投稿

10月, 2011の投稿を表示しています

緊急分析:TSMC社が前R&D担当幹部だったMong-Song Liang氏を提訴

"FacebooK内の分析”
台湾Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)社の韓国サムスン電子に対する自社技術の防衛措置。
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、TSMC社が前R&D担当の幹部だったMong-Song Liang氏を提訴した模様である。
この提訴は、TSMCの最先端技術に関する特許や営業上の秘密事項を、Liang氏がR&D担当副社長を務めているサムスン電子に漏らさないようにする狙いがあると見られている。
これもTSMC社技術漏洩の防衛策である。

緊急分析:『ローム社が日本自動車産業のサプライチェーンを止めるリスク』

"Facebook内の分析”
今、日本の自動車産業界は3.11と同じ様に、サプライチェーンが切れている。
その要因はタイの洪水である。
特に、自動車用部品不足が深刻化しているのはロームの『ダイオードやコンデンサー』などの電子部品で、筆者の分析だとロームがダイオードで世界シェア40%であろう。
このシェアの数値は、自動車用だけでなく、家電も含まれる。
長期化すれば、この問題は日本経済にも深刻な影響を与える事になる。
寡占化が進む半導体メーカーとその採用リスクである。
ローム社が代替え生産をするしても数カ月は対応出来ないだろう。
トヨタ、三菱、日野など自動車メーカーは減産及び生産停止(最悪)の事態となるだろう。
日本政府は、緊急に情報収集を行いこの問題の支援対応策を検討しておく必要がある。

"Facebook内の分析"
ローム社の半導体は3.11のひたち那珂工場のルネサスエレクトロニクスのMUCより、深刻度は低いですが、代替え部品の信頼性試験(認定)など別のプロセスも必要となる。
このタイ洪水の影響で、ローム社からの代替え切り替えもある程度進む事も予測される。


●トヨタ自動車の影響⇒ミニバンや多目的スポーツ車(SUV)
●ローム社タイ工場の情報⇒水で操業を停止中
ナワナコン工場(パトムタニ県)
ロジャナ工場(アユタヤ県)
両工場は、電源用ICやカーオーディオやカーナビゲーション向け制御用LSIを生産。
トランジスタやコンデンサーも生産。

※関連記事:車電子部品 供給細る ローム、タイ洪水で休止 他国で代替生産もhttp://www.nikkei.com/access/article/g=96959996889DE1E4E2E2EBE5EBE2E0EBE3E2E0E2E3E38698E0E2E2E2

緊急分析:ソニーとサムスン電子の液晶合弁会社の解消の可能性を検証する

今回の分析テーマは、ソニーとサムスン電子の液晶パネル製造の合弁会社解消の噂である。
公には2社は、この日本経済新聞社の報道を否定している。

"Facebook内の分析”
ソニー最大の失策、ソニーとサムスン電子の液晶パネル製造合弁解消交渉へと報道されている。
この合弁事業で、どれだけ日本の技術者とソニーの映像ノウハウがサムスン電子側に流れたか。
現在の液晶テレビの世界で韓国勢が、映像品質を急速にキャッチアップした大きな出来事である。
※関連記事:ソニー・サムスン:液晶パネルの合弁事業解消に向け交渉-日経
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920013&sid=a1tDogOYk.O0
※関連記事:ソニー、サムスン電子との液晶合弁解消を検討=関係筋
http://sp.reuters.co.jp/article/TechnologyNews/idJPJAPAN-23898420111030
※関連記事:ソニー液晶合弁解消へ サムスン電子と交渉開始
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011103102000032.html
※関連記事:ソニー:サムスンと合弁解消へ…液晶パネル事業で交渉
http://mainichi.jp/select/biz/news/20111031k0000m020024000c.html

緊急分析:『インテル帝国は、5年後他の帝国から半導体領土の侵略受ける』

"Facebook内の分析”
筆者の次なる半導体世界を震撼させる未来予測を公表しましょう。
遂に、ARMが64bit命令セットの拡張を発表しました。
英国ARM社は、この数年先に直ぐに米国インテル社に追いつける訳ではないが、5年先はintelの最後のプロセッサの砦である『サーバー&クラウド系』でも安泰とは言えない時代が到来する。
クラウドのサーバーでARMを採用して行くのはグーグル社であろう。
これで、ウィンテル帝国は帝国分割と他の勢力の侵食を受けるだろう。
これが私の未来予測である。
半導体サプライチェーンが大きく変わる。
半導体業界は、未来を正しく読めなければ経営危機に陥る事なる。
調査会社に頼る切る未来検証は、即刻止めるべきだろう。

※関連記事:プロセッサ搭載サーバの普及は「数年」後――ARM社長が発言
http://www.computerworld.jp/topics/560/Windows%20Server/191755/ARMプロセッサ搭載サーバの普及は「数年」後――ARM社長が発言
※関連記事:業界動向/189915/ARM、64ビット・プロセッサ・コアを近く発表へ
http://www.computerworld.jp/topics/634/IT業界動向/189915/ARM、64ビット・プロセッサ・コアを近く発表へ

緊急分析:タイ洪水被害が及ぼす世界半導体市場(電子機器)成長抑制材料

"Facebook内の分析"
世界半導体市場に影響を与えるPC市場、このシステムに搭載されるハードディスク(HDD)。
このハードディスク部品9割を占める部品工場がタイで洪水被害に遇っている。
これで世界半導体市場とPC市場成長が完全抑制されクリスマス商戦は期待出来ず、経済の冷え込みを助長する。
これは好調な米国Apple社も含まれる。

※関連記事:タイ洪水で世界HDD部品9割を納品する工場が浸水被害(1)
http://japanese.joins.com/article/991/144991.html?servcode=300§code=330
※関連記事:タイ洪水で世界HDD部品9割を納品する工場が浸水被害(2)
http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=144992&servcode=300&sectcode=330
※関連記事:電子機器メーカー、タイの洪水で供給障害が数四半期続くとの見方
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23841420111027

緊急分析:中国BOE社が表示パネルメーカー世界一になる日

"Facebook内の分析”
中国国家政策会社(北京市政府)、中国BOE社が世界1の液晶パネルメーカーになるのである。
同社は有機EL小型パネルにも参入。
この分野のトップシェアは、韓国サムスン電子の独占分野である。
そして、産業革新機構が国税を2000億円投資する日本液晶統合『ジャパンディスプレイ』の成長の芽も摘まれた。
これが日本政府系ファンドの素人が露見した事例である。
戦う前から日本ディスプレイ統合会社(日本企業)が玉砕する事が分かっていて税金を2000億円投じるファンドマネジャーはどの様な人物なのだろう?
日本は、余りにもインテリジェンスと戦略が弱すぎる。

"Facebook内の分析"
このディールを止めろいうのではなく、投資しリストラ(工場・人)をせず、アセットだけ巨大化し、本当に中国と韓国、台湾に本当に勝てるのだろうか?
ましてやは、中・長期に続くこの超円高の状況下で・・・。
今後液晶の生産拠点は、中国に全て移るのである。
韓国サムスン電子も技術流出の恐れを感じつつも中国政府に要求で、最新工場を中国に建設するのである。

※関連記事:中国BOE、13年から有機ELパネル量産 スマホ向けに
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E0E4E297818DE0E4E3E2E0E2E3E38698E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

緊急分析:筆者が警告している食糧危機が現実になる

今日、テレビなど報道で地球人口70億人に達し、食糧危機(管理体制)到来を伝え始めている。
このハイテク産業界の未来予測でも警告している事である。

※関連記事:世界人口70億人へ、資源争奪など不穏な時代の幕開けか
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23819620111026

【ブログ内の検証】
●2011年5月11日水曜日
緊急分析:気象変動で食糧危機が迫る、人類を救うのは『ハイテク技術』
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/blog-post_11.html

『ブログアクセス115000超えました!!』

本日、ハイテク産業界の未来予測のブログアクセスが115,000超えました。
いつも閲覧ありがとうございます。
筆者が2011年1月に公開した世界半導体予測の成長率の様な環境が全て整いました。
筆者が現象を命名した『スーパー・リセッション』が起こります。

幾ら調査会社から市場予測レポートを購入してもハズレばかりでは意味がありません。
精度のない調査会社は切り捨てる、単なる人間付き合いからつまらない情報を得るより、ご自身が何を活用すれば事業に効果があるか真剣に考えて頂きたいと思います。
2012年はさらに厳しい世界経済の環境になります。
『備えあれば憂なし』
読者の皆さんの企業が未来をサバイバルするには、①メディア情報を鵜呑みせずフィルタリングする事②調査会社を絶対に信じるな⇒総合して、ご自身でインテリジェンス能力を高め、情報を目利きし、『俯瞰力』の能力身に付ける事です。
それが唯一、未来を生き残れる最低限の身に付けなければならない能力です。

緊急分析:タブレットPC市場ではARMが完全制圧、Intelは大苦戦

タブレットPC市場ではIntel巻き返しは、極めて困難であろう。
今、この市場はARMが席巻し、X86は厳しい戦いの中にある。
この市場はネットPCで、ATOM/IntelであったがタブレットでApple社iPad/ARMで形勢逆転をしたのである。

※関連記事:インテル搭載Windowsタブレット、シェア獲得に苦戦か--米調査会社予測
(市場データ)
http://japan.cnet.com/news/business/35009666/

2011年10月末までの期間閲覧ランキング発表!!

読者の皆さんの『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ』2010年9月~2011年10月末の期間閲覧ランキング発表します。

➀緊急分析:キヤノン『DIGIC5』搭載機を発表!! 2011/09/16
➁緊急分析:キヤノンのミラーレス機投入予定 2011/07/13
➂緊急分析:オリンパス社長マイケル・ウッドフォードの解任劇2011/10/14
④緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの解体バルクセール開始 2011/07/29 
➄緊急分析:計画的非難区域20キロ圏外に拡大しハイテク工場生産活動の制限 2011/04/11
⑥緊急分析:東日本大震災から誘発される東海地区の地震➀ 2011/03/16
⑦緊急分析:『産業革新機構の投資スキーム』⇒東芝とソニーの中小型液晶統合新会社構想➀
2011/06/07
⑧緊急分析:何故iPhone5のリリース発表がなかったか?を分析する➀ 2011/06/09
⑨緊急分析:福島第一原子力発電所3号機がメルトダウン 2011/05/08
⑩緊急分析:日本ハイテク企業の東日本大震災の影響度➀ 2011/03/14

何故、第1位が”➀緊急分析:キヤノン『DIGIC5』搭載機を発表!! 2011/09/16 ”の自己解析は、Kakamucomにこの記事のリンクをユーザーが張った事が要因であると見ている。
しかしながら、キヤノンの動向は皆さんが関心がある事が分かるだろう。
1位~3位迄がデジタルカメラ事業を主力とする企業であった事は不思議である。

緊急分析:『4K2K映像分野に参入しない日本企業は未来に死が待っている』

"Facebook内の分析”
‎2011年11月3日キヤノンはハリウッドに、次世代画像エンジンDIGIC5Pulsを搭載した4Kカメラソリューションで殴り込みをかける。
先行メーカーはドイツ、米国、そして市場最強のカメラマシンを投入したソニー『F65』。
その横綱相撲界に参戦するこだろう。
まだ公式発表は無いが筆者の近未来予測である。
4k分野は様々テクノロジー分野にその波及効果をもたらずがこの詳細は、この場で語ることは止めておきましょう。
ブルーレイ規格に大きな影響を及ぼしたハリウッドはこれからの映画はデジタシネマの4kに移行する。
よって、日本企業の株式時価総額第一位のキヤノンが公式な発言として『キヤノンの歴史上と言う表現を使っている』のです。
プロ⇒業務用からコンスーマーは当然の流れである。
ましては日本の電機、カメラメーカーも未来システムを引っ提げて米国メーカーも参入するのええある。
グローバル開発サプライチェーンを冷静に、俯瞰しないと日本企業は未来でビジネス機会を失う事になるだろう。

※関連記事:テレビ大不況「4K」は業界を救うか
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1110/24/news033.html

【ブログ内の分析検証】
●2011年10月3日月曜日
緊急分析:『4K2KTV(モニター)時代の幕開け
http://a-gd.blogspot.com/2011/10/4k2ktv.html
●2011年1月8日土曜日
シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言④
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/20114k2k.html

緊急分析:『Apple社テクノロジー軍師の1人が退職する』

"Facebook内の分析"
米国Apple社の経営リスクとなるカリスマ無き後のApple社の開発体制。
その不安が表面化した。
Apple社の知恵者(テクノロジー軍師)の1人が去った。
Siriの共同創設者で、同サービスの開発をAppleで指揮してきたDag Kittlaus氏がAppleを退職した。

※関連記事:「Siri」共同創設者の1人、アップルを退職か--All Things Digital報道
http://japan.cnet.com/news/business/35009667/?tag=topMain

緊急分析:日本政府と日本電機メーカーの戦略ミスが日本テレビ産業を地獄に落とした

"Facebook内の分析"
日本テレビ業界の大失敗はここにある。
エコポイントで2年分の需要を前倒した。
これは、完全に経営と業界のロビー活動ミス。
民主党政権がまたエコポイントの追加措置の話が出ていたが、政府が民間企業を潰すことになる。
市場活性化策が『政府自らが毒をもった』という事である。
戦略なき無策がどのような不幸を招くか国民は理解した方が良いだろう。
結局、ご主人(本人)の働く環境がリストラでなくなるのである。
持続的成長可能という言葉と取るべき戦略を政府と電機メーカーは、正しく理解して欲しい。

※関連記事:9月の薄型テレビ出荷台数、前年同月比47.9%減 2ヶ月連続で減少
http://www.zaikei.co.jp/article/20111024/84534.html

緊急分析:タイ洪水で影響が出ているローム社と子会社ラピスセミコンダクター社

タイ洪水によりアユタヤ工場操業停止となっているローム社とラピスセミコンダクター社。
操業の目処はたっていない。
ROHM Integrated Systems 社は、工場敷地内及び地域周辺における浸水はないが社員の安全確保のため2011年10月15日の午後から10月18日までの予定で操業を停止している。
ローム子会社のLapis Semiconductor (Ayutthaya)社は10月8日15:30工場があるロジャナ工業団地においてアユタヤ県知事から工業団地の閉鎖指示があったため、一時生産を停止した。
工業団地への浸水が始まっており、現在のところは生産停止が続いている。
生産の再開については現時点では未定である。
同社のクリスマス商戦に向けた予定売り上げ減は、想定外となる。

※関連記事:タイで発生している洪水の影響について(第4報)
http://www.rohm.co.jp/news/111020.html
※関連記事:ロームのタイの洪水の影響
http://edrllc.jp/mtb/1110/158.html
※関連記事:ロームのアユタヤLSI工場、洪水で生産停止
http://www.newsclip.be/news/20111012_032337.html

緊急分析:『大躍進する中国ケイタイ市場と最大通信キャリア中国移動の状況』

"Facebook内の分析”
【中国携帯市場規模の筆者評価】
➀2011年9月26日中国工業情報化部によれば、8月末時点で中国の電話利用者が12億2900万人に達したことを発表。
また2011年1―8月、中国の携帯電話利用者は、8108万2000人増加し、9億4008万5000人に達した。
この内訳は、3G携帯電話利用者は9412万1000人を占めている。
同期ブロードバンド・インターネットユーザーは、2033万2000人増加し、1億4662万3000人。

➁2011年10月21中国の国営3大通信会社の1つ、中国移動(チャイナ・モバイル)社が9月の経営状況を発表した。
この報告書によれば中国移動1―9月の営業収入は2010年同期比8.8%増の3838億4600万元(約4兆6124億5000万円)。
同期の純利益は同期比5.4%増の919億7800万元(約1兆1052億4500万円)。
9月、中国移動の利用者は差し引きで588万9000人(件)増加、1―9月累計では4950万人(件)増加し、6億3517万人に達した。
この内訳は、3Gユーザーは9月に284万3000人、1―9月累計で2246万人増加し、4316万人に達している。
また9月の利用者一人当たり料金は70元、平均利用時間は526分になっている。
これが、中国モバイル市場実態である。日本のNTTドコモ、KDDI、SBMのビジネスは誤差の範囲。
この市場に注力する半導体と液晶パネルメーカーは永遠にガラパゴスなのである。
そして、中国移動の成長ビジネスモデルは『サービス』に注力する。
ここに食い込むには、中国トップ人脈が必要である。

➂2011年10月13日、香港で第4回CEO人材資源会議が開催された。席上、中国移動(チャイナ・モバイル)の王建宙会長が、中国移動の業務状況について説明会を行っている。
王会長は、中国移動のネットワークを利用しているiPhoneユーザーは、毎月100万人ペースで増加を続け、9月末時点で950万人を突破したことを明らかにした。
Apple社社との具体的な協議は、未だ達成できていないようである。
今後の中国移動については、中国移動の高度成長期はすでに終了したため、今後は成長率の鈍化に対応していかなければならないと指摘いる。
具体的には、従来のように通話・メール業務で利益を上げ…

緊急分析:『ジャパンディスプレイ社』の未来は?

"Facebook内の分析”
これが『地獄の液晶業界の実態である。
黒字化出来ない事業破綻モデル』。
この分野に産業革新機構は中小型液晶分野の日本液晶統合と称して、2000億円強の国民の税金を投入する。
3年先に経営失敗した時に誰がこの2000億円の責任を取るのか?
民間のファンドマネジャーであれば、業界では二度と同じ仕事は出来ない規模である。
日本の産業界と日本人は冷静になるべきである。
何故ならば、この市場分野は玉砕戦に突入するのであるから・・・。

【韓国企業の最新決算評価】
2011年10月20日韓国LG Display社は、2011年度第3四半期(2011.7~9)の売上高が前年同期比6.4%減の6兆2690億ウォン(約4388億円)になったと発表。
当期損失は6880億ウォン(約482億円)となり、前年同期の2240億ウォン(約157億円)の黒字から赤字に転落した。
アプリケーション用途別売上比率はTVが47%、モニタが19%、ノートPCが14%、スマートブックが11%などとなった。
⇒この市場環境で本当に、スマートフォン用小型ディスプレイやタブレット用の中型が利益を叩き出せますか,、『ジャパンディスプレイ社』?
アセットが余りにも大きすぎる統合会社となる。

※関連記事:パナソニックの液晶工場取得へ 産業革新機構、最終調整
http://www.asahi.com/business/update/1021/TKY201110210001.html
※関連記事:パナの茂原工場取得へ 液晶新会社出資の革新機構
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1319246112

緊急分析:パナソニック半導体の大リストラ

今日はパナソニック半導体のリストラを分析する。
既に、Facebook内では、分析を公開している。

※情報更新⇒パナソニック、半導体製造技術部門を北陸に集約-生産まで一貫体制
http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201112130014.html

"Facebook内の分析”
パナソニックの半導体事業リストラ。
パナソニックの電子機器は基本内製化。
デジタルテレビ敗北により、画像処理エンジンを書くとするとユニフィエのチームも含め1000人規模でリストラを行うのだろう。
パナソニック半導体もまた消えゆく運命である。経済産業省の無策が世界一になった産業分野が海外企業にビジネスを奪われて消えれていくのであろう。
このリストラは、パナソニックのテレビ事業の工場閉鎖と売却に連動している。
最先端投資も今後は無く、台湾TSMC社や台湾UMC社にファンドリとして製造委託比率を高める事になる。

"Facebook内の分析"
今後のデジタルテレビ画像エンジンの戦いは台湾メディアテックとエムスター社。
これと東芝セミコンダクター社、サムスン内製向け内製エンジン、シャープの内製(4K2K用共同開発品)エンジン。
成長市場は中国とインド、ブラジル。
もう日本半導体の勝機はない。
※更新情報⇒http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23923020111031
※更新情報⇒http://m.japan.cnet.com/#story,35009960
※更新情報⇒http://mainichi.jp/area/niigata/news/20111103ddlk15020247000c.html

※関連記事:パナソニック:半導体生産縮小へ 1000人規模の人員削減も
http://mainichi.jp/select/biz/news/20111024ddm002020070000c.html
※関連記事:(⇒日本経済新聞)http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E0E0E2E1E78DE0E0E3E2E0E2E3E39F9FEAE2E2E2;da=96958A88889DE2E0E…

緊急分析:キヤノンDIGIC5plusを検証

今回はキヤノンの次世代画像エンジンであるDIGIC5plusを分析しょう。
筆者なりにキヤノンのEOS-1DXハイエンドDSLR機を評価すると、商用のプロを対象とした映像表現ではなく『報道』を意識したデジタルカメラであろう。
●35mmフルサイズ
●1810万画素CMOSイメージセンサー
●画像処理DIGIC5plusデュアル使用(2個使い)
●DIGIC5plus 45nmASIC デュアルコアARM?
●連写性能12コマ/秒間

※関連記事:EOS-1DX 発表
http://eos1d3.exblog.jp/16988616/
※関連記事:Canon デュアルDIGIC5+搭載 EOS-1DX発表!
http://meyrin.asablo.jp/blog/2011/10/18/6160478
※関連記事:Canon launches it’s new EOS 1D X Pro DSLR
http://wales-photography.com/2011/10/18/canon-launches-its-new-eos-1d-x-pro-dslr/

【Canon 1D X Key features】
18.1 MP full frame CMOS sensor
Up to 12fps and 14fps shooting
100-51200 ISO, up to H:20480061 point AF system
100,000 pixel RGB AE metering with DIGIC 4
Full HD 1080p EOS movie
Dual “DIGIC 5+” processors
Clear View II 8.11 cm (3.2”) 1040k LCDE

緊急分析:パナソニックの茂原工場も吸収統合する産業革新機構ののリスク

日本のテレビ王国を築いてきたパナソニック。
そのパナソニックがPDPとIPSα液晶の主力工場を閉鎖、売却する。
この事は一つの時代の幕を閉じる象徴的な出来事である。
松下電器産業、ナショナルのブランド⇒Panasonic。
パナソニックのテレビ事業は敗北し、デジタルテレビの世界は勝者(事業の黒字化)なき消耗戦の戦いに敗れ去ったと言えよう。
既に、Facebook内では詳細な分析はリアルタイムに公開しているが、ハイテク産業界の未来予測でも分析をしょう。

※関連記事:http://sp.reuters.co.jp/article/TechnologyNews/idJPJAPAN-23744420111021

緊急分析:パナソニックPDP撤退?と大リストラ慣行

"Facebook内の分析➀"
パナソニックPDPの敗北。
パナソニックは尼崎第3工場(兵庫県)でのPDP生産を停止を行い、リストラが開始される。
日本政府、政治家の皆さん日本人の技術者の雇用がなくなり、韓国、台湾そして中国に優秀な映像技術者がまたも流出します。
この流れは誰にも止められないでしょう。
全ては、経済産業省の政策の失敗である。

"Facebook内の分析➁"
IPSαは、優れた技術(特性上、黒が暴れるが・・・)であるがコストが高い。
今、北米ではサムスン電子の液晶テレビの評判が非常に高い。
このシステムを開発したのは元ソニーのテレビ技術者達である。
日本企業の無策な経営者によるリストラが、自国と自身の企業を苦しめているのである。日本人は本当に覚醒しないと全て失うことになるでしょう。
輸出産業の雇用が減れば、国内消費は冷え込み、国は貧しくなるのが経済の原理原則。

"Facebook内の分析➂"
世界の液晶テレビ用画像エンジンのシェアは某社は70%(国内)~世界で40%。
そして、寡占化が進んでいる。
筆者は全ての企業の状況と撤退時期を設定していた予測通りのシナリオで動いている。
今後、テレビ用画像エンジンの戦いは、日本1社と台湾2社+内製サムスン1社の体制でしょう。
後は、全て半導体メーカーは駆逐され、そして皆さんが知る国内テレビメーカーは実質撤退を開始し、ブランドは残れど製造は台湾ODM。
液晶テレビは、完全にPCと同じ構造で、将来はPCと同じように『撤退』となる運命が確定するのである。
誰も語らない、そしてメディアは何...も知らない、
日本政府は無策。
これでテレビ産業は終焉を迎える。
筆者が2008年に産業界に提唱したこのプランを実行し、関西地区に日本最後の砦を再構築すべきでしょう。
テレビ(放送、政策、コンテンツ、広告代理店)モデルは崩壊しますが、未来はスマートモニターの時代となる。
ここに向けて全の日本の英知を関西に集約すべきであろう。
東北震災復興以上に、この策は日本の国家経営に根幹に関わる事である。

※関連分析記事(過去の提言):TV業界再編、次はシャープと松下の関西大連合http://monoist.atmarkit.co.jp/feledev/articles/sili…

緊急分析:中国企業に渡った『SANYOブランド』

"Facebook内の分析"
2011年10月18日三洋電機は、中国Hier Groupと7月に合意した白物家電事業の譲渡に関して最終合意に達したと発表。
主な基本合意内容は、『家庭用・業務用洗濯機事業や家庭用冷蔵庫事業』の譲渡など4項目。
Hier社に対して、ベトナム、インド、マレーシア、フィリピンにおける"SANYOブランド"の白物家電・TVを一定期間販売することを許諾することも含まれている。
2012年3月末までに段階的に事業譲渡を完了させる予定である。

※関連記事:三洋、ハイアールに白物家電売却 正式発表
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E3EAE2959C8DE3EAE3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

緊急分析:Apple社A7の未来予測

"Facebook内の分析"
筆者のテクノロジーの未来予測である。Apple社A7(?)のコア候となる次期ARMデュアル・プロセッサ。
ターゲットは20nmナノノード?
英国ARM社とEDAベンダー米国Cadence Design Systemsは2011年10月18日、高性能プロセッサ『ARM Cortex-A15MPCore』をベースにしたテストチップを20nmプロセス上でテープアウトしたと発表。
Cadence社のRTLからサインオフまでを包含するフローを使用し、ARMとCadence、Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)社の設計者により共同開発されたものである。
これから判断しても今後は、サムスン電子のいApple社製造は主力ベンダーになりえないだろう。

『110000ブログアクセス超えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~アクセス頂き有り難うございます。
本日、110,000アクセス超えました。
これからも熱いご支援お願いします。

チーフアーキテクト
豊崎禎久

緊急分析:ソニーDSLR機生産もタイの工場

ソニーのデジタルカメラもアユタヤ県のタイ工場の生産であった。
ニコンのアユタヤ工場のDSLR機は全生産の約90%を占める。
※関連記事:http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=a7PtoaClIDao

緊急分析:タイの水害被害は日本企業300社に及ぶ

JETRO調べではタイの水害(洪水)で現地日本企業300社に影響でていると報告している。

※関連記事:http://sp.reuters.co.jp/article/wtInvesting/idJPnTK800231620111017
※関連記事:http://sp.reuters.co.jp/article/TopNews/idJPJAPAN-23660220111017

緊急分析:『中国企業に活用される日本企業ブランド、SANYO』

今週中には、中国ハイアール社とPanasonicの間で三洋電機の家電部門売却に関する調印が完了する見込みである。
三洋電機はアジア市場での認知度と日本企業というブランドを中国企業が戦略的に活用する。
中国企業傘下でありながら、日本ブランドで製品販売される。
ある意味、メイド・イン・ジャパンの買収である。
三洋電機の高性能洗濯機AQUAも中国企業に渡る。
今、NHKで松下幸之助の奥様を主人公にしたドラマが放映されており、先週が丁度『三洋電機設立』の背景のシーンであった。
これも偶然なのだろうか?
日本の戦後の歴史的企業がまた1つ幕を閉じる事になる。

※関連記事:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111017-OYT1T00385.htm
※関連記事:http://m.kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110729_463807.html

緊急分析:サムスン電子の特許紛争の報復は『iPhone4Sの販売差し止め』

今日、サムスン電子が日本の東京地裁とオーストラリアのニューサウスウェールズ州地方裁判所に対してiPhone 4S の販売差し止めを求める仮処分申請を行った。
サムスン電子は、l iPhone 4S の発売前に、フランスやイタリアでも同様の申請を行っている。
AFP通信の情報によれば、日本では iPhone 4 や iPad 2 についても同様に販売差し止めを求める予定との事。
これは、サムスン電子からApple社に対する報復戦である。

※関連記事:サムスン、東京地裁に iPhone 4S の販売差し止め仮処分を申請
http://japanese.engadget.com/2011/10/17/samsung-vs-iphone-4s/
※関連記事:ジョブズ追悼式にサムスン社長が招請される…訴訟戦の転機なるか(1)
http://japanese.joins.com/article/667/144667.html?servcode=300&sectcode=330
※関連記事:ジョブズ追悼式にサムスン社長が招請される…訴訟戦の転機なるか(2)
http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=144668&servcode=servcode
※関連記事:サムスン、日本と豪州でiPhone4S販売差し止め請求
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23656320111017

"Facebook内の分析”
弔問外交成立となるのか?
Apple VS サムスン電子。
イ・ゴンヒ会長は出席しない事をどう裏読みするか?
ここが鍵であろう。

緊急分析:2011年10月20日のNikon1の生産は大丈夫か?

昨日、筆者は銀座のニコンサロン行き、Nikon1の実機を触って来た。
まず、手に取って確認した事は、ボディーと新型レンズの原産国。
両方、『Made in China』であった。
ここから導きだされる答えは、ニコン無錫工場生産品ということになると推測出来る。
これがMade in Thailand』であれば、現在のタイの水害の影響を受けていただろう。

"Facebook内の分析”
銀座のニコンサロンでNikon1のJ1とV1を触る。
女性をターゲットにした商品は、J1だろう。

緊急分析:中国経済成長のい鈍化は、世界経済の悪循環環境と連鎖する

"Faebook内の分析"
中国経済成長の鈍化(政府機関は発表⇒実態は更に低いはずである)。
日本に与ええる影響は大きくなる。これで世界4極(欧州、米国、日本+中国)の景気後退と金融危機の連鎖シナリオの環境は整うことになる。
2012年は世界にとって試練の年となるだろう。

※関連記事:中国成長率、12年は8.7%に鈍化=国家情報センターエコノミスト
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23650320111017

緊急分析:ソニーリコール液晶TVで火災発生

"Facebook内の分析”
ソニーリコール液晶TVブラビアで火災発生。よりによって『長崎市』。
ソニーが回収するが問題を起こしたのは、某社半導体メーカーの製品である。
今回はボヤで収まったが、実際人の人命に関わる事ソニーだけでなく、この半導体メーカーの企業名もソニーは、明かすべきだろう。
それが、コンプライアンスの基本原則であろう。

※関連記事:リコールの液晶テレビ 長崎市で出火事故(長崎県)
http://www.news24.jp/nnn/news874731.html

緊急分析:米国ティーンエージャーのコンドーム使用率が上昇に見る新ビジネス

"Facebook内の分析”
今日のロイター通信社の記事アクセスランキング1位である。
米国CDCの調査結果である。
米国若者の性教育の意識レベルが向上(HIV感染防止)かそれとも経済危機への自己防衛策か(生活苦回避)?
前者が正しい解であろうが、心理的には経済の不安もあるだろう。
当然、安全・安心+メンタルとは関連があるのである。これもヘルスケア&セルフメディケーションの新たなビジネスモデルとなる。
ヘルスケアに注力し(新規事業創出)、国民一人一人が意識を高めビジネスの芽が育つ事は長期的に見れば『医療・介護など社会保障費を大幅に削減出来』国家経営のアセットをライトに出来る恥である。
これは増税に頼らず、法人税の税収UPと日本の産業基盤確立となる。
その為には、日本医師会・厚生労働省・経済産業省が規制緩和と連携した政策をインフラを整備しなければならないと筆者は考えている。

※関連記事:ティーンエージャーのコンドーム使用率が上昇=米調査
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-23606520111013

緊急分析:オリンパス社長マイケル・ウッドフォードの解任劇

2011年10月14日午前、オリンパスはに開いた取締役会でマイケル・ウッドフォード社長を同日付で解任し取締役に降格させたと発表した。
社長の機能は、菊川剛会長が兼任。
解任理由は『マイケル・ウッドフォード氏と他の経営陣で経営の方向性で大きな隔たりが生じた『と説明している。
菊川剛会長は、『独断専横な経営手法が組織に混乱を与えた。彼の素質を見抜けなかった私に任命責任がある。忸怩たる思いだが、一刻の猶予もないと判断した』。
この会見での菊川会長らの説明によれば、マイケル・ウッドフォード氏は事業ユニットの担当役員ではなく現場へ直接指示することが多く、混乱が生じていたとしている。
社長解任劇は、経営陣のいざこざからクーデターとして起こり、その真相は決して表には出てこない。
筆者の推測では、必ずこの解任劇の裏には巨悪な像が隠されているのではないかと見ている。
全社長が掲げたオリンパスに事業改革として、デジタルカメラ事業が1つの課題になっていたが、この解任劇で今後の方針もリセットされる可能性も出てくるかも知れない。

【更新情報】
※更新情報⇒関連記事:http://sp.reuters.co.jp/article/stocksNews/idJPJAPAN-23661220111017
※更新情報⇒関連記事:http://media.yucasee.jp/posts/index/9255
※更新情報⇒関連記事:http://sp.reuters.co.jp/article/TechnologyNews/idJPJAPAN-23678720111018
※更新情報⇒関連記事:http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aqxjl5C6qYkU
※更新情報⇒関連記事:http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=abNmq5fPY7jI
※更新情報⇒関連記事:http://sp.reuters.co.jp/article/TopNews/idJPJAPAN-23698420111019


※関連記事:オリンパス社長解任 「独断専横な経営」「一刻の猶予もない」と菊川会長が説明
http://sankei.jp.msn.com/economy/new…

緊急分析:ソニー液晶TV160万台のリコール実施

"Facebook内の分析”
ソニー液晶TVのリコール、その台数は160万台。
さて、どこの半導体メーカー(部品)が不具合を起こしたのか?
筆者には、この不具合の現象から某国某X社半導体メーカーの姿がはっきり見える。

※関連記事:ソニーの液晶TVで発煙事故、全世界で160万台をリコール
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23589820111012
※関連記事:ソニーの液晶テレビに1件の発煙事故、全世界160万台を無償点検・修理へ
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23590720111012

緊急分析:『タイ大水害での日本企業の被害&復旧状況』

この数日Facebook内で、被害状況をアップしているがロイター通信社が日本企業の被害、復旧状況をまとてめいるので、是非ご覧頂きたい。

※関連記事:情報BOX:タイの洪水で被害を受けた日本企業一覧
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-23587620111012

緊急分析:中国バブル終焉と中国ハイテク製造産業躍進の限界

珠江デルタの中小企業の7割が今後半年内(2011年後半)には、赤字に陥る可能性が出て来ているという。
北京大学国家発展研究院とアリババ・グループの共同調査によれば、生産コストがかさみ中小企業の利益率は3~4割減少しているほか、資金不足も深刻化している。
中国ハイテク成長の原動力となっていた『低コスト』が仇となり始めた。

※7割が半年で赤字に:珠江デの中小企業[経済]
http://news.nna.jp/free/news/20111011cny002A.html

緊急分析:ハイテクセクターのリセッションの証明

"Facebook内の分析”
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社によれば、台湾Foxconn Electronicsは、ソニーの他、Suning Appliance、Gome Electrical Appliancesなど中国家電量販店のPBブランド製品の受注により、2011年のLCD-TV出荷台数が1700万台になる見通しだという。
しかし、直近でソニーがLCD-TVの年間出荷台数を当初計画の2700万台から2200万台に引き下げた他、他のTVベンダーも32~37型モデルの需要減により発注を減らしてきており、Foxconnの出荷計画にも影響することが予測される。

※関連記事:米企業利益、7-9月に回復ペース失速-成長鈍化と信頼感低下で
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aeIe_83ya4kY

【ブログ内の検証】
●2011年8月20日土曜日
緊急分析:スーパー・リセッションが襲いかかる世界経済
http://a-gd.blogspot.com/2011/08/blog-post_20.html

市場評価:東芝4K2Kレグザパネルのサプライチェーン分析

"Facebook内の分析”
最先端4K2K液晶パネル製造は日本ではない。
旧IBMの技術の流れを組む台湾メーカーである。
次の情報の通り大型が生産増になっている。
これは4K2Kの大型パネル(55インチ東芝REGZA)の調達効果であろう。
東芝REGZA 55X3芝は液晶パネルの画素が解像度3840×2160ドットなので4K2Kという表現は定義上避けている。
4K2Kはタイトな画素ピッチな為、製造歩留まりが極端に落ちる。
IBM VS シャープ 4K2K液晶パネルのテクノロジーの戦いは台湾に軍配が上がる。
シャープは原価を下げる歩留まり改善で、コストで勝つ戦略となる。
韓国勢のサムスン電子とLD電子はこの後を『コスト競争力』で追いかける。
台湾Chi Mei innolux(CMI)社は2011年度第2四半期の売上高が前期比2.1%減の1216億9600万台湾ドル(約3334億円)になったと発表した。
当期損失は130億1300万台湾ドル(約357億円)となり、前期の138億300万台湾ドル(約378億円)の損失から赤字幅が若干縮小した。
パネルの出荷台数は、大型が前期比9.9%増の3550万台、中小型が同6.2%減の9510万枚となった。

※関連記事:奇美電子
http://www.geocities.jp/yanosat/chimei.html
※関連記事:世紀の大合併」、新奇美誕生[IT]⇒シェアデータ有り
http://nna.jp/free/news/20100318twd002A.html
※関連記事:東芝、裸眼3D視聴も可能な4k2k「REGZA 55X3」を12月中旬発売
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20111003/1038169/?tdi&rt=nocnt

緊急分析:中国と同時並行に目指すべき新興市場はブラジル

"Facebook内の分析"
日本企業の皆さん、既にブラジル地域のビジネス戦略は準備出来ましたか?
今、中国にフォーカスだという事でなく、次はの手を打たないと韓国企業と米国企業には競り勝つ事は出来ません。
特に、ブラジルは現地生産化しなければ『関税』でシェア拡大どころか、最初からビジネスの競争にもなりません。
そして、関税にはグレードが幾つかあり複雑化しています。
その選択によっては、当然リスク度も変わります。
ブラジル拡大を当て込んでApple社陣営でさえ、許認可(優遇策)がでないのです。
2013-2016年の爆発的市場成長の地域は『ブラジル』なのです。
韓国のサムスン電子とLG電子はブラジルに自社工場を保有し、その準備とブラジル国内でのブランド認知の啓蒙は完了しているのです。
日産のブラジル投資は、極めて正しい判断なのです。
グローバル戦略とは地域適合型かつ成長市場連動型なのです。この事を正しく理解、消化出来ている日本企業はまだ少ないのです。
日産は?
既に、日産は日本企業ではありません。
同社は、フランスと日本のグローバル連合体なのです。

※関連記事:日産自:ブラジルで組み立て工場建設へ、1100億円規模-販売増狙う
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=ao4qqSpsgpg0

緊急分析:Kindle Fireの液晶パネル調達から見た生産台数予測

台湾ハイテクメディアのDigiTimesによれば、米国Amazon社の電子書籍の新型"Kindle Fire"のパネルは、韓国LG Display(LGD)社が60%、台湾Chunghwa Picture Tubes(CPT)社が40%を供給する。
日本勢はゼロである。
Amazon社Kindle Fireは、2011年11月15日に販売が開始される予定されている。
300万~400万台の販売を見込んでいるが、事前予約だけで9万5000台に達している。
世界で唯一Apple社iPad2と台頭に戦えるビジネスモデルと端末がKindle Fire"である。

緊急分析:偉大なるジーニアス『スティーブ・ジョブスの死』

2011年10月5日、アップル社創始者スティーブ・ジョブス氏が死亡した。
享年56歳であった。
2003年、同氏はすい臓癌の一種で珍しい型の神経内分泌がんと診断され、2009年には肝臓移植手術を受けていた。

カリスマ経営者とアーキテクト無き、アップルの未来は?
これからの未来はアーキテクトGD社の”コラボレーション・スペース”の2008年12月17日に予言しているので、無償会員登録して読んで頂きたい。

今日は、皆さんで偉大なるジーニアス、個人スティーブ・ジョブス氏の冥福を祈りましょう。


そして、この日を境にスティーブ・ジョブス氏が残した偉大な業績を超えるように、『日本電子産業再興の日』と致しましょう。

※関連記事:スティーブ・ジョブズ氏死去:最高峰ハイテク企業のカリスマ創業者
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aQlDy8_AC2_E
※関連記事:米アップルのスティーブ・ジョブズ会長、5日に56歳で死去
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23503520111006
※関連記事:前アップルCEO、スティーブ・ジョブズ氏死去
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111006/biz11100608570003-n1.htm
※関連記事:ジョブズ氏と仕事ができて「非常に光栄だった」=ビル・ゲイツ氏
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23504520111006
※関連記事:ジョブズ氏は米国最高のイノベーターの一人だった=米大統領
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23507020111006
※関連記事:米アップルのジョブス氏死去、関連株への影響は限定的
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23504520111006
※関連記事:韓国サムスン電子、米アップルのジョブズ氏死去で哀悼の意表明
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23506320111006
※関連…

緊急分析:富士フィルムがミラーレス機に参入予定

日本光学メーカーと電機メーカーが相次いでミラーレス機に参入。
富士フィルムは2012年にミラーレス市場に参入予定であるという。
これで最後の大取りはキヤノンのみとなった。
ミラーレス機は『動画』が軸となる。

※関連記事:富士フイルム、ミラーレス市場へ参入
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1110/05/news081.html

【ブログ内の検証】
2011年10月1日土曜日
市場評価:ニコンの歴史を変えるNikon1の機能評価を行う
http://a-gd.blogspot.com/2011/10/blog-post_05.html

『ブログアクセス105000を超えました!!』

毎日、世界各国からの読者の皆さんのアクセス深く感謝致します。
Facebook内の『友人』1300名近いの方々とリアルタイムでの深い会話を始めています。

今後共、皆様の"熱いご支援"宜しくお願いします。

チーフアーキテクト 豊崎禎久

緊急分析:iPhone4Sの正体は?

丁度2時間前に、Apple社から次世代機のiPhoneが発表されたばかりである。
日本国内はApple内部から情報がリークしてしまったようである。
通信キャリアは選択⇒SoftBankとKDDI Auのマルチキャリアとなる。
SoftBankは経営危機のトリガーとなり得るApple社の供給である。
最も革新的技術はiPhone4SにAI(人工知能)対応の音声認識が組み込まれた未来機である事である。
フォームファクタはiPhone4と同じ。
NFC搭載はされておらず、これはiPhone5に搭載されるものと筆者は見ている。
既に、Fecabook内のユーザーにはリアルタイム分析を公開したがハイテク産業界の未来予測でも情報更新もしながら分析する。

【iPhone4S基本仕様とベンダー推測】
●ARM9デュアルコアCPUプロセッサA5(45nmノード⇒サムスン電子)
●BSI型8メガピクセルカメラモジュール(ソニーセミコンダクター)
●Apple社が買収したベンチャー企業による音声認識技術Siriを搭載
●世界70カ国、100のキャリアが対応(KDDI Au含む)

※関連記事:公式ムービーで見る「iPhone 4S」、全体の完成度は予想以上に高め
http://gigazine.net/news/20111005_iphone4s_movie/
※関連記事:アップル、「iPhone 4S」を発表--A5プロセッサ搭載で2倍高速
http://japan.cnet.com/news/service/35008547/?tag=topMain
※関連記事:iPhone4S、14日発売、KDDI参入で競争-料金などカギ(1)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aXuEpdl2DX4A
※関連記事:新型iPhoneの音声認識に高い評価、グーグルと主導権争い
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23489720111005
※関連記事:「iPhone4S」、NAND需要の伸び促進へ-トレンドフォース
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aNk3kn56MTjU
※関連記事…

緊急分析:『4K2KTV(モニター)時代の幕開け』

今年のCEATEC JAPAN 2011の目玉は4K2Kであろう。
筆者はこの数年間、提唱して来た4K2Kの世界はようやく民生市場で花開く事になる。
入力~出力装置が民生&業務用で出揃うのである。
3D注力した企業は滅び去り、ディスプレィ業界は4K2K分野が核となるだろう。
筆者の定義で言えば、4K2Kは通常のTVではなく『パレット・スマートTV(IT連動型)』である。
2012年映像の世界は大きく変わる。

※関連記事:シャープの次世代テレビ「ICC 4K 液晶テレビ」が2012年度に登場 (1/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1109/29/news107.html
※関連記事:ソニー、世界初の家庭用 4K プロジェクターを発表。SD / HD も 4K にアップスケール
http://japanese.engadget.com/2011/09/09/4k-projector/
※関連記事:放送業界がテープから Blu-ray や半導体メモリへ

http://japan.internet.com/wmnews/20111003/4.html
【ブログ内の検証】
関連報告書:市場評価:ニコンの歴史を変えるNikon1の機能評価を行う
http://a-gd.blogspot.com/2011/10/blog-post.html
関連報告書:緊急分析:デジタルTVの時代は既に終わった!!その先の未来は?
http://a-gd.blogspot.com/2011/09/tv.html
関連報告書:シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言④
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/20114k2k.html

最新業界動向
2011年9月30日ソニーはフルHDの4倍を超える885万画素(4096×2160画素)の超高精細4K2K
映像が投影可能なデジタルシネマ・プロジェクタシステムの累計出荷台数が1万台に達したと発表した。
2007年に発売以来、既に世界の主要興行会社などで採用されている。
デジタルシネマの上映システムは主に、映像を映すプロジェクター、映像コンテンツデータを収納するサーバー、高精細な映像をストリーミング再生するメディアブロックから構成される。

"Facebook内の分…

緊急分析:2011年中国市場太陽光発電導入量は2.5~3GWになる

”Facebook内の分析"
中国太陽電池の最新動向⇒台湾ハイテクメディアDigiTimesによれば、中国の太陽光発電の導入量は2011年に2.5~3GW、2012年に5GWになる。
今後、中国は風力、太陽光発電など再生可能エネルギーの開発でカーボンエミッションを進めようとしており、同国内の太陽光発電市場にはポジティブな見方もある。
現在、中国の電力事業者で太陽光発電を行っているのは、China Datang、China Guodian、China Huaneng Group、China Huadian、China Power Investmentの5社。

市場評価:ニコンの歴史を変えるNikon1の機能評価を行う

イメージ
遂に、Nikonファン待望のアドバンスド・ミラーレス機『Nikon1』が発表され販売開始される。
筆者は特別にNikon1のPressキットを頂きお宝に加えた。

今回は、1996年当時からデジタルカメラ開発初期から画像エンジン開発に携わり、この業界の戦力と技術分析を行いながら実開発支援をしている筆者がNikon1を徹底検証をしょう。
日本光学メーカーのリリースするミラーレス機は素晴らしい性能であるが電機メーカーや韓国サムスン電子のミラーレス機は評価に値しないので、態々分析する必要もないだろう。
筆者が関心を持っている次世代ミラーレス機はニコンとキヤノンとオリンパスの3社である。

上の写真は、筆者の銀塩のNikonF1フォトミックASとFM2。
DLSRは"D90"が愛機である。
【筆者のNikon1に対する評価】
製品発表されたニコンのアドバンスド・ミラーレス機は、動画撮影時の静止画撮影だと静止画の解像度が4K2Kの解像度(3820X2160)になる。
 但し、動画の解像度は、2K(フルHD)なので4K2K動画が撮れるわけではなく、 動画の都合で処理し易い、縦横2倍の4K2Kでセンサーから出している 都合の可能性も考えられる。
最も動画時の静止画で4K2Kの解像度を採用している以上、ニコンは出力装置の必要性にも期待しているだろう。
(どちらにしても現在は、I/Fの都合で今回の機種では、HDMIのスマートTV直結で4K2K静止画も無理であろう) 1インチCMOSセンサーは、60Hzで4K2Kを出力を出せる能力を持っており、民生品+動画を意識すれば、熱VS動画性能(映像)対策上1インチのサイズは妥当である。
素人のマニアはフルサイズセンサー搭載を要望するが、全てはコストと性能のバランス感覚が必要である。



【某4K2K業務用開発企業開発技術者の評価⇒筆者の開発パートナー】

Nikon1をWEB上の情報で詳細に検証しても、製品としては結構良い出来であると思う。
そのポイントは次の通り。
CMOSセンサーも1000万画素で止めている(意味のない半導体センサースペック戦争)、フルHD解像度で動画取りながら静止画も取れる機能、スーパー・スロー(解像度は低いが)など単純な動画機能でない所が良い。
次世代カメラに要求されている基本性能をニコンは良く押さえてい…