啓蒙と海外調査会社(信頼性の低い情報分析やフィルタリングされていないバイアスのかかった情報に騙されない)に頼らない自立精神とインテリジェンス機能を持って頂く事を目的としています。
そして、日本企業の存亡をかけて、グローバル市場で戦うという志と精神。
これが実現出来うれば、日本企業は必ず再成長出来る基礎が出来るでしょう!!

緊急分析:ニコンアドバンスド・ミラーレス『Nikon1』の発表

イメージ
筆者の予想通り1インチセンサーと新型Nikon1マウントとフォーマットを秋にリリースしたニコン。
ミラーレス市場に本格参入である。
特許情報は、"J1"モデルに近い。
EXPEED3搭載。
CMOSセンサーは、13.2×8.8mmのニコンCXフォーマットに対応した有効画素数1010万画素。
Fマウント使用は、アダプターで対応。
ニコンのミラーレスはミラーレスの概念を超えた新世代機であろう。




※関連記事:ニコン、「Nikon 1」の発表会で7本の新レンズを参考出品
http://m.dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110921_479026.html

【ブログ内の分析】
●2011年8月18日木曜日
緊急分析:『ニコンの新コンセプトのミラーレス機投入の噂』
http://a-gd.blogspot.com/2011/08/blog-post_8865.html

緊急分析:中国太陽電池メーカー『晶科能源控股社』の株価がNY証券市場で急落中

"Facebook内の分析”
急ぎ過ぎた中国の近代工業化⇒中国太陽電池メーカー晶科能源控股社の株価がNY証券市場で急落中。
この理由は、公害の環境問題。同社工場が基準値以上のフッ素化合物を排出していたとして、操業停止を命じたと発表した。
中国の浙江省海寧市の紅暁村の住民によると、2011年8月末に大雨が降った後、工場付近の小川で魚の大量死が発生した。
9月8日にはある村人が、住民の白血病やがんの発生率が上昇したとインターネット上で暴露した。この病気については根拠に乏しく『デマ』とされたが、汚染は”中国らしく事実”であった。
晶科能源は2006年末に設立された新興の太陽光発電企業で、10年にニューヨーク証券取引所に上場している。2011年第2四半期の売上高は3億5000万米ドル(約268億円)。
この事件の背景には、浙江省の太陽光発電産業の『大躍進』的発展がある。
地元政府が同産業を強力に推進しているため、投資プロジェクトばかりが急がれ、環境アセスメントが操業より後になることも多い。
中国はこれから『公害大国』となる。
ここに日本復活の勝機が生れる。

中国太陽電池メーカーが何故、『日本に短期間で勝ったのか?』
それは人民の健康を無視しているからである。
上記の中国が公害大国になるだろうは、環境コストをかけていない分、当然市場には安く製品は供給出来るが、半導体・液晶・太陽電池製造過程は、劇薬・毒物の化学薬品とガスばかりを使用するのである。
この汚染水は垂れ流す事は、人民の生命と健康を奪うことになる。
そして、中国の製品が安くできる一因として廃棄物を処理しないで廃棄することがあげられる。太陽電池のポリシリコンの工場では、副生成物の四塩化ケイ素を燃やすことを義務付けているが、大量の塩素はスクラバーだけでは処理しきれないのである。
このような工場の周りは深刻な酸性雨が降ることになる。
当然、健康に悪いことは言うまでもない。
 森林と水源も自然破壊する事になる。

※関連記事:中国の太陽電池メーカー、NYで株価急落 河川汚染で処分
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9381959FE0E2E2E6818DE0E2E2EBE0E2E3E39494E3E2E2E2;bm=96958A9C9381959…

緊急分析:『Apple社がスマートフォン&タブレット市場を支配する日』

"Facebook内の分析”
Apple社詣でをする中国移動(チャイナモバイル)王総経理、6億台強の市場はTD-CDMA方式をサポートを許諾するのか?
iPhoneといPadがこの市場を握れば、スマートフォンとタブレットの市場争奪合戦に決着がつく事になる。
このカードは、Apple社クックCEOが握る。
因みに、中国移動とソフトバンクの孫社長は業務提携済みである。

※関連記事:中国移動、8月携帯電話加入者は578万人増の6億2763万人
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23261120110920

緊急分析:『Apple社とサムスン電子が全面戦争に突入する判断は?』

"Facebook内の分析"
仁義なき戦いとなるApple社とサムスン電子の全面戦争のXデーは?
それは、iPhone5販売差し止めの法的措置策がサムスン電子が対Apple社との全面戦争突入の判断となる。

※関連記事:サムスン、iPhone巡りアップルへの法的措置検討=関係筋
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23257120110920

2011年9月中旬の閲覧ランキングは発表

ハイテク産業界の未来予測の2011年9月中旬の閲覧ランキングを発表しましょう。
読者の皆さんの関心毎は何か?
閲覧期間:2011/08/22 – 2011/09/20

➀緊急分析:キヤノン『DIGIC5』搭載機を発表!! 2011/09/16

➁緊急分析:『WSTS世界半導体市場予測』とアーキテクトGDの未来予測の検証は?
2011/09/05

➂緊急分析:サムスン帝国に襲いかかる危機 2011/08/22

➃緊急分析:『TSMC社がハイエンド・パッケージ組立に参入』 2011/09/06

➄緊急分析:『サムスン電子がグローバルで完全に全包囲網となる』 2011/08/26

⑥緊急分析:iPhone5のスペック 2011/09/07

⑦緊急分析:Apple社『A6チップ』のサプライチェーン分析 2011/08/30

⑧緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの解体バルクセール開始 2011/07/29

⑨緊急分析:『産業革新機構⇒東芝・日立・ソニー』3社統合液晶企業の運命は?
2011/08/31

⑩緊急分析:『ニコンの新コンセプトのミラーレス機投入の噂』 2011/08/18

緊急分析:2011年11月3日キヤノンがハリウッドで発表する歴史的な事は?

"Facebook内の分析"
キヤノンが命運を掛けた発表をハリウッドで行う。
2011年11月3日。
その内容は公開されていないが恐らく4K2K動画カメラが本命であろう。
ハリウッドで三流会社が超一流会社に成り上がる歴史的瞬間である。
映画はフィルムからデジタルへ。
シネマはデジタルシネマへ。
カメラはフルHD動画を越え4K2Kとなる。
プロの映画からコンスーマーの時代に来るのも数年先である。
この世界の到来はデジタルカメラに終わりを告げる。
これが私が創り出す未来である。
女優さんは本当に困る時代になるかもしれない。
この予測はこの分析で世界で唯一ここで公開している。

”Facebook内の分析”
フルサイズセンサーミラーレス、恐らくムービーの4K2Kカメラが大本命。
未来の映像世界は大きく変わります。
モニタも4K2Kが東芝から100万円でリリース。
筆者が世の中に説いてきた戦略は3Dではなく、日本最後の直球勝負は4K。
中国と韓国は直ぐには追いつきませんが、出力装置は数ヶ月程度アドバンテージ。
入力装置は3年。勝負は2014-5でしょう。
ここで日本が粘れるか?
粘れれば8K4Kで巻き返しを202X年で勝ちにいけるでしょうが、GoogleとAppleが前哨戦の4Kで日本を攻め立てるでしょう。
余り詳細に解説すると敵に塩を送る事になるので、これくらいにしておきましょう。

※関連記事: キヤノン、11月3日の「歴史的発表」を予告
http://www.blogger.com/post-create.g?blogID=1563002392411992609

【ブログ内の検証】
●2011年1月8日土曜日
シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言④
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/20114k2k.html

緊急分析:外資系銀行による世界半導体予測の下方修正

"Facebook内の分析”
業界団体と米国調査会社より先に、ノルウェーの独立系投資銀行が世界半導体予測が9月下旬で、市場成長を下方修正を出してきた。
良識ある対応としては評価できるが、実ビジネス上では、これでも遅すぎる。
この程度の予測が出来ない産業&証券アナリストは仕事をやめた方がいい。
2011年も落ち込み、半導体実業界は2012年は回復すると見ているが、筆者の最新分析は2012年は更に落ち込む(このデータはクライアントのみに公開する)。
筆者の2011年1月の世界半導体予測では世界経済のリセッションと巨大地震などのシナリオは織り込み済みである。

※関連記事:2011年8月の半導体チップの世界売上高、在庫調整と日本市場の回復で減少
http://eetimes.jp/ee/articles/1109/15/news044.html
※関連記事:世界半導体市場、2011年の売上高は0.1%減に、Gartnerが予想を下方修正
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110916/368818/?ST=ittrend
※関連記事:半導体関連株安い、BBレシオが連続低下-野村出荷見通し下方修正

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=anxqMpUk7MXE

【ブログ内の検証】
●2011年9月5日月曜日
緊急分析:『WSTS世界半導体市場予測』とアーキテクトGDの未来予測の検証は?
http://a-gd.blogspot.com/2011/09/wstsgd.html

緊急分析:米国グーグル社が特許を固める

"Facebook内の分析”
米国グーグル社の特許防衛と攻撃態勢は着々と進んでいる。
対するサムスン電子は、NTTドコモを次世代LTEで防波堤に立てる戦術に出てくるだろう。


※関連記事:グーグル、IBM特許1000件超をさらに獲得
http://japan.cnet.com/news/business/35007630/

緊急分析:キヤノン『DIGIC5』搭載機を発表!!

"Facebook内の分析”
キヤノンDIGIC5の登場。
これが次世代画像エンジンである。
開発製造メーカーはX社である。
某国内半導体メーカーからの切り替えで、新コンセプトの画像エンジンである。
デジタルカメラは、2012年年明けから次世代戦争が勃発する。
そして、前世代に関わった半導体メーカーは消えて行くだろう。

※関連記事:キヤノンがDIGIC5を採用したPowerShot S100を正式発表
http://digicame-info.com/2011/09/digic5cmospowershot-s100.html
※関連記事:Canon announces PowerShot S100 12MP CMOS enthusiast compact
http://www.dpreview.com/news/1109/11091530canons100announced.asp

緊急分析:国外脱出計画を練るエルピーダメモリ

"Facebook内の分析"
円高による『半導体メーカーの国外脱出組のエルピーダメモリ』、既に台湾での製造比率は高い。野田首相が円高を止めきれない限り、日本国家経営を支える1つのセグメントのハイテク産業は、国外へ向かう。
ハイテク産業の実態は、既に国外脱出が多い。
影響は、産業の空洞化という単純なものではなく、雇用を失い、一番問題なのは人を通じてノウハウと技術がアジア企業に流出することである。
福島第一原発事故だけが課題ではなく、東北復興ばかり目を奪われている復興財源も作れない。マスコミは震災対応ばかり煽りたてるが『俯瞰力』を持たないと国家破綻を加速させることになる。

※関連記事:エルピーダが国内生産能力を台湾に移設検討、円高・市況悪化で
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23199220110915
※関連記事:エルピーダが広島工場の生産能力移設を検討、台湾子会社へ
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23199120110914

緊急分析:マイクロソフト社の新OSウィンドウズ8で、アップル社iPadを追従出来るか?

"Facebook内の分析”
マイクロソフト社の新OSでアップル社のタブレットiPadの牙城を切り崩せるか?
答えは、未知数にしてあげたいですが、iPadの市場リプレイス狙いのみの戦略ならマイクロソフト社はアップル社に、大敗退するのが筆者の未来予測である。
私の分析では、ニッチ市場だけではアップルを駆逐出来ます。
その市場は、『秘密』にしておきましょう。将来、巨大市場になる所で、"ウィンテルの蜜月の関係"がゾンビのように復活するでしょう。
必ず・・・。
さて、この市場は?

※関連記事:米マイクロソフトが「ウィンドウズ8」発表、タブレットで追撃へ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23180520110914

緊急分析:ソニーからリリースされるPSPの後継機種は『PSヴィータ』

"Facebook内の分析"
ソニー新型携帯ゲーム機『PSヴィータ』は3G通信。ネットワーク対戦を意識している。
PSPに後継機種となるが、ソフト資産はPSPを活用するが"エミレーション"である。
ネィテブソフトは?性能はARMの4コア搭載したものにである。
筆者の開発経験上PS1の資産をPS2にエミレーション対応で初号機は市場に出たが、PS2では結果的にこの機能はサポートしなくなった。
何故か?エミレーションは、トラブルが発生するのである。

※関連記事:ソニー、新型携帯ゲーム「PSヴィータ」の国内発売は12月17日
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23185120110914

緊急分析:どうしても携帯市場を欲しいインテル社、その行動を分析する

"Facebook内の分析”
携帯市場にしぶとく食い下がる米国インテル社。
インテルがこの市場に本当に食い込みたいならARMの軍門に下り、22nmノード3Dトランジスター・プロセスで打ってでれば世界は大きく変わるだろう。
しかし、インテルの失うものも大きい。
これを判断するのが『戦略的経営』。日本企業の経営者には絶対出来ない事である。
自己否定、成功体験を全面否定するのだから...。

※関連記事:米インテルがグーグルと提携、アンドロイド端末の開発で
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23180220110914

緊急分析:『NTTドコモ・富士通セミコンダクター・サムスン電子の日韓LTE連合体のリスク度と問題』

"Facebook内の分析” NTTドコモは、国賊企業か?
それとも世界の空気が読めない企業なのか?LTEの技術をわざわざ競合他国へ移譲する。
総務省と経済産業省は何をしているのか?
日本企業のライバル企業であるサムスン電子はApple社から特許で叩かれ時弱体化しているにも関わらず、日本のドコモが助け舟を出す。
この日本には、ハイテク産業の国家戦略などない。
サムスン電子のピンチをチャンスにするNTTドコモ。
富士通セミコンダクターは経営危機をサムスンとの合弁会社で再編での生き延び策をとる。
全ては、『我欲』のままである。
NTTドコモのこのようjな暴走は何も国益にならず、その経営手法は東京電力となんら変わらない。
本当に、NTTドコモがグローバル市場で、米国クワルコム社に勝ちたければ台湾と中国半導体企業と富士通セミコンダクターをまとめLTEでもTD方式で中国と新興国、そして日本を中国方式の通信に変える秘策であればグローバルと世界最大かつ成長通信市場の中国と新興国で生き残れる。
そして、日本企業と競合する韓国企業を排除出来るはずである。

"Facebook内の分析”
米国クワルコム社が世界半導体の新たな覇王になる企業である。
日韓連合など実に馬鹿ている。
これが日本のナショナルフラッグの通信キャリアのやるべき事だろうか?
日韓の間には、『独島』の領土問題もある。
NTT(ドコモ)は元国営企業であった。
近い未来は、米国からの日本への攻撃があるだろう。
この日韓スキームのリスクはここにもある。
日本の通信量で稼いだ金で、日本の競合国・企業と他国支援する策を打ち出すとは、愚策である。

※関連記事:ドコモ・富士通、サムスンとスマホ向け半導体開発 12年にも合弁設立
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E3E0E2E7E68DE3E0E2EBE0E2E3E39F9FEAE2E2E2
※関連記事:日韓半導体連合、米クアルコムに対抗 中核部品を安定調達
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819696E3E0E2919F8DE3E0E2EBE0E2E3E38698E3E2E2E2;bm=96…

緊急分析:『ハイテク業界指標のリセッション確定』

"Facebook内の分析”
読者の皆さん、ハイテク指標は全て『リセッション』が条件が揃いました。
"777"ビンゴー!!です。
さて、もう準備はお済みですか?
筆者が2011年1月に無償公開した世界半導体未来予測通りのシナリオではないですか?
信じる者は救われる、されど信じないのも自由です。
次に、来るのはスーパー・リセッション現象です。

※関連記事:米TI、第3四半期の業績予想を下方修正
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23108520110909
※関連記事:今年の世界PC市場成長率を3.8%に下方修正=調査会社
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23096320110908

【ブログ内の検証】
●2011年9月5日月曜日

緊急分析:『WSTS世界半導体市場予測』とアーキテクトGDの未来予測の検証は?
http://a-gd.blogspot.com/2011/09/wstsgd.html

緊急分析:『中国の国家戦略としての産業政策』

"Facebook内の分析"
中国の国家戦略は自国企業育成である。
規制は緩和されるのではなく、更に規制強化して中国にテクノロジーのトランスファーを加速させ、『中国新幹線モデル』を7つのセクターに展開強化するだろう。
日本企業は赤子の手をひねる様に簡単に中国の手に落ちるだろう。
それは日本政府に基本方針が無いからである。

※関連記事:中国は差別的な規制維持、参入には依然障壁-EU商工会議所が報告書
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920016&sid=a2pPYKmhHtG4

『ブログアクセス95000超えました‼』

本日、ハイテク産業界の未来予測のブログアクセスが95000超えました。
いつも読者の皆様の熱い声援に応える為に頑張ります。
これからも宜しくお願いします。
チーフアーキテクト 豊崎禎久

緊急分析:ミラーレスでDSLRを切り崩す戦略を取るソニーとサムスン電子(家電メーカー)

グローバルで、ミラーレス機がDSLR市場を侵食を始めている

※関連記事:ソニー:「鏡なし」カメラでキヤノン・ニコン猛追-老舗と家電の争い
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a1h7EcbituEA

【ブログ内の検証】
●2011年8月18日木曜日
緊急分析:『ニコンの新コンセプトのミラーレス機投入の噂』
http://a-gd.blogspot.com/2011/08/blog-post_8865.html

緊急分析:『サムスン電子の戦略』

サムスン電子の戦略は、スマートTV、スマートフォン、タブレット⇒これに連動するSoC+DRAM/NANDメモリである。
アップル社は世界特許包囲網としてのサムスン電子の兵糧攻めである。

※関連記事:激変する電子業界、サムスンの生存・発展戦略とは
http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20110902000800882&page=1&domain=6&ctype=A&site=0600000000
※関連記事:米アップル、サムスンを提訴

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20110908-OYT8T00298.htm

緊急分析:iPhone5のスペック

iPhone5のスペックが徐々に明らかになって来た。
今回は、今までブログで分析した内容も検証し、A5/A6の仕様を再検証と特徴をあぶり出そう。
(随時、分析を公開して行きます。既に、A5/A6⇒iPhone5は複数の分析はこのブログ内で公開中)
A5チップで重要な回路は、”A5は動的な電力管理機能(ダイナミックに電源変換回路を行う)”である。
残念ながら、この技術は日本半導体メーカーにはノウハウが無い。

※関連記事:「iPhone 5」のスペック--専門家が予想するその中身
http://japan.cnet.com/news/commentary/35006926/

『本日は松沢成文先生の新事務所開きのお祝い』

イメージ
2011年9月7日は、松沢成文先生(元神奈川県知事)の事務所開きの日。 朝一、虎ノ門の新事務所に訪問し、ご挨拶をして来ました。 いざ、鎌倉ならぬ『虎ノ門』。 日本の政治家の為に、命を懸けてもいいという人物はそうはいない。 筆者が命を掛けても良いと思った人物が、松沢先生この人である。 筆者以外は、政治家(衆議・参議)ばかりの中、短い時間ではありましたが会談した。 今後は、首都圏政策研究所を核に、日本・首都東京の政策を作り上げて行くようである。 微力ながら、ハイテク産業セクターで再度お手伝いする事になるだろう。 松沢先生の事務所が虎ノ門、筆者が麻布台と散歩して行ける距離になった。 ハイテク産業の再成長と強化は、日本国と東京にとっても重要な課題である。 インテリジェンスと政策のコンバージェンスこそが、必ず日本のハイテク産業と国の復活に繋がるであろう。


緊急分析:『TSMC社がハイエンド・パッケージ組立に参入』

"Facebook内の分析”
台湾TSMC社がバックエンドの半導体組み立て&テストのビジネスまで遂に乗り出す。
TSMC社は世界一の半導体前工程FABの生産委託会社である。
今までは、世界一の半導体組み立て&テストの台湾ASE社に仕事を提供するサプライチェーンの構図。
Apple社28nmノード製造A5-A6チップを皮切りに、同社がハイエンド(超多ピン)バックエンド事業に参入する。
バックエンド企業は、TSMC社に淘汰され、業界大再編が起こる事になるだろう。
生き馬のを目を抜く『グローバル半導体業界』。
インテリジェンスに弱い日本半導体は、もう生き残れない。

※関連記事:TSMC high-end IC packaging impacts IC packaging/testing houses
http://www.digitimes.com/print/a20110905PD213.html

【TSMC社ハイエンド・パッケージ組立&テストの参入の答えはApple社にあり⇒28nm process】
~DIGICTIMES記事引用~
TSMC focuses on high-end packaging of ICs based on 28nm process, including FC (flip chip) CSP (chip scale package) and WLCSP (wafer level CSP), the sources indicated. Since TSMC has gross margins of 50-60% for foundry services but those of only 20-30% for packaging services, it may not be economical for TSMC to invest in packaging equipment, the sources pointed out.

緊急分析:『WSTS世界半導体市場予測』とアーキテクトGDの未来予測の検証は?

イメージ
ようやく、半導体業界の業界団体(WSTS)の数値が落ち始めた。
WSTSの発表によれば2011年7月の世界半導体出荷額は前月比14.2%減、前年同月比3.8%減の234億9458万ドルとなった。
世界半導体の地域別では、米州が前月比20.7%減、前年同月比6.2%減の42億271万ドル、欧州が前月比13.2%減、前年同月比2.1%減の29億3837万ドル、日本が前月比12.0%減、前年同月比14.0%減の34億1624万ドル、アジア・パシフィックが前月比12.7%減、前年同月比0.3%減の129億3727万ドルとなった。
2011年7月の出荷個数は全体で前月比5.7%減、前年同月比3.7%減、平均単価は前月比9.0%減、前年同月比0.1%減となっている。
筆者の世界半導体市場の未来予測シナリオ通りに、この業界もい陥る事になる。
『備えあれば、憂いなし』、しかし、今からの対策では既に遅すぎる。
WSTSも米国調査会社もほんの数カ月前には、『予測値の上方修正』をしていたのだから・・・。




※関連記事:エルピーダメモリ(6665)は3日続落 7月世界半導体売上高は1.1%減、2カ月連続の前年実績割れをマイナス材料視 http://mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20110906269904.html
※関連記事:7月の半導体世界売上高、1.1%減 2カ月連続前年割れ
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C9381959FE2E1E2E3EB8DE2E1E2EBE0E2E3E39C9C97E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

緊急分析:米国IBMの野望と未来戦略を読み解く

"Facebook内の分析”
この買収でIBMはクラウドplusAIスキャンで世界最強かつ国家と人類の監視・管理のソリューションが構築提供できる事なる。
読者の皆さんもある情報を読み解くトレーニングをすると企業戦略と国家の思惑が見える様になります。近視眼的な視点より『未来を俯瞰する力』を身につけましょう‼それがこれから迫り来るダークサイドの世界でサバイバ出来る手法です。

※関連記事:米IBM、英i2社を買収!
http://www.blogger.com/post-create.g?blogID=1563002392411992609




緊急分析:東芝セミコンダクターのSDHCメモリカード『FlashAir』がリリース

"Facebook内の分析”
アーキテクトとしての筆者のアィデアから派生した商品。
某光学メーカーに提案していたことをコンボ機能を無線LAN(東芝のシンガポールの関連会社)技術とNANDメモリでデータ通信を行うものである。
”Eye-Fiカード”と競合する事にはなるが、まあまあ面白い商品でしょう。
東芝セミコンダクターの思惑は、NANDFlashメモリの価格下落を無線LANHybridで単価下落を回避したいのだろう。
消費者としては、メモリカードの単価下落が進む中、ユーザー視点からメリットは無いが・・・。

FlashAiの製品概要
東芝は世界初の無線LAN機能を搭載した容量8GバイトSDHCメモリカードFlashAirを発表した。IEEE802.11 b/g/n規格と無線セキュリティWEP/TKIP/AESに対応し、デジタルスチルカメラなどの機器間でワイヤレスによるファイルの送受信が可能となる。
重量は約2g。サンプル出荷の開始は11月、販売開始は12月の予定。

【ブログ内の検証】
●2010年8月3日火曜日
シリーズ4:日本半導体要素技術の『明暗』の評価 ➀
http://www.blogger.com/post-create.g?blogID=1563002392411992609
▮人体通信開発アィデアから生まれた「派生技術」

緊急分析:レアアース価格上昇で電子機器値上げ開始

"Facebook内の分析”
筆者の未来予測通りのシナリオである。
日本企業は将来レアアース獲得の為精錬技術を中国に開示せざる終えなくあり、日本は丸裸にされるだろう。
これを譲歩しなければ日本のハイテク業界は活動停止となる。
2007年に政治家と経済産業省審議官とハイテク業界の会合をセットし、私が未来はこのなると日本ハイテク産業、国家の危機になると結論を出して議員立法によるレアアース獲得の為(日本産業保護的な)と備蓄関連の法案化を画策していたが、これが実現出来なかった事が悔やまれる。
何故、これが実現出来なかったか?
それは政治家の知識に対する無知さからである。


※関連記事:エアコン5~15%値上げ 三菱電など、レアアース高で
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E2E3E2938B8DE2E3E2EBE0E2E3E38698E2E2E2E2



緊急分析:28ナノノード・ロジックプロセスの量産開始

"Facebook内の分析”
超最先端ロジック(プロセッサ同様)半導体市場投入開始された。
そのデバイスはFPGA。
搭載する超高速インターフェィスは28Gbit/secのシリパラ搭載。2011年秋28ナノが市場で顕れた
。次はいよいよA5の28ナノノードシュリンク版搭載の"iPhone5"を待つばかりである。
このアナウンスから読み取れる事は28ナノノードが量準備が出来たという事である。

※関連記事:28Gbpsトランシーバを内蔵する28nmFPGA、Alteraが出荷を開始
http://ednjapan.cancom-j.com/news/2011/8/8476




緊急分析:日本リチウムイオン電池シェアも韓国に奪われた。

"Facebook内の分析”
昨日、ロイター通信が韓国に日本がリチウムイオン電池でトップの座を奪われた!!とシェアを含め報道されたが、筆者の分析ではとっくに抜き去れら、実現場の技術力は韓国LGが日本のトップと同等になっている。
調査会社とマスコミのリサーチの能力は極めて低い。
日本政府は、このような報道を受けて慌てて、対策を練ろうとする。
これでは、日本は沈没するだけである。
日本再起動に秘策はあるが、この国インテリジェンスのレベルではこのプログラムを実行出来る逸材もいないだろう。

"Facebook内の分析”
筆者のデータベースでは昨年の生産個数で韓国が日本を抜いた。
このデータはマーケットシェアである。
この実市場で日本は陥落したのである。

※関連記事:リチウムイオン電池シェア、韓国勢が日本勢を初めて逆転
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22979720110901

【ブログ内の検証】●2010年12月20日月曜日
シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ⑧『リチウムイオン電池の王座陥落』
http://a-gd.blogspot.com/2010/12/5_20.html
▮ニッポン・リチウムイオン電池帝国が陥落の日危機迫るニッポン・デジタルカメラ産業



緊急分析:アーキテクトGD社の未来予測通り4K2Kの世界がやって来た!!

"Facebook内の分析”
‎4K2Kのテレビ市場投入、この4K2Kで世界は大きく変わる。
フルHDのような汚い映像でなく、より自然な高精細の映像に。
女優さんは、今まで以上に毛穴まで見える映像能力の肌再現性なので、お困りになるかもしれない。

関連記事:【IFA 2011】東芝、4K2Kの55型グラスレス3D液晶テレビ -年内発売。視聴位置に応じて3D最適化。新PCも

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110902_474769.html

"Facebook内の分析”

テレビの時代は終わった。
これからはスマートTV(第一世代フルHD)がコミュニケーション・インターフェィスデバイス(ツール)となり、第二世代は4K2Kのスマートモニタとなる。
未来は既存のTV放送局は存在しえない、読者の皆さんに分かり易モデルイメージを紹介するとAppleTVであろう。
4K2Kの世界は来年から始まり、映像世界は大きく変わる。この未来を見込み切れない企業はこの市場から退場して行く事になる。
Apple社もグーグル社(Youtube)も4K2Kに開発注力している。
4K2Kの世界のスマートTVは、ネットワーク型かつマルチウィンドウ『パレットTV』を進化する。
この世界は日本企業としては、東芝が席巻する可能性を秘めている。
未来テクノロジとビジネスモデルを読めない企業は、ハイテク産業の時間で1‐2年で勝敗がつくだろう
【ブログ内の検証】
●2011年1月8日土曜日
シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言④
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/20114k2k.html
▮ハイテク界の大予言:2011年"4K2Kとワイヤレス給電(SWPT)"開発は主戦場となり参入せぬ企業は必ず時代の『敗者』となる






緊急分析:2016年スマフォに搭載されるタッチスクリーンはほぼ100%になる

"Facebook内の分析” 2016年までにはほぼ100%に近いスマフォがタッチスクリーン搭載機となる。
方式は、静電容量のままだろう。
世界のスマフォからリアルな”タッチキー”は、消えるだろう。

※関連記事:2016年には97%のスマートフォンがタッチスクリーン搭載に、ABI Researchが予測
http://eetimes.jp/ee/articles/1109/01/news057.html

米国ABI Research社はエマージング&成長市場をきちんと評価している米国調査会社である。
同社のによると、2016年にはスマートフォン全体の97%が、タッチスクリーンを搭載したものになるという。
2010年の時点では75%だったので、6年間で20%以上増加するということである。






緊急分析:デジタルTVの時代は既に終わった!!その先の未来は?

"Facebook内の分析”
従来モデルのデジタルTVの時代は終わった。
これからはスマートTV(第一世代フルHD)がコミュニケーション・インターフェィスデバイス(ツール)となり、第二世代は4K2Kのスマートモニタとなる。未来は既存のTV放送局は存在しえない、皆さんに分かり易モデルイメージを紹介するとAppleTVでああろう。
4K2Kの世界は来年から始まり、映像世界は大きく変わる。
この未来を見込み切れない企業は、この市場から退場して行く事になる。
Apple社もグーグル社(Youtube)も4K2Kに開発注力している。
4K2Kの世界のスマートTVは、ネットワーク型かつマルチウィンドウ『パレットTV』を進化する。
この世界は日本企業としては、東芝が席巻する可能性を秘めている。
未来テクノロジとビジネスモデルを読めない企業は、ハイテク産業の時間で1‐2年で勝敗がつくだろう。

※関連記事:テレビはコミュニケーションデバイスへ、ホームネットワークが2012年に迎える新たな変化
http://eetimes.jp/ee/articles/1109/01/news063.html

【ブログ内の検証】
●2011年1月5日水曜日シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言➂
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/6_05.html
▮日本電機メーカーは3DTVから「勇気ある撤退宣言をし、スマートTVに事業集中せよ!」:パレットTVの登場
●2011年1月8日土曜日
シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言④
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/20114k2k.html
▮ハイテク界の大予言:2011年"4K2Kとワイヤレス給電(SWPT)"開発は主戦場となり参入せぬ企業は必ず時代の『敗者』となる