投稿

6月, 2012の投稿を表示しています

緊急分析:Panasonic新社長のメッセージから読み解く未来

"Facebook内の分析"
Panasonicの新社長の志は低い。
これでは世界では勝てない。
相手から略奪する、奪い返すという意志が無い。
Panasonicの敵は、韓国(サムスン電子、LG電子、サムスンSDI)、中国(ハイアール、ハイセンス、サンテック)など。
アジア企業、奪われたビジネスを全て奪い返す姿勢こそがPanasonic再起動の第一歩である。
そして、人より飛びぬけた発想とビジネス創出こそがアジア企業に出来ない事である。
日本強者連合艦隊をPanasonicが構築すれば良いのである。
その前に良い軍師を迎える事だが...。
津賀新社長、『まずは普通の会社を目指す』。これでは、普通の会社の前のアジア企業に潰されるだろう。

緊急分析:マイクロン社によるエルピーダメモリ買収が合意

"Facebook内の分析"
 会社更生手続き中の半導体大手エルピーダメモリを、支援企業に内定していた米国マイクロン・テクノロジー社が買収することで合意した。
マイクロン社は、エルピーダの負債総額約4200億円のうち約7割をカットする。
買収額と約1000億円の生産体制の強化などに充てる投資を合わせた支援総額は、約3000億円となる見通しである。

※関連記事:
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120629/biz12062910370029-n1.htm

緊急分析:PanasonicとSONYのAM-OLED業務提携は失敗へのエピローグ

"Facebook内の分析"
このAM-OLEDの提携は、失敗のエピローグである。
背景には、またオネダリ構造、産業革新機構かDBJからの投資を想定しているのでは?
これ以上、国民の金を溝に捨てることはやめて欲しい。
この両社は戦略は大失敗した企業。Panasonicは時代を読めずにプラズマTV用巨大工場を投資し失敗、ソニーはサムスン電子に技術を流出させ業務提携も解消、シャープとの提携も解消。
AM-OLEDは化学メーカーに技術依存するところが強く、電機メーカーのこの2社はまたも戦略をミスした事になる。
ましてや、この2社はブロードキャスト事業も抱えながらAM-OLEDの特性上の問題も分からない馬鹿とは、信じがたい。
韓国に揺さぶられ、韓国とともに自爆する事になるのだろう。軍師なき企業の愚かさか?
日本電機メーカーのダッチロール状態が良く分かる。
裏で筋書きを描いている人物は?

※関連記事:
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE85K06Q20120622

緊急分析:2012年6月度アーキテクトのブログアクセスランキング発表

ハイテク産業界未来予測~アーキテクトのブログ~の月間アクセスランキング(10日間運用停止期間含む)発表します。 対象期間:2012/05/23 – 2012/06/21 今回は生ページビューを公開、読者は何に関心が?答えは身の回りに切羽詰まった状態でリサーチをしているという不安な心理状態がわかる。 特に、ルネサスエレクトロニクスの社員やメディアのアクセスが多いと筆者は見ている。 ①は現在の半導体部品供給に関する問題、②~⑧はルネサス、次なる破綻企業は?⑨サムスン電子が狙うデジタルカメラ市場と技術、⑩成長市場となる4K2Kの動向。 ①緊急分析:三井化学岩国大竹工場爆発事故でのメタパラクレゾール不足による影響度は? 791 ページビュー
緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの一般社員の給与減額とボーナス見送りが意味する事は? 593 ページビュー
緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの延命策の大リストラ慣行 498 ページビュー
緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの終末、MCUをTSMC社へ生産委託でファブレス化 391 ページビュー
緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの6000人規模のリストラ実施 303 ページビュー

緊急分析:米国とイスラエルがFlameによるサイバー攻撃

"Facebook内の分析"
ついに、私の懸念していた未来予測のサーバー戦争が実行されるのか?
今後の世界はどうなる?
この人類は我欲を制御出来ず、ユダヤの力で終末を迎えるのか?

⇒CNET JAPAN:新たな報道によると、米国とイスラエルは"Flame"ウイルスを開発してイランに攻撃を仕掛けたという。
 The Washington Postは情報筋の話として、Flameは米国家安全保障局(NSA)、米中央情報局(CIA)、イスラエル軍が共同開発したものだと報じた。
このマルウェアの狙いは、密かにイランのネットワークを調査して監視し、機密情報を政府機関に送り返すことだ。
これらの情報は、他の攻撃に使われる可能性がある。

※関連記事:米国とイスラエル、「Flame」によるサイバー攻撃をイランに実施か
http://japan.cnet.com/news/society/35018414/

【ブログ内の検証】
●2011年6月6日月曜日
緊急分析:第三次大戦は、サイバーテロから開戦の火蓋が切られる
http://a-gd.blogspot.jp/2011/06/blog-post_2377.html
●2011年8月20日土曜日
緊急分析:スーパー・リセッションが襲いかかる世界経済
http://a-gd.blogspot.jp/2011/08/blog-post_20.html

緊急分析:元経済産業省官僚がルネサスエレクトロニクス大リストラを推奨!?

"Facebook内の分析"
筆者は、インタビュー記事に絶句。
半導体業界人なら良く知る経済産業省元官僚である。
一度も実業界で経験したことがない人物がリストラで日本半導体が復活する?
凋落が加速するが正しい解答だろう。
無責任にも、業界をかき回すだけかき回し、真っ先に敵前逃亡した のは彼でなかったのか?

筆者の個人のFacebookで"いい意味で"大炎上の議論となった。

※関連記事:インタビュー:窮地の日本半導体、リストラで復活可能=元経産省室長
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE85I04P20120619

緊急分析:韓国勢のAM-OLED TV戦略は正しいのか?日本電機メーカーはどうすべきか?

"Facebook内の分析"
韓国勢のAM-OLEDに夢破れたり!!。
この戦略に引きづられたPanasonic/SONYは筆者からの4K2K液晶パレットモニターコンセプト(画面が情報のキャンバス)提案を進めるべきだろう。
AM-OLED TVは、生産・材料コストの以前に、色品質と製品寿命、画面焼きつきが改善されていない。
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社韓国AM-OLEDTVメーカーがパネルの生産・材料コストの高さを理由に、2012年のOLED-TVの出荷目標を低めに設定した。
韓国SamsungElectronics社は内製パネルの生産目標を20万台とし、韓国LG Electronics(LGE)社では、子会社の韓国LG Display(LGD)社が生産目標を10万台から5万台に引き下げている。
55型OLED-TVの価格は2012年に8000~1万ドル前後の実売価格が見込まれ、55型LCD-TVの平均価格3700ドルの倍以上になることが予測されている。

『本日ブログアクセスが230,000を超えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~をお読み頂きありがとうございます。 本日ブログアクセスが230,000を超えました‼
これも読者の熱いご支援のお陰です。
引き続き宜しくお願いします。

緊急分析:ルネサスエレクトロニクスのリストラと連動する工場の大バルクセール

ルネサスエレクトロニクスの親会社と銀行団のトータル1000億円の支援資金が決定した。
この1000億円はリストラ費用である。
支援資金の提供条件として、工場と社員のリストラが義務付けられている。
工場閉鎖と売却での第二次バルクセールが開始される。

※関連記事:
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE85J06H20120620

【ブログ内検証】
http://a-gd.blogspot.jp/2011/07/blog-post_8617.html?m=1

緊急分析:中国NFC採用状況

"Facebook内の分析"
中国におけるNFC採用状況である。
伊仏STMicroelectronics社、中国Wasion Group社が中国Chongqing市の送電網に設置する後払い型電力メーターにNFCソリューションが採用されたと発表した。
同製品は、NFC非接触インターフェースST21NFCAや、GP2.2/Java3.0.1に基づく蘭Gemalto社のセキュアなオペレーティングシステムを組み込んだセキュア・エレメントST33F1Mなどを内蔵したSiPとなる。
13.56MHzで動作する国際規格に準拠した世界中のNFC携帯電話に対応している。
同製品を搭載した電力メーターは、2012年6月中に量産が開始される予定である。
日本より中国の方がパワーのインテリジェント化は急速に進むだろう。
これも中国の国策。

緊急分析:イビデンと豊田自動織機、半導体パッケージ基板製造の合弁会社を解散

"Facebook内の分析"
日本の機能素材メーカーもアジアから完全にキャッチアップされている。
半導体業界の常識ではIntel社と連動するイビデン社は高機能基板では世界トップ、しかしモバイル分野ではIntel社はシェアは取れず技術革新より、コスト優先されアジア企業が優位に立っているが現実の世界である。

※関連記事:イビデンと豊田自動織機、半導体パッケージ基板製造の合弁会社を解散
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=311910&lindID=1

緊急分析:ドイツInfineon Technologies社のBCP戦略

"Fcaebook内の分析"
日本半導体メーカールネサスエレクトロニクスの策が愚策(台湾TSMC社集中は台湾地震リスクを抱えるもの)とは言わないが、米国Intel社もドイツInfineon Technologies社も地政学上のBCP(Business Continuity Plan)戦略の元管理を行っている。
米国Intel社も最先端FABは、世界3カ所に建設(ライン増設含む)されている。

ドイツInfineon 社のBCPへの取り組みについて紹介されている。
これは危機管理が出来ていない日本企業には参考になる取り組みである。
同社の本社取締役会にBCM(Business Continuity Management)の最高責任者を置き、下部組織に「BCP策定」、「環境リスク管理」、「インフォメーションセキュリティ」、「セントラルセキュリティ」、「不動産管理」の5部署、さらに世界中の各拠点にBCM担当者を配置する事業体制となっている。BCMの国際規格ISO22301が現在ドラフト段階のため、英国のBCM規格BC259999に基づいてBCPを策定している。
生産ラインは前工程FAB 3か所、後工程 ASSY 8か所、一貫ライン1か所があるが、互換性のあるラインを別々に設置することにより、相互にバックアップできる体制を構築している。
また、2010年のアイスランドの大噴火の際は、アジアと欧州の物流を確保するためSCMシステムEDDIEを駆使し、スペインBarcelonaとシンガポールの運行用にジャンボジェット機を1台チャーターした他、東日本大震災では、日本のルネサスエレクトロニクス日立那珂工場に拡散炉用の石英チューブを提供し、復旧に協力している。

緊急分析:緊急来日したベルギーの経済大臣

イメージ
‎2012年6月11日の慶応大学大学院で開催されたWorkshop on Next Generation Media Technology and Creativityの写真である。 筆者は、ベルギー側の要請でこの会議に参加していた。 主賓は、ベルギーのMr.Jean-claude Marcourt、VicePresident and Minister of Economy。 当社は、ベルギー世界でトップレベルの8K4K/4k2K JPEG2000 IP企業の企業との提携関係で、世界の超最先端映像デバイス(当社コンセプトのAoC)で開発を推進している。 このビジネスモデルは日本では初? 小が大を動かすモデルである。 重要パートナーとしてはベルギー、BUSは米国、システム&デバイスアーキテクチャの知恵(私)、半導体設計は日本。 グローバルで勝つには日本メディアが使いたがる精神論が大好きなキーワードである「日の丸半導体」などは失敗を意味するもの。 グローバルでは世界最強のグローバルチームを編成し、ビジネスモデルとスキームのグランドデザインと戦略が描けているかどうかである? 日本半導体メーカーはJPEG2000をレガシーと思うだろうが、デジタルシネマの規格はJPEG2000であり、H.264⇒H.265ではない。 入力映像にTV(放送)の概念を引きづらない事である。 これが未来ビジネスを獲得できる方法である。
【筆者の格言】 非常識の実現こそが新たなグローバル・ビジネスを創出する事が出来る唯一の手段。
※関連記事: http://www.kmd.keio.ac.jp/jp/news/2012/05/workshop-on

緊急分析:Panasonicが大型AM-OLED TVに参入

"Facebook内の分析"
無駄な消耗戦に踏む込むPanasonic。
同社は、テレビの栄光が忘れないのだろう。
筆者のコンセプトはITベースの4K2K液晶の"パレットTV”である。
これをPanasonicがおやりないさい!!
ITベースにの32インチ業務用モニターは300万円台、これが1インチ1万ならIT業界は大量に買うでしょう。
AM-OLEDは物性の完成度は低く、画面焼きつき、自然ではない発色(ある重要な色が発色しない)

●製品寿命(化学材料の物性)
●面発光のセル制御が難しい
●画面の焼きつき
●コスト(価格)

このようなジャンクなTVは韓国製でいいいのである。
日本は高品質な4k2K液晶をIT業界に先駆けて、新たなITコンバージェンスモニターを製品化するば良いのである。
Appleも仕掛けてくるのは、4-6K液晶(超高精細)でしょう。

⇒台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、 パナソニックやシャープは2014年に大型のAM-OLED-TVを大量生産するという。台湾など韓国以外のメーカーとの協業により、2015年には韓国メーカーと競合できるポジションになるだろうとしている。

【BOE社のAM-OLED設備投資状況】
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、中国Beijing Optoelectronics Technology(BOE)社が内モンゴル自治区Ordosに建設中の第5.5世代(5.5G)対応のアクティブ駆動型有機EL(AM-OLED)ラインの稼働を2013年第4四半期から開始するという。
生産能力は月産5万5000シート規模で、まず低温Poly-Si TFT基板の製造に乗り出し、その後にAM-OLEDの生産に着手する計画。

緊急分析:ドイツOSRAM社の内蔵型プロジェクタ向け緑色LED

"Facebook内の分析"
1-2ccクラスの組み込み型超小型プロジェクターの要素技術で、ルーメン値を上げるには必要不可欠である。
ドイツOSRAM Opto Semiconductors(OSRAM OS)社は、スマートフォン、デジタルカメラ、ビデオカメラなどの内蔵型プロジェクタ向け緑色LED”Ostar Projection Cube”を発表した。
発光効率は110 lm/W。
1mm角と0.75mm角の素子がある。
サイズによるが、駆動電流700mA、出力2.3W、明るさ260 lm、または駆動電流350mA、出力1.2W、明るさ130 lmを用意している。
緑色LEDは、このようなレーザープロジェクションのアプリケーションしかないのが現状である。

『本日、ブログアクセスが225,000超えました!!』

本日、ハイテク産業界の未来予測の~アーキテクトのブログ~アクセスが225,000超えました。

毎日、世界各国からの読者の皆さんのアクセス深く感謝致します。
Facebookの友人1500名近いの方々とリアルタイムで深い会話をしております。
今後共、読者の皆様の熱いご支援宜しくお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎

緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの一般社員の給与減額とボーナス見送りが意味する事は?

既に、Facebook側分析を公開しています。
詳細な会話を閲覧したい方は、Facebook ("Toyosaki Yoshihisa"個人サイト)にご登録下さい。

"Facebook内の分析"
ルネサスエレクトロニクスは一般社員の給与減額とボーナス見送り。
300億円経費削減。
では役員の報酬は?
接待費は?
社有車は?
しわ寄せは、全て社員に。
日本国、政治家の現状と同じである。
痛みは、弱い立場の国民(社員)に押し付ける。

"Facebook内の分析"
統合してはいけないNECエレクトロニクスを吸収するからこのような不幸をもたらしたのである。
この事は、2008年に経済産業省半導体担当者(星野氏)に、日本半導体再編計画提言(⇒日本半導体三分の計)をした際に、申し伝えたことである。
現ルネサスエレクトロニクスのようなオペレーションを行う半導体経営者は世界では絶対に勝てないのである。

※関連記事:
http://sp.reuters.co.jp/article/marketsNews/idJPTK082457220120609
※更新情報⇒ルネサス支援でNEC消極姿勢、人員削減の必要性では認識一致
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTJE85B00720120612
※更新情報⇒ルネサス支援1000億円融資で調整、NECなど3社と取引行
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE85E03Q20120615




緊急分析:日本リチウムイオン電池の再編

"Facebook内の分析"
いよいよ、韓国勢に敗退した日本リチウムイオン電池メーカーの再編も始まる。
この日本国は、何の産業で国家経営をするのだろう?
2012年6月6日NECとGSユアサは、リチウムイオン電池事業に関して主要部品の供給に関する基本合意書を締結したと発表した。
具体的な協業の第1弾として、GSユアサがNECからリチウムイオン電池の電極を調達することを協議しており、12012年10月末までに具体的な条件を決定する予定である。
リチウムイオン電池を使用した蓄電システム、蓄電事業の幅広い協業に向け電極取引の開始前後をめどに、包括的協業の骨子を取りまとめる計画である。

緊急分析:スマートTVが広告代理店のビジネスモデルを破壊する

"Facebook内の分析"
超高精細4K2kTVモニター(マルチウィンドーでIT+文字情報を載せる)と連動させたスマートTVは、日本の広告代理店の存在価値をさらに落とすだろう。
筆者のコンセプトの近未来のスマートTVはSNS連動型、TVドラマで女優が身につけている洋服、時計、ジュエリー、バックなど瞬時に視聴者がつぶやく、そしてそこか検索し、オーダーする。
今後は、SNSのつぶやきで、商品を売るメディア戦略がキーとなろう。
その場合、広告代理店の作るCMの影響より、つぶやきの方が販促効果を生みだすのである。
実は、筆者のコメント出しているダイヤモンドの購入をFBで促すと普段買わない方も週刊ダイヤモンドを買っている。
非常に狭いエリアだが、筆者のなりの今回の実験で考えが正しい事が証明された。

緊急分析:有機ELモニター市場の未来は?

"Facebook内の分析"
さて、有機ELにひた走る韓国勢と追従しようとするソニー/パナソニック?
中国BOE社。
有機EL(AM-OLED)は、未来市場は思惑通りなるのか?
ひとまず、日本勢は冷静になるべきだろう。
4K2Kの到来は、まず液晶からである。
米国3M社が仕掛ける技術はかなり現実的であろう。
液晶ディスプレイ向けバックライトの研究開発を手掛ける米国のベンチャー企業Nanosys社は、独自のQDEF(Quantum Dot Enhancement Film)を用いたカラー液晶ディスプレイ技術の商品化に向け、米国3M社の光学システム部門と共同研究を進めている。
商品化に成功すれば、AM-OLEDに匹敵する画質を備え、エネルギー効率に優れた液晶ディスプレイを低コストで製造できるようになるという。

※関連記事:
http://eetimes.jp/ee/articles/1206/07/news028.html

『Facebook側での活動注力のお知らせ!!』

イメージ
アーキテクトGD社では、誰も真似できない"超リアルタイム"な市場・技術・競合企業そして、未来を分析するツールとして、Facebook内のサイトを開設しました。

★ご興味がある方は、Facebookをご登録下さい。
アーキテクトGD Facebookアカウントは下記。
Facebook内の情報提供は、全て『無料』です!!

【Toyosaki Yoshihisa】ウォール
個人アカウント



【アーキテクトGD社】ウォール
http://www.facebook.com/ArchtectGD