投稿

8月, 2012の投稿を表示しています

緊急分析:ハゲタカファンドKKR社に解体切り売りされるであろうルネサスエレクトロニクスの近未来

このシナリオもFacebook内に公開している。

緊急分析:台湾TSMC社28nm量産状況

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社によれば、Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)社受託生産中の28nm製品に関して、第1次出荷が9月後半頃になる見通しという。
台湾Advanced Semiconductor Engineering(ASE)社や米Amkor Technology社、シンガポールSTATSChipPAC社などの他、台湾Unimicron Technology社や韓国Samsung Electro-Mechanics社といったフリップチップ基板メーカーなどは、2012年第3四半期後半に売上拡大する模様である。

緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの経営権を握るハゲタカファンドKKR

既に、この分析は、Facebook側に公開中です。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストて、ご本人確認をさせて頂いた後、承認いたします。

緊急分析:韓国サムスン電子、米国Apple社との米国での特許係争敗訴

韓国サムスン電子と米国Apple社の米国での特許係争、サムスン電子敗訴の分析とサムスン電子の未来予測は、Facebookに詳細な分析し(過去のアーキテクトのブログとも連動し)、既に公開しています。
米国Apple社株上昇中、サムスン電子の米国販売差し止めの期待+賠償金(約900億円)に市場が反応してである。

韓国サムスン電子への評決の主な内訳は以下の通りである。
●陪審員団は、Appleのトレードドレス'983号を支持する。
●陪審員団は、サムスンが一部の製品においてAppleの「iPhone」「iPhone 3」などで登録済みのトレードドレスを「弱めた」ことを認める。
●Apple側に、サムスンの特許に対する侵害は認められない。
●陪審員団は、UMTS規格に関連する市場の独占による独占禁止法違反がサムスンになかったことを認める。
●サムスンが支払うべき損害賠償額を10億5000万米ドルとする。

この分析に、ご興味がある方は"Toyosak Yoshihisa"まで友人登録をしてご覧下さい。

関連記事:アップルとサムスン電子の米特許訴訟でアップル勝訴、10.5億ドルの損害認める評決
http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPJT818882820120825

『本日、ブログアクセスが255,073を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが255,073を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

松沢成文先生から頂いた最新の著書に日本ハイテク産業再生のヒントがある!!

イメージ
2012年8月6日の松沢先生との会食時に頂いた著書である。 「生麦事件の暗号」の中に、日本ハイテク産業復活のヒントが隠されている。 是非、皆さんもお読みになって下さい!!

緊急分析:米国Apple社の成長モデルは終わった!!

"Facebook内の分析"
筆者の未来予測通り、米国Apple社の伸びしろはない=成長はしない。
中国でApple社の伸びはないのである。
未来予測の結果は、数値(統計)して後に、必ず答えが出る。
毒りんごに投資をすり企業はそのリスクを事になる。

筆者の未来予測を信じない者は救われない、ただこの言葉に尽きる。

※関連記事:米アップルの中国スマホ市場シェア、第2四半期にほぼ半減=調査
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE87N03320120824

緊急分析:サムスン電子のスマートフォン販売台数

ケイタイ端末調査分野で精度の高い米国調査会社ストラテジーアナリティックス社によると、韓国サムスン電子は第2四半期に5050万台のスマートフォンを販売した。
スマートフォンの台数ベースでは、米国Apple社に対するリードを広げている。
(正しい見方はOS、利用者動向まで見たうえで判断しなければならない、台数ベースはAndroid端末が多いのは当り前の事、サムスン電子はiOSを除いて全包囲網戦術、ソフト開発での負荷は重く、Apple社より利益率は悪い)
サムスン電子は世界のスマホ市場のシェアが34.6%。
これに対してApple社は17.8%で、2012年4-6月のiPhone販売台数は2600万台である。
第3位のフィンランドノキア社が7%の市場シェアで、1020万台のスマホを販売した。

※関連記事:サムスン第2四半期のスマホ販売は5050万台、アップルの2倍
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86Q02120120727

『本日、ブログアクセスが250,549超えました!!』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~をお読み頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが250,549を超えました‼
これも読者の皆様の熱いご支援のお陰です。
今後も引き続き宜しくお願いします。