投稿

7月, 2011の投稿を表示しています

緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの解体バルクセール開始

ルネサスエレクトロニクスは、経営改革で100日プロジェクトを実施していた。
そして、遂に同社で不採算事業の削減に着手した。
その第1号として、本日の日本経済新聞の記事にあるように村田製作所に、携帯電話などに使う音声処理用の半導体事業を売却する方針を固めた用である。
ルネサスエレクトロニクスは自動車やデジタル家電が採用するマイコンでは世界シェア約30%の企業である。
ここにもシェア以上に、事業リスクとしての構造的欠陥があるが、それは教えるのは止そう。
3.11東日本大震災のひたち那珂工場(旧日立製作所系製品群)稼働停止など影響などで2011年3月期に大幅な最終赤字に陥った。
同社の経営陣は、主力のマイコン事業(旧3社メーカーの複数うのマイコンアーキテクチャをサポートする事はFAE人員やサポート&開発環境維持などの固定費費がかさみ、ここが同社の最大のウィークポイントであもある)に集中し、収益構造の改革を急ぐとの事。
今回、村田製作所に事業売却するのは携帯電話などで音声を信号に変換する際に使う半導体の複合部品で、この分野のい半導体事業の年間売上高は300億円程度で、半導体を組み立ての長野県小諸市の生産子会社や半導体の設計資産などを譲渡する。
そして、この製品をサポートする現ルネサスエレクトロニクスの開発技術者や工場従業員など社員も約650人も村田製作所が引き継ぐ事になる。
このバルクセールとも言える事業分割売却は、年内にも売却する予定で、村田製作所側への譲渡額はこれから詰める用様である。
この部門は、SoC事業の1つである。
ルネサスエレクトロニクスの2011年3月期決算は1150億円の最終赤字となった。
原因は、3.11東日本大震災でひたち那珂工場が被災した影響と多品種少量(日本半導体メーカー独自の構造ASIC/SoCモデル)の製品が多いSoC門が大幅な赤字となっている。
同部門は売上高が約3100億円と全体の約30%を占めている。
牟田ら製作所に、事業売却する分野もこのシステムLSI部門の1つであり、切り出しである。
恐らく、ルネサスエレクトロニクスからのバルクセールや事業撤退などもSoC領域であり、この分野は完全赤字体質なので、事業縮小を進めるだろうと筆者は見ている。
実は、正しい戦略とビジネスモデルと顧客を獲得出来れば、高い収益モデルが打ち出せるが日本半導体メー…

緊急分析:『Androidタブレット』市場規模

イメージ
上記は、アーキテクトGD社の世界タブレット市場の未来予測である。
アーキテクトGD社の定義は、中国Androidタブレットを『中華Pad』とポジショニングしており、超低価格Androidタブレットは、この中華Padが大きな比率を占める。

"Facebook内の分析”
筆者の分析では、5年もかかる事もなくAndroidタブレットがi​Padを出荷数量で抜き去る。
その背景は、中国の低価格『中華パ​ッド(当社の造語)』が爆発的伸びを示すだろう。
その中に組み込ま​れるコンテンツは、イリーガルな物が多く占める。
中国ユーザーから見れば、大量のコンテンツがバンドルされたある意味魅力的なタブレットである。

※関連記事:アンドロイド搭載タブレット、5年以内にiPad抜く=調査会社
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22393420110727

緊急分析:『完全崩壊した任天堂のビジネスモデル』➀

"Facebook内の分析”
スマートフォンiPhoneの出現により、任天堂のビジネスモデ​ルは完全崩壊した。
過去は、キラーキャラクター『マリオ』で成長​してきたが、このコンテツは通用しない。時代とライフスタイルの​変化である。
急速なパラダイムシフトに対応出来ない企業は、ダイ​ナソー(恐竜)で死に絶えるのである。真っ先に絶滅種になるのは​、無策な国家経営のおひざ元にいり日本企業である。
企業のみの存​続を考えるのであれば、リージョン売上が日本市場で10%程度の​日本企業は、本社と生産・開発を海外に移転すべきである。
企業が​自主防衛をしないと無策国家は法人税や国民への増税で、競争力を​国から削ぎ落とされる事になる。
国の財政破綻と心中するか企業と​社員が生き残るか?
筆者からの戦略的リコメンドは、『ノアの箱舟を作り​大海に進みなさい』。
残念ながら、現国家体制では企業存続は出来​なくなる。

※関連記事:任天堂が通期予想を大幅下方修正、発売半年で3DS1万円値下げ
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22421820110728

緊急分析:ソニーとサムスン電子の液晶合弁事業解消へ

今日は、このテーマの真偽を分析しょう。

※関連記事:ソニー、サムスン電子との液晶パネル合弁撤退を検討=報道
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22378020110726
※関連記事:ソニー、「Samsungとの液晶合弁解消」報道を否定
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1107/27/news044.html

緊急分析:『半導体メモリの微細化競争は集結』そして、『3D TSV戦争が勃発する』

筆者は、過去TSV(3D実装)で基調講演に立ち、未来予測をして来た。
そして、遂にその日が来た。

”Facebook内の分析"
半導体メモリもようやく2Dでの『微細化戦争の終結』したが、今​後はデバイス積層化、3D⇒"TSV(Si貫通電極:TSV:T​hrough Silicon Via)戦争が勃発する”。
日本勢はシリコンの実装技術はまだ強​みがあり、韓国サムスン電子はこのメモリ大容量化で東芝セミコンダク​タとエルピーダメモリを追う形になる。
東芝はNAND型Flas​hメモリで、多層のセルを一括に形成できる"BiCS"の方法を​最初に実用化する。

※関連記事:半導体業界、メモリー大容量化-微細から積層へ迫られる決断
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320110726aaau.html?news-t0726
※関連記事:450mmウエハー、EUV、TSV、半導体製造の最新技術は実用化のめども立たず
http://eetimes.jp/news/3637
※関連記事:「省エネ」などで新型不揮発に脚光、3次元NANDはついにサンプル出荷
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20110721/193528/

【ブログ内の検証】
●2011年7月11日月曜日
緊急分析:エルピーダメモリ社も集中開発する3次元実装のコア技術『TSV』
http://a-gd.blogspot.com/2011/07/3tsv.html

緊急分析:『BlackBerryのRIM社のビジネスモデル崩壊』

"Facebook内の分析"
BlackBerryのRIM社のビジネスモデル崩壊へ。
Bla​ckBerryの強みはSecurityであるがこれが新興国普​及で阻害要因となり、決定的にはスマフォのシェアをiPhone​に奪われた。BlackBerryの強いマーケットはエンタープ​ライズ向け。
証券や金融メディアもiPhone対応している事が​拍車をかけている。
アナリストの見解としては、BlackBer​ryの復活はないものと見ている。
RIM社の利点と特徴であるLinuxベースの高度Se​curityソリューション(暗号化技術)が仇になった。サーバを他国に置か​れ運営される事はある意味主権侵害と安全保障を脅かすと​受け取るだろう。(PCサーバーを企業、個人でも置けるが)
このケースは、RIM社『強みが弱み』に変わったのである。

※関連記事:加RIMが2000人削減へ-ブラックベリーの市場シェア縮小で(1)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=ay5YsMEpT4qQ

緊急分析:『スーパー・リセッション』の準備は整っただろうか?

”Facebook内の分析"
世界経済の『生き物としての経済先行指標』となる米国半導体メー​カーの最新の決算報告である。
欧米経済をめぐる懸念を背景に、米国大手TI社の受​注ペースが例年に比べて鈍化している。
パソコン・サーバー⇒コンピュータや電子機器​の見通しが幾分抑制されている。
世界経済をめぐる不透明感が米国​など年末商戦を盛り上げる事はない。
ハイテク業界の皆さん、筆者が未来予測を公開している『スーパー・リセション』への​対応はお済みですか?
信じる者は救われるというより、備えあれば憂いなしです。

※関連記事:米TIの第2四半期は減収減益、売上高は予想やや上回る
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22358020110725

【通信インフラ用デバイスから見る景気指標分析⇒米Xilinx社】
2011年7月20日米国Xilinx社は、2012年度第1四半期(2011.4~6)の売上高が前年同期比3.5%増
の6億1550万ドルになったと発表した。
当期利益は2.6%減の1億5440万ドルとなった。
デバイス用途別の売上構成比率は、通信が45%、産業機器/その他が34%、デジタル民生機器/車載が14%、データ・プロセッシングが7%となった。製品分野別の売上構成比率については、FPGA Virtex-5/6などの新製品が前年同期比12ポイント増の51%と伸長ししている。
2012年度第2四半期の売上高は前期比1%増~3%減を見込んでいる。
※重​要なのはFPGAという半導体は、Xilinx社売上の通信が45​%を占有するように、『通信インフラ⇒基地局』向け機器​に搭載され、通信インフラは設備投資の一番分かり易い線​機う投資指標であり、このポイントを見ていれば世界経済​の行方が簡単の予測が立つのです。

緊急分析:Qiワイヤレス給電優先開発の搭載で経営的痛手を追うであろう日本携帯メーカー

”Facebook内での分析”
米国最大の通信キャリア『ベラゾン社』もApple社の軍門日本下​りApple依存型のビジネス経営に変わるだろう。
日本のSoftBankと​同じ収益構造上なるだろう。

通信キャリアとして縛りが効かない時代に突入したと言いたいとこ​だが、これApple社のスティーブ・ジョブズ氏だけである。
Apple社の​要求するロィヤルティは凄まじい。
端末を売りさらに2~3重に設ける​仕組み。ベラゾン社に端末を供給する日本やアジア、米国企業は踏​んだり蹴ったりであろう。
日本の携帯端末メーカーに警鐘しておこ​う。
対象企業はNECカシオ、ソニーエリクソン、京セラなど。
”Qi対応のワイヤレス給電”を採用した端末開​発すると売れず在庫になるだろう。』最初に搭載すべきはNFCで​ある。
ここの選択を間違えない様に!!

※関連記事:米ベライゾン決算は利益が予想上回る、iPhone販売で契約増
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22338920110723
※関連記事:ワイヤレス給電は売れてる!?、Qi規格製品を一番手に発売した日立マクセルに聞く
http://eetimes.jp/ee/articles/1107/15/news081.html

緊急分析:『アップル社 VS サムスン電子 最新の販売シェア戦争』

"Facebook内の分析”
米国調査会社ストラテジーアナリティクスは携帯電話のシェアデー​タでは信頼のおける会社である。
このデータによれば、サムスン電子がApp​leの販売シェアを越えたとの事。
スティーブジョブズ氏のサム​スン電子に対する憎悪はさらに助長する事は間違いない。

※関連記事:サムスン電子のスマートフォン販売、4-6月にアップル抜いた可能性
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a_0qJ7lDCNjs

【ブルームバーグ社最新報告書からの引用】
7月25日(ブルームバーグ):世界2位の携帯電話端末メーカー、韓国のサムスン電子の4-6月(第2四半期)のスマートフォン(多機能携帯電話)販売台数はフィンランドのノキアと米アップルを上回った可能性がある。
米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した端末の人気が背景。
米調査会社ストラテジー・アナリティクスが明らかにした。
ストラテジー・アナリティクスのアナリスト、ニール・モーストン氏(ロンドン在勤)が22日の質問に対して電子メールで寄せた回答によると、サムスンの世界全体のスマートフォン販売台数は4-6月に1800万-2100万台だったと見込まれるのに対し、ノキアは1670万台、アップルの「iPhone(アイフォーン)」は2030万台だったもようだ。
「アンドロイド」端末を消費者が買い求める状況にあって、サムスンはノキアとカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)を初めて抜き、アップルにとって最も近いライバルになる道を順調に進んでいる。
サムスンとアップルは需要急増の波に乗り、スマートフォン業界首位の地位をノキアから奪おうと競っている。
モーストン氏は、「アップルとサムスン、ノキアは三つどもえの接戦を繰り広げている。
サムスンとアップルは年内にスマートフォン業界で同様の水準に並ぶだろう」と述べた。

緊急分析:サムスン電子の危機意識力の高さとギャラクシー強化策の新戦略

”Facebook内の分析”
危機意識力の高い、サムスン電子の対アップル戦略の切り札がこれ​である。
世界3大自動車デザイナーの1人に挙げられるクリス・バ​ングル氏がギャラクシーシリーズを作るのである。
変わり映えのし​ない長方形のスマフォをどうデザインするのか?
これは、日本の強力なライバルとしての敵でありながら楽しみで​ある。

※BMW伝説の天才デザイナーが三星ギャラクシーをデザイン
http://japanese.joins.com/article/064/142064.html?servcode=300&sectcode=300

緊急分析:最新動向から読み解くアップル戦略の検証『Thunderbolt』

筆者のリアルタイムな分析はFaceookで行っている。
仮想世界の友人も500名を超え、かなり白熱した議論を交わしている。

"Facebook内の分析”
アップルの世界制覇の食欲は貪欲である。
そして、その重要技術を​システムに先行搭載し、コンテンツとサービスを囲い込む。
まさに​、パーフェクトな戦略。富を全て吸い上げる策である。
アップル社の​マックPCに搭載されたインターフェィスが『フールー社買収案に意​味を持たせる』。
アップル社は、超高速インターフェイス"Thu​nderbolt"を搭載したのである。
現在は、電気銅配線レベル​で、Thunderbolt(Light Peakのアップル版)は10Gbpsから始まり、将来は1​00Gbps(光)になる予定。ソニーは光配線のLight Peak(インテル社技術)は10Gbps(最大)。
私の未来予測はウルトラマンの表現(M78星雲⇒光の星?)ではないが『​光を制する者は世界を制する』。

※関連記事:米動画配信サイトのフールー買収、アップルも関心=通信社
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22321620110722
※関連記事:アップル新型MacBook Pro、インテル「サンダーボルト」採用で処理速度2倍
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2787430/6866463

緊急分析:AMD社決算分析から見る世界の変化を捉える

"Facebook内の分析”
インターネットとブロードバンド環境整備により、情報とデータの集約化に伴いIA32アーキテクチャデータセンター側の需​要はまだある。
しかし、ネットブックやノートPC(一部領域)の​役割は終え、端末はタブレットに取って変られる。
ライフスタイルの変化と共​に、エレクトロニクス・デバイスサプライチェーンも組み変り、新​旧交代となる。AMD社はまさにその渦の中にある。
これから端末​はARMアーキテクチャが世界を制覇し、ARMと連動するOS(Android​)が成長するのである。
AMD社は米国企業だが、資本にはアラブ​政府系資金が入っている。ここはユダヤ系資本のインテル社とは違う​ところである。

※関連記事:米AMDの4─6月期は減収、今期売上高見通し好感し株価は上昇
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22319820110722

『ブログアクセス75000超えました‼』

いつも閲覧ありがとうございます。
本日、ブログアクセス75000超えました。
これからもハイテク産業界の未来予測の熱いご支援お願いします。

リアルタイムな会話での分析はFacebook側で活動中です。
ご興味がある方はFacebookのご登録をお願いします。
リクエスト承認の後、筆者の『リアルタイム分析』と熱い議論に参加出来ます。

チーフアーキテクト 豊崎禎久

緊急分析:世界経済情勢から考えれば先送り検討は、妥当な判断な450mmウェハ

今週は、日本半導体製造装置メーカーの死活問題に発展する450mmウェハ導入検討について分析しよう。

※関連記事:半導体用ウエハーの450mm先送りへ-東芝・サムスン慎重
http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201107190011.html
※関連記事:450mmウエハー、EUV、TSV、半導体製造の最新技術は実用化のめども立たず
http://eetimes.jp/news/3637

緊急分析:アップルA6製造委託先は台湾TSMC社となるか?

このハイテク産業界の未来予測内でも、アップル社の次世代チップ製造戦略の分析には力を入れてきた。
A6用のARMの次世代コアはA15となる。
ベンダースキームのビックチェンジは、製造装置・材料メーカーにとっても死活問題になる。
今日、ロイター通信社が新たな情報を配信している。
筆者の分析優先順位はFacebookで行っている。
この活動は、日本の政財界の方々に登録頂き、日本の危機を警鐘する為である。

※関連記事:台湾TSMC、米アップルの次世代チップの試験的生産を開始=関係筋
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22227320110715
※関連記事:ARM、次世代プロセッサコア「Cortex-A15」に関する説明会を開催
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/09/10/cortex-a15/index.html

"Facebook内の分析”
サムスンVSアップル社の全面戦争は、サムスン電子の半導体ビジ​ネス(アップル受託生産A5)を台湾TSMC社に次世代A6(シ​ュリンク版A5 28nmの可能性もゼロではないだろう。これは、私の推測)を奪わ​れる。
NANDFlashメモリの調達比率は、東芝セミコンダクターにウェイ​トが高いので、サムスン電子全体の経営に影を落とすことになる。​
この事態を昔、日本も経験しただろう。
米国視点で、『出過ぎた釘は打たれるか、抜​かれる』
ジャパンバッシング&日米経済摩擦(半導体・自動車・スーパーコンピュータ)。
2011年時を超え​、コリアンバッシングとなる。
これが、韓国⇒(日本も同様に)小国・国内市場を持たない輸​出国の性である。

緊急分析:インドのムンバイで発生した同時多発テロはハイテク産業界に影響する

筆者は最近外出が多く、移動中に簡単に双方向の会話が出来るFacebook情報更新している。
アーキテクトのブログはシステムとして、あえて一方通行の形を取っている。
これは会員制やFacebookの様に実名登録で無い為である。
発言はいかなる場合でも責任を持つ必要がある。
このアーキテクトのブログは未来トレンドと実市場を評価分析しているので、ハイテク業界トレンドの最先端となっており、マスコミは最先端のキャッチなキーワードのみをパクっている節も見える。
今回のテーマはハイテク産業界の未来予測シナリオにも組み込まれている第三次大戦に引き込むテロの影響度評価である。

※関連記事:実行組織絞れず、パキスタン関与否定 ムンバイ連続テロ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110714-00000013-cnn-int

"Facebook内のブログ"
インドのムンバイは金融と商業、ハイテクの拠点である。
高度成長​を続けるインドが同時多発のテロが発生。
国際社会の不安定化は経​済と国家安全保障にも影響が出てくる。
その辿り着く最悪のシナリ​オは第三次大戦(サイバーテロ含む)への道に繋がるが未来予測で​ある。

【ブログ内の検証】
●2011年5月21日土曜日
緊急分析:米国により第三次世界大戦への『パンドラ扉』が開かれた
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/blog-post_21.html
●2011年5月20日金曜日
緊急分析:ムスリム同胞団によるエジプトの『イスラム化』
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/blog-post_999.html
●2011年5月16日月曜日
緊急分析:加速するテロと核兵器の拡散は『第三次世界大戦の香りがする』
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/blog-post_537.html
●2011年5月2日月曜日
緊急分析:米国がビンラディン容疑者を殺害し、世界にテロ拡散の危機が来る
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/blog-post_02.html

『なでしこジャパン』に見る日本復活のキッカケ

今日、日本女子サッカーはスウェーデンを下し、偉業を成し遂げた。
遂に、世界ランク1位米国との決勝戦を迎える。
ハイテク産業も有能な日本女性を積極的に投与すべきであろう。
某国内半導体メーカーでは7月11日より、有能成し遂げた女性をディレクターに据えた。
過去の卑弥呼もそうであった様に、国乱れる時には『日本は女性のヒロインとしてのリーダーが生まれる』。

緊急分析:『DRAM終焉の時迫る』ブロードバンド+クラウド時代でワークメモリ領域実現は"MRAM"となる

東芝セミコンダクターは、脱DRAMを行い、そしてDRAM幕引きを加速させ、MRAM自らの新市場を築こうとしている。
MRAMの特徴は『超高速・低電力で作動し、電力供給』がなくてもメモリ内のデータを保持する事が出来る非揮発性の長所と安定性などを備えている。

※関連記事:次世代メモリー、東芝がハイニックスと共同開発
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E3E1E2919A8DE3E1E2E5E0E2E3E38698E3E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
※関連記事:韓国の半導体メーカーと東芝が次世代MRAMを共同開発
http://japanese.joins.com/article/779/141779.html?servcode=A00&sectcode=A10
※関連記事:東芝、韓国ハイニックスと次世代メモリー技術を共同開発
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22177920110713
※関連記事:メモリで業界を牽引できるか!東芝、HynixとMRAM技術を共同開発
http://itlifehack.jp/archives/5294582.html
※関連記事:第2部 技術 MRAMに一服感、PRAMとReRAMが追撃
http://eetimes.jp/article/22800
※関連記事:東芝とHynix社がMRAM技術の共同開発に合意
http://ednjapan.cancom-j.com/news/2011/7/8363
※関連記事:エルピーダ:次世代メモリーPRAMの開発中止-日刊工業
http://www.bloomberg.co.jp/apps/newspid=jp09_newsarchive&sid=aMttOoOrCa1wDRAM専業メーカーである日本のエルピーダメモリ(PRAM開発中止)などは近い将来は死活問題となるが、筆者が過去から提唱しているが実はこれは正しい未来システムソリューションなのである。

※関連講演:第五回半導体メモリ・シンポジウム
「『Windows Vista』の半導体へ…

緊急分析:キヤノンのミラーレス機投入予定

遂に、キヤノン、ニコンがミラーレス機を投入する。
リコーが買収したペンタックスもQマウントのミラーレス機を投入した。
いよいよ、光学メーカー VS 家電メーカーの動画対応カメラの戦いが始まる。
電機メーカーはDSLR市場の切り崩し、光学メーカーは防衛措置となろう。

※関連記事:ペンタックス、Qマウント用の交換レンズ5本
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110623_455172.html
※関連記事:Canon、ハイエンド・ミラーレス機の投入を示唆
http://www.raitank.jp/archives/3638
※関連記事:再送:〔Executive Talk〕 キヤノン<7751.T>が台湾で一眼レフ増産、全社で年1000万台規模へ=真栄田常務
http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPnTK062561820110705

【上記ロイター通信記事の引用】

<小型・軽量化でミラーレスの技術を検討>
新商品については、ソニー、パナソニック、オリンパスが展開する「ミラーレス一眼」に対抗して、小型・軽量の一眼レフカメラを発売する意向を示した。
真栄田常務は「パフォーマンスを落とさずにカメラを小型化するのは最大の課題。
来年は面白い商品が出ると思う」と述べた。
小型・軽量の手法として「ミラーレス」を採用することも技術的に検討しているという。

【ブログ内分析】
●2010年12月27日月曜日
シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:ミラーレス元年」はパンドラの箱
http://a-gd.blogspot.com/2010/12/2011-web-nikon-httpegami.html

緊急分析:世界一奪還を目指す『東芝NANDフラッシュメモリ』

東芝セミコンダクター社の最新主力工場の四日市が完成した。
テクノロジーとキャパシティでサムスン電子と戦える体制は出来上がった。
東芝の刺客は、電力不足と電気料金値上げ、そして経済のリセッションである。
遠くない未来は、DRAMとNANDメモリの絶対数量は激減する時代が到来する。
それはブロードバンドとクラウドサービスによって引き起こされるメカニズムである。
未来システムは大きく変わる事も想定内の戦略に組み込んで置かねばならない。

※関連記事:東芝、フラッシュメモリーで世界一狙う=佐々木社長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22156920110712

【ブログ内の検証】
●2010年7月27日火曜日
シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨
http://a-gd.blogspot.com/2010/07/3_6611.html

”Facebook内での分析”
『コリアン・バッシング』へ。
米国+日本+台湾連合がサムスン電​子に襲いかかる。
東芝セミコンダクター社(東芝)大失敗は、NA​NDFLashメモリの市場普及させる為に、サムスン電子にこの​NANDFlashメモリの特許をただ同然で提供した事である。
しかし​、サムスン電子と共にNANDを普及をしなかったならば、東芝セ​ミコンダクターと米国サンディスク社だけではここまで市場は拡大​しなかっただろう。

緊急分析:エルピーダメモリ社も集中開発する3次元実装のコア技術『TSV』

ロイターの記事によれば、2013年3月までに250億円を広島工場の30ナノノードと25ナノノード・プロセスを用いた量産化を目的とする半導体製造の設備資金にあてて、100億円をシリコン貫通電極(TSV)などの研究開発の設備資金を投入する様である。

※関連記事:UPDATE2: エルピーダ<6665.T>が新株とCB発行で約797億円を調達、設備投資などに充当へ
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK062926820110711
※関連記事:エルピーダ新株発行などで797億円調達、設備投資などに充当
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22130320110711

筆者は、TSVの市場予測と技術動向は2008年時点で基調講演を行っている。
この資料は、アーキテクトGD社のホームページで閲覧出来る(有償)。

※関係記事:Semiconductor International 日本版 第17回テクニカルセミナー『SiPプロセス革命〜SiP、TSVでイニシアチブを握れ〜』開催
http://www.news2u.net/releases/30978/items/0/

緊急分析:『センサーネットワーク+ハ‐べスティング技術』は新産業を創出する

イメージ
筆者は、2006年時点で日本の某半導体企業へ、センサーネットワーク・デバイスの開発を促していたが、当時は未来すぎるとしてこのコンセプトを断念した。
そしか、2011年以降は、センサーネットワークが爆発的な急成長を遂げるのである。
アーキテクトGD社はZigBeeソリューション・システムを開発し、既に複数社の大手企業の納入検討が始まっている。
(本システムに、ご興味がある方は、お問い合わせ下さい)
重要な事は、デバイスではなく、仕掛け仕組みとクラウド処理+ビジネスモデルである。
当然ながら、コントロールされる立場より、コントロールする立場が良いのである。


※重要記事:普及間近の環境発電、センサーとの融合で省エネと快適を両立へ (1/4)
http://eetimes.jp/ee/articles/1107/11/news015.html
※重要記事:可能性秘める無線センサーネットワーク、考察すべき3つのポイント
http://eetimes.jp/content/4484
※重要記事:熱発電と無線センサーネットワークを利用した部品監視システムの開発進む
http://eetimes.jp/ee/articles/1106/27/news098.html
※重要記事:【ワイヤレスジャパン2011】電波から電力を回収するデモを日本電業が披露、電子レンジの省エネにも
http://eetimes.jp/ee/articles/1105/27/news090.html

"Facebook内での分析”
ユビキタスセンサーネットワーク社会の到来は、センサリングとク​ラウド+AIテクノロジーで、国家による国民の完全監視モニタリ​ング時代の到来である。
国民総ID制はこのシステムと未来連動する​だろう。
スマートグリッドテクノロジーは外部から個人宅を完全制​御出来るだろう。
分かりやすい例えは、三菱電機のエアコンのムー​ブアイ機能で宅内をボンヤリとした映像解析を数週間モニタリング​してクラウド側でAI解析をすれば個人の行動パターンから個人認​証や生活リズムを把握出来る事になる。
デジタルテクノロジーの進​化は未来にプライバシーなど存在しない事を意味する。

緊急分析:半導体産業の要、経済産業省元審議官『エルピーダ株インサーダー取り引きの真偽』

本日の新聞各社が大きく取り上げている話題がある。
それは、エルピーダメモリの公的資金注入決定の判断を下した『元審議官』がエルピーダ株をインサーダーの疑いが出ている。

※更新情勢⇒経産幹部をインサイダー取引容疑で逮捕 東京地検
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E3E0E2E0958DE3E0E2E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2
※更新情報⇒株手出すなと元審議官…「私利私欲」憤る元部下
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120113-OYT1T00200.htm


※関連記事:経産省幹部、インサイダーか…エルピーダ株巡り
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110707-OYT1T00556.htm
※重要人事情報:経済産業省(平成22年7月30日異動 敬称略)
http://unit.aist.go.jp/shikoku/kaiyou/kaiyou-koukenkai66.html

【ブログ内の検証】
●2011年1月1日土曜日
日本への未来予言
▮新年明けましておめでとう御座います
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/blog-post.html

緊急分析:東南海地震から連鎖する東海地震のメカニズム

今日、19時過ぎに和歌山県北部を震源とする震度5強が発生した。

※関連記事:和歌山で震度5強 マグニチュード5・5、津波の心配なし 
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201107050247.html

このブログでも防災意識のレベルを高めておくようにと筆者から警鐘していたが、ついに『東南海地震』が発生した。
過去の実績として、東南海地震から連鎖する関東大震災が発生している。
過去の地震メカニズムを当てはめると東南海地震⇒東海地震・首都直下と時間をおいて連鎖している。
再度、関東地区も防災意識を高くしておく必要である。
筆者の独自理論のアルゴリズム適用の未来予測は約1ヶ月後に次の再震が連動し、東海地震が発生する事も想定出来るかも知れない。
防災意識は高めておく必要があるだろう。
夕刻の地震では、徳島県阿南市の日亜化学のLED工場などが、震度4で一時的に製造ライン停止した可能性がある。
皆さんは、明日のメディア情報を冷静に分析し、サプライチェーンの影響を判断しましょう。

【ブログ内の検証】
●2011年4月25日月曜日
東南海・南海地震に対する防災意識も忘れるな!
http://a-gd.blogspot.com/2011/04/blog-post_4788.html

BCP分析:トヨタ自動車世界一位陥落、次なる覇王となるのは『フォルクスワーゲン』 ➁

2011年6月2日、中国とドイツはベルリンで『中独電気自動車戦略的パートナーシップの構築に関する共同声明』を発表した。
この共同声明では、中国・ドイツ両国政府が、電気を動力とする交通手段の経済的に持続可能な発展における重要な意義を高度に重視していることを確認している。
筆者が未来予測したEV車でのトヨタ陥落はこれで決定付けられるだろう。

※関連記事:中独、電気自動車戦略パートナーシップを構築
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201107010336.html

【ブログ内分析の検証】
●2011年5月18日水曜日
BCP分析:トヨタ自動車世界一位陥落、次なる覇王となるのは『フォルクスワーゲン』➀
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/bcp_18.html

『ブログアクセス70000超えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測を閲覧戴き感謝しております。
本日、70000アクセス超えました。

これからも、更なる熱いご支援お願い致します。
リアルタイムな会話をご希望される方はFacebookの登録をお願い致します。

チーフアーキテクト 豊崎禎久

緊急分析:『トヨタ支援を打ち出し過ぎたルネサスエレクトロニクスへのしっぺ返し』

筆者がこのブログで懸念した通りの事象が顕れた。
トヨタグループは、ルネサスエレクトロニクスのひたち那珂工場に1000名規模の復旧人材を送り込んだ。
そして、これにより『トヨタ自動車向けにルネサスエレクトロニクスのマイコンを優先的に提供する』という密約があったのであろう。
半導体を独り占めでなく、日本自動車産業界の為に、ある適度な比率で供給をする必要があるとこのブログでお願いしていた。
しかし、現実は?

※関連記事:ホンダ、エンジン制御マイコンの調達見直し-ルネサス依存引き下げ
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420110704bean.html?news-t0704

今は、トヨタ自動車は日本の自動車メーカートップであるが次世代EVでは、ルノー日産・フォルクスワーゲン社、ホンダが優位に立つ可能性が高い。
ルネサスエレクトロニクスは、目先の対応で未来の上顧客を逃がす事になる。

緊急分析:『グーグル社が世界を制覇する日』

WEB分析のスタットカウンタ社が6月のWEBブラウザー(ネット閲覧ソフト)の世界市場シェアによると、米国グーグル社の"クロームOS"が初めて20%を上回ったと発表した。
一方、米国マイクロソフト社の"インターネット・エクスプローラー(IE)"が43%台と減少している。
グーグル社の世界制覇が近づいてきている。
筆者の2007年に日経BP社に提供した未来予測通りである。

※関連記事:「世界で勝つ」秘訣はあるのか
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070205/127360/
※関連記事:米グーグルのブラウザ「クローム」、世界シェア初の20%台に=調査
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22011420110703

”Facebook内の分析"
遂に、グーグル社のchromeOSのシェアが20%台に到達した。
グーグル社の世界制覇の野望実現も直ぐそこであろう。
マイクロソフト社の危機は更に加速する。『グーグルが世界を支配する時は近い』。
このSNSのフェィスブックにも対応した更にユーザーの利便性を追及したグーグル版フェィスブックもリリースされた。

そして、グーグルのモバイOSによるエンタープライズ向けスマートフォンビジネスの切り崩し。
切り崩されているのは、高度セキュリティー技術(暗号化)を組み込んだカナダRIM社のブラックベリーである。

※関連記事:焦点:企業向けスマホ市場、ブラックベリー切り崩しが加速
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22016120110704?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0
※関連記事インド、「BlackBerry」サービス規制を表明
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20100813-OYT8T00445.htm
(⇒インドが規制を掛けるのは高度セキュリティーがインド政府側に不都合であると判断)

”Facebook内の分析"
高いレベルのセキュリティー機能を持つスマフォの老舗『RIM社のブラックベリー』が切り崩さ…