投稿

2017年6月16日(金)開催 未来ビジネス戦略シンポジウムのご案内

2017年6月16日(金)開催 未来ビジネス戦略シンポジウムのご案内
IoT / CPS & Securityの未来ビジネス戦略シンポジウム 【第7回ニッポンハイテク再成長させる会】
~
地方創生IoTスマートシティの『共築』キックオフ~
日本政府は、ハイテク新産業創出のために、2016年5月20日、「世界最先端IT国家創造宣言」を閣議決定しました。これを受けて2016年6月2日「日本再興戦略2016」~第4次産業革命に向けて~具体的な指針を示しています。 GDP600兆円に向けた「官民戦略プロジェクト10」の中で、第4次産業革命を起こすブレークスルー技術として、IoT, ビッグデータ, 人工知能, ロボット・センサーを挙げています。 米調査会社IDC社は、日本国内IoT市場における消費者支出額を、2021年で11兆23

ロイター通信インタビュー記事

今回の大型買収に踏み切った孫社長の判断について、半導体に詳しいコンサルタント、豊崎禎久氏は「インターネットにつながるところには全てARMが使われている。(今後、半導体需要が世界一伸びる)中国の需要を見据えて上での企業買収ではないか」と指摘。高い買い物ではあるが、「孫さんは、とてもいい所に目を付けた。10年スパンでみると3兆円の価値はあるだろう」と話している。
http://jp.reuters.com/article/angle-softbank-arm-idJPKCN0ZY1UR

日本語ブルームバーグインタビュー記事

アーキテクトグランドデザインのチーフアーキテクト、豊崎禎久氏はソフトバンクの孫正義社長が半導体の供給網の「全体の支配権を握った形になる」と分析した。一方、ソフトバンク色を強く打ち出した場合は顧客離れも考えられるため「独自路線を打ち出さず、アームの経営陣に継続させるというやり方が孫さんにとってプラスになる」と話した。 ソフトバンクにとっては13年の米スプリント買収(約1兆8000億円)を上回る過去最大の買収案件。IoTに秀でた世界的企業を傘下に納め、ARMの次の技術革新を引き起こすための投資を拡大する。また同社が保有する専門知識や世界的なネットワークで、ARMの知的所有権を市場に浸透させることができるとしている。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-07-19/OAJDHD6K50Y201

ブルームバーグインタビュー記事

“ARM holds licenses to core technologies, so Son is effectively taking control of the roulette table,” said Yoshihisa Toyosaki, an analyst at Architect Grand Design, an electronics research and consulting company in Tokyo. “It would be interesting to see how his thinking will impact ARM’s strategy going forward.”
Son is making the case that the company’s biggest-ever acquisition will go beyond smartphones and is an investment in the future of connected devices, also known as the Internet of Things. Apple Inc., Google, Samsung Electronics Co., General Electric Co. and other tech giants have connected thermostats, washers and watches to the web. Whatever those devices will be, and whatever software runs on them, Son is wagering they will run on silicon designed by ARM.

http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-07-19/pokemon-go-offers-glimpse-into-32-billion-softbank-arm-deal

Washington post businessのインタビュー記事

Washington post businessに記載 “ARM holds licenses to core technologies, so Son is effectively taking control of the roulette table,” said Yoshihisa Toyosaki, an analyst at Architect Grand Design, an electronics research and consulting company in Tokyo. “It would be interesting to see how his thinking will impact ARM’s strategy going forward.”
Son is making the case that the company’s biggest-ever acquisition will go beyond smartphones and is an investment in the future of connected devices, also known as the Internet of Things. Apple Inc., Google, Samsung Electronics Co., General Electric Co. and other tech giants have connected thermostats, washers and watches to the web. Whatever those devices will be, and whatever software runs on them, Son is wagering they will run on silicon designed by ARM.
http://washpost.bloomberg.com/Story?docId=1376-OAJRVK6KLVR501-39IE668KHVF1NN5I7PO2C460GD

NHK WORLD NEWS ROOMテレビ出演のお知らせ

【NHK WORLD NEWS ROOMテレビ出演のお知らせ】 昨日のホンハイーシャープ買収に関して 2月25日20:00~映像取材インタビューに出演しています。 ※収録日は2月24日10:00~(当社内) 私のコメントは 4分30秒頃~です。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/newsroomtokyo/

5月21日第5回ニッポンハイテク再成長させる会~分科会~

第5回ニッポンハイテク再成長させる会~分科会~
【未来産業ビジネスを創出するプラットフォームCo-Creation”Q”】
ニッポンハイテク再成長させる会の分科会は「IoTソリューションでドイツ生まれの欧州規格IP500アライアンスを活用したビジネス創出」の特別セミナーを5月21日(木)に完全招待制・無償で開催いたします。
IP500アライアンス規格トップのドイツ本国より、ヘルムート会長も緊急来日し、ドイツIP500アライアンス対応モジュールメーカーのコアネティクス社アミットCEOも来日。
グローバル規格団体だからゆえに、国内外調査会社、コンサルティング会社と違い「世界全てのリアル
な現場と競合」の動向が分かります。
米国での動きは「通信キャリアレス」が加速、日本はラストワンマイル戦略、これには大きな違いがあります。
IoTビジネス創出は単独1社では不可能、志高きプロ同士のアライアンスこそ肝となり、ハード、ソフト、デバイス、アルゴリズム、SIer、通信キャリア等、企業同士の密結合とフュージョンで新ビジネスが創出されます。

日時:2015年5月21日(木)
開場:9:30
開始:10:00~15:30 終了
定員:80名前後
場所:J-SQUARE SHINAGAWA
東京都港区港南2-5-12 JOYSOUND 品川港南口店2F
TEL 03‐5495‐7065
URL http://j-square.joysound.com/
※本シンポジウムの参加申し込みは、下記の蘭のURLリンクよりお願いします。

***************************************************************************************************************
-プログラム-
10:00 ~ 10:15 オープニングIP500アライアンスジャパン・アジアプレジデント豊崎禎久
10:15 ~ 10:45 IP500 Alliance e.V. Helmut Adamski CEO & Chairman
10:45 ~ 11:15 CoreNetiX 社Amit Shah CEO
11:15 ~ 12:00 講演(1)「(仮)オムロンマイクロデバイスのIoT強震計を活用した新たなエコシステム
事例」
オムロン株式会社マイクロデバイス事業推進本部…