投稿

8月, 2011の投稿を表示しています

緊急分析:『産業革新機構⇒東芝・日立・ソニー』3社統合液晶企業の運命は?

"Facebook内の分析”
この日本企業群による『合従連衡』スキームは未来は、統合事業失敗に終わるだろう。
液晶パネルは開発・製造の拠点は中国に取って変られるだろう。
筆者には、明確に未来が見えている。
未来の液晶の覇王は、中国なのである。
中国は液晶開発・製造事業を国家成長戦略として重要視している。
そして、スマフォ搭載液晶時代は、有機EL、MEMSディスプレィ(新技術)と超解像度パネルへと急速シフトする。
現行技術とビジネスモデル+Apple社傘下(但し、設備投資を直接されていない)では、長くは生き残れないだろう。
これ原子力行政と同じで、危ないと分かっていても政府と産業革新機構は巨額投資を行うのである。

【ブログ内の評価・分析】
●2011年6月7日火曜日
緊急分析:『産業革新機構の投資スキーム』⇒東芝とソニーの中小型液晶統合新会社構想➀
http://a-gd.blogspot.com/2011/06/blog-post_07.html
●2011年6月30日木曜日
緊急分析:『産業革新機構の投資スキーム』⇒東芝とソニーの中小型液晶統合新会社構想➁ http://a-gd.blogspot.com/2011/06/blog-post_7603.html

※関連記事:UPDATE 1-Sony, Toshiba, Hitachi to merge small display operations
http://in.reuters.com/article/2011/08/31/japan-displays-idINL4E7JV08Y20110831
※関連記事:東芝・日立・ソニーと革新機構、中小型液晶の統合会社で基本合意
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22954520110831
※関連記事:東芝、日立、ソニーが中小型液晶で新会社-同分野で世界トップへ
http://jp.wsj.com/IT/node_298672








緊急分析:サムスン電子によるHP社webOS買収の真相?

"Facebook内の分析”
サムスン電子のグーグル社Android対策?
HP社が撤退するwebOSに手を出す。
このOSは名門Palm OSである。

※関連記事:サムスン、HP「webOS」の買収を検討か--DigiTimes報道
http://japan.cnet.com/news/business/35006607/

緊急分析:Apple社『A6チップ』のサプライチェーン分析

DigiTimesの記事によれば、台湾Siliconware Precision Industries(SPIL)社が米国Apple社の最新カスタムMPU『A6』のパッケージ組立・テストの受注獲得を目指している。
半導体後工程受託メーカーとしては、Apple製MPUのサプライチェーンに初めて加わることになるが、SPIL社側は、この報道を否定しているようである。
現在、Apple社は、カスタムMPU『A4』まで韓国サムスン電子の米国工場の前工程FAB・後工程ASSYとも独占的に委託しており、A5でもサムスン電子が多くを受注した。(45⇒28ナノノード)
A6に関しては、クアッドコアになると見られ、前工程FABの28ナノノードの試作・量産が台湾Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)社で進められており、2012年第2四半期頃に量産が開始される見通しである。

※関連記事:アップルの次期プロセッサ「A6」、登場は2012年6月以降か--アナリスト予測
http://japan.cnet.com/news/service/35006567/
※�$96�連記事:「iPhone 5」、4インチよりも小さな画面を搭載か--DigiTimes報道
http://japan.cnet.com/news/service/35006605/

【ブログの分析検証】
●2011年6月10日金曜日
緊急分析:何故iPhone5のリリース発表がなかったか?を分析する➁
http://a-gd.blogspot.com/2011/06/iphone5_10.html
●2011年6月30日木曜日
緊急分析:何故iPhone5のリリース発表がなかったか?を分析する➃
http://a-gd.blogspot.com/2011/06/iphone5_30.html









緊急分析:サムスン電子が開発発表する『ギャラクシーS2LTE』

"Facebook内の分析”
サムスン電子は公開する"LTE"。
問題は、4G(定義では、3.9Gとも言われるが)インフラが整っていない。
最大の問題は、LTEを導入するための各国の周波数帯である。
短期的には、これが普及ネックになるだろう。
そして、リセッションが通信インフラを抑制する。
よって、LTE機はまだまだ早いである。

※関連記事:三星電子、IFAで「ギャラクシーS2LTE」を公開
http://japanese.joins.com/article/264/143264.html?servcode=300&sectcode=300

緊急分析:『Apple社A6チップの噂』

”Facebook内の分析”
Apple社A6は"Through Silicon Via :TSV"を投入し、3次元実装をメインの戦略するようである。

※関連記事:アップルの次期プロセッサ「A6」、登場は2012年6月以降か--アナリスト予測
http://japan.cnet.com/news/service/35006567/
※関連記事:Semiconductor International 日本版 第17回テクニカルセミナー
『SiPプロセス革命~SiP、TSVでイニシアチブを握れ~』開催
http://www.atsoho.com/news/news2u/release.php?id=NRR200830978.xml

『ブログアクセス90000超えました‼』

本日、ハイテク産業界の未来予測のブログアクセスが90000を超えました。
いつも熱いご支援ありがとうございます。

緊急分析:『サムスン電子がグローバルで完全に全包囲網となる』

”Facebook内の分析”
サムスン電子最終包囲網が完成した。
米国通信キャリアVerizon社がサムスン電子ギャラクシーS2の販売見送りする。
となるとサムスン電子スマフォは、当然採用されない事になる。
何故か?同通信キャリアはApple社iPhoneを先ごろ投入し、同社の利益源泉になっている。
記事文面にはApple社係争問題は出てこないが、サムスン電子無線事業であるスマフォもビジネス的には苦境に立たされる。
日本の年間携帯販売台数よりVerizon社1社の販売台数が多いのである。
サムスン電子は、米国での超優良顧客を失い事になる。
本来、これが今日の日本経済1面に出るようなニュースである。
これを見ても日本のマスコミもガラパゴス。
この件はハイテク世界で最もサプライチェーンに影響する事である。
そして、株価が下がるべき企業がApple社でなく、サムスン電子であろう。
ハイテク産業界皆さん、これは一大事です。
そして、Verizon社が加入するワイヤレス給電WPCも暗雲が立ちこめる。
これも筆社の想定シナリオ通り。
Apple社はWPC採用でない。しかも、iPhoneが売れ筋商品。
NTTドコモが採用するワイヤレス給電WPCもガラパゴス化する日も近いだろう。

※関連記事:Samsung's Galaxy S II Won't Sell on Verizon
http://online.wsj.com/article/SB10001424053111904875404576530522410660778.html
※関連記事:ベライゾン、「Galaxy S II」の取り扱いを見送り - iPhone最有力対抗馬の先行きに影
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201108261203.html


緊急分析:アップル社スティーブ・ジョブス氏がCEOを辞任

"Facebook内の分析”
後継者は、クックCOO。
Appleリスクはここにある。
アーキテクトでもあるジョブス氏がApple社から消え去る時、最大のAppleリスクが来る。
これも未来予測に組み込まれている。
この未来予測は別のjsgi WEBのコラボレーションスペースに2年半前にXデーを公開している。

"Facebook内の分析”
日本電機メーカーに神風が吹くと言いたいところですが、今の電機メーカーのコンセプト&サービスモデルで打ち勝てる企業はありません。
違う大きなリスクはサプライチェーンに潜んでおり、ジョブス氏が消え去った時にのビジネスリスク予測と何が起こるのか?
Apple社がこけると一番の被害者は『日本』となるでしょう。
それは部品、材料のシステム構成比が高いからです。
筆者の分析では『Apple社を毒りんごと呼び、白雪姫と同じ運命。
しかし、王子様は現れず、日本企業は永遠の眠りにつく』。
これが毒リングのビジネスモデル。
これを回避する策は、実クライアントには公開は出来ないので、このようなリスクが発生するという事を理解して、ハイテク業界と株式投資ををされている方は、危機管理して頂ければと思います。

※関連記事:米アップルのジョブズCEOが辞任:識者はこうみる
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22856620110825
※関連記事:Steve Jobs resigns as Apple CEO
http://www.eetimes.com/electronics-news/4219293/Steve-Jobs-resigns-as-Apple-CEO
※関連記事:米アップルCEOが辞任、症状が予想以上に重いとの見方も
http://jp.reuters.com/article/jpMobile/idJPJAPAN-22868720110825
※関連記事:情報BOX:米アップル新CEO、クック氏の横顔
http://jp.reuters.com/article/jpMobile/idJPJAPAN-22868420110825
※関連記事:アップル株小幅安、投資家はジョブズ氏辞任を冷静に受け止め
http://jp.reuters.com/article/jpMobile/idJPJAPAN…

緊急分析:中国が世界最大の市場になったPC

PC市場も『栄枯盛衰』である。
米国から中国。
自動車、液晶テレビ、携帯、そしてPCが中国が世界最大市場となった経済。
米国の覇権維持はITサービスのみと未来はなるだろう。

そして、円高日本のハイテク産業の未来はどうなる?

"Facebook内の分析”
米Hewlett-Packard(HP)のPC事業をSamsung Electronics社が買収するのか否かに台湾DRAMメーカー(恐らくエルピーダメモリも)は深い関心を抱いているという。
仮に、それが現実になった場合、現状のHPのサプライチェーンは大きく変わり、Samsung社内部からの半導体供給が主になる。
現在も劣勢に立たされている台湾メーカー各社に大きな影響を与えかねないとしている。

※関連記事:PC出荷台数シェアで中国が初めて米国を抜いて世界トップに - 米IDC
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/08/24/080/


緊急分析:韓国政府が韓国スマートフォン企業を巻き込んでOS開発に乗り出す?

"Facebook内の分析”
韓国が本性を現し始めた。
政府と民間が表裏一体である事が。
韓国政府が韓国版Android共同開発に向けサムスン電子とLG電子と手を組むことになる。
韓国内の端末企業は開放型OS開発を模索し始めている。
Androidは、カーネル上に仕掛けがあるのだが?
韓国政府と韓国勢は何をしたいのか?
コリアン・バッシングへの対抗か?
韓国も日本と同じガラパゴス化に走り始めた。
これは迷走か、正しき戦略か?
米国企業からのバッシングは更に高まる事は考えられる。

※関連記事:韓国政府、三星・LGと手を組んで韓国版アンドロイド製作へ
http://japanese.joins.com/article/037/143037.html?servcode=300&sectcode=300

緊急分析:日本経済の救世主となるのは米国共和党ペリー知事か?

"Favebook内の分析”
日本経済の救世主になるのは、大統領選挙候補(共和党)ペリー知事であろう。
ロイター通信社の記事を行間を読んでいても、現在の世界経済混乱の病巣が米国にあり、それが金融緩和政策である事を正しく理解している。
日本経済と米国民主政権との相性は極めて悪い。
日本再起動の為には、米国共和党の大統領が待望される。
米国の紙幣増刷は更なる世界経済の悪化を招く事になる。

【ロイター社記事引用】米大統領選の指名争いで共和党の有力候補に浮上しているテキサス州のペリー知事は「(バーナンキ議長が)今から来年11月の選挙までの間にさらに紙幣を増刷すれば『背信行為』とみなす」と批判した。

※関連記事:FRB議長、26日のジャクソンホール講演でショック療法回避へ
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-22798820110822?pageNumber=1&virtualBrandChannel=13621

"Facebok内の分析”
マーケットもようやく”リセッション(景気後退)”を認めた。
しかし、これは単なるリセッションではなく『スーパー・リセッション』となる事を伝えておこう。

※関連記事:リセッション警戒し身構える市場、政策対応では円高変わらずと悲観
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22802320110822





緊急分析:中東リビアが生み出す新たな社会混乱

”Facebook内の分析”
長期に渡る独裁政権も終焉を迎える。
2011-2013年は社会の混乱と調整期だがリビア現政権淘汰後は新たな石油利権に群がる国が新政権樹立で混乱するだろう。
かってのユーゴスラビアもそうであったが、独裁政権の良し悪し。
偉大なる主導者は紙一重なのかも知れない。
日本はガラパゴス化した大衆迎合民主主義で国の方向性が定まらずダッチロール状態が小泉内閣以降続いている。
この国の方向性はアン・コントロールである。
政府と日銀が円高阻止のドル介入をしても歯止めは効かないだろう。
もう秋めいているが秋に74円。
スーパーリセッションの進み具合では年内に70円前半まで到達する可能性がある。
『備えあれば憂なし』これしか個人レベルの回避策はない。

※関連記事:NATO事務総長:カダフィ政権が崩壊しつつあるのは明白-声明
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aldYYstS6RPU
※関連記事:カダフィ大佐の長男が反体制派に投降、次男も拘束
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22794720110821






緊急分析:福島第一原発周辺の居住制限

"Facebook内の分析”
福島第一原発周辺住民に突き付けられる現実。
数十年は居住禁止区域となるだろう。
日本政府と東電の賠償も早めるべきである。
しかし、民主党政権は被災者への支援優先順位は低い。
中央の政治家達は、党利党略と自己顕示欲があるのみ。
完全に国民(被災者含む)不在なのである。
未来ある福島県の子供達も県外非難(健康を守る為の疎開)検討すべきである。
しかし、何故か東電の経営責任は追及されない不思議な国のニッポンである。

"Facebook内の分析”
セシウムの半減期はとても長い。
地球上のテクノロジーではこの物理現象を制御出来ないでしょう。
ロシアや米国の様に国土が広ければまだ良いでしょうが日本は国土が狭い。
数キロ以内を完全シールドする事が現実的な解でしょう。
東北から北関東の福島核拡散物質を貯蔵する施設をこのエリアに設けるベキです。
地域住民には健康被害がある事、きちんとした謝罪と手厚い保証が東電が行い(出来なければ国有化)東北から北関東地方の国民の為に移住をして頂く計画も検討しておく必要があります。
原子力はロシアと米国が先進国、その両国も放射能汚染を除去出来るブレークスルーするテクノロジーを保有していません。
筆者が子供の頃に見た宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルに取りに行ったコスモスクリーナーがあてばと思う今日この頃です。

※関連記事:原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20110820-00928/1.htm


緊急分析:サムスン帝国に襲いかかる危機

"Facebook内の分析”
サムスン組織の腐敗。構造改革は『未来戦略室』である。イゴンヒ会長自らが改革着手しているようだが、南北王朝も同族後継者が3代引き継がれる。
北に王朝は10年以内に完全崩壊するだろう。
その時南は統一を迫られる。
筆者の2005年時点での未来予測である。

※関連記事:三星内の不正腐敗に李会長が激怒…大々的な刷新(1)
http://japanese.joins.com/article/896/142896.html?servcode=300&sectcode=320
※関連記事:三星内の不正腐敗に李会長が激怒…大々的な刷新(2)
http://japanese.joins.com/article/897/142897.html?servcode=300§code=320

"Facebook内の分析”
サムスン帝国崩壊は近い、韓国経済界も真剣に危惧している。。
日本のコピーと人材引き抜きがサムスン成長の原動力である。
しかし、サムスンは日本のダメな部分まで企業文化を焼き込んでしまった。
ハードウェア史上主義。
現代は、ソフト&サービス。韓国財界人は電気自動車参入を提唱している。日本国と日本企業は電気自動車関連エンジニアを韓国と中国に引き向かれないにする事である。

※関連記事:三星に変化を求める、このままだと意味がない
http://japanese.joins.com/article/964/142964.html?servcode=300&sectcode=320

"Facebook内の分析”
サムスン電子の現状分析をすると一番分かり易い映画がある。
アカデミー受賞した『遠すぎた橋』にようである。
サムスン電子経営戦略としてのソフト強化はまさに『マーケット・ガーデン作戦』のようである。
読者の皆さんもこの最後の夏休みに鑑賞してはいかがだろうか?

※関連記事:ハードウェア会社の三星がソフトウェア会社の買収を推進
http://japanese.joins.com/article/894/142894.html?servcode=300&sectcode=300


緊急分析:スーパー・リセッションが襲いかかる世界経済

読者の皆さんは、昨年からスーパーリセッションに備えよ!の対策はきちんと取れれて来ましたか?
スーパーリセッションは確定しました。
全ての世界経済指標と市場環境は、2011年後半(突入時期)~2013年誰も起こり得ないと言われた『スーパー・リセッション現象』の未来予測を見事的中させた事になるでしょう。
Facebookの仮想世界の友人達は、未来警鐘を検証していたので、世界が筆者のシナリオ痛りになる事を現実として感じて驚き、あるマニアな方々には予測精度の高さに賞賛を頂いていますが、これらは『結果』なのです。
それより、2013年中国経済の大クラッシュがトリガーとなるスーパーリセッション現象がハイテク産業界の未来予測の読者の皆さんの事業への影響を最小に出来ればと願うばかりです。
格付け会社と調査会社を信じるのでなく、自身の力で未来を見通せる力を身に付けて下さい。
米国格付け会社は欧州国債に揺さぶりをかけ、欧州陣営は米国格付け会社に規制をかけるだろう。
2011年の世界半導体市場予測は、業界団体と調査会社の上方修正したメッセージは、過去最大市場のはずでしたね。
皆さん、2011年半年過ぎて状況はどうですか?
そろそろ、米国調査会社のバイヤスをかけた『まやかし』の数値の呪縛を解き、真実を心眼で捉えて下さい。

※関連記事:半導体関連株が続落、7月BBレシオが大きく低下-事業環境懸念(1)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=aLzvhST5KWzk

【過去の連載コラムの検証】
※半導体関連記事
半導体ウォッチ(11)
混沌とする2008年世界半導体市場その先行きは?
http://monoist.atmarkit.co.jp/feledev/articles/siliconeswatch/11/siliconeswatch11a.html

【過去のブログ内予測の検証】
●2010年5月25日火曜日
シリーズ2:日本半導体産業復活のソリューションと警鐘 ➁
http://a-gd.blogspot.com/2010/05/2-agd-2009wsts2244agd22131131-vdramnand.html

アーキテクトGD未来予測シナリオ(2010年ブログ公開)

『中長期的な世界マクロ経済と情勢』
●原…

緊急分析:『ターミネータの世界に近づく人類、実現するのはIBMテクノロジー』

"Facebook内の分析”
『ターミネータの世界に近づく人類』。IBM社の独創性は恐ろしいものがある。
”人間の脳の認識力・認知力・行動力”を模倣する新しい世代の実験的なAIプロセッサを発表した。
この米国のプロジェクトは、IBM社及び同社と提携する大学数校が米国防高等研究計画局(DARPA)から助成を受けている。皆さんはここで気付かれているでしょうか?
DARPAは、米国国防省ペンタゴン管轄の研究&投資機関である。
次世代半導体のSiC、米国クリー社もこの機関の支援によるものである。
この技術も軍用に開発し、民間転用する。このような半導体チップが開発されると皆さんが昔見たSF映画の『ターミネータの世界』が現実になり、米国の兵士は将来ロボット・ソルジャーとなるのです。
 IBM社の研究者Modha氏が考えている想定応用分野は、”金融市場をきわめて正確かつ注意深く分析できるプログラム、世界の水供給を監視し、波の高さや潮汐、水温などに関する情報を追跡して報告し、津波警報も発するプログラム、スーパーマーケットで野菜や果物が腐ったときに従業員が瞬時に察知できるプログラム”などを予想している。
では仮に、金融市場の応用とすると、もしこの様なスーパーAIチップが誤動作(AIだから自己を持つ)した場合、世界金融はコンピュータの支一瞬で破壊され、国、企業、個人...が破産。
水のスマートグリッド版は、人間に水を供給しない。
ICBMの場合、仮想敵国に自動発射など。テクノロジーは、完璧でないダークサイドがある事を認識しておくべきである。
日本の原子力発電の安全神話のように、事故は決して起こらないではなく、起こる前提システム(半導体チップ含む)制御しなければならないのです。
ターミネータ3での結末は?4では?と未来ならない事を祈るばかりである。

※関連記事:IBM、人間の脳を模した実験的な新チップを発表
http://japan.cnet.com/news/service/35006285/

緊急分析:『世界の太陽電池バブルは崩壊、日本需要は特需』

"Facebook内の分析”
太陽光パネル市場(ウェハ市場も)は、数量ベースでは世界的に拡大しているが、この需要を牽引しているのは価格の低下、デフレによって作り出される市場という事である。
そのため、米国エバーグリーン社やその他米国企業などは、中国勢をはじめとする競合企業とのコスト削減競争に敗れ始めている。
実質、世界太陽電池の健全市場は終わり、これは『太陽電池バブル』は崩壊を意味する。
日本は福島第一原発事故の振り子の逆ブレ(原子力⇒再生可能エネルギー)の国内特需があるのみである。

※関連記事:中国のLDKソーラー:売上高見通しを下方修正-在庫評価損計上へ
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aH9D8pD9dj0o
※関連記事:【NewsBrief】太陽光パネルの米エバーグリーンが破産申請―中国勢に押され
http://jp.wsj.com/US/Economy/node_290874
※関連記事:アジアと北米の太陽光発電市場、発電量は増加も売上高は横ばい
http://eetimes.jp/ee/articles/1108/17/news029.html

緊急分析:『米国HP社はIBM社のようなソフト&エネルギー・サービス企業へと変貌する』

"Facebook内の分析”
業界一部では噂されていたがついにHP社がPC事業をスピンオフさせるようだ。
この戦略が意味する事が分かりますか?
利益がでない本体の主力事業になり得ないという事である。
HP社は世界一のPCメーカー(時期で入れ替えはあるが)。
PCを作ったIBM社が中国レノボ社に事業売却した様にこのセグメントは中国と台湾メーカーが支配する。
日本メーカーと違い米国企業の判断は正しい。
HP社が目指す方向は、先行するソフト&サービス企業に変貌したIBM社だろう。
エクセレントカンパニーだったIBM社ライクな事業展開はHP社は凋落に導くだろう。
同社は、エネルギーとセンサーネットワーク事業を新規事業として掲げている。
これが同社の成長戦略(再起動計画)の生命線となろう。

※関連記事:米HP、オートノミー買収で交渉-PC事業の戦略的選択肢を模索(1)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a_e24e0Lpujw
※関連記事:米HPが英ソフト会社買収に向け協議、PC部門分離も検討
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22770220110818

緊急分析:『世界特許争奪大戦争時代に突入』

"Facebook内の分析”
米国インターデジタル社を巡っての企業買収合戦。
アップル社とクワルコム社が争奪合戦を繰り広げる。
これが『特許保有企業買収戦争』の勃発である。
日本ハイテク企業は、通信分野から将来は完全排除。
ただ、バイヤーとしての立場に追い込まれる。
日本政府(経済産業省と総務省)には、このような世界情勢を変化を見ている人間はいない。
これが日本国家としての欠陥である。

※関連記事:アップルやクアルコムなど、米インターデジタル買収を検討
http://www.blogger.com/post-create.g?blogID=1563002392411992609


緊急分析:『ニコンの新コンセプトのミラーレス機投入の噂』

"Facebook内の分析”
業界で噂されているニコンとキヤノンのミラーレス機。
ニコンは年末の販売が事実だとすると、8月中旬~9月上旬までにプレスリリースを打つだろう。このリーク写真が本当だとすると『Fマウント』でない新型マウントであるようだ。
COMSセンサーはこの写真を解析する限りAPS-Cか?
COMSセンサーは1/2.3インチまたは1/2.5インチ?
筆者の見解は1インチセンサーを採用するものと見ている。
DSLR(デジタル一眼)メーカーにとってミラーレス機は諸刃の剣。
マウントをコンパチにしないという事は、ニコンの強みである交換レンズが資産として使えないか?アダプターを使いFマウントレンズを活用するのか?
この秋は、デジタルカメラ業界はミラーレス機のライナップが揃うことになる。
キヤノンは恐らく、来年に投入して来るはずだ。

※重要情報:ニコンのミラーレス機のマウント部の写真がリーク?
http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=121288524636698&id=100000356158954#!/profile.php?id=100000356158954

"Facebook内の分析”
ニコンのミラーレス機の特許とリーク情報である。この特許資料をマウント内に格納されている電子接点が同形状に見える。この特許は公開特許である。

※関連記事:Picture of Nikon’s mirrorless camera mount
http://nikonrumors.com/2011/07/21/picture-of-nikons-mirrorless-camera-mount.aspx/

【ブログ内の検証】
●2011年7月13日水曜日
緊急分析:キヤノンのミラーレス機投入予定
http://a-gd.blogspot.com/2011/07/blog-post_13.html

『ブログアクセス85000越えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測をご覧頂きありがとうございます。
昨日、85000ブログアクセスを越えました。
これからも熱いご支援宜しくお願いします。

チーフアーキテクト 豊崎禎久

緊急分析:『Google社が世界を制覇する』

筆者が数年前から警鐘している様に『Google社世界を制覇する』がまた、一歩近づいた。
米国側から見た競合企業は、サムスン電子やLG電子。
今後、韓国勢は差別化か出来ない。
現在の韓国勢スマートフォンは、中途半端なのである。
中国市場⇒米国 VS  韓国は徹底的に攻撃する事が予測される。
サムスン電子、LG電子の問題点は、今後は儲からない製品ばかりになる事である。(液晶パネル、TV、半導体、デジタルカメラなど)
両社の製品利益率が、異常に低い。
また、これからは中国との競争が待っている。
韓国企業は、米国と中国の敵になった。
R&Dをせずして、人材投与で米国・日本の技術をキャッチアップして来た韓国は、”アイデアや技術盗んだら、このような攻撃が待っている。昔の日本の様に。中国は、韓国成長モデルを模倣し、韓国の強力なライバルになる。
韓国企業の未来は、米国TI社が”Kilby特許”で日本半導体メーカーを壊滅したように・・・。
そして、米国は韓国のウォン高を誘引するだろう。

【ブログ内の検証】
●2011年5月2日月曜日
BCP分析:ウォン高によって苦しむサムスン電子の経営➀
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/bcp.html
●2011年5月4日水曜日
BCP分析:歴史は繰り返す韓米経済摩擦によりコリアンバッシングの可能性
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/bcp_04.html
●2011年5月31日火曜日
緊急分析:アップル社とサムスン電子のバトル『コリアン・バッシング』が加速する
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/blog-post_994.html
●2011年7月4日月曜日
緊急分析:『グーグル社が世界を制覇する日』
http://a-gd.blogspot.com/2011/07/blog-post.html

"Facebook内の分析➀”
サムスン電子のポジショニングが益々難しくなりました。
部品供給はApple社。Googleフォンの下請けとしてネクサスS。
自社ギャラクシー。全包囲戦略のOS。
サムスンの無線事業の崩壊が始まった。
A5チップはTSMC社とメモリはマイクロン、東芝セミコンダクター比率を高め、パネルは日本製造。ネクサスSは自社工場となる…

緊急分析:サムスン電子に襲いかかる巨大津波

今週の大きなテーマとして『サムスン電子』の危機を分析しょう。
Feacbookの”仮想世界友人”も本日、800名になった。
その中では、真剣な討議を行われている。

"Facebook内の分析"
『サムスン帝国の崩壊が始まった』
。サムスン電子の弱体化は韓国​国家に直結する。
なぜなら、サムスン電子は韓国GDP約16%を​占める。
サムスンを囲い込むのは、アップル社。(それに連動する​東芝セミコンダクター+マイクロン)。液晶TVが赤字化。
これは​今後中国BOE社にパネル製造を奪われる。
半導体はアップル社の​逆鱗に触れ、部品供給を切り替えられると成長して来た半導体は一​気に、奈落の底である。日本にには最後の『神風』となる。
このチ​ャンスを生かすも殺すも経営者次第。
サムスン電子のサプライチェーンに組み込まれている企業​は将来、経営危機に陥る可能性がある。サムスン電子にも​超ド級の直下型地震が襲い、その余震は長い。
しかも、長​期周期なので、ビジネスダメージは大きいはず。
さて、サ​ムスン電子の次なる手は?サムスン電子のライバルは、も​う日本ではなく『中国』。
日本人技術者の日本でのヘッド​ハント合戦中国VS韓国。
日本の経済産業と厚生労働省は​、人材流出は技術流出として、法規制を掛けるべきである​。
渡航禁およびスパイ法案など。
中国は日本の技術という​より、一番重要なノウハウを人の採用で盗み出そうとして​いる。
サムスン電子の急成長要因はここだった。
過去の日​本もそうであったが・・・。

※関連記事:“絶対王者”サムスン、失速で岐路 日本勢は技術力で挽回図る
http://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/110809/mcb1108090503022-s.htm

緊急分析:『備えあれば憂いなし』東海地震の予兆?

筆者が、このハイテク産業界の未来予測内で『東日本⇒東南海⇒東海』の連鎖シナリオの警鐘をしている。
Facebookの友人には、警鐘していたが昨日は、太陽フレアがX級が発生した。
そして、今日は和歌山(東南海の震源近く)で震度4の地震が発生した。

"Facebook内の分析”
本日、太陽フレアX級7.1が発生。
東北から関東の皆さん、防災意識を最大に!!『備​えあれば憂いしなし』。
この1-3日以内の地震などに警戒をしてお​きましょう。


緊急分析:『3D TV用3D眼鏡の標準化』

"Facebook内の分析”
現行ユーザーを馬鹿にした『今更ながらの標準化である』。
アップ​ル社は独自路線=ユーザーに迷惑をかけない。
しかし、デジタル家​電メーカーは"VHS VS β、BD VS HD DVD"、その他多数製品を出しながら標準化を調整。
負け陣営が、自動​的に撤退宣言をして残った方が結果的に規格がデファクトになっている。
3D T​Vとユーザーを無視した所で拡販し、今度は3D眼鏡の標準化声明​。これではデジタル家電メーカーからユーザー(消費者)が離れる​訳である。
これはマーケティング能力の欠如・欠陥であろう。

※関連記事:パナソニックやソニーなど4社、3Dメガネ技術を標準化へ
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22620720110809
※関連記事:半導体ウォッチ(4)ニッポン電機メーカーを疲弊させる次世代DVDの戦い
http://monoist.atmarkit.co.jp/feledev/articles/siliconeswatch/04/siliconeswatch04a.html

『松沢しげふみ先生からの首相公選制(現行憲法内)の提言』について

筆者と松沢成文先生は、先週金曜日に京都ローム本社にハイテク技術・研究開発の視察に向かった。
ローム社にご用意いただいた宴席で、松沢先生の『首相公選制』の読売新聞社への『論点』寄稿論文のお話を伺った。
※情報:2011年8月10日読売新聞朝刊 11面『論点』
筆者は、憲法改正し国民の直接投票によって、国のリーダーを選出する大統領制論者であるが、松沢先生が提言されている現行憲法適用での首相公選制には”目から鱗が落ちた”。

”松沢しげふみ先生のFacebookからのメッセージ引用”
今日10日発売の読売新聞朝刊の論点に、私の小論が掲載されます​。
日本の政治を抜本的に改革するためには首相公選の導入が必要で​あり、それは憲法改正せずとも可能であるという内容です。
劣化し​た政治を立て直すために皆なで議論し行動しよう。
ご一読宜しくお​願い致します。
ご意見お待ちしています。

"Faacebook内のコメント”
松沢沢先生 おはようございます。
今朝の読売新11面『論​点』での松沢先生の提言を拝読させて頂きました。
この世界​情勢と国難を回避(または最小の被害)するには、強い優​れた政治のリーダーが必要です。
現在の憲法をうまく活用​する方策としての提言は感銘致しました。
首相公選制を国​民が全体議論し(ツールとしいぇFBなどSNS活用)疲​弊する地方を見続けている地方政治家も中央に声を上げて​頂きたい。
管首相の次なる候補がバラエティー化した報道​で取り上げられ始めていますが、党内の首のすげ替えは誰​がやってもこの危機を乗り越える事は出来ません。
国民が​自ら首相公選制導入を議論し、この中で未来の日本の進む​べき方向を見出し、国民もまた『自覚と責任』を持つ必要​があろうかと思います。
この提言が実現出来るように、我​々も何が出来るかを真剣に考えたいと思います。

緊急分析:海外自動車メーカーによるインド市場に電気自動車投入の動き

海外自動車メーカーがインド市場に電気自動車の投入検討をしているようである。

"Facebonnk内の分析”
インドは、スズキがシェアが高い市場。トヨタも遅れて市場参入。
地元タタ自動車は、超低価格自動車で急成長。
海外自動車メーカーは、米国​GM社と仏ルノー社はインドと中国に電気自動車の投入を真剣に検​討している。

※関連記事:GMとルノー、インドと中国に電気自動車投入を検討
http://indonews.jp/2011/08/gm-16.html




緊急分析:『半導体業界は、スーパー・リセッションに備えよ!』

筆者の2011年1月時点で、スーパー・リセッションに備えよが現実となった。
2011年の世界半導体未来予測は、かなりセンセーショナルな数値であったので、クライアント
今から、手を打つ企業はもう遅い。
筆者の数社のクライアントは、過去の半導体未来予測の『精度』の高さを理解していたので、この対応の準備は万端であったが、多くの調査会社(業界団体)、半導体企業は今年も好景気な年としてオペレーションして来た。
3.11東日本大震災の影響より、世界の経済・政治の混乱と地球気象変動の影響がマクロ経済に与える影響は大きいのである。
このハイテク産業界の未来予測を真剣に読み直して欲しい。
筆者からの警告は何かを?
信じる者は救われるが、信じない者は救われない⇒備えあれば、憂いなし。
危機意識がまったくないないのが、日本ハイテク企業、日本人なのである。

※関連記事:4~6月期、半導体大手は全社減収
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110808/biz11080820450030-n1.htm
※関連記事:エルピーダの4─6月期営業赤字38億円、市況悪化で減産も視野
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22598620110808
※関連記事(⇒更新):NANDフラッシュは市況悪化、円高で半導体利益下振れも=東芝

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22647420110810

【ブログ内の検証】
●2011年6月9日木曜日
緊急分析:スーパー・リセッションに備えよ!⑥ ⇒半導体未来市場予測値をグラフで公開中!!
http://a-gd.blogspot.com/2011/06/blog-post_09.html

"Facebook内の分析”
これが、スーパーリセッション現象のシナリオを組み込んだ『世界​半導体市場予測』である。
何処まで、沈むか?今年のクリスマス、​年明けの春節は期待は出来ない。
この半導体業界は、AI能力を持った人材​はいないのだろうか?
どうして、同じ過ちを何度も繰り返す業界なのである。
俯瞰力とインテリジェンス力の人材開発が必要である。

"Facebook内の分析”
世界経済は、ダ…

京都のハイテク企業本社と工場視察

イメージ
筆者は本日、松沢成文先生をお連れし京都の半導体メーカーのローム本社の視察に向かう。
新幹線車中では、ハイテク未来戦略を松沢先生に、ブリーフィングしながら、今後の日本の政局でも分析しょう。
この活動はボランティアで未来の日本国作りの基礎固めの活動である。
今回、全社を挙げて受視察受け入れして頂いた『ローム』には感謝します。
澤村社長以下、全役員と幹部社員が対応して頂ける。
テーマはエコと環境半導体、同社のSiC立つ上げには関与して来たが、今回はEVのシステムデモをお願いしてある。
松沢先生は神奈川県知事時代、日本で最もEV車普及日本向けて活動されて来たお方。
私のSiC戦略実行の集大成でもある今回ので視察は未来の日本のために必ず日本の役に立つであろう。
休養中にいかに『現場と世界の実情』の知識を吸収して頂くか?
私の活動は全てボランティアである。
これも未来の日本の為に。



再び、ローム社の澤村社長以下の皆さんには深く深く感謝致します。

チーフアーキテクト 豊崎禎久

緊急分析:中国のフィード・イン・タリフ制度導入

中国のフィード・イン・タリフ制度(FIT)が導入される。

"Facebook内の分析”
日本以上に、戦略的国家『中国』。
中国政府は、国内太陽電池市場​の成長を促すことを目的としたフィード・イン・タリフ制度(FIT)​を近々統一すると発表した。
2011年7月着工で年末までに完成​する予定の太陽光発電に対しては、発電量1kWh当たり1.15​人民元(約14.4円)で買い上げる。
太陽電池の建設が認可され​ているが2011年末までに完成しない見通しのシステムに対して​は、買い上げ価格は同1人民元(約12.6円)とする。
日本は、​未だ法案も通っていない。
これが、The China Speedであり、強みである。国家も企業もい同じである。
日本は、検​討に時間を費やし、結論はやらない。
これでは国も企業も衰退する​だけである。『小田原評定』では最後は、秀吉に滅ぼされるのであ​る。
これはグローバルビジネス世界原理原則。攻めて、攻めて、攻​め続けないと生き残れない。

※関連記事:政府支援で活況を呈する中国太陽電池市場
http://www.semi.org/jp/News/MailMaga/CTR_035030

緊急分析:『三菱重工業と日立製作所の生き残り戦略』としての統合

Facebook内では既に評価結果を公開しているが、今日ブログにも情報をアップする。

”Facebook内の分析”
日本最強の布陣『強者連合』に三菱重工と日立製作所の経営統合。​
狙うは、グローバルのエネルギー&社会インフラ市場。
2013​年春に経営統合出来れば12兆円企業の誕生である。
グローバルで生き残る最後の秘策です。
国内市場は未来が​ないという事です。
国も国民も『貧乏』になるのですから​、国内政治利権としての公共事業では生きれないというメ​ッセージです。
読者の皆さんも内需だけ見ていると未来はありま​せん。
元々、日本は高度成長期を除き安​定から成熟産業となり、新たな新産業創出を不得手として​いる。明治維新後、日本も欧米列強に短期間で追いつくた​め、考える時間もなくコピーから改良(改善)を進め、一​時期は『電子り立国ニッポン』と賞賛された事もありまし​たが、アナログからデジタルへ。
これで、日本の積み重ね​てきたノウハウは一掃され、ビジネスを米国と新興アジア​に奪われました。
日本は米国の圧力(貿易摩擦)で内需拡​大という大きな政策変更を強いられましたが、これは間違​いであり、資源のない国が知恵と努力で付加価値を付けた​商品で国家として生きるためには、外貨獲得の外需(輸出​)しなないのです。
自動車産業界はロビー活動を積極的に​行い、うまく貿易摩擦を切り抜けた産業分野でしょう。

『ブログアクセス80000越えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測をご覧頂きありがとうございます。
80000ブログアクセスを越えました。
これからも熱いご支援宜しくお願いします。
チーフアーキテクト 豊崎禎久

緊急分析:福島第1原発1号機~2号機間から1万シーベルトの放射線が確認

"Facebook内の分析”
福島第1原発1号機〜2号機間の配管外側で、1万ミリシーベルトの放射線の数値が測​定された。
これは、被爆量として致死量である。
日本政府発表と対応は、後​手後手である。
作業員の被爆量が心配である。
米国のNRCのよう​な機関が必要であろう。

※関連記事:過去最高10シーベルトを計測 福島第一の配管外側
http://www.asahi.com/national/update/0801/TKY201108010451.html

緊急分析:デフォルト回避は問題先送り、沈む米国経済とスーパー・リセッション現象

"Facebook内の分析"
米国の金融デフォルト回避で大幅な譲歩をしたオバマ大統領。
米国株式市場は​冷ややかである。
株価は下落中。
一時的には回避出来たが来年、再​来年またこの問題が再燃する事も考えられる。
今回、世界が理解し​た事は米国経済の状況は悪いという事である。
国力も減衰して行く​だろう。
130兆円の財政赤字を10年間で削減が義務付けられ、​米機景気浮揚策を『封印』される。
抜本的な解決にならず、1年先送りしただけです。英国の​報道では、米国大統領とドイツの首相は『日本化』してい​ると風刺画が書かれ、揶揄されている。

※関連記事:【コラム】米債務上限引き上げ合意も財政赤字問題は先送り
http://jp.wsj.com/Economy/node_282983

"Facebook内の分析"
米国製造業景気指数(ISM)が発表された。
米国の経済低迷期は長期になる​だろう。
既に、世界市場はリセッションには入っている。
このISM指数は、米国財政赤字解消をして行く上で重要である。​
製造業が低迷すると財政赤字解消が出来ない事を意味する​。
ISM指数の新規受注が”50”の数値を切っている。
この数値は景気の半年先​が見えるものである中国とブラジルの製造業指数が落ち​ている。
全ては、筆者の2011年版未来予測通りシナリオ通りに進んでいる。
半導体未来市場予測​は、この『ハイテク産業界の未来予測』内で無償で公開している​。

【ブログ内の検証】
●2011年6月9日木曜日
緊急分析:スーパー・リセッションに備えよ!⑥ ⇒半導体未来市場予測公開中
http://a-gd.blogspot.com/2011/06/blog-post_09.html

※関連記事:7月の米ISM製造業景気指数、2年ぶり低水準http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22475420110801
※関連記事:半導体世界売上高20カ月ぶり前年割れ 6月、日本は11%減
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C9381959CE2E0E2E2E38DE2E0E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EA…

緊急分析:『東海地震発生の予兆か?』日本経済のリスクが迫っている

昨日、23時58分頃静岡県駿河湾M6.1の東海地震が発生した。
このハイテク産業界の未来予測のブログ内で、浜岡原発停止を提言し菅首相が強制停止を命じた。
今は原子炉は『停止中』である。
筆者の分析メカニズムの様に東北⇒南海⇒東海と連鎖した。
浜岡原発を停止させておいて東京は一応、危機を回避出来たが浜岡原発が日本経済のリスクはこれで証明されただろう。

【ブログ内の未来予言検証】
2011年7月5日火曜日
緊急分析:東南海地震から連鎖する東海地震のメカニズム
http://a-gd.blogspot.com/2011/07/blog-post_05.html

緊急分析:『米国ハイテク企業は、特許戦争(係争)を仕掛けてくる』

筆者がハイテク産業界の未来予測で、予言していた様に米国ハイテク企業は自社ビジネス防衛策として、特許を固め始めている。
その固め方は、特許の買収によるものである。

”Facebook内の分析”
米国企業は、『特許係争を仕掛け自社事業の防衛策を図る』。
日本​は戦略的特許の買収を進めていない。
これでは勝敗は、戦う前から結​果は出ている。
アップル社、マイクロソフト社(ノーテル社特許買収)に​続きグーグル社もIBM特許を買収した。
戦略なき国家+日本ハイテク企業​である。丸裸で竹槍でどう戦うのか?
アップル社、マイクロソフト、Research In Motion社などからなる企業コンソーシアムは2011​年6月末、経営破綻した通信機器企業Nortel Networks社から6000件の特許および特許出願​書類を獲得した。
さて、日本企業は、重要大型特許案件は1社も1件も買収し​ていない。
村田製作所によるルネサスエレクトロニクスの​不採算事業を売上付きで買収するぐらいである。日本は近​視眼的であり、米国は長期せ案略に基づく策である。
日本国は​、経済産業省が所管であるが『無策』のままである。
グーグル社がIBMから1000件以上の特許を獲得した​中身は、ウェブベースのクエリやメモリおよびマイクロプ​ロセッシングチップの組み立てとアーキテクチャなど、複​数の異なる市場に関連する特許を購入している。IT~半​導体にまたがるものである。
今回のグーグル社の動きは、ノーテル社特許取得失敗へのアップル社、マイクロソフト、Research In Motion社、Ericsson社、EMC社、ソニーからなる6社企業コンソーシアムへの対抗策である。
これで、日本電機メーカー&​日本半導体メーカー(韓国メーカーの囲い込みが実行戦略​)は『オタク的言葉であれば”おわった~”』である。

※関連記事:グーグル、IBMから1000件超の特許を獲得
http://japan.cnet.com/news/business/35005735/
※関連記事:Apple、MicrosoftらがNortel特許を45億ドルで落札――Googleは敗退

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1107/04/news015.html

緊急分析:『完全崩壊した任天堂のビジネスモデル』➁

"Facebook内の分析"
従来の任天堂のコンペチターは、ソニーやマイクロソフト社。現在​はアップル社などスマフォメーカーだけでなくFacebook上​のソーシャルゲームも新興のテクロノジーもコンペチターとなる。
家庭​用ゲーム機メーカーで一番大きな打撃を受けているのが任天堂である。
3​DSのソフトウエアが通常、30~40米$で販売される一方、ス​マフォのゲームは1~5米$、無料で入手が可能のものもある。​
任天堂のビジネスモデルは完全に崩壊したのである。
元気だった日本のハイテク京​都地区も陰りが見え始めている。
任天堂のサプライチェーン内になるファブレス企業のメガチップス社などは今後事業は苦戦する事が予測される。

※関連記事:任天堂は米アップルの最新の餌食
http://jp.wsj.com/IT/node_282044