投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

緊急分析:カリスマなきApple帝国に迫る危機は?

"Facebook内の分析"
米国Apple社に対する世界的攻撃、どこまでこの猛攻に耐えれるか?
ジョブス氏なきAppl城は、砂上の上にある。
日本企業も毒りんごをかじりすぎると解毒剤なきりんごなので、全身機能停止となるこことも理解し、想定内にしておくべきである。
今後のモバイル端末で重要な要素技術となるのは音声認識。
Appleのバーチャルパーソナルアシスタント"Siri"が、訴訟のターゲットとなった。
今回の原告である台湾国立成功大学は、音声テキスト変換技術に関して同大学が保有する特許が侵害されたとしてApple社を提訴した。
大学側は2件の特許を米国でそれぞれ2007年と2010年に取得したと述べており、Siriが両特許を侵害したと考えているようである。

※関連記事:アップルの「Siri」にまたも特許侵害訴訟--今度は台湾の大学
http://japan.cnet.com/news/business/35019838/

緊急分析:2012年世界半導体はリセッションの中

筆者の2012年世界半導体リセッション予測を証明するものである。
そして、2012年は世界はスーパーリセッションとなる。

※関連記事(ブルームバーグ社記事引用)
東京エレク:今期の利益予想を半分以下に修正、半導体需要低迷受け
2012-07-30
7月30日(ブルームバーグ):国内半導体製造装置首位の東京エレクトロンは今期(2013年3月期)利益予想を、従来予想の半分以下に下方修正した。
世界的な景気減速に伴う半導体需要の低迷が理由。

期末配当予想も大幅に引き下げた。 修正後の純利益見通し140億円は、ブルームバーグ・データによるアナリスト22人の予想平均298億円や会社側の従来予想300億円の半分以下。営業利益予想も従来の470億円から、前期比で67%減の200億円に修正。売上高予想は従来比600億円減らし、5300億円とした。期末の配当予想も55円から26円へと減額した。中間配当は25円で据え置きだが、今期は中間、期末とも創業50周年記念配の各10円を含めている。4-6月期の受注は前年同期比30%減の1016億円。営業利益は同60%減の93億円。半導体装置の地域別売り上げを見ると、台湾が同19%増の293億円、韓国が同43%増の242億円だった半面、日本は同52%減の100億円。6月末の受注残も1858億円と同38%落ち込んだ。

"Facebook内の分析"
世界最大の半導体パッケージ(SUBCON)の動向である。
半導体世界がリセッションにあることを意味する。
⇒台湾Advanced Semiconductor Engineering(ASE)は、2012年度第2四半期(2012年4~6月)の売上高が前年同期比0.8%減の458億7200万台湾ドル(約1248億円)になったと発表した。
当期利益は前年同期比12.1%減の32億200万台湾ドル(約87億円)となった。
2012年度上期の売上高は前年同期比3.6%減の889億7300万台湾ドル(約2420億円)、当期利益は同31.0%減の52億5800万台湾ドル(約143億円)となった。

緊急分析:過去の未来予測シナリオ検証(2010年1月版)

【アーキテクトGD未来予測シナリオ(2010年ブログ公開)】

中長期的な世界マクロ経済と情勢
==============
●原油安 → 世界金融機に対しては一時的な減税効果となるが、社会環境の変革と環境技術開発にはマイナスとなる
● 原油高 → 2年以内に価格は100ドル台に再上昇する(5年後には1バレル200ドル突破)
●太陽電池の住宅普及率アップ(直流、マイクログリッド、SiCパワコンディショナー)+プラグイン型ハイブリッドや電気自動車の普及 SiCに米国政府から戦略物資指定を受け、デバイス単体での海外輸出制限
●ウォン安から“高”へ → 日本企業にとって好機が到来する(条件は、中国が元切り上げをすれば、Wonはそれ以上に高くなり、日本の製造業に恩恵がある
●中国バブル → 日本企業(ハイテク技術:環境・半導体・自動車・ネット)の買収が投資として活発化する
●元 vs.... 米ドル → 国際通貨基軸のドル神話の崩壊とアジア通貨の元が国際的に台頭してくる
●ドル基軸通貨崩壊し、円高70円前半/2011年後半となる 米国の中国 
●対元戦略が明確になる(ドル崩壊)
●先進国のシルバー世代の比率増大 → シルバーマーケットの拡大(例えば、ネットワーク医療とヘルスケア)とロボット産業
●先進国での外国人労働者の増大(失業者含む) → コミュニケーションが取りにくくなり、犯罪が増加する 、セキュリティーの重要性が増す
●世界経済と政治の不安定化 → 安定軸がないことから地域毎の紛争とテロが勃発する(ネットやSNSがトリガーとなり、新興国の現国家体制を崩壊させる)
● 欧州地域の経済破綻 → PIIGS 、EU加盟国のポルトガル(Portugal)、イタリア(Italy)、アイルランド(Ireland)、ギリシャ(Greece)、スペイン(Spain)のどれかが財政破綻に追い込まれる EU解体の道へ
●北朝鮮が38度線南下戦略を外交カードに使い、メモリ価格上昇と韓国ハイテク産業界のリスク (今後3~5年は不安定状態は続き、トリガーは政権移譲時)
●中国やインド、ロシアなどの資源新興国の台頭 → ハイテク軍事バランスの不均衡(新興国のハイテク武装と実戦配備し、中国は軍事大国となり米国の存在を脅かし、領土権問題は深刻化する) 犯罪増加、未知の新型ウイルス感染の危険が身…

『本日、ブログアクセス245,000を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』を閲覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが245,000(245,078)を超えました‼
これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。

今後も引き続きご支援宜しくお願いします。

緊急分析:日本ハイテク企業に訪れる最後にして最大のチャンスは!?

"Facebook内の分析"
筆者の未来予測通り、中国スマートフォンメーカーの大躍進中である。
これで韓国サムスン電子の大躍進、2013年で成長のピークアウトを迎えるだろう。
サムスン電子はスマートフォンが利益の源泉⇒半導体・ディスプレィが内
製事業と連座して、ダメになる。これが日本ハイテクの復活となる。あとはウォン高の環境が整えば韓国経済は崩壊するのである。
日本から奪った成長モデルは日本に返還して頂かなければならない。
「日米、台中の4国包囲網」で韓国は終わる。
2005年の半導体産業新聞コラムのサムスン電子撃破の提言通りシナリオ環境である。
ウォン高に誘導するのは現民主政権(親韓)であるから保守政権を擁立し、日銀と財務省をコントロールしなければならない。当然、野田首相が訪韓して決めた日韓スワップ協定は全面破棄すべきだろう。
経済、ビジネスは戦争であることを日本人は自覚しておくべきだろう。2012年中国のスマートフォン市場が2012年に急激な成長している。
中国モバイルインターネットは、PCからスマートフォンがアクセス数が逆転した。
このようにスマートフォンを核としたモバイル市場に大きなチャンスが到来したことで、2012年は中国IT企業が一斉に殺到してスマートフォンを投入する。
本年前半は、Alibaba社、Baidu社、Shengda(SDO)社、Qihoo 360すあ、Xiaomi社といった企業がクラウドフォンを投入し市場形成しようとしたが、実市場では韓国サムスン電子、米国Apple社、フィンランドNokia社、中国Huawei社、中国ZTE社などの新旧の主要ブランドに人気が消費者の購買意欲は集中しており、その他のブランドが活躍できそうな余地は残りの15%、2100万台程度に留まっている。
【ブログ内の分析】
●2010年12月15日水曜日
シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編➃『ハイテク韓国版』
http://a-gd.blogspot.jp/2010/12/5_15.html
●2012年3月27日火曜日
緊急分析:近未来にサムスン電子の帝国は崩壊を始めるだろう
http://a-gd.blogspot.jp/2012/03/blog-post_27.html

"Facebook内の分析"
今日は、中国政府関係者の…

緊急分析:キヤノン ミラーレスプラットフォームは"EOS M"

イメージ
下記の筆者のミラーレス機の各社ベンチマーク結果を公表しましょう。


【キヤノン EOS M仕様概要】
- 1800万画素APS-C CMOSセンサー(自社製?)
- 画像処理エンジンはDIGIC5
- 位相差・コントラスト併用のハイブリッドCMOS AF
- 動画サーボAF、サーボAF、タッチAF
...- ISO範囲はISO100-12800、拡張で25600相当
- シャッタースピードは1/4000秒~30秒、バルブ、ストロボ同調は1/200秒
- 連写速度は4.3コマ/秒
- 液晶モニタはワイド3.0型104万ドット、タッチパネル
- メディアはSD/SDHC/SDXC(UHS-I対応)
- 動画は1920x1080 30p/25p/24p、1280x720 60p/50p、640x480 30p/25p
- 映像圧縮方式はMPEG-4 AVC/H.264、音声はリニアPCM、MOV形式
- マウントアダプターEF-EOS M で60種以上のEFレンズが使用可能
- 手ブレの少ないシャッター速度で4枚を連続撮影して合成する手持ち夜景モード
- 露出の異なる3枚を合成するHDRモード
- 4枚の画像を合成してノイズを低減するマルチショットノイズ低減機能
- クリエイティブフィルター
- 大きさは108.6mm(幅) x 66.5mm(高さ) x 32.3mm(奥行き)
- 重さは262g(本体のみ)、298g(バッテリー、メモリカード含む)
- キットレンズはEF-M22mm F2 STM、EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM
- 一部のキットにスピードライト90EXとマウントアダプターEF-EOS Mが付属

⇒Kiss X6iのAPS-Cセンサーが基本ベースで、恐らく仕様をカットダウン(連射性能を落とした)版をミラーレスに搭載し、DSLRの市場競合を回避する策だろう。
⇒連射性能が低い。

【ブログ内の分析】
●2012年5月22日火曜日
緊急分析:キヤノンのミラーレス機の投入時期は?
http://a-gd.blogspot.jp/2012/05/blog-post_22.html

緊急分析:DRAM価格下落

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアDRAMeXchange社によれば、7月に大口向けDRAM価格が2012年になって初めて下落した。
7月前半の価格は4Gバイト DDR3モジュールが4.7%下落して20.25ドル、2Gバイトモジュールが横ばいの11.25ドルとなったということである。
新学期に向けた需要を見込んでいたが先行きが不透明であり、価格下落に影響した。

緊急分析:毒りんごをかじりたがる日本企業

"Facebook内の分析"
今後、ジャパンディスプレイ社(旧東芝モバイル側)にiPhone5のレイテナディスプレイが採用されるであろうから、多少の設投資で2013年にはBBレシオが1.0を超えることがあろだろうが日本FPD市場は中長期的には「この日本の液晶は終わった市場」であることは変わりない。
毒りんごの需要は神風であり、Apple社自身も5年先には危機を迎える未来となろう。
⇒日本半導体製造装置協会(SEAJ)によれば、、012年6月の日本製FPD製造装置(輸出を含む)の受注額が前月比39.9%増、前年同月比54.3%減の183億3100万円になったと発表した。
販売額は前月比0.7%増、前年同月比1.3%増の236億5800万円になった。
BBレシオは0.77となった。

緊急分析:世界半導体市場はリセッション中であることを正しく理解せよ!!

"Facebook内の分析"
このスーパーリセッションからは誰も逃げれない。
それが世界トップ企業であっても...。
台湾TSMC社の下方修正は今回のリセッションを正しく理解し、賢明な判断である。
優秀なオーナー経営者である。

※関連記事:TSMCトップ、半導体市場成長予測を下方修正[IT]
http://news.nna.jp/free/news/20120720twd003A.html

緊急分析:世界食糧危機が現実になる日

筆者の未来予測で警鐘して来た地球温暖化による食糧危機が遂に現実化する。

※関連記事: シカゴ大豆先物、1ブッシェル=16.37ドルに上昇-最高値
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M7ED4D6JTSEM01.html
※関連記事: 米国の干ばつは1956年以降で最悪、トウモロコシさらに高騰か
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86G02D20120717/
※関連記事: 焦点:忍び寄る食糧危機の足音、穀物急騰で「我慢比べ」
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86D00220120714/


【ブログ内分析の検証】
●2011年10月26日水曜日
緊急分析:筆者が警告している食糧危機が現実になる
http://a-gd.blogspot.jp/2011/10/blog-post_26.html?m=1

緊急分析:韓国サムスン電子による英国CSR社無線技術の買収

"Facebook内の分析"
2012年7月17日英国CSR(Cambridge Silicon Radio)社は、韓国Samsung社がCSR社のモ​バイルハンドセット事業部を3億1000万米ドルで買収すること​で合意したと発表した。
同事業部はモバイル端末用の無線技術と位​置情報などを展開しており、Samsung社はモバイル向け半導​体分野を強化する狙いである。
もう1つは、特許強化策である。

※関連記事:Samsungがスマホ用半導体部門強化 CSRから無線技術分野を買収
http://ascii.jp/elem/000/000/709/709882/

緊急分析:米国Apple社が狙うカーナビゲーション市場

"Facebook内の分析"
米国Apple社の音声操作機能Siriの新バージョンを発表した。
この新たな機能によって同社が急速な浸透を狙う次の巨大市場は自動車のカーナビゲーション(PND含む)市場である。
そして、市場を奪われるのは日本企業である。
未来予測通りのシナリオである。
トヨタグループが市場の6割を占める。
もう備えは出来ましたか?
2008年の富士通テンの「天栄会の3時間の基調講演」で予告していたはずである。
スマートフォンがカーナビ市場を崩壊させ、イニシアティブも握るのである。

⇒筆者の『未来予測を信じる者は救われ、信じないものはハイテク世界から消えるのみ』である。
※関連記事:アングル:米アップルのiOS最新機能、カーナビ市場に激震も
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE85C04D20120613

【過去のブログ内分析の検証】
●2011年3月9日水曜日
シリーズ7:未来社会を切り拓く日本ハイテク産業ルネサンス成長市場➁
▮未来市場から消えさるPNDとカーナビゲーション、市場を奪い去る相手は『スマフォ』
http://a-gd.blogspot.jp/2011/03/7_09.html

緊急分析:筆者のレクチャーした経済誌2社の特集記事

イメージ
上記(左)の週刊ダイヤモンド「家電敗戦 失敗の本質」P36に、筆者のコメント(中国パート)が出ています。

緊急分析:台湾TSMC社が20nmプロセスを米国市場で受注開始

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、、Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)社は、米国Apple社など20nmノード・プロセス製品の潜在的な顧客に対する販売促進を目指し、2012年中旬より販売/設計サービス部門を米国に常駐させるようである。
同社は20nm R&Dラインの構築に向けた約7億米ドルの投資を、当初の2013年から前倒しして2012年に実施するとしており、2013年末ごろに20nmのパイロット生産を開始するものと見られている。


緊急分析:2012年期のLCD-TV世界市場動向は?

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、2012年下期のLCD-TV世界市場は欧州金融危機の影響を受けて低迷する見通しと見ている。
この予測は、テレビ調査で定評のある米国NPD DisplaySearch社の調べに基づくもので、3D TVやLEDバックライト搭載の大型LCD-TVなどは成長を続ける模様である。
3D TVの成長はコンテンツと共に健全な成長ではなく、単にテレビ機能として組み込まれているだけなので本来の成長とは実は言えない。
2012年の中国、ラテンアメリカなどの新興国におけるLCD-TV市場は前年比8%増となる見込み。2012年の世界TV市場に占めるLCD-TVのシェアは88%で、2015年には97%に達するとしている。一方、AM-OLED TVについては、今年後半から韓国勢を中心に市場投入される見通しである。
この表示デバイスは現在の表示装置のデフレモデルから脱却する事は出来ないだろう。

緊急提言:『国民の生活が第一』への戦略提言

"Facebook内の分析"
【国民の生活が第一への提唱】
ハイテク産業の危機に何もせぬ、民主政権の野田内閣。同じく自民。
小沢一郎氏の新政党「国民の生活が第一」に政党躍進の秘策と政策を提言しよう。
この政策を実行すれば消費税は理論的は廃止、小沢氏を苦しめる「米国」にひと泡ふかし、経団連も軍門に下る。

①それは『移転価格税制(国民に消費税負担をさせぬ為に断固として、不正な租税回避をさせぬと!!』。
外務省、大蔵省(国税局)も戸惑うでしょうが、これは日本国としてやるべき事、全て正論である。

②日本ハイテク業界の選挙の票600万人規模を集約する策。
日本ハイテク再起動計画の実行である。
これは小沢氏の恩師、田中角栄氏の通じるもの。
今危機に瀕している日本ハイテク(半導体・太陽電池・液晶・電機⇒このサプライチェーン内にある大企業、中小企業、零細企業)の再成長戦略を具体的なアクションプラン、日本経済成長のゴール、雇用者数。
そして、韓国サムスングループなど新興アジア企業との競争に必ず勝つ為の政府支援を明言する事である。
"M2M"の新市場創出により米国Apple社、グーグル社、Microsoft社に打ち勝つ戦略と提言。
これにより日本が不得手とするソフト、サービス産業の強化。
これこそが私の提唱している「富国強産」により日本国復活プラン。
ゼネコンは、M2Mやハイテク道路(過去、私が国土交通省に提言した)で半導体・太陽電池・通信インフラを道路としてモジュール化したパッケージで高付加価値土木事業が維持出来、ハイテク産業とゼネコンの子ラボで世界最強の布陣が出来あがる。
国内需要だけでも日本半導体と太陽電池・液晶企業は成長出来る。
これが内需創出からプラットフォーム輸出で外需に代わる。 
戦略とは何か?
軍師とは何か? 
人心をつかむ策は何か? 
本当に今の日本国にどのような処方箋が必要かを実業のエース級に教えをこえば分かるだろう。 決して、机上の空論、理想主義者(社会主義)の学者の意見は採用しないことである。

緊急分析:韓国サムスン電子の強みは起動修正力

"Facebook内の分析"
パクリをしてお仕置きから学んだ韓国サムスン電子。
負けビジネスモデルの修正を経営が即座に修正するのが同社の強みである。

※関連記事:特許訴訟の学習効果…サムスン「製品企画に弁理士参加
http://japanese.joins.com/article/411/155411.html?servcode=300&sectcode=300

緊急分析:日本国民を疲弊させる現財務大臣

"Facebook内の分析"
この大臣は一体何を考えているのか?
呆れるばかりである。
国民生活の実情を理解していないようである。
所得が増えながら物価上昇すればそれは吸収できるが、所得が下がりリストラで職を無くし、生活保護者が拡大している状況で物価上昇すると何を切り詰めるのか?
大企業優遇(法人税免除、税率低し)は物価上昇は歓迎するだろう。
このような大臣は早く更迭すべきだろう。
それが民意である。
●2013年1月には所得税増税、個人住民税増税、所得税の復興増税が、再来年の4月には消費税が8%に、6月にはまたもや、個人住民税増税、個人住民税の復興増税の大増税が用意されている。

日本国民よ覚醒せよ!!

※関連記事:物価上昇率1%のゴール、早期実現がデフレ脱却につながる=財務相
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86B01820120712

緊急分析:世界半導体はリセッションのど真ん中にある

"Facebook内の分析"
どのような電子機器にも必ず搭載されている部品は、ディスクリートである。
最新のWSTSの発表によれば、2012年5月の世界ディスクリート出荷額は前月比2.1%増、前年同月比13.9%減の15億2691万ドルとなった。
ブレークダウンされた地域別では、米州が前月比5.6%増、前年同月比17.3%減の1億4809万ドル、欧州が前月比0.4%増、前年同月比29.6%減の2億1768万ドル、日本が前月比5.7%増、前年同月比5.7%増の3億297万ドル、アジアパシフィックが前月比0.8%増、前年同月比14.1%減の8億5817万ドルとなった。
5月の出荷個数は全体で前月比1.7%増、前年同月比6.5%減、同じく平均単価は前月比0.4%増、前年同月比7.9%減となった。
⇒この事が証明しているのは「、界半導体市場がリセッション中であるということである。

『本日、ブログアクセスが240,000を超えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~をお読み頂き有り難うございます。
 本日、ブログアクセスが240,000を超えました‼
これも読者の皆様の熱いご支援のお陰です。
今後も引き続き宜しくお願いします。

緊急分析:米国AMD社の最新業績と筆者が考えるIntel社新戦略の提唱

"Facebook内の分析"
米国AMD社は業績下方修正は、経済状況もあるが28nmCPU量産遅延(GF社⇒TSMC社変更)が大きい。
ライバル企業の米国Inte社(Intel社はライバルと認識していないはずだが)は、自社開発・製造プロセスの22nmの量産出荷を問題なく達成している。
今後は、2Xnmプロセスが製造出来るメーカー(IDM、ファンダリ)が何社残るか?
ここで最先端半導体ビジネスは決まる。
仮に、Intel社がモバイルCPUを撤退し、そのバーターとして最先端モバイル&グラフィックスのファンダリを本格的スタートすれば台湾も韓国も一気に失速する。
筆者が考えるこのモデルをIntel社に是非、実行して欲しい。
さすれば、世の中は大きく変わる事になる。

関連記事:
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE86807920120709

緊急分析:半導体市場リセッションの証明

"Facebook内の分析"
半導体・液晶市場リセッションの証明は、この企業の動向でも分かる。
東京エレクトロン(TEL)は、2012年度第1四半期(2012.4~6)の半導体製造装置(SPE)とFPD/太陽電池(PV)製造装置の受注額(速報値)が前期比27.7%減、前年同期比35.0%減の790億円になったと発表した。
部門別では、SPEがロジック、メモリともに減少し、前期比28.6%減、前年同期比32.5%減の760億円となった。
FPD/PV製造装置は前期比7.1%増、前年同期比66.3%減の30億円となった。

緊急分析:米国Apple社が非営利組織EPEAT認定を返上

"Facebook内の分析”
 米国Apple社は「環境に配慮しない企業になる」のだろうか?
Apple社は、環境配慮型製品の製造を推進する為の主要プログラムから同社が離脱することを決定した。
これは、同社の設計方針がプログラムの条件と合わなくなったと述べたと海外マスコミを通じて報じられている。
2012年6月下旬、Apple社は非営利組織EPEATに対し、同社製品への環境配慮の認定を今後申請しないことと、既に取得した認定を返上することを伝えてうる。

※関連記事:
http://japan.cnet.com/news/business/35019020/

緊急分析:旧シャープ堺の動向

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、台湾Foxconn Electronics(Hon Hai Precision Industry)社会長のTerry Guo氏が保有する1億6000万株のFoxconn株式を売却し、同売却益をシャープ・堺工場向けの投資資金をあてたという。
同氏はノーコメントとしているが、これにより堺工場への投資リスクは、ほぼ解消された模様である。
多くの読者の方は、この投資をFoxconn Electronics社がと思っているでしょうが、実はTerry Guo氏個人(⇒オーナー経営)の投資なのである。
これから、日本企業はアジアのオーナー企業に買収されて行くことになる。
日本人の労働賃金は今後さらに低下するだろう。

緊急分析:米国マイクロン社によるエルピーダメモリの買収合意

2012年7月2日エルピーダメモリと秋田エルピーダメモリは、米国Micron Technology社がエルピーダの取得/支援を目的とするスポンサー契約に調印したと発表した。
エルピーダメモリへの支援金は総額2000億円で、一定の手続き費用などを控除した残額から更正担保権者/債権者への支払いが行われ、残った更正債権の支払い義務は更正手続きに基づき免除される。
スポンサー契約実行時に、Micronは現金600億円でエルピーダへの100%出資を実施する。
その後、エルピーダはMicronの子会社として、Micron社を顧客としたファンドリー事業などを通じ、2019年までにキャッシュ・フロー1400億円をMicron社から得る事になる。
Micron社は同契約において、一定の条件の下エルピーダの設備投資への支援を行うこと、エ
ルピーダの生産・従業員の雇用を維持することで合意している。
Micron社は、エルピーダと台湾Powerchip Technology社の合弁会社である台Rexchip Electronics社に関して、Powerchip社が保有する株式を取得する予定である。

※関連記事:米マイクロンがエルピーダ買収で合意、13年前半に完全子会社化
http://sp.reuters.co.jp/article/technologyNews/idJPTYE86107K20120702
※更新情報:
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE86107K20120702
※更新情報:Micronがエルピーダ買収を正式発表、買収額は2000億円
http://eetimes.jp/ee/articles/1207/04/news023.html

緊急分析:2012年7月3日ルネサスエレクトロニクスのリストラ策発表‼

今日、ルネサスエレクトロニクスは、国内工場再編や人員削減を柱としたリストラ策を発表した。 国内工場の再編は、前工程で、鶴岡工場(山形県鶴岡市)など4拠点について、譲渡または集約を検討する。 自動車用途主力工場の日立那珂那珂工場など5拠点は運営を継続する。 後工程では、米沢工場の運営を継続。 大分工場と熊本工場は運営を継続するが、将来の譲渡も検討する。
※更新情報:ルネサス、国内工場再編や人員削減を柱とするリストラ策発表
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86204K20120703
※更新情報:ルネサス:早期退職5千数百人募る、最大で国内過半数10拠点を整理
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M6KQ4C0D9L3501.html
※関連記事:ルネサスがリストラ策を3日に発表、拠点再編と人員削減=関係筋
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE86107O20120702

『本日、ブログアクセスが235,000を超えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~をお読み頂きありがとうございます。 本日ブログアクセスが235,000を超えました‼
これも読者の熱いご支援のお陰です。
引き続き宜しくお願いします。