投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

緊急分析:不可解なエルピーダメモリの売却価格に気付いた米国裁判所

エルピーダメモリの米国マイクロン社買収は、最初から不可解な事ばかりである。
米国エルピーダ社の債権者が反対している係争問題は、米国デラウェア破産裁判所のクリストファー・ソンチ判事は2012年10月24日、エルピーダメモリが同社破産手続きプロセスについて債権者に十分な情報を提供していない事に、米国マイクロン社への売却を認めない可能性があると警告した。
何を隠蔽したいのか?エルピーダメモリよ。
それは、企業買収が最初から出来レースだからあるからだろう。
このまま時だけが悪戯に過ぎればエルピーダメモリは漂流し、そして転覆するだろう。

※関連記事:エルピーダ情報提供は不十分、マイクロンへの売却却下も=米判事
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89O02J20121025

緊急分析:『サムスン』リスクがやって来た!!

Facebook内で既に、分析公開済みだが、韓国サムスン電子の第一波の危機が訪れる。
米国調査会社のDisplaySearch社によれば、サムスン電子は2012年上半期には米国Apple社に1500万枚の液晶パネルを供給した。
この期間中、韓国LG Display社は1250万枚、日本のシャープは280万枚、Appleに液晶パネルを供給した。
サムスン電子は2012年4月、液晶パネル事業をSamsung Displayとして分離独立させると発表している。
全ては、因果応報である。

※関連記事:Samsung、AppleへのiOS端末用液晶パネル供給終了へ──Korea Times報道
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1210/23/news038.html

緊急分析:成長を続けるCMOSイメージセンサー市場

"Facebook内の分析"
フランス調査会社Yole Developpement社は、2012年のCMOSイメージセンサ市場が66億米ドルとなる見通しと2017年には110億米ドルまで市場拡大するとの予測を発表した。
同社の予測では、2012~2017年の年平均成長率(CAGR)は11%、中でもタブレット、車載、スマートTVの3種類の用途向けCAGRは30%以上に達すると予測している点が興味深い。
CMOSイメージセンサーの感度を上げる技術として、裏面照射型(BSI)イメージセンサの市場規模は、2017年に57億米ドルと市場全体の過半に達するとみられる。
これらは、大型センサー以外にほぼ採用される事になる。

緊急分析:米国Amazon社は半導体メーカーになる日

"Facebook内での分析”
米国Amazon社が半導体メーカーになる日。
米国TI社OMAPはAmazonのキンドル/
ファイヤーに採用されている世界トップレベルのアプリケーション・プロセッサである。
このTI社事業買収は、極めて正しい戦略である。
アプリケーションプロセッサはコンテンツを最適駆動させる為のエンジン、日本半導体メーカーは1d社もこのデバイスを開発出来なかった。
コンテンツを支配するものにはアプリケーションプロセッサは必須である。これで世界はAppleとAmazonとサムスン電子+インテル(Microsoft)3強プラス1で戦う事になる。
この明確なる成長戦略の買収と対照的に、いかに日本連合艦隊のルネサスエレクトロニクスの経営支援(産官)が馬鹿げたスキームか分かるだろう。


※関連記事:再送:UPDATE1: 米アマゾン、TIモバイルチップ部門買収に向け交渉=新聞
http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPJT821676420121015
※関連記事:アマゾン、TIモバイルチップ事業の買収を計画かhttp://japan.cnet.com/news/business/35023090/

ハイテク産業の超未来予測無償セミナーのお知らせ!!

Facebook内では、既に多数お申込みを頂いておりますが、アーキテクトのブログでも最終申し込みを受け付けます。

未来予測や調査データにあてにならない調査会社より、的中精度と最先端開発をしているアナリスト・エコノミストとして実績のある、筆者の分析の方が日本企業の皆さんの為になろうかかと思います。
2013年の世界情勢・経済そして、日本ハイテク産業崩壊への序章のシナリオ(現実にならないように)お伝えします。

(本講演では、最新の世界半導体予測、マクロ経済予測/世界情勢、近未来有望アプリや技術=新産業セクターを無償公開します。)

  ~豊崎~

【お知らせ】
... 2012年11月16日.15:00〜18:30.
東京都中央区銀座8-4-17

●ニッポン半導体再成長させる会 キックオフ

●日時:2012年11月16日(金)14:30 開場
15:00 開始 ~ 18:30 終了予定
●参加費:無料

●場所:銀座 リクルートGINZA8ビル 11F 大ホール
●地図:http://www.recruit-ex.co.jp/company/map.html

◆基調講演 

 アーキテクトグランドデザイン株式会社
 Founder & チーフアーキテクト 豊崎 禎久 様

=仮題=「グローバル競争で敗北した日本半導体メーカーの検証と
世界で勝つハイテク産 業の再成長戦略」
  ~ハード優勢の時代は終わり、コンテンツ産業が世界を支配する ~

◆サプライチェーン上の各業界のエース元エースによるパネルディ スカッション
●定員200名 (サプライズゲストも参加予定)開場:14:30 -
講演:15:00 - 16:30
質疑:16:30 - 17:00
休憩:17:00 - 17:15
PD  :17:15 - 18:15 *今回のキックオフは、日本半導体危機と日本ハイテク産業と日本国家経営(歳入源)にも懸ねる緊急企画でございます。 ハイテク産業に従事する日本人の皆様、奮ってご参加下さい。 *大変恐縮ですが、会場設置の関係上事前に参加をクリック頂きたくお願い致します。 *ビル入口に受付は設けませんので、エレベーターにて11Fにお上がりいただき直接ホールまでお越し下さい。 一般での参加ご希望は、下記までお問い合わせ下さい。 *事務局 森 博禎 TEL: 03-6705-91…

『本日、ブログアクセスが270,542が超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが270,542を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。

最新の業界分析にご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

緊急分析:2013年世界半導体市場は、最悪の年となるであろう

"Facebook内の分析"
2012-2013年は世界半導体業界は一度も経験した事のないスーパーリセッションに襲われ、企業の大リストラと淘汰再編される、私の業界に警告した未来予測の様に大失業時代に突入した。

※関連記事:米AMD:最高2340人を削減計画、PC向け需要減で-関係者
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MBSZGW6KLVR801.html

緊急分析:KKR社がルネサスエレクトロニクス買収断念し、日本連合艦隊の未来は?

この筆者の分析と見解は、既にFacebook内に公開している。
この産業革新機構主導の日本連合艦隊の未来は2015年に、壊滅するであろう。
その前段に、事業や子会社のバルクセールが始まる、ルネサス子会社をアオイ電子に譲渡。

※関連記事:ルネサス、ルネサスハイコンポーネンツをアオイ電子へ譲渡
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE89B04B20121012
※関連記事:ルネサス株が買い気配、官民が2000億円で買収計画との報道
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE89E00120121015


【ブログ内の分析検証⇒ルネサスエレクトロニクスへの処方箋提言】
●2012年2月1日水曜日
緊急分析:末期症状のルネサスエレクトロニクスへの処方箋は?
http://a-gd.blogspot.jp/2012/02/blog-post_01.html

緊急分析:ソフトバンクが米国スプリント社を買収検討

筆者のコメントがブルームバーグ社に出ている。
Facebook内では、さらに詳細な分析と見解を公開している。

※関連記事:ソフトバンク:米携帯3位への出資を協議-最大75%取得か
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MBQI0H07SXKX01.html

財務への懸念も

岩井コスモ証券投資調査部の清水三津雄副部長は、孫社長が「リスクを取りながらソフトバンクを大きくしてきた。大胆な決断も行ってきた」と述べ、今回の買収提案もその戦略の延長との見方を示している。
アーキテクトグランドデザインの豊崎禎久アナリストは協議の背景に国内市場の成長余地が限られている点を挙げた。さらに「資本規制がある新興国への参入は容易ではないが、経済環境が悪化している米国で売却案件があった」と指摘。買収が実現した場合のソフトバンクの財務への影響については「決して余力があるわけではないので、リスクが低いとはいえない」と述べた。

『本日、ブログアクセスが268,008を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが268,008を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

ハイテク産業未来予測セミナーのお知らせ

【お知らせ】
2012年11月16日.15:00〜18:30.
東京都中央区銀座8-4-17

●ニッポン半導体再成長させる会

●日時:2012年11月16日(金)14:30 開場
15:00 開始 ~ 18:30 終了予定
●参加費:無料
...

●場所:銀座 リクルートGINZA8ビル 11F 大ホール
●地図:http://www.recruit-ex.co.jp/company/map.html

◆基調講演 
 アーキテクトグランドデザイン株式会社
 Founder & チーフアーキテクト 豊崎 禎久 様

=仮題= 超未来予測 「グローバル競争で敗北した日本半導体メーカーの検証と
世界で勝つハイテク産 業の再成長戦略」
  ~ハード優勢の時代は終わり、コンテンツ産業が世界を支配する ~

◆サプライチェーン上の各業界のエース元エースによるパネルディ スカッション
●定員200名 (サプライズゲストも参加予定)開場:14:30 -
講演:15:00 - 16:30
質疑:16:30 - 17:00
休憩:17:00 - 17:15
PD  :17:15 - 18:15

*今回のキックオフは、日本半導体危機と日本ハイテク産業と日本国家経営(歳入源)にも懸ねる緊急企画でございます。

皆様、奮ってご参加下さい。

*大変恐縮ですが、会場設置の関係上事前に参加をクリック頂きたくお願い致します。

*ビル入口に受付は設けませんので、エレベーターにて11Fにお上がりいただき直接ホールまでお越し下さい。 【~アーキテクトのブログ~からの一般申し込み】
アーキテクトブログからの一般申し込みは下記までご連絡お願いします。 尚、マスコミ(限定のみ)や調査会社、アジア企業の方は、本セミナーにご参加出来ません。
  *事務局 森 博禎 TEL: 03-6705-9191
         Mail: h-mori@recruit-ex.co.jp