投稿

12月, 2010の投稿を表示しています

シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:ミラーレス元年」はパンドラの箱

イメージ
2011年日本デジタルカメラ業界「ミラーレス元年」はパンドラの箱となるか?
読者の皆さん、技術特許を評価分析すると企業の戦略と商品化の未来が見えます。
このハイテク産業未来予測のブログ内でも、当社(アーキテクトグランドデザイン:AGD)の分析を公開している。

先行するパナソニック、ソニー、オリンパス、サムスン電子のミラーレス機が狙う市場は、ロー~ミッドレンジのデジタル一眼機(DSLR)。

※関連記事:【CES】“i-Function”対応の「NX11」を展示したサムスン
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110110_419474.html

ニコンやキヤノンにとっては、難しい舵取りの参入となるが、世の中の流れには逆らうことは出来ないだろう。

※関連記事:デジカメ市場、ソニーが販売台数シェア2位に(国内最新シェア)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1010/14/news082.html

何故なら、ユーザーは、高精細な動画を求め、その動画から一瞬の時間を切りだす「タイムスライス」としての静止画のカメラを未来は欲するものと筆者は確信している。
画像エンジンのコア技術はH264.MPGE4AVCが主力となる。
そして未来の動画はフルHDから4K2Kの映像世界へ進化するのである。
今後、重要なコア技術は、静止画より「動画」となり、交換レンズによる動画撮影が新たな映像表現の分野を開拓し、ユーザーの心(買い替え)を助長することになる。
静止画と動画が完全にハイブリッド化することで、デジタルムービーの市場は、急速に縮小していく。

【最新情報による検証】
動画撮影に人気が集中!コンパクトデジカメが面白い【'10-11年末年始特集】
http://itlifehack.jp/archives/3892060.html

既に、ソニーの開発体制は1本化し、デジタルカメラの組織にデジタルムービーの部隊がコンバージェンスされている(ここでは、統合・吸収という意味は相応しくない)。
ソニーは、未来市場対応型開発組織に移行したという意味と筆者は捉えている。
この組織再構築は正しいと言える。
これは、現在のソニーの決算でも「黒字」となっているデジタルカメラ事業の戦略経営によるものである。
デジ…

シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編⑦

ハイテク産業界の未来予測の読者閲覧ランキング発表
『ハイテク産業界の未来予測』の年間(スタートして半年間:2010年5月中旬~2010年12月中旬)のアクセス件数12000(本日まで)件で一番、読者に関心度が高かったのは何か?

それは、『赤文字』の国民の税金を投入し、日本のハイテク産業を再成長させる、テクノロジベンチャー支援目的の日本のソブリンファンド産業革新機構(INCJ)に関するものでであった。
これは、このINCJに対する国民の期待も高いということも言えるだろう。
よって、読者の皆さん(日本の政治家や官僚、マスコミの方々含む)もこの1位と3位の評価分析を再度読んで頂き、国民が信頼して任せられる・納得出来るような”デューデリジェンス(投資判断基準含む)”可視化プログラムとファンドマネジャーの過去の戦歴公開(投資実績とリターン率)も含めてを是非、検討して頂きたい。

『青文字』は、ハイテク市場調査会社の実態を明かす内容に対する関心度であった。
このインターネットと企業情報開示の時代に、調査報告書を買う必要性があるのか?
筆者は、未来評価がされていない調査報告書は買う必要がないということである。
筆者が、戦略的評価分析ツールとして、是非お勧めしたいのは、”BLOOMBERG社のデータベース金融端末サービス”である。
この端末情報には、ほぼ世界で数値化されている情報、リアルタイム情報はすべて入っているのである。
戦略マーケッター育成としては、専門性(過去産業セクターで従事したことがないアナリストが大多数)のない調査会社の報告書とデータベースを数百万で買うより、人材育成と自社独自データベース構築のために、この金融端末サービスを活用すべきであろう。
それだけ、価値のある情報サービスである。
調査会社のデータが実ビジネスで活用できない理由はもう1つある。
この1年を通じても、どの調査会社も年度初めに市場予測を発表し、目まぐるしく上方・下方修正を繰り返し、この12月末で最終数値(暫定)を締め、来年には確定値は発表する。
しかし、予測の的中度(当たり外れ)の原因分析は1社も行わないだろう。
重要な事は、当初のシナリオから何が原因して、予測がズレたかの検証とその情報公開(反省)をしないことである。

順位             テーマ                 寄稿日
=…

シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編⑥

▮ハイテク産業界の未来予測週間間『国別・地域読者閲覧ランキング:』発表
世界中のあらゆる地域の読者の皆様からハイテク産業界の未来予測のブログをご覧頂き有難うございます。

どのような読者がこのブログを読まれているのかをこの年末(スタートから半年間)に公開します。
筆者のブログは、『戦略なき日本国・日本企業・日本人に対する警鐘』の評価分析のブログですが、バランスのとれた安全保障の傘の元での経済発展は、世界平和と繋がります。
経済の不安定化は、ナショナリズムを生みだし、自国(自己企業)のみの利益を追及する行為は、必ず審判の日を迎える事になります。

この限られた地球の資源内で、人類がどのようにすれば持続的成長が出来、未来に待ち受ける困難をハイテク技術を活用すれば乗り越えることが出来るか、今このことを真剣に考えて頂きたいというのが筆者からのメッセージです。

今回の発表は、期間(2010年11月20日~12月20日)で、ランキングしております。
ランキング評価分析は、国・地域の関心度分析のインテリジェンス視点である。
常に、リアルタイムに情報を解析するというトレーニングを日本国・日本企業・日本人には行って欲しい。

国籍別順位
=====
1. Japan (アクセス地域公開)

2. United States (アクセス地域公開)

3. South Korea (アクセス地域公開)

4. Taiwan

5. Germany

6. Spain

7. Algeria

8. Australia

9. Hong Kong

10. China

上位国籍から地域別順位
(1位:日本)
=====
1. Tokyo

2. Shibuya

3. Shinjuku

4. Kizuki

5. Osaka

6. Shiojiri

7. Nagoya

8. Kyoto

9. Moriguchi

10. Meguro

(2位:米国)
=====
1. California

2. Arizona

3. Connecticut

4. Texas

5. Ohio

6. Wisconsin

7. Washington

8. New York

9. Florida

10.Wyoming

(3位:韓国)

=====
1. Seoul

2. Suwon

3. Songnam

4. Mokp…

シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ⑧『リチウムイオン電池の王座陥落』

イメージ
ニッポン・リチウムイオン電池帝国が陥落の日危機迫るニッポン・デジタルカメラ産業
過去、絶対に韓国企業が追従出来ないと言われてきた日本の最先端技術分野(半導体・液晶・機能素材・製造装置・自動車・携帯など)は、全て日本からビジネスを奪われ、グローバルで韓国企業がシェアを伸ばしている。
筆者の3年前の警鐘が、ついに現実となった日である。
姉妹サイトのコラボレーション・スペース内でも予言していた事である。
『テーマ:本業を放棄したサムスンSDI、新成長分野は2次電池』
無償会員登録は、こちらまで↓
http://jsgi.jp/

政治家・経済産業省幹部やハイテク材料産業界の役員の方々は、「豊崎さん、リチウムイオン電池・材料分野はそんなに簡単にキャッチアップされることはない」、その3年前の答えがこれである。
原材料は、日本から調達し、開発(特許を保有する)技術も日本からヘッドハントし、最終消費アプリケーション(携帯やスマートフォンは内製機器向けグローバルシェア高、PCは日本企業に価格競争に競り勝ち、次世代電気自動車は、戦略的にドイツと米国自動車メーカーと組んでいる)を作り出せる韓国企業の強みである。
サムスンSDIは、つい数年前ディスプレィを主な事業にしていた企業であり、利益・市場成長のないと経営判断をし、リチウムイオン電池事業に対して「選択と集中」を行った。
この戦略転換の時期は、2009年4月であると筆者は、分析している。
そこから約2年かからず、日本リチウムイオン電池企業を抜き去ったのである。
ハイテク分野において、韓国と日本の違いは2つある。
1.国家レベルでのハイテク産業支援(優先的な工場用地や水の供給、税制優遇う)、この背後に.ハイテク専門家による戦略構築である。
2.最大の違いは、明確なるターゲット(目標設定)と戦略、そしてゴールである。

今回は特に、読者の皆さんに下記アドレスのの記事を良く読み、真剣に考えて頂きたい。


※関連記事:リチウムイオン電池も日本勢陥落 トップはまた韓国サムスン(シェアデータ有り)
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101219/biz1012192330008-n1.htm

日本に残されたハイテク産業分野は、『自動車とデジタルカメラ』のみ。
しかし、自動車も米国やロシア含め新興国で、韓国勢(…

シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編➄

▮ハイテク産業界の未来予測ブログ月間『閲覧ランキング』発表
 いつもハイテク産業界の未来予測のブログをご覧頂き有難うございます。

このブログは、『日本国・日本企業・日本人のグローバルでの再成長』(現代日本人に欠如している部分)、特にインテリジェンスの重要性とそこから解析する評価分析と戦略・戦術の啓蒙を目的としています。

今回の発表は、全期間(2010/11/18 – 2010/12/17 )、読者の皆様の関心毎がどのようなテーマだったのかをランキングしております。

順位              テーマとタイトル             
== ==========================         
1位 シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ➀  
2位 シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ⑥  
3位 シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ➃  
4位 シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編➂
5位 シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ⑦
6位 シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ➂
7位 シリーズ2:日本半導体産業復活のソリューションと警鐘 ➁
8位 シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編
9位 シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ➄
10位シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ➁

【日本の読者の皆さんが絶対に知っておくべき予備知識】
◎植草一秀の『知られざる真実』
※米国指令に基く対米隷属菅政権の小沢一郎氏攻撃
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-8632.html
◎中韓を知りすぎたた男
※もがく韓国経済(サムスン電子評価連動)
http://kkmyo.blog70.fc2.com/

シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編➃『ハイテク韓国版』

イメージ
▮ハイテク韓国の大巨人、サムスン電子の迫り来るビジネスリスクの未来シナリオへ
日本の平家物語と「栄枯盛衰・・・」の同じようなことが、未来のハイテク王国の韓国でも起こりえる。
2010年サムスン電子(半導体事業)にとっては、最高の年であったはずである。
しかし、下記記事タイトルのように、サムスン電子がインテル社に迫ることは難しい環境が整ってきたと考えている。
※関連記事:サムスンがインテルに迫る、2010年の半導体ランキング
http://eetimes.jp/news/4456
表面的にか見えていないマスコミは好調サムスン電子であろう。
しかし、現実はサムスン電子の新経営陣は、難題が山積している。
このブログは、日本企業にとっては再起の可能性を探ることを考えて頂き、サムスン電子は韓国国家を支えるグローバル企業であり、サムスン電子は「南北朝鮮統一」の世界平和と日本の安全保障上の視点でも持続的成長しなければならないので、筆者から敬意払いながら警鐘したい。
現実的には、サムスン電子は”android陣営”ビジネスで成長を続けていく。
そのことをシナリオとして、読者の皆さんに公開しましょう。
インテル社と東芝セミコンダクター社こそが、今以上に企業としては持続的成長するというの筆者の評価分析でもあり持論である。(この2社は、本テーマ内では取り上げないことにする)


【サムスングループの未来リスク検証とシナリオ】
・サムスン電子の軍師去る:サムスン電子の崔匡海(チェ・グァンへ)副社長(同グループ財務部長)辞表を提出。
要因:同グループは「グループ組織」を復活させるに当たり、かつての戦略企画室に対し責任範囲っを強化、李鶴洙氏、金仁宙両氏を経営の一線から退かせたが、崔副社長の辞任もこれと同じ目的によるもの⇒完全同族経営へ権力移譲(三代世襲体制化での役員人事)、不透明な企業ガバナンスとなる。そして、旧経営陣の”ビジネス人脈”が全て無くなる。
・サムスングループの新総帥:サムスン電子会長李健熙(イ・ゴンヒ68歳)氏の長男である李在鎔(イ・ジェヨン42歳)が社長に昇格。
・南北朝鮮半島の類似する国家レベル的世襲体制:サムスングループは、サムスン電子会長李健煕(イ・ゴンヒ)氏の次女の李叙顕(イ・ソヒョン)第一毛織・第一企画専務(37歳)を副社長に昇進、副社長30人、専務142人、常務318人の…

シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編➂

イメージ
▮ハイテク産業界のユーザ心理から「関心度=不安心理」を読み解く
AGD社WEBサイト会員の2010年年末(第二回)に掛けての関心毎は、隣国中国国家への不安と再景気後退、サムスン電子経営戦略であった。
インテリジェンスとアナリシスの強化と正しき戦略構築こそが、2012年を生き残れるただ1つの方法である。

【無償会員登録サイト】
コラボレーション・スペース閲覧はこちら↓
http://jsgi.jp/index.php

2010年12月初旬(第二回)コラボレーション・スペース閲覧テーマ・ランキング

1.中国の国家戦略 

2.AGDの予言通り、サムスン電子の終焉のエピローグ始まる?

3.景気回復から再失速へ 

4.サムスン電子第一報、息子が社長

5.2009-2010年PC市場予測

6.電子書籍端末市場シェア

7.半導体V字回復

8.中国バブル崩壊の兆し

9.ウィキリークス、アサンジ氏包囲網

10.3Dコンテンツ&テレビの実用化に向けて

11.スマートTVの到来

12.攻める「東芝経営」

13.Googleが世界を飲み込む
※ ↑ 上記予言関連資料:
「世界で勝つ」秘訣はあるのか
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070205/127360/
日経マイクロデバイス2007年2月号 
半導体業界の変調,その本質を読む(4)
コンテンツが半導体を支配する時代に
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20070129/127039/


14.サムスン電子ギャラクシーS

15.日本半導体メーカー各社の新戦略

16.米シーゲイトが身売り交渉打ち切る、自社株買い戻しを計画

17.スーパーカーの世界もエコ化

18.キャノン事業強化

19.家電化する電気自動車

20.欧州ソブリン危機

21.インド市場の成長

22.実験室の破綻、EU解体に向かい、歴史は繰り返す「帝国主義時代と国家間戦争となる」

23.アドテスト、半導体試験機器メーカーのベリジーに買収提案

24.米国LTEサービス値下げ

25.東芝セミコン、メモリ供給不足の可能性

26.三洋半導体田端社長への「辞任の勧め」

27.世界が注目する異色のロボット・ベンチャー、米ウィロー・ガレージ

28.地球温暖化による気象変…

シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ⑦

イメージ
パナソニック北米市場ゲーム機(ポータブル)再参入失敗のシナリオ
本ブログ内の「世界の家庭ゲーム機メーカーのパイオニア、任天堂ポータブルゲーム機の凋落シナリオ」で、パナソニックゲーム機市場再参入の可能性には触れていました。
筆者もプレイステーション1に関わった開発・戦略マーケッターの1人、過去のゲーマーとしてのユーザーの1人として、日本企業であるパナソニックに再度メッセージを送りたい。

今、世界はゲーム機単体、特にポータブル機は、スマートフォンに”利便性とライフスタイルの変化”が起こり、取って代わられている。
パナソニックは、このことを冷静に評価分析し真摯に受け止めなければならない。

※関連記事:iPhone、携帯ゲーム機としても勢力伸ばす
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/24/news013.html

家庭用ゲーム機のPS3好調背景の理由は、「マルチメディア・ステーション」としての低価格によるハイブリッド機能に、ユーザーの立場でベネフィットを見出しているのである。
日本のポータブルゲームメーカー、任天堂とソニーは大きなビジネス危機の中にあり、これはパナソニックにも共通することである。
android仕様にすることにより、オープン・プラットフォームのゲーム端末として、ソフト開発(小規模事業者・個人の開発者)にビジネス環境を提供し、パナソニックはこの見かけ上安価なモデルを提供し、目論みとしては、数多くのゲームソフトで囲い込みを行いたいのだろうが、成功する可能性は奇跡に近い。
android仕様にすることにより、逆に他のゲーム機端末との差別化が出来なくなり、主戦場はゲーム機器メーカーとの戦いでなく、スマートフォンを提供する巨大通信機器メーカーや通信キャリアなのである。
パナソニックのポータブルゲーム機 VS スマートフォン連合+既存ゲーム機企業の構図である。
スマートフォン優位は、定額料金で3G通信を”いつでも・どこでも・つなげる”アクティブ(ダイレクトな)な通信モデルであること対して、パナソニックはWLANをベースに”パッシブな通信(間接的な)”では、ユーザーの利便性に欠けるということである。
下記に、通信世界での2007年時点での筆者の調査結果を公表しよう。





新規事業として、勝てない戦を『北米市場』仕掛けるより、原…

『ブログのアクセス10000超えました!!』

「ハイテク産業の未来予測」のワールドワイド読者の皆様

通年アクセス国順位(読者)
日本
アメリカ合衆国
カナダ
中国
香港
大韓民国 
ドイツ
シンガポール
台湾
マレーシア

ハイテク産業の未来予測のブログ5月中旬開始して、昨日(7カ月)で10000アクセスを達成しました。
本当に、閲覧有難うございます。
これからも読者の皆様の”熱い志を持った”ご支援よろしくお願いします。 

豊崎 禎久 Yoshihisa Toyosaki

【2010年世界半導体市場規模:WSTS発表データの検証】
※関連記事:2010年の世界半導体市場は33%成長で過去最高に - 業界団体が発表
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/11/30/122/index.html