投稿

9月, 2010の投稿を表示しています

シリーズ4:日本半導体要素技術の『明暗』の評価 ⑬

ハイテク産業界のユーザ心理から「不安」を読み解く、新マーケティング戦略

AGD社WEBサイト会員の最大に関心毎は、再景気後退と新ビジネス、中国動向と日本の政治である。
インテリジェンスとアナリシスの強化と正しき戦略構築と実行が、2012年を生き残れる手法である。

2010年9月末コラボレーション・スペース閲覧テーマ・ランキング
1.景気回復から再失速へ

2.半導体V字回復

3.3Dコンテンツ&テレビの実用化に向けて

4.ルネサステクノロジ+NECエレクトロニクス統合の未来は?

5.iPhoneの世界戦略

6.日本の国家システムを破壊する民主党(日本国心肺停止は?)

7.中国の国家戦略

8.グーグルテレビの登場

9.HPハードCEO辞任の渦中の女性が表舞台に

10.赤いハゲタカ

11.電子ペーパー市場の大ダメージ

12.4K本格化する

13.グローバル半導体企業は、事業強化を図るためM&A合戦

14. スマートテレビの覇者は?

15. サムスン電子ギャラクシーS

16.Googleが世界を飲み込む

17.日本半導体市場産業を守れ:レアアースを国家備蓄せよ!

18.2009-2010年PC市場予測

19次期Apple TV

20電子書籍端末市場シェア

21日本企業の実像はユダヤ支配

22ニッポンの財産、それは「ニコン」

23ARMが世界の主流になる中、富士通半導体の不思議戦略

24李健煕(イ・ゴンヒ)会長復帰のサムスン電子の経営戦略

25日本のモノづくり神話の終焉、ファブレス化するソニー

26キャノン、医療・ヘルスケア参入

27攻める「東芝経営」

28ソニーの映像ソリューションの次の手

29ARM、次世代プロセッサ「Cortex-A15 MPCore」を発表

30スマートTVの到来

31 エコノミック・ナショナリズムが世界を駆け巡る

32.AGDの未来予測シナリオ通り、ナショナリズムが台頭(世界は再度ナチズムに飲み込まれる)

33.このFPGA成長要因はLTEのインフラである

34.インドの最新テレビシェア

35.電気自動車は、日本自動車産業を滅ぼすモデルとなるか?先例は半導体・液晶・太陽電池

36.世界最速のIBMマイクロプロセッサー

37.WiMax陣営崩壊へ

38.DSPコアも1GHz時代に突入

39.サムスンのグローバルブラン…

シリーズ4:日本半導体要素技術の『明暗』の評価 ⑫

産業界に属する消費者心理から「不安」を読み解く、マーケティング
AGD社WEBサイト会員の最大に関心毎は、再景気後退と新ビジネス、中国動向であることが分かる。
常に、現場に近いリアルタイムなマーケティングを行う、インテリジェンスとアナリシスのトレーニングを行うことがこれからの社会を生き残るサバイバル術である。

2010年9月コラボレーション・スペース閲覧テーマ・ランキング
1.景気回復から再失速へ

2.3Dコンテンツ&テレビの実用化に向けて

3.4K本格化する

4.赤いハゲタカ

5.次期Apple TV

6.グローバル半導体企業は、事業強化を図るためM&A合戦


7.電子ペーパー市場の大ダメージ

8.半導体V字回復

9.李健煕(イ・ゴンヒ)会長復帰のサムスン電子の経営戦略

10.ニッポンの財産、それは「ニコン」

11.iPhoneの世界戦略

12.日本の国家システムを破壊する民主党(日本国心肺停止は?)

13.グーグルテレビ登場

14.Googleが世界を飲み込む

15.スマートテレビの覇者は?

16.HPハードCEO辞任の渦中の女性が表舞台に

17.AGDの未来予測シナリオ通り、ナショナリズムが台頭(世界は再度ナチズムに飲み込まれる)

18.WiMax陣営崩壊へ

19.第二の成長新興国、インドの国家戦略

20.攻める「東芝経営」

21.SMICの戦略転換

22.世界最速のIBMマイクロプロセッサー

23.電子書籍端末市場シェア

24.電気自動車は、日本自動車産業を滅ぼすモデルとなるか?先例は半導体・液晶・太陽電池

25.MEMS市場動向

26.東レ・ダウコーニングは、2011年1月から従来よりも大型の4インチSiC量産

27.日本企業の実像はユダヤ支配

28.中国エコ化推進はビジネスになる

29.低価格音楽プレーヤーに特化しシェア奪還したソニー(ただし、日本市場のみ)

30.ハイニクス社買収先は、暁星グループ?

31.インテル社PRAM参入、次世代メモリ戦争の始まり

以下略

シリーズ4:日本半導体要素技術の『明暗』の評価 ⑪

読者の皆さん、2010年9月に入りました。
答え合わせです。
現在の市場環境はどうでしょう?

筆者の予測シナリオ通り、景気は再減速に向かっている指標ばかり、出始めているかと思います。
さて、各調査会社、マスコミやアナリストの赤文字の↓記事を検証しましょう。
今の日本の政治家と同じように、根拠のない「口先だけか、それとも精度高く的中するのか?」。
政治の世界もそうですが、一般国民はマスコミに正しくない方向に導かれている。

サブプライム問題のムーディーズ社の格付けと同じように、『ご自身での市場評価出来る力』、特に米国調査会社は情報にバイアスを掛けているので、それを『嘘や過剰期待値などろ過(フィルタリング)できる日本人の能力』を持つ必要がある。
筆者がメモリ価格調査で世界で最も信頼している企業は、DRAMeXchange社であるが、メモリ価格も急激に下げ始めている。

関連記事:DRAMeXchange社 HPの公開メモリ価格情報
http://www.dramexchange.com/

関連記事:2010年第2四半期のウエハー価格は下落傾向、業界団体が報告
http://eetimes.jp/news/4223
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2010年8月9日月曜日シリーズ4:日本半導体要素技術の『明暗』の評価 ➂
▮中長期の視点を持て、『世界ハイテク産業の成長を抑制する恐怖のシナリオ』
記のリンク先に、2つのシナリオがWEB上に公開されている。

2010年9月は、もうすぐそこである。
この不透明になりつつある世界の経済環境下で、半導体市場成長の上方修正する米国調査会社もある。
世界のマクロ経済の指標は間逆を示している。

※関連記事:10年の世界半導体売上高、35%増で過去最高に=調査会社
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-16622720100803

※関連記事:半導体産業は9月にも大パニックの恐れ~製造装置が全く足りないという懸念
https://www.semiconportal.com/archive/blog/insiders/izumiya/100304-investment.html

※関連記事:中国の携帯電話機/液晶テレビ、2…

シリーズ4:日本半導体要素技術の『明暗』の評価 ⑩

2010年下期の電子機器産業動向
PC需要低迷でアップル景気も陰りが見え始める。
フォックスコン社の郭台銘会長は、長期成長目標を5割下方修正する。
iPhoneやiPadの需要があってもコンピューター販売鈍化の影響を抑えきれないためとしている。

※関連記事:iPad受託生産の富士康国際、長期成長目標を5割下方修正-郭会長
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aGAbyj3Hz_jg

※関連記事:アナリスト、AMDの業績予測を下方修正
http://eetimes.jp/news/4211

※関連記事:アナリスト、マイクロンの業績予測を下方修正
http://eetimes.jp/news/4224

電子産業界は、大きな転換期を迎える。
それは、ハイテク産業界における中国の台頭し、それはM&Aによって加速する。
『時間(スピード)を金』、技術開発(特許や生産ノウハウ)を金で買うのである。
これはAGD社HP内のコラボレーション・スペース内でこの数年間警鐘してきた。
予測シナリオは、軸間軸で進行している。
中国国務院は、自動車やセメント、鉄鋼、機械、レアアース(希土類)、アルミニウム業界の再編を企業の合併・買収(M&A)を通じて推進すると下記の様に発表している。

関連記事:中国:自動車やセメント、鉄鋼、レアアースのM&A推進-業界再編で
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920016&sid=aFVD.BQ9JyOg