投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

筆者のインタビューがWSJに記載されています

TOKYO—Japanese display maker Sharp Corp. 6753.TO -4.41%will issue new shares in a public offering to raise as much as ¥150 billion ($1.5 billion), people familiar with the matter said. Coupled with funds from business partners, that would pay down about 15% of Sharp's interest-bearing debt, but it won't give the company an edge over leaner, more aggressive rivals. The Apple Inc. AAPL +1.06%supplier needs cash to shore up finances hit by two straight years of record losses, pay for a pension-funds shortfall, and please creditors, two of whom have sent executives to sit on Sharp's board. In the pecking order of priorities, investment in growth areas such as air purifiers and power-saving display technology, is unlikely to rank high. "Any money left for forward-looking investments will be spread thin and it won't make Sharp any more competitive," said Yoshihisa Toyosaki, an analyst at Tokyo-based IT consultancy Architect Grand Design. "Given a chance,…

緊急分析:火災のため操業を停止中の韓国SKハイニックス社

韓国SKハイニックス社は、火災のため操業を停止している中国工場の操業を2─3週間以内に再開できる可能性がある。 暫定調査結果を基に明らかにした。 さらに前倒しで再開できる可能性もあるという。 関連記事:http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE98507Q20130906

緊急分析:次世代テクノロジの落とし穴は健康被害(グラフェンは、カーボンナノチューブ)

次世代ハイテクの切り札にも落とし穴がある。 米国Brown University(ブラウン大学)の研究グループによると、未来の半導体材料として期待されているグラフェンが、生体細胞の機能を破壊する細胞毒性を持つことが明らかになったという。 この研究結果が、他の研究機関からも実証されることになれば、グラフェンは、カーボンナノチューブとともに、危険物として分類される可能性がある。 ※関連記事:http://eetimes.jp/ee/articles/1307/25/news051.html