投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

緊急分析:富士通半導体のバルクセールが開始される

Fcebook内のブログ 安倍首相の成長戦略の介護ロボッ トと医療分野。この成長戦略を 実現するのであれば「半導体」は 必須である。 説明すると長くな専門的に なるので、この解説はここで止めておくが、富士通本 体のITは医療分野に強くそれに 連動させたシステムと半導体ソリ ューションこそ世界で勝つ戦略の コアとなるもの。 しかし、この日 本は半導体を必要とせず支援を行 わない。行うと間違った投資支援 ばかり。 残念だが私の未来予測の 想定内として、富士通本体は半導 体を完全撤退し外資系企業売却さ れる。 TPPが発動される前に日 本は米国の占領下におかれる。 近未来の日本は暗い。富士通半導体 は唯一、日本発で世界で勝てる要 素技術を持っている企業でもある 。 大手デジタルカメラの画像処理 エンジンは富士通半導体から供給 されている。 関連記事⇒http://diamond.jp/articles/-/35388

2013年5月28日『第2回ニッポン半導体再成長させる会開催』の申し込み受け付け開始しました!!

イメージ

緊急分析:韓国サムスン電子、19nmノードのNANDフラッシュメモリ量産開始

Facebook内の分析 韓国サムスン電子、19nmノードのNANDフラッシュメモリ量産開始した。 容量・セル構造は128GビットでTLC(Triple Level Cell)。400Mbit/secのデータ伝送速度を実現するToggle DDR 2.0を搭載している。 セル構造上、データ信頼性の極度の品質保証をしないPC向けのSSDと民生製品がターゲットだろう。 http://eetimes.jp/ee/articles/1304/17/news024.html

緊急分析:Cyber Intelligence Sharing and Protection Act(CISPA)を支持する米国IT業界

Facebook内の分析 米国IT業界の動き。 米国Google、Microsoft、Yahoo社の幹部らなどが属するテクノロジ業界団体は先週、Cyber Intelligence Sharing and Protection Act(CISPA)を支持する意向を示す書簡を米国議会に送付した。 CISPAは、サイバーセキュリティに関する法案で、米国自由人権協会(ACLU)などの団体からはプライバシーに関する懸念が示されている。 関連記事⇒http://japan.cnet.com/news/business/35030825/

『World CEO Network&次世代CEO養成塾』

日本は、優秀な技術やアイデアを持ち、起業する人が増えているものの、起業家を支援する仕組みが海外に比べて圧倒的に不足しています。 「World CEO Network」では、そうした日本の起業環境をよりよいものとし、起業家を支援し、世界に通用する会社を育て、日本を代表する起業家を輩出していくことを目指します。 海外のCEOネットワークとも連携し、グローバルな起業家のネットワークを構築。また、日本において、ビジネス交流やマッチングをはじめ、資金調達の支援や、様々な経営サポート、セミナー 等を行い、世界最大のCEO支援プラットフォームを提供します。 マーク・ザッカ―バーグ氏(フェイスブック創業者)、ビル・ゲイツ氏(マイクロソフト創業者)、ジャック・ドーシー(ツイッター&Square創業者)、トニー・シェイ氏(ザッポス創業者)、クリス・ボリッシュ氏(人気プロバスケットボール選手)らが登場し、プログラミングがいかに彼らの人生を変えたかを振り返り、プログラミングは思おうほど難しいものではないと語っています。 また、プログラマーが今後、社会で不足することが分かっているにもかかわらず、いかにプログラミングが学校教育で教えられていないかをウェブサイトでは指摘しています。 私達World CEO Networkは、彼らのメッセージ動画を流すことで、米国非営利団体「Code.org(コードドットオーグ)」の活動を日本中に知っていただきます。私達は、この活動を伝える時間とコストを通して、この活動を支援していきます。 ※詳細⇒http://synbridge.jp/wcn/ 開催日時:2013年4月25日(木) 18:30~受付  19:00開始 場所:場所:明治記念館 新館2階 富士の間(1,000人収容可能) 式次第:     18:30~19:00 受付     19:00~19:30 サプライズ動画メッセージ     19:35~19:50 「World CEO Network&次世代経営塾」/「Life is Tech!            (水野代表より説明)」活動についてのご紹介     19:50~20:15  関係者様挨拶/乾杯/     20:15~21:00 歓談/大抽選会 (一等グアムペア招待他豪華賞品用意)     21:…

緊急分析:日本に吹く最後の神風に乗れ!!

Facebook内の分析 安倍首相の「日米同盟」関係再構築は、日本経済にもプラスとなる。韓国財閥企業の50-60%は米国投資家である。 日本 vs 韓国の構図は実は、日本 vs 米国である。 朝鮮半島問題や米国企業を脅かす韓国企業(韓国サムスン電子、現代自動車など)は米国に愛想を尽かす。 これが日本に吹く最後の神風となる!! 関連記事⇒http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20130411/347163/

緊急分析:PC終焉、ポストPCはモバイルデバイス!!

Facebookの分析 PC市場データで最も信頼がおけるが米国IDC社である。同社の調査報告書が昨日リリースされた。 PCメーカーの凋落、CPUメーカーIntel社の凋落はモバイルデバイスのタブレットとARM社が創りだしたポストPCが現実となったからである。 成功体験に固執する企業と経営者はハイテク市場から消える運運命にある。テレビ事業に固執する企業にも言える事である。 【IDC社調査報告書引用】IDCは以下のように述べている。⇒景気が緩やかに改善し、「Windows 8」を搭載するPC新機種が登場したにもかかわらず、PC出荷台数はすべての地域で前年同期から大幅に減少した。 減少を続けるミニノートPCの出荷台数がローエンド市場の出荷台数の大半を奪い、その一方で、個人消費はタブレットとスマートフォンに流れ続けている。 タッチ機能や超薄型システムを提供するPC業界の取り組みは、価格や部品供給という従来の障壁、さらにWindows 8に対する反応の少なさによって妨げられてきた。 PC業界は、PCをほかの製品と差別化する革新を判別して、消費者にPCの購買意欲を起こすのに苦労しており、その代わりに、扱いにくい、または高価だと認識される変化に対する大きな抵抗に直面している。 世界PC出荷台数の地域別の内訳は以下の通り⇒米国市場では、前年同期比で12.7%減、前期比で18.3%減だった。 総出荷台数は1420万台に減少した。 四半期出荷台数は、2006年第1四半期以降で最低の水準に達した。 EMEA(欧州、中東、アフリカ)地域は2013年第1四半期、予想よりも悪い2桁の急減を記録した。 関連資料⇒http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE93A00J20130411

緊急分析:コリアンリスクが始まる

Facebook内の分析 「コリアンリスク回避が始まる」。米国GM社は北朝鮮による韓国攻撃を警戒した対策を進める。 日本企業の動きは?この事態をSFと考えているのだろうか?特に、韓国サムスン電子に協力すべくスオン周辺に進出した機能材料メーカーの対応は? 関連記事⇒http://response.jp/article/2013/04/08/195456.html

『本日、ブログアクセス310,238を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが310,238を超えました‼
これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。

本年も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

『第2回ニッポン半導体再成長させる会のご案内は近々行います』

第2回ニッポン半導体再成長させる会の開催は、本会の事務局の森(サポート小出)で日程調整中です。テーマ及び講師陣4名、モデレーターは既に決定しております。  本セミナーは、日本ハイテク産業支援活動のプログラムで、有志の協力で「無償」です。  前回は、テーブル席の為、220名集客でしたが、今回は集客数が大幅に増える事が予想される為、最大定員350名を予定しております。 注意:アジア企業からの参加は事前登録の段階でお断りさせて頂きます。 2013.11.16第1回ニッポン半導体再成長させる会キックオフの結果と要望。 リンク先⇒http://a-gd.blogspot.jp/2012/12/20121116.html

緊急分析:ドラゴン市場のドラゴン仕様のスマートフォン戦略

Facebook内の分析 中国のスマートフォンのトレンドをお教えしましょう。 日本人の様に小型が好きではなく、タブレットとスマートフォンは使い分けをせず、1機種を所有。 ガラパゴスならぬ「ドラゴン市場(中国独自)」である。 故に、韓国サムスン電子のGalaxynote(ペン入力と音声通話も可能)が中国と香港で爆発的売れている。中国人はペン入力が好きなのである。 このペン入力技術は日本のワコム社(韓国サムスン電子はこの企業にも資本参加)。 本来、Android、ペン入力スマートフォンは日本企業が世界初でやるべき事、その事例はシャープのPDAZaurusにあり。  愚かな日本、故に破綻への地獄道を自ら選択している。軍師なき日本企業は、グローバルでは永遠に勝てない。 台湾ハイテクメディアDigiTimesによれば、台湾Innolux社は中国Huawei Technology社のスマートフォン「Ascend Mate」向けに6.1型パネルの出荷を開始した。 出荷枚数は月産30万枚以上になる見込み。Ascend Mateは2013年中に中国市場で販売が開始される予定だが、Innolux社の携帯端末向けパネルの売上増に寄与するとみられている。 また、Innolux社は米国Amazon社のスマートフォン向けLCDのサプライヤーに選定された他、フィンランドNokia社の携帯端末用パネルの30~35%を供給する最大のサプライヤーにもなっている模様である。

緊急分析:SNSの台頭で米国自動車市場にも変化が顕れる

Facebook内の分析 米国の若者の動向調査(米国政府統計)するとここ数年で14~34歳の年齢層は運転免許を持っていない比率が高まっている。 大きな理由は不況と中間層が貧困層に落ちている事、失業率が以前高止まりしている、仕事がない⇒職場に行く必要がない⇒自動車で通信する人が減少している。 これ以外の要因は? 仕事に就いている若者でも最近の傾向として、以前より車の運転をしなくなっている事も事象として顕れている。 この背景にはブロードバンドITインフラ普及と"SNS"の台頭が関係しているものと思われる。 人のコミュニケーションは、以前ほど直接会わずに、メール、チャット、スカイプ、SNSなどの代替え手段を活用している。 特に、デジタルネィテブ世代はこれに該当する。故に、金銭だけでなく、デジタル社会へのシフトで、米国でさえ自動車を運転する機会が減少していると筆者は分析している。 更に、大きな社会変化は米国も高齢化社会に向かい高齢者は運転をしないという事もある。  「自動車が成長分野と突き進むモデル、経済依存は極めて近未来は危ないという事を警鐘しておこう」。 現在の自動車メーカーはテレマテマテッスシステムか開発に主眼を置いているが、日本自動車メーカーの開発は米国ほどうまくいっていない。 それは何故か? ITと通信、そのクラウド処理技術が弱いからである。 今後自動車メーカーはSNSで自らのオンライサービスを立ち上げ、ストリーミングの音楽、映像配信(ロケーションの地域と連動した情報配信は当たり前)の双方向のテクノロジーを必要とする。 これを実現するのは「半導体」である。日本半導体敗北は、近未来の日本自動車の敗北となる事も警鐘しておこう。