投稿

2012の投稿を表示しています

緊急分析:富士通半導体は2013.3で決着が付く!!

筆者の昨日のブルーバーグ社インタビュー記事である。 オフレコを除いた部分、オフレコは未来予測としての富士通半導体のシナリオとけると結論である。 ※関連記事:富士通:今期PC出荷計画未達へ-欧州低迷やウィンドウズ軟調(訂正) http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MFOLIB6K50Y801.html 半導体は3月末までに方針 アーキテクトグランドデザインの豊崎禎久アナリストは、「米アップルや米アマゾンのタブレット型端末や電子書籍端末に消費者の関心が集まり、PCメーカーはたたき売りを強いられている」とコメント。ウィンドウズ8も安定性が課題となっており富士通が得意とする法人向け需要本格化には時間を要するとの見通しを示した。

サンケイビズのニュースソースに引用されています

先週のブルームバーグ社記事(筆者インタビュー)が何故、今日サンケイビズの記事に? やはり、日本の媒体は情報が遅い。 電機・電子業界の調査・コンサルティング会社、アーキテクトグランドデザインのアナリスト、豊崎禎久氏は日本企業が「優秀な若いエンジニアが採用できないとサムスン、LG、中国、台湾メーカーとの差は開く一方だ。 新商品は新しいエンジニアからしか生まれてこないから」と指摘した。 ※日本、理系学生の就活に異変 (2/3ページ) http://www.sankeibiz.jp/econome/news/121220/ecd1212200505000-n2.htm

緊急分析:時事通信へのルネサス支援に関するインタビュー記事

【2012.12.10時事通信配信の豊崎のインタビュー(フル)記事】 2012/12/10-17:40 自動車大手など、調達価格面で支援を=アーキテクトGD豊崎氏〔ルネサス反響〕 電機・半導体業界に詳しいアーキテクトグランドデザイン(東京)の豊崎禎久氏=そもそもこの案件は企業再生支援機構が手掛けるものであり、新技術を生み出す企業に資金支援する産業革新機構が手掛ける案件ではないはずだ。 だが、「出来レース」なので仕方がない。 ルネサスエレクトロニクスの取引先は6~7割が国内のメーカーだ。業績低迷の真の要因は、トヨタ自動車を中心とする自動車メーカーなどが適正価格よりも安い値段で調達してきたことにある。 革新機構を中心に資本を入れるよりも、自動車大手などの調達先が部品価格の3割程度の値上げを容認する方がよほど支援になる。 注入された資本を仮にリストラ費用に使うようなことになれば、企業再生はおろか、ルネサスの延命にしかつながらず、「エルピーダ・スキーム」になりかねない。 機構は資金がリストラにではなく再生に使われるのかをこの際明確にする必要がある。(了) (C)時事通信社

緊急分析:ルネサスエレクトロニクスへの産業革新機構支援決定!!

時事通信のは、1ヶ月半前にインタビューを受け、ルネサスエレクトロニクスが今後どうなるのか? その課題は何を述べている。 その一部情報(時事通信は有料)が下記である。 ※関連記事:自動車大手など、調達価格面で支援を=アーキテクトGD豊崎氏〔ルネサス反響〕 http://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20121210-00000192-jijf-stocks.vip 電機・半導体業界に詳しいアーキテクトグランドデザイン(東京)の豊崎禎久氏=そもそもこの案件は企業再生支援機構が手掛けるものであり、新技術を生み出す企業に資金支援する産業革新機構が手掛ける案件ではないはずだ。                                                                                 【ルネサスエレクトロニクスの売上減⇒510億円】 ルネサス エレクトロニクスは、2013年3月期の業績予想を修正したと発表した。売上高は前回予想の8680億円から8200億円へ下方修正、当期損失は1500億円で変更はないとしている。 半導体売上高は前年予想から510億円減となる7600億円となる見込みである。欧州の債務・金融問題の長期化や、新興国経済のさらなる減速などの影響を受け、マイコン、アナログ&パワー、SoCの各事業とも前回予想を下回る見込みという。 生産効率化やさらなる費用削減施策を進めることで、営業損益などについては前回から変更はないとしている。 産業革新機構は、500億円売上減をどう思うのか? アナリストとしての試算も進めているが今後のリストラとリセッションの継続で年>1000億円規模の売上減になろうと見ている。 成長なき企業に投資をする「素人集団の政府系ファンドの産業革新機構」の罪は重い。

『本日、ブログアクセス285,580を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが285,580を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

緊急分析:理系優勢時代が終焉は、日本国家没落を導く!!

本日のブルームバーグ社の電話インタビュー記事が配信されました。 ~記事抜粋~ 格差拡大 電機・電子業界の調査・コンサルティング会社、アーキテクトグランドデザインのアナリスト、豊崎禎久氏は日本企業が「優秀な若いエンジニアが採用できないとサムスン、LG、中国、台湾メーカーとの差は開く一方だ」と述べ、「新商品は新しいエンジニアからしか生まれてこないからだ」と指摘した。 ※関連記事:理科系学生就活に異変、ソニーより明治HD-日本どんな姿に http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MEO44R6JIJUV01.html “The gap between Japanese companies and Samsung, LG, and Chinese or Taiwanese competitors may only widen if the Japanese can’t hire excellent young talent,” said Yoshihisa Toyosaki, an analyst at Architect Grand Design, an electronics research and consulting company in Tokyo. “New products can only be born from new brains.” ※関連記事:Sony Loses Science Talent as Student Resumes Go to Dairies: Tech http://www.bloomberg.com/news/2012-12-09/sony-loses-science-talent-as-student-resumes-go-to-dairies-tech.html

緊急分析:シャープに対する米国クワルコム社99億円出資の思惑

この分析は,Facebook側に、分析公開しております。 最新の業界分析にご興味がある方は、Facebookの"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

2012年11月16日ニッポン半導体再成長させる会キックオフ報告(満員御礼!!)

イメージ
11.16ニッポン半導体再成長させる会にご参加頂いた志高き日本人の皆様、ご参加ありがとうございます。 この会は、日本ハイテク産業再起動させ、再度この国の基幹産業と輝きを取り戻させる為のボランティア集団です。 筆者は、Facebookの活動をコアに、今回この会の水先案内人を務めさせて頂きました。 冒頭のゲストは、今回東京都知事選挙に出馬された「松沢しげふみ氏」。 同氏からも日本ハイテク産業界の皆様に、熱いメッセージを送って頂きました。 『首都東京』から日本ハイテク産業を強力に支援し、ニッポン半導体(ハイテク)産業を再成長させましょう!! 日本ハイテク産業界は、松沢しげふみ氏を全面的に支援して参りましょう。 東京と首都圏連合、そして地方都市と連携し、ハイテク産業分野で再度世界を席巻し、日本人雇用を創出し、日本国への歳入を増やして参りましょう。 皆様の日頃の熱いご支援で本会が大成功を納めました事をご報告すると共に、深く感謝しております。 チーフアーキテクト 豊崎禎久

『本日、ブログアクセスが281,030を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
 本日、ブログアクセスが281,030を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

~満員御礼~
2012年11月16日日の「ニッポン半導体再成長させる会」は、定員200名を超え大盛況で無事に終える事が出来ました事もご報告いたします。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、緊急性のある重要な話題テーマの分析は、全てFacebook側にリアルタイムに公開しています。 最新の業界分析にご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

筆者の活動は、顔が見えお互いに双方向の会話が出来るSNSのFacebookにフィールドを移しており、最新かつディープな情報分析と資料はそちらで、公開しております。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

『本日、ブログアクセスが275,874を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが275,874を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、緊急性のある重要な話題テーマの分析は、全てFacebook側にリアルタイムに公開しています。

最新の業界分析にご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

【2012年11月16日ニッポン半導体再成長させる会無償セミナーの最終締め切りのお知らせ⇒残りあと20名】

筆者の実業パートナー企業も無償でサポート頂きバナー広告をWEB上に展開頂きました。

本当に、皆様には感謝です。
この疲弊する日本電機・日本半導体・日本液晶のエキスパートが集結し、日本を真剣に考え報道するマスメディア6社がセミナーの参加されます。(マスコミは指定6社のみ)

調査会社やアジア企業のご参加は出来ませんので、あしからず。

 2012年11月16日「ニッポン半導体再成長させる会」のセミナー参加定員あと20名です。
⇒ANA特製(ウィスキー樽切りだし)ポールペン粗品付き。

バナー広告:セミナー・イベント開催情報
http://www.iax.co.jp/events/index.html

緊急分析:不可解なエルピーダメモリの売却価格に気付いた米国裁判所

エルピーダメモリの米国マイクロン社買収は、最初から不可解な事ばかりである。
米国エルピーダ社の債権者が反対している係争問題は、米国デラウェア破産裁判所のクリストファー・ソンチ判事は2012年10月24日、エルピーダメモリが同社破産手続きプロセスについて債権者に十分な情報を提供していない事に、米国マイクロン社への売却を認めない可能性があると警告した。
何を隠蔽したいのか?エルピーダメモリよ。
それは、企業買収が最初から出来レースだからあるからだろう。
このまま時だけが悪戯に過ぎればエルピーダメモリは漂流し、そして転覆するだろう。

※関連記事:エルピーダ情報提供は不十分、マイクロンへの売却却下も=米判事
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89O02J20121025

緊急分析:『サムスン』リスクがやって来た!!

Facebook内で既に、分析公開済みだが、韓国サムスン電子の第一波の危機が訪れる。
米国調査会社のDisplaySearch社によれば、サムスン電子は2012年上半期には米国Apple社に1500万枚の液晶パネルを供給した。
この期間中、韓国LG Display社は1250万枚、日本のシャープは280万枚、Appleに液晶パネルを供給した。
サムスン電子は2012年4月、液晶パネル事業をSamsung Displayとして分離独立させると発表している。
全ては、因果応報である。

※関連記事:Samsung、AppleへのiOS端末用液晶パネル供給終了へ──Korea Times報道
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1210/23/news038.html

緊急分析:成長を続けるCMOSイメージセンサー市場

"Facebook内の分析"
フランス調査会社Yole Developpement社は、2012年のCMOSイメージセンサ市場が66億米ドルとなる見通しと2017年には110億米ドルまで市場拡大するとの予測を発表した。
同社の予測では、2012~2017年の年平均成長率(CAGR)は11%、中でもタブレット、車載、スマートTVの3種類の用途向けCAGRは30%以上に達すると予測している点が興味深い。
CMOSイメージセンサーの感度を上げる技術として、裏面照射型(BSI)イメージセンサの市場規模は、2017年に57億米ドルと市場全体の過半に達するとみられる。
これらは、大型センサー以外にほぼ採用される事になる。

緊急分析:米国Amazon社は半導体メーカーになる日

"Facebook内での分析”
米国Amazon社が半導体メーカーになる日。
米国TI社OMAPはAmazonのキンドル/
ファイヤーに採用されている世界トップレベルのアプリケーション・プロセッサである。
このTI社事業買収は、極めて正しい戦略である。
アプリケーションプロセッサはコンテンツを最適駆動させる為のエンジン、日本半導体メーカーは1d社もこのデバイスを開発出来なかった。
コンテンツを支配するものにはアプリケーションプロセッサは必須である。これで世界はAppleとAmazonとサムスン電子+インテル(Microsoft)3強プラス1で戦う事になる。
この明確なる成長戦略の買収と対照的に、いかに日本連合艦隊のルネサスエレクトロニクスの経営支援(産官)が馬鹿げたスキームか分かるだろう。


※関連記事:再送:UPDATE1: 米アマゾン、TIモバイルチップ部門買収に向け交渉=新聞
http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPJT821676420121015
※関連記事:アマゾン、TIモバイルチップ事業の買収を計画かhttp://japan.cnet.com/news/business/35023090/

ハイテク産業の超未来予測無償セミナーのお知らせ!!

Facebook内では、既に多数お申込みを頂いておりますが、アーキテクトのブログでも最終申し込みを受け付けます。

未来予測や調査データにあてにならない調査会社より、的中精度と最先端開発をしているアナリスト・エコノミストとして実績のある、筆者の分析の方が日本企業の皆さんの為になろうかかと思います。
2013年の世界情勢・経済そして、日本ハイテク産業崩壊への序章のシナリオ(現実にならないように)お伝えします。

(本講演では、最新の世界半導体予測、マクロ経済予測/世界情勢、近未来有望アプリや技術=新産業セクターを無償公開します。)

  ~豊崎~

【お知らせ】
... 2012年11月16日.15:00〜18:30.
東京都中央区銀座8-4-17

●ニッポン半導体再成長させる会 キックオフ

●日時:2012年11月16日(金)14:30 開場
15:00 開始 ~ 18:30 終了予定
●参加費:無料

●場所:銀座 リクルートGINZA8ビル 11F 大ホール
●地図:http://www.recruit-ex.co.jp/company/map.html

◆基調講演 

 アーキテクトグランドデザイン株式会社
 Founder & チーフアーキテクト 豊崎 禎久 様

=仮題=「グローバル競争で敗北した日本半導体メーカーの検証と
世界で勝つハイテク産 業の再成長戦略」
  ~ハード優勢の時代は終わり、コンテンツ産業が世界を支配する ~

◆サプライチェーン上の各業界のエース元エースによるパネルディ スカッション
●定員200名 (サプライズゲストも参加予定)開場:14:30 -
講演:15:00 - 16:30
質疑:16:30 - 17:00
休憩:17:00 - 17:15
PD  :17:15 - 18:15 *今回のキックオフは、日本半導体危機と日本ハイテク産業と日本国家経営(歳入源)にも懸ねる緊急企画でございます。 ハイテク産業に従事する日本人の皆様、奮ってご参加下さい。 *大変恐縮ですが、会場設置の関係上事前に参加をクリック頂きたくお願い致します。 *ビル入口に受付は設けませんので、エレベーターにて11Fにお上がりいただき直接ホールまでお越し下さい。 一般での参加ご希望は、下記までお問い合わせ下さい。 *事務局 森 博禎 TEL: 03-6705-91…

『本日、ブログアクセスが270,542が超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが270,542を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。

最新の業界分析にご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

緊急分析:2013年世界半導体市場は、最悪の年となるであろう

"Facebook内の分析"
2012-2013年は世界半導体業界は一度も経験した事のないスーパーリセッションに襲われ、企業の大リストラと淘汰再編される、私の業界に警告した未来予測の様に大失業時代に突入した。

※関連記事:米AMD:最高2340人を削減計画、PC向け需要減で-関係者
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MBSZGW6KLVR801.html

緊急分析:KKR社がルネサスエレクトロニクス買収断念し、日本連合艦隊の未来は?

この筆者の分析と見解は、既にFacebook内に公開している。
この産業革新機構主導の日本連合艦隊の未来は2015年に、壊滅するであろう。
その前段に、事業や子会社のバルクセールが始まる、ルネサス子会社をアオイ電子に譲渡。

※関連記事:ルネサス、ルネサスハイコンポーネンツをアオイ電子へ譲渡
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE89B04B20121012
※関連記事:ルネサス株が買い気配、官民が2000億円で買収計画との報道
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE89E00120121015


【ブログ内の分析検証⇒ルネサスエレクトロニクスへの処方箋提言】
●2012年2月1日水曜日
緊急分析:末期症状のルネサスエレクトロニクスへの処方箋は?
http://a-gd.blogspot.jp/2012/02/blog-post_01.html

緊急分析:ソフトバンクが米国スプリント社を買収検討

筆者のコメントがブルームバーグ社に出ている。
Facebook内では、さらに詳細な分析と見解を公開している。

※関連記事:ソフトバンク:米携帯3位への出資を協議-最大75%取得か
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MBQI0H07SXKX01.html

財務への懸念も

岩井コスモ証券投資調査部の清水三津雄副部長は、孫社長が「リスクを取りながらソフトバンクを大きくしてきた。大胆な決断も行ってきた」と述べ、今回の買収提案もその戦略の延長との見方を示している。
アーキテクトグランドデザインの豊崎禎久アナリストは協議の背景に国内市場の成長余地が限られている点を挙げた。さらに「資本規制がある新興国への参入は容易ではないが、経済環境が悪化している米国で売却案件があった」と指摘。買収が実現した場合のソフトバンクの財務への影響については「決して余力があるわけではないので、リスクが低いとはいえない」と述べた。

『本日、ブログアクセスが268,008を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが268,008を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

ハイテク産業未来予測セミナーのお知らせ

【お知らせ】
2012年11月16日.15:00〜18:30.
東京都中央区銀座8-4-17

●ニッポン半導体再成長させる会

●日時:2012年11月16日(金)14:30 開場
15:00 開始 ~ 18:30 終了予定
●参加費:無料
...

●場所:銀座 リクルートGINZA8ビル 11F 大ホール
●地図:http://www.recruit-ex.co.jp/company/map.html

◆基調講演 
 アーキテクトグランドデザイン株式会社
 Founder & チーフアーキテクト 豊崎 禎久 様

=仮題= 超未来予測 「グローバル競争で敗北した日本半導体メーカーの検証と
世界で勝つハイテク産 業の再成長戦略」
  ~ハード優勢の時代は終わり、コンテンツ産業が世界を支配する ~

◆サプライチェーン上の各業界のエース元エースによるパネルディ スカッション
●定員200名 (サプライズゲストも参加予定)開場:14:30 -
講演:15:00 - 16:30
質疑:16:30 - 17:00
休憩:17:00 - 17:15
PD  :17:15 - 18:15

*今回のキックオフは、日本半導体危機と日本ハイテク産業と日本国家経営(歳入源)にも懸ねる緊急企画でございます。

皆様、奮ってご参加下さい。

*大変恐縮ですが、会場設置の関係上事前に参加をクリック頂きたくお願い致します。

*ビル入口に受付は設けませんので、エレベーターにて11Fにお上がりいただき直接ホールまでお越し下さい。 【~アーキテクトのブログ~からの一般申し込み】
アーキテクトブログからの一般申し込みは下記までご連絡お願いします。 尚、マスコミ(限定のみ)や調査会社、アジア企業の方は、本セミナーにご参加出来ません。
  *事務局 森 博禎 TEL: 03-6705-9191
         Mail: h-mori@recruit-ex.co.jp

緊急分析:日本の光学カメラを守れ!!

イメージ
9/22号の週刊ダイヤモンドに、筆者のインタビュー記事が記載されている。
P39。

緊急分析:米国マイクロン社赤字の先に待ち受けるものは?

"Facebook内の分析"
世界半導体リセッションで米国マイクロンも「赤字」、そしてDRAM価格は下落する。
エルピーダメモリは、買収する企業にも負担となり、共倒れまでとはならずとも米国Apple社も調達価格を見直ししないと韓国勢から全面供給をうけなければならなくなる。

※関連記事:エルピーダ買収の米マイクロン、6─8月期は予想超える赤字http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE88Q05Y20120927

緊急分析:28nm製造問題

"Facebook内の分析"
米国クワルコム社28nm供給不足はLTEの供給不足とも連動する。
これは米国Apple社にも影響すること。問題は台湾TSMC社の28nmファンダリ製造プロセスのイールド(歩留まり)が低いことが起因している。
この歩留まりが低い理由は、筆者の分析だとベースバンド内のアナログ回路(RF)がプロセス側とマッチングが取れていないものと見ている。

⇒シンガポールSTATS ChipPAC社は、2012年度第3四半期(2012.7~9月)の売上高が前年同期比3~5%減になるとの予測を発表した。
前期比横ばいとの前回予測から下方修正となる。
PC市場の低迷や、ハイエンドスマートフォン向け最先端LSIの供給が遅れていることを理由に挙げている。

緊急分析:産業革新機構+民間企業によるルネサスエレクトロニクス救済策(KKR対抗)は愚策!!

リアルタイムには、Facbbookに分析公開をしています。

”Facebook内の分析"
1000億円単位で官民でルネサスエレクトロニクス救済との事だが、この投資金額では再建は出来ない、本当に再建したいのであれば1兆円規模投資と日本半導体の大再編を行うしかない。
中途半端な金は中途半端な事しか出来ない。
1兆円規模の資金での再編と海外企業M&Aと明確なるセグメント強化策が必要である。
技術流失といってもマイコンはARMベースとなり、ルネサスのSHやV85Xなどはレガシーであり、重要顧客を握る元ルネサスの人材は既にライバル企業に転職し、リプレイスを進めている。

METIとメディアには呆れるばかり!!

※関連記事:異例の官民買収で“最後の砦”死守 ルネサス支援、半導体技術流出を阻止http://www.sankeibiz.jp/business/news/120923/bsc1209231026000-n1.htm
※関連記事:ルネサス再建へ官民出資案、革新機構も前向き姿勢-米KKRに対抗
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MASCGL6K50XS01.html

【過去の連載での提言を検証】
●半導体ウォッチ(6)
国内半導体業界に迫る衝撃の再編シナリオ2007/12/17
http://monoist.atmarkit.co.jp/feledev/articles/siliconeswatch/06/siliconeswatch06c.html

目指すべきは「偉大なる小国ニッポン」
================

日本電機メーカー(半導体含む)が、根本的な改革を先送りしてきた代償は大きい。このまま何も策を講じなければ、国内半導体メーカーは総崩れの状況になる。タイム・リミットは2008年である。従来モデルの半導体好況サイクルのピークは、2006年であった。マイクロソフトによる新OS(Windows Vista)のリリースやオリンピック・イヤー(2008年北京大会)にも半導体の好況サイクルは来ない。
 当社が提示する処方箋は、世界で勝つために事業最適化を行った「日本電機メーカー再編」である。しかも弱者連合では不十分である。それでは、技術で戦う世界市場での国際競争に勝てないからである。従って、強者連合を軸とした日本電機メ…

『本日、ブログアクセスが264,888を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが264,888を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。
尚、「緊急性のある重要な分析は全てFacebook」側にリアルタイムに公開しています。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストをお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

緊急分析:富士通セミコンダクターの本体切り離しと事業売却

このテーマは、既にFacebook内に分析を公開しています。

"Facebook内の分析"
日本半導体の終焉も近い、富士通半導体も売却へ向かう。
世界で日本だけが独り負けした「半導体」、世界はCAGR5%成長している産業であるはずなのだが...。

※関連記事:富士通、半導体事業売却でUBSをアドバイザーに-関係者
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MATX2B6JTSEI01.html

筆者の今日の取材インタビュー記事が記載されています。

※関連記事:富士通:半導体事業売却でUBSをアドバイザーに起用-関係者 (3)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MATX2B6JTSEI01.html

【過去の連載での提言を検証】
●半導体ウォッチ(6)
国内半導体業界に迫る衝撃の再編シナリオ2007/12/17
http://monoist.atmarkit.co.jp/feledev/articles/siliconeswatch/06/siliconeswatch06c.html

目指すべきは「偉大なる小国ニッポン」
================

日本電機メーカー(半導体含む)が、根本的な改革を先送りしてきた代償は大きい。このまま何も策を講じなければ、国内半導体メーカーは総崩れの状況になる。タイム・リミットは2008年である。従来モデルの半導体好況サイクルのピークは、2006年であった。マイクロソフトによる新OS(Windows Vista)のリリースやオリンピック・イヤー(2008年北京大会)にも半導体の好況サイクルは来ない。
 当社が提示する処方箋は、世界で勝つために事業最適化を行った「日本電機メーカー再編」である。しかも弱者連合では不十分である。それでは、技術で戦う世界市場での国際競争に勝てないからである。従って、強者連合を軸とした日本電機メーカーの業界再編が不可欠になる。当社が最適だと考えるシナリオは次のとおリである。
 半導体事業に関しては、カーブアウト的な事業の切り出しが必要であろう。東芝は、総合電機メーカーとして、単独でも半導体事業を推進できるであろう。ここからは、産業アナリストとしての仮想シナリオである。メモリ(DRAM、フラッシュメモリ)の再編はほぼ完了し、日本半導体…

緊急分析:Apple社による韓国サムスン電子への制裁

"Facebook内の分析"
Apple社の韓国サムスン電子に対する制裁である。

※関連記事:米アップル、新型iPhoneでサムスンへの発注減らすhttp://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE88600X20120907

【過去のブログ検証】
過去のブログ分析検証】
・サムスン電子は、アップル社スマートフォン、タブレットPCと自社のスマートフォン、タブレットPCの”半導体部品のダブルインカム戦略”が2011年以降取れなくなり、半導体ビジネス規模は、抑制される可能性が極めて高い。
⇒アップル社からのビジネス模倣し、競合企業となった制裁である。

 ・アップル社の新サプライチェーン構築戦略(AGD独自推測):Qualcomm社(デュアルコアCPU、ベースバンド)、コンボ型ならBroadcom社(近傍通信:WiFi,BT)東芝セミコンダクター(NAND)、マイクロン・エルピーダ(DRAM)社、東芝ディスプレィorシャープ(表示部)、NXPセミコンダクター(NFCチップ)、TSMC社/ASE社(半導体製造/組立)らの企業を主軸に置き、サムスン電子とは、今後距離を取るだろう。

●2010年12月15日水曜日
シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編➃『ハイテク韓国版』
▮ハイテク韓国の大巨人、サムスン電子の迫り来るビジネスリスクの未来シナリオへ
http://a-gd.blogspot.jp/2010/12/5_15.html

緊急分析:欧州OLEDの状況

"Facebook内の分析"
伊仏合弁STMicroelectronics社は、有機EL(OLED)の開発・商品化を行う仏MicroOLED社と戦略的アライアンスに合意すると発表した。
これにより。ST社はMicroOLED社の株式の一部を約600万ユーロ(約6億円)で取得する。MicroOLED社の先端技術は、競合ディスプレイの約半分の消費電力で、画質の向上につながる高密度ピクセルを提供する。
日本企業は、欧州勢にも負けの構図となる。

『本日、ブログアクセスが260,184を超えました!!』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~をお読み頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが260,184を超えました‼
これも読者の皆様の熱いご支援のお陰です。
今後も引き続き宜しくお願いします。

**************
現在のリアルタイム分析活動の場
**************
筆者の最新情報のリアルタイム分析は、Facebookを活動の場にしております。
ご興味がある方は、友人リクエストをお願いします。
●"Toyosaki Yoshihidsa":個人のサイト
●アーキテクトグランドデザイン株式会社のサイト⇒公
●ニッポン半導体再成長させる会のサイト

緊急分析:ハゲタカファンドKKR社に解体切り売りされるであろうルネサスエレクトロニクスの近未来

このシナリオもFacebook内に公開している。

緊急分析:台湾TSMC社28nm量産状況

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社によれば、Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)社受託生産中の28nm製品に関して、第1次出荷が9月後半頃になる見通しという。
台湾Advanced Semiconductor Engineering(ASE)社や米Amkor Technology社、シンガポールSTATSChipPAC社などの他、台湾Unimicron Technology社や韓国Samsung Electro-Mechanics社といったフリップチップ基板メーカーなどは、2012年第3四半期後半に売上拡大する模様である。

緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの経営権を握るハゲタカファンドKKR

既に、この分析は、Facebook側に公開中です。
ご興味がある方は、"Toyosaki Yoshihisa"までリクエストて、ご本人確認をさせて頂いた後、承認いたします。

緊急分析:韓国サムスン電子、米国Apple社との米国での特許係争敗訴

韓国サムスン電子と米国Apple社の米国での特許係争、サムスン電子敗訴の分析とサムスン電子の未来予測は、Facebookに詳細な分析し(過去のアーキテクトのブログとも連動し)、既に公開しています。
米国Apple社株上昇中、サムスン電子の米国販売差し止めの期待+賠償金(約900億円)に市場が反応してである。

韓国サムスン電子への評決の主な内訳は以下の通りである。
●陪審員団は、Appleのトレードドレス'983号を支持する。
●陪審員団は、サムスンが一部の製品においてAppleの「iPhone」「iPhone 3」などで登録済みのトレードドレスを「弱めた」ことを認める。
●Apple側に、サムスンの特許に対する侵害は認められない。
●陪審員団は、UMTS規格に関連する市場の独占による独占禁止法違反がサムスンになかったことを認める。
●サムスンが支払うべき損害賠償額を10億5000万米ドルとする。

この分析に、ご興味がある方は"Toyosak Yoshihisa"まで友人登録をしてご覧下さい。

関連記事:アップルとサムスン電子の米特許訴訟でアップル勝訴、10.5億ドルの損害認める評決
http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPJT818882820120825

『本日、ブログアクセスが255,073を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』をご覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが255,073を超えました‼
これも読者の皆さまのご支援のお陰です。

今後も引き続き熱いご支援宜しくお願いします。

チーフアーキテクト
豊崎 禎久

松沢成文先生から頂いた最新の著書に日本ハイテク産業再生のヒントがある!!

イメージ
2012年8月6日の松沢先生との会食時に頂いた著書である。 「生麦事件の暗号」の中に、日本ハイテク産業復活のヒントが隠されている。 是非、皆さんもお読みになって下さい!!

緊急分析:米国Apple社の成長モデルは終わった!!

"Facebook内の分析"
筆者の未来予測通り、米国Apple社の伸びしろはない=成長はしない。
中国でApple社の伸びはないのである。
未来予測の結果は、数値(統計)して後に、必ず答えが出る。
毒りんごに投資をすり企業はそのリスクを事になる。

筆者の未来予測を信じない者は救われない、ただこの言葉に尽きる。

※関連記事:米アップルの中国スマホ市場シェア、第2四半期にほぼ半減=調査
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE87N03320120824

緊急分析:サムスン電子のスマートフォン販売台数

ケイタイ端末調査分野で精度の高い米国調査会社ストラテジーアナリティックス社によると、韓国サムスン電子は第2四半期に5050万台のスマートフォンを販売した。
スマートフォンの台数ベースでは、米国Apple社に対するリードを広げている。
(正しい見方はOS、利用者動向まで見たうえで判断しなければならない、台数ベースはAndroid端末が多いのは当り前の事、サムスン電子はiOSを除いて全包囲網戦術、ソフト開発での負荷は重く、Apple社より利益率は悪い)
サムスン電子は世界のスマホ市場のシェアが34.6%。
これに対してApple社は17.8%で、2012年4-6月のiPhone販売台数は2600万台である。
第3位のフィンランドノキア社が7%の市場シェアで、1020万台のスマホを販売した。

※関連記事:サムスン第2四半期のスマホ販売は5050万台、アップルの2倍
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86Q02120120727

『本日、ブログアクセスが250,549超えました!!』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~をお読み頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが250,549を超えました‼
これも読者の皆様の熱いご支援のお陰です。
今後も引き続き宜しくお願いします。

緊急分析:カリスマなきApple帝国に迫る危機は?

"Facebook内の分析"
米国Apple社に対する世界的攻撃、どこまでこの猛攻に耐えれるか?
ジョブス氏なきAppl城は、砂上の上にある。
日本企業も毒りんごをかじりすぎると解毒剤なきりんごなので、全身機能停止となるこことも理解し、想定内にしておくべきである。
今後のモバイル端末で重要な要素技術となるのは音声認識。
Appleのバーチャルパーソナルアシスタント"Siri"が、訴訟のターゲットとなった。
今回の原告である台湾国立成功大学は、音声テキスト変換技術に関して同大学が保有する特許が侵害されたとしてApple社を提訴した。
大学側は2件の特許を米国でそれぞれ2007年と2010年に取得したと述べており、Siriが両特許を侵害したと考えているようである。

※関連記事:アップルの「Siri」にまたも特許侵害訴訟--今度は台湾の大学
http://japan.cnet.com/news/business/35019838/

緊急分析:2012年世界半導体はリセッションの中

筆者の2012年世界半導体リセッション予測を証明するものである。
そして、2012年は世界はスーパーリセッションとなる。

※関連記事(ブルームバーグ社記事引用)
東京エレク:今期の利益予想を半分以下に修正、半導体需要低迷受け
2012-07-30
7月30日(ブルームバーグ):国内半導体製造装置首位の東京エレクトロンは今期(2013年3月期)利益予想を、従来予想の半分以下に下方修正した。
世界的な景気減速に伴う半導体需要の低迷が理由。

期末配当予想も大幅に引き下げた。 修正後の純利益見通し140億円は、ブルームバーグ・データによるアナリスト22人の予想平均298億円や会社側の従来予想300億円の半分以下。営業利益予想も従来の470億円から、前期比で67%減の200億円に修正。売上高予想は従来比600億円減らし、5300億円とした。期末の配当予想も55円から26円へと減額した。中間配当は25円で据え置きだが、今期は中間、期末とも創業50周年記念配の各10円を含めている。4-6月期の受注は前年同期比30%減の1016億円。営業利益は同60%減の93億円。半導体装置の地域別売り上げを見ると、台湾が同19%増の293億円、韓国が同43%増の242億円だった半面、日本は同52%減の100億円。6月末の受注残も1858億円と同38%落ち込んだ。

"Facebook内の分析"
世界最大の半導体パッケージ(SUBCON)の動向である。
半導体世界がリセッションにあることを意味する。
⇒台湾Advanced Semiconductor Engineering(ASE)は、2012年度第2四半期(2012年4~6月)の売上高が前年同期比0.8%減の458億7200万台湾ドル(約1248億円)になったと発表した。
当期利益は前年同期比12.1%減の32億200万台湾ドル(約87億円)となった。
2012年度上期の売上高は前年同期比3.6%減の889億7300万台湾ドル(約2420億円)、当期利益は同31.0%減の52億5800万台湾ドル(約143億円)となった。

緊急分析:過去の未来予測シナリオ検証(2010年1月版)

【アーキテクトGD未来予測シナリオ(2010年ブログ公開)】

中長期的な世界マクロ経済と情勢
==============
●原油安 → 世界金融機に対しては一時的な減税効果となるが、社会環境の変革と環境技術開発にはマイナスとなる
● 原油高 → 2年以内に価格は100ドル台に再上昇する(5年後には1バレル200ドル突破)
●太陽電池の住宅普及率アップ(直流、マイクログリッド、SiCパワコンディショナー)+プラグイン型ハイブリッドや電気自動車の普及 SiCに米国政府から戦略物資指定を受け、デバイス単体での海外輸出制限
●ウォン安から“高”へ → 日本企業にとって好機が到来する(条件は、中国が元切り上げをすれば、Wonはそれ以上に高くなり、日本の製造業に恩恵がある
●中国バブル → 日本企業(ハイテク技術:環境・半導体・自動車・ネット)の買収が投資として活発化する
●元 vs.... 米ドル → 国際通貨基軸のドル神話の崩壊とアジア通貨の元が国際的に台頭してくる
●ドル基軸通貨崩壊し、円高70円前半/2011年後半となる 米国の中国 
●対元戦略が明確になる(ドル崩壊)
●先進国のシルバー世代の比率増大 → シルバーマーケットの拡大(例えば、ネットワーク医療とヘルスケア)とロボット産業
●先進国での外国人労働者の増大(失業者含む) → コミュニケーションが取りにくくなり、犯罪が増加する 、セキュリティーの重要性が増す
●世界経済と政治の不安定化 → 安定軸がないことから地域毎の紛争とテロが勃発する(ネットやSNSがトリガーとなり、新興国の現国家体制を崩壊させる)
● 欧州地域の経済破綻 → PIIGS 、EU加盟国のポルトガル(Portugal)、イタリア(Italy)、アイルランド(Ireland)、ギリシャ(Greece)、スペイン(Spain)のどれかが財政破綻に追い込まれる EU解体の道へ
●北朝鮮が38度線南下戦略を外交カードに使い、メモリ価格上昇と韓国ハイテク産業界のリスク (今後3~5年は不安定状態は続き、トリガーは政権移譲時)
●中国やインド、ロシアなどの資源新興国の台頭 → ハイテク軍事バランスの不均衡(新興国のハイテク武装と実戦配備し、中国は軍事大国となり米国の存在を脅かし、領土権問題は深刻化する) 犯罪増加、未知の新型ウイルス感染の危険が身…

『本日、ブログアクセス245,000を超えました!!』

いつも『ハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~』を閲覧頂き有り難うございます。
本日、ブログアクセスが245,000(245,078)を超えました‼
これも読者の皆さまの熱いご支援のお陰です。

今後も引き続きご支援宜しくお願いします。

緊急分析:日本ハイテク企業に訪れる最後にして最大のチャンスは!?

"Facebook内の分析"
筆者の未来予測通り、中国スマートフォンメーカーの大躍進中である。
これで韓国サムスン電子の大躍進、2013年で成長のピークアウトを迎えるだろう。
サムスン電子はスマートフォンが利益の源泉⇒半導体・ディスプレィが内
製事業と連座して、ダメになる。これが日本ハイテクの復活となる。あとはウォン高の環境が整えば韓国経済は崩壊するのである。
日本から奪った成長モデルは日本に返還して頂かなければならない。
「日米、台中の4国包囲網」で韓国は終わる。
2005年の半導体産業新聞コラムのサムスン電子撃破の提言通りシナリオ環境である。
ウォン高に誘導するのは現民主政権(親韓)であるから保守政権を擁立し、日銀と財務省をコントロールしなければならない。当然、野田首相が訪韓して決めた日韓スワップ協定は全面破棄すべきだろう。
経済、ビジネスは戦争であることを日本人は自覚しておくべきだろう。2012年中国のスマートフォン市場が2012年に急激な成長している。
中国モバイルインターネットは、PCからスマートフォンがアクセス数が逆転した。
このようにスマートフォンを核としたモバイル市場に大きなチャンスが到来したことで、2012年は中国IT企業が一斉に殺到してスマートフォンを投入する。
本年前半は、Alibaba社、Baidu社、Shengda(SDO)社、Qihoo 360すあ、Xiaomi社といった企業がクラウドフォンを投入し市場形成しようとしたが、実市場では韓国サムスン電子、米国Apple社、フィンランドNokia社、中国Huawei社、中国ZTE社などの新旧の主要ブランドに人気が消費者の購買意欲は集中しており、その他のブランドが活躍できそうな余地は残りの15%、2100万台程度に留まっている。
【ブログ内の分析】
●2010年12月15日水曜日
シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編➃『ハイテク韓国版』
http://a-gd.blogspot.jp/2010/12/5_15.html
●2012年3月27日火曜日
緊急分析:近未来にサムスン電子の帝国は崩壊を始めるだろう
http://a-gd.blogspot.jp/2012/03/blog-post_27.html

"Facebook内の分析"
今日は、中国政府関係者の…

緊急分析:キヤノン ミラーレスプラットフォームは"EOS M"

イメージ
下記の筆者のミラーレス機の各社ベンチマーク結果を公表しましょう。


【キヤノン EOS M仕様概要】
- 1800万画素APS-C CMOSセンサー(自社製?)
- 画像処理エンジンはDIGIC5
- 位相差・コントラスト併用のハイブリッドCMOS AF
- 動画サーボAF、サーボAF、タッチAF
...- ISO範囲はISO100-12800、拡張で25600相当
- シャッタースピードは1/4000秒~30秒、バルブ、ストロボ同調は1/200秒
- 連写速度は4.3コマ/秒
- 液晶モニタはワイド3.0型104万ドット、タッチパネル
- メディアはSD/SDHC/SDXC(UHS-I対応)
- 動画は1920x1080 30p/25p/24p、1280x720 60p/50p、640x480 30p/25p
- 映像圧縮方式はMPEG-4 AVC/H.264、音声はリニアPCM、MOV形式
- マウントアダプターEF-EOS M で60種以上のEFレンズが使用可能
- 手ブレの少ないシャッター速度で4枚を連続撮影して合成する手持ち夜景モード
- 露出の異なる3枚を合成するHDRモード
- 4枚の画像を合成してノイズを低減するマルチショットノイズ低減機能
- クリエイティブフィルター
- 大きさは108.6mm(幅) x 66.5mm(高さ) x 32.3mm(奥行き)
- 重さは262g(本体のみ)、298g(バッテリー、メモリカード含む)
- キットレンズはEF-M22mm F2 STM、EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM
- 一部のキットにスピードライト90EXとマウントアダプターEF-EOS Mが付属

⇒Kiss X6iのAPS-Cセンサーが基本ベースで、恐らく仕様をカットダウン(連射性能を落とした)版をミラーレスに搭載し、DSLRの市場競合を回避する策だろう。
⇒連射性能が低い。

【ブログ内の分析】
●2012年5月22日火曜日
緊急分析:キヤノンのミラーレス機の投入時期は?
http://a-gd.blogspot.jp/2012/05/blog-post_22.html

緊急分析:DRAM価格下落

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアDRAMeXchange社によれば、7月に大口向けDRAM価格が2012年になって初めて下落した。
7月前半の価格は4Gバイト DDR3モジュールが4.7%下落して20.25ドル、2Gバイトモジュールが横ばいの11.25ドルとなったということである。
新学期に向けた需要を見込んでいたが先行きが不透明であり、価格下落に影響した。

緊急分析:毒りんごをかじりたがる日本企業

"Facebook内の分析"
今後、ジャパンディスプレイ社(旧東芝モバイル側)にiPhone5のレイテナディスプレイが採用されるであろうから、多少の設投資で2013年にはBBレシオが1.0を超えることがあろだろうが日本FPD市場は中長期的には「この日本の液晶は終わった市場」であることは変わりない。
毒りんごの需要は神風であり、Apple社自身も5年先には危機を迎える未来となろう。
⇒日本半導体製造装置協会(SEAJ)によれば、、012年6月の日本製FPD製造装置(輸出を含む)の受注額が前月比39.9%増、前年同月比54.3%減の183億3100万円になったと発表した。
販売額は前月比0.7%増、前年同月比1.3%増の236億5800万円になった。
BBレシオは0.77となった。

緊急分析:世界半導体市場はリセッション中であることを正しく理解せよ!!

"Facebook内の分析"
このスーパーリセッションからは誰も逃げれない。
それが世界トップ企業であっても...。
台湾TSMC社の下方修正は今回のリセッションを正しく理解し、賢明な判断である。
優秀なオーナー経営者である。

※関連記事:TSMCトップ、半導体市場成長予測を下方修正[IT]
http://news.nna.jp/free/news/20120720twd003A.html

緊急分析:世界食糧危機が現実になる日

筆者の未来予測で警鐘して来た地球温暖化による食糧危機が遂に現実化する。

※関連記事: シカゴ大豆先物、1ブッシェル=16.37ドルに上昇-最高値
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M7ED4D6JTSEM01.html
※関連記事: 米国の干ばつは1956年以降で最悪、トウモロコシさらに高騰か
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86G02D20120717/
※関連記事: 焦点:忍び寄る食糧危機の足音、穀物急騰で「我慢比べ」
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86D00220120714/


【ブログ内分析の検証】
●2011年10月26日水曜日
緊急分析:筆者が警告している食糧危機が現実になる
http://a-gd.blogspot.jp/2011/10/blog-post_26.html?m=1

緊急分析:韓国サムスン電子による英国CSR社無線技術の買収

"Facebook内の分析"
2012年7月17日英国CSR(Cambridge Silicon Radio)社は、韓国Samsung社がCSR社のモ​バイルハンドセット事業部を3億1000万米ドルで買収すること​で合意したと発表した。
同事業部はモバイル端末用の無線技術と位​置情報などを展開しており、Samsung社はモバイル向け半導​体分野を強化する狙いである。
もう1つは、特許強化策である。

※関連記事:Samsungがスマホ用半導体部門強化 CSRから無線技術分野を買収
http://ascii.jp/elem/000/000/709/709882/

緊急分析:米国Apple社が狙うカーナビゲーション市場

"Facebook内の分析"
米国Apple社の音声操作機能Siriの新バージョンを発表した。
この新たな機能によって同社が急速な浸透を狙う次の巨大市場は自動車のカーナビゲーション(PND含む)市場である。
そして、市場を奪われるのは日本企業である。
未来予測通りのシナリオである。
トヨタグループが市場の6割を占める。
もう備えは出来ましたか?
2008年の富士通テンの「天栄会の3時間の基調講演」で予告していたはずである。
スマートフォンがカーナビ市場を崩壊させ、イニシアティブも握るのである。

⇒筆者の『未来予測を信じる者は救われ、信じないものはハイテク世界から消えるのみ』である。
※関連記事:アングル:米アップルのiOS最新機能、カーナビ市場に激震も
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE85C04D20120613

【過去のブログ内分析の検証】
●2011年3月9日水曜日
シリーズ7:未来社会を切り拓く日本ハイテク産業ルネサンス成長市場➁
▮未来市場から消えさるPNDとカーナビゲーション、市場を奪い去る相手は『スマフォ』
http://a-gd.blogspot.jp/2011/03/7_09.html

緊急分析:筆者のレクチャーした経済誌2社の特集記事

イメージ
上記(左)の週刊ダイヤモンド「家電敗戦 失敗の本質」P36に、筆者のコメント(中国パート)が出ています。

緊急分析:台湾TSMC社が20nmプロセスを米国市場で受注開始

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、、Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)社は、米国Apple社など20nmノード・プロセス製品の潜在的な顧客に対する販売促進を目指し、2012年中旬より販売/設計サービス部門を米国に常駐させるようである。
同社は20nm R&Dラインの構築に向けた約7億米ドルの投資を、当初の2013年から前倒しして2012年に実施するとしており、2013年末ごろに20nmのパイロット生産を開始するものと見られている。


緊急分析:2012年期のLCD-TV世界市場動向は?

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、2012年下期のLCD-TV世界市場は欧州金融危機の影響を受けて低迷する見通しと見ている。
この予測は、テレビ調査で定評のある米国NPD DisplaySearch社の調べに基づくもので、3D TVやLEDバックライト搭載の大型LCD-TVなどは成長を続ける模様である。
3D TVの成長はコンテンツと共に健全な成長ではなく、単にテレビ機能として組み込まれているだけなので本来の成長とは実は言えない。
2012年の中国、ラテンアメリカなどの新興国におけるLCD-TV市場は前年比8%増となる見込み。2012年の世界TV市場に占めるLCD-TVのシェアは88%で、2015年には97%に達するとしている。一方、AM-OLED TVについては、今年後半から韓国勢を中心に市場投入される見通しである。
この表示デバイスは現在の表示装置のデフレモデルから脱却する事は出来ないだろう。

緊急提言:『国民の生活が第一』への戦略提言

"Facebook内の分析"
【国民の生活が第一への提唱】
ハイテク産業の危機に何もせぬ、民主政権の野田内閣。同じく自民。
小沢一郎氏の新政党「国民の生活が第一」に政党躍進の秘策と政策を提言しよう。
この政策を実行すれば消費税は理論的は廃止、小沢氏を苦しめる「米国」にひと泡ふかし、経団連も軍門に下る。

①それは『移転価格税制(国民に消費税負担をさせぬ為に断固として、不正な租税回避をさせぬと!!』。
外務省、大蔵省(国税局)も戸惑うでしょうが、これは日本国としてやるべき事、全て正論である。

②日本ハイテク業界の選挙の票600万人規模を集約する策。
日本ハイテク再起動計画の実行である。
これは小沢氏の恩師、田中角栄氏の通じるもの。
今危機に瀕している日本ハイテク(半導体・太陽電池・液晶・電機⇒このサプライチェーン内にある大企業、中小企業、零細企業)の再成長戦略を具体的なアクションプラン、日本経済成長のゴール、雇用者数。
そして、韓国サムスングループなど新興アジア企業との競争に必ず勝つ為の政府支援を明言する事である。
"M2M"の新市場創出により米国Apple社、グーグル社、Microsoft社に打ち勝つ戦略と提言。
これにより日本が不得手とするソフト、サービス産業の強化。
これこそが私の提唱している「富国強産」により日本国復活プラン。
ゼネコンは、M2Mやハイテク道路(過去、私が国土交通省に提言した)で半導体・太陽電池・通信インフラを道路としてモジュール化したパッケージで高付加価値土木事業が維持出来、ハイテク産業とゼネコンの子ラボで世界最強の布陣が出来あがる。
国内需要だけでも日本半導体と太陽電池・液晶企業は成長出来る。
これが内需創出からプラットフォーム輸出で外需に代わる。 
戦略とは何か?
軍師とは何か? 
人心をつかむ策は何か? 
本当に今の日本国にどのような処方箋が必要かを実業のエース級に教えをこえば分かるだろう。 決して、机上の空論、理想主義者(社会主義)の学者の意見は採用しないことである。

緊急分析:韓国サムスン電子の強みは起動修正力

"Facebook内の分析"
パクリをしてお仕置きから学んだ韓国サムスン電子。
負けビジネスモデルの修正を経営が即座に修正するのが同社の強みである。

※関連記事:特許訴訟の学習効果…サムスン「製品企画に弁理士参加
http://japanese.joins.com/article/411/155411.html?servcode=300&sectcode=300

緊急分析:日本国民を疲弊させる現財務大臣

"Facebook内の分析"
この大臣は一体何を考えているのか?
呆れるばかりである。
国民生活の実情を理解していないようである。
所得が増えながら物価上昇すればそれは吸収できるが、所得が下がりリストラで職を無くし、生活保護者が拡大している状況で物価上昇すると何を切り詰めるのか?
大企業優遇(法人税免除、税率低し)は物価上昇は歓迎するだろう。
このような大臣は早く更迭すべきだろう。
それが民意である。
●2013年1月には所得税増税、個人住民税増税、所得税の復興増税が、再来年の4月には消費税が8%に、6月にはまたもや、個人住民税増税、個人住民税の復興増税の大増税が用意されている。

日本国民よ覚醒せよ!!

※関連記事:物価上昇率1%のゴール、早期実現がデフレ脱却につながる=財務相
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86B01820120712

緊急分析:世界半導体はリセッションのど真ん中にある

"Facebook内の分析"
どのような電子機器にも必ず搭載されている部品は、ディスクリートである。
最新のWSTSの発表によれば、2012年5月の世界ディスクリート出荷額は前月比2.1%増、前年同月比13.9%減の15億2691万ドルとなった。
ブレークダウンされた地域別では、米州が前月比5.6%増、前年同月比17.3%減の1億4809万ドル、欧州が前月比0.4%増、前年同月比29.6%減の2億1768万ドル、日本が前月比5.7%増、前年同月比5.7%増の3億297万ドル、アジアパシフィックが前月比0.8%増、前年同月比14.1%減の8億5817万ドルとなった。
5月の出荷個数は全体で前月比1.7%増、前年同月比6.5%減、同じく平均単価は前月比0.4%増、前年同月比7.9%減となった。
⇒この事が証明しているのは「、界半導体市場がリセッション中であるということである。

『本日、ブログアクセスが240,000を超えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~をお読み頂き有り難うございます。
 本日、ブログアクセスが240,000を超えました‼
これも読者の皆様の熱いご支援のお陰です。
今後も引き続き宜しくお願いします。

緊急分析:米国AMD社の最新業績と筆者が考えるIntel社新戦略の提唱

"Facebook内の分析"
米国AMD社は業績下方修正は、経済状況もあるが28nmCPU量産遅延(GF社⇒TSMC社変更)が大きい。
ライバル企業の米国Inte社(Intel社はライバルと認識していないはずだが)は、自社開発・製造プロセスの22nmの量産出荷を問題なく達成している。
今後は、2Xnmプロセスが製造出来るメーカー(IDM、ファンダリ)が何社残るか?
ここで最先端半導体ビジネスは決まる。
仮に、Intel社がモバイルCPUを撤退し、そのバーターとして最先端モバイル&グラフィックスのファンダリを本格的スタートすれば台湾も韓国も一気に失速する。
筆者が考えるこのモデルをIntel社に是非、実行して欲しい。
さすれば、世の中は大きく変わる事になる。

関連記事:
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE86807920120709

緊急分析:半導体市場リセッションの証明

"Facebook内の分析"
半導体・液晶市場リセッションの証明は、この企業の動向でも分かる。
東京エレクトロン(TEL)は、2012年度第1四半期(2012.4~6)の半導体製造装置(SPE)とFPD/太陽電池(PV)製造装置の受注額(速報値)が前期比27.7%減、前年同期比35.0%減の790億円になったと発表した。
部門別では、SPEがロジック、メモリともに減少し、前期比28.6%減、前年同期比32.5%減の760億円となった。
FPD/PV製造装置は前期比7.1%増、前年同期比66.3%減の30億円となった。

緊急分析:米国Apple社が非営利組織EPEAT認定を返上

"Facebook内の分析”
 米国Apple社は「環境に配慮しない企業になる」のだろうか?
Apple社は、環境配慮型製品の製造を推進する為の主要プログラムから同社が離脱することを決定した。
これは、同社の設計方針がプログラムの条件と合わなくなったと述べたと海外マスコミを通じて報じられている。
2012年6月下旬、Apple社は非営利組織EPEATに対し、同社製品への環境配慮の認定を今後申請しないことと、既に取得した認定を返上することを伝えてうる。

※関連記事:
http://japan.cnet.com/news/business/35019020/

緊急分析:旧シャープ堺の動向

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、台湾Foxconn Electronics(Hon Hai Precision Industry)社会長のTerry Guo氏が保有する1億6000万株のFoxconn株式を売却し、同売却益をシャープ・堺工場向けの投資資金をあてたという。
同氏はノーコメントとしているが、これにより堺工場への投資リスクは、ほぼ解消された模様である。
多くの読者の方は、この投資をFoxconn Electronics社がと思っているでしょうが、実はTerry Guo氏個人(⇒オーナー経営)の投資なのである。
これから、日本企業はアジアのオーナー企業に買収されて行くことになる。
日本人の労働賃金は今後さらに低下するだろう。

緊急分析:米国マイクロン社によるエルピーダメモリの買収合意

2012年7月2日エルピーダメモリと秋田エルピーダメモリは、米国Micron Technology社がエルピーダの取得/支援を目的とするスポンサー契約に調印したと発表した。
エルピーダメモリへの支援金は総額2000億円で、一定の手続き費用などを控除した残額から更正担保権者/債権者への支払いが行われ、残った更正債権の支払い義務は更正手続きに基づき免除される。
スポンサー契約実行時に、Micronは現金600億円でエルピーダへの100%出資を実施する。
その後、エルピーダはMicronの子会社として、Micron社を顧客としたファンドリー事業などを通じ、2019年までにキャッシュ・フロー1400億円をMicron社から得る事になる。
Micron社は同契約において、一定の条件の下エルピーダの設備投資への支援を行うこと、エ
ルピーダの生産・従業員の雇用を維持することで合意している。
Micron社は、エルピーダと台湾Powerchip Technology社の合弁会社である台Rexchip Electronics社に関して、Powerchip社が保有する株式を取得する予定である。

※関連記事:米マイクロンがエルピーダ買収で合意、13年前半に完全子会社化
http://sp.reuters.co.jp/article/technologyNews/idJPTYE86107K20120702
※更新情報:
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE86107K20120702
※更新情報:Micronがエルピーダ買収を正式発表、買収額は2000億円
http://eetimes.jp/ee/articles/1207/04/news023.html

緊急分析:2012年7月3日ルネサスエレクトロニクスのリストラ策発表‼

今日、ルネサスエレクトロニクスは、国内工場再編や人員削減を柱としたリストラ策を発表した。 国内工場の再編は、前工程で、鶴岡工場(山形県鶴岡市)など4拠点について、譲渡または集約を検討する。 自動車用途主力工場の日立那珂那珂工場など5拠点は運営を継続する。 後工程では、米沢工場の運営を継続。 大分工場と熊本工場は運営を継続するが、将来の譲渡も検討する。
※更新情報:ルネサス、国内工場再編や人員削減を柱とするリストラ策発表
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86204K20120703
※更新情報:ルネサス:早期退職5千数百人募る、最大で国内過半数10拠点を整理
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M6KQ4C0D9L3501.html
※関連記事:ルネサスがリストラ策を3日に発表、拠点再編と人員削減=関係筋
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE86107O20120702

『本日、ブログアクセスが235,000を超えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~をお読み頂きありがとうございます。 本日ブログアクセスが235,000を超えました‼
これも読者の熱いご支援のお陰です。
引き続き宜しくお願いします。

緊急分析:Panasonic新社長のメッセージから読み解く未来

"Facebook内の分析"
Panasonicの新社長の志は低い。
これでは世界では勝てない。
相手から略奪する、奪い返すという意志が無い。
Panasonicの敵は、韓国(サムスン電子、LG電子、サムスンSDI)、中国(ハイアール、ハイセンス、サンテック)など。
アジア企業、奪われたビジネスを全て奪い返す姿勢こそがPanasonic再起動の第一歩である。
そして、人より飛びぬけた発想とビジネス創出こそがアジア企業に出来ない事である。
日本強者連合艦隊をPanasonicが構築すれば良いのである。
その前に良い軍師を迎える事だが...。
津賀新社長、『まずは普通の会社を目指す』。これでは、普通の会社の前のアジア企業に潰されるだろう。

緊急分析:マイクロン社によるエルピーダメモリ買収が合意

"Facebook内の分析"
 会社更生手続き中の半導体大手エルピーダメモリを、支援企業に内定していた米国マイクロン・テクノロジー社が買収することで合意した。
マイクロン社は、エルピーダの負債総額約4200億円のうち約7割をカットする。
買収額と約1000億円の生産体制の強化などに充てる投資を合わせた支援総額は、約3000億円となる見通しである。

※関連記事:
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120629/biz12062910370029-n1.htm

緊急分析:PanasonicとSONYのAM-OLED業務提携は失敗へのエピローグ

"Facebook内の分析"
このAM-OLEDの提携は、失敗のエピローグである。
背景には、またオネダリ構造、産業革新機構かDBJからの投資を想定しているのでは?
これ以上、国民の金を溝に捨てることはやめて欲しい。
この両社は戦略は大失敗した企業。Panasonicは時代を読めずにプラズマTV用巨大工場を投資し失敗、ソニーはサムスン電子に技術を流出させ業務提携も解消、シャープとの提携も解消。
AM-OLEDは化学メーカーに技術依存するところが強く、電機メーカーのこの2社はまたも戦略をミスした事になる。
ましてや、この2社はブロードキャスト事業も抱えながらAM-OLEDの特性上の問題も分からない馬鹿とは、信じがたい。
韓国に揺さぶられ、韓国とともに自爆する事になるのだろう。軍師なき企業の愚かさか?
日本電機メーカーのダッチロール状態が良く分かる。
裏で筋書きを描いている人物は?

※関連記事:
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE85K06Q20120622

緊急分析:2012年6月度アーキテクトのブログアクセスランキング発表

ハイテク産業界未来予測~アーキテクトのブログ~の月間アクセスランキング(10日間運用停止期間含む)発表します。 対象期間:2012/05/23 – 2012/06/21 今回は生ページビューを公開、読者は何に関心が?答えは身の回りに切羽詰まった状態でリサーチをしているという不安な心理状態がわかる。 特に、ルネサスエレクトロニクスの社員やメディアのアクセスが多いと筆者は見ている。 ①は現在の半導体部品供給に関する問題、②~⑧はルネサス、次なる破綻企業は?⑨サムスン電子が狙うデジタルカメラ市場と技術、⑩成長市場となる4K2Kの動向。 ①緊急分析:三井化学岩国大竹工場爆発事故でのメタパラクレゾール不足による影響度は? 791 ページビュー
緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの一般社員の給与減額とボーナス見送りが意味する事は? 593 ページビュー
緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの延命策の大リストラ慣行 498 ページビュー
緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの終末、MCUをTSMC社へ生産委託でファブレス化 391 ページビュー
緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの6000人規模のリストラ実施 303 ページビュー

緊急分析:米国とイスラエルがFlameによるサイバー攻撃

"Facebook内の分析"
ついに、私の懸念していた未来予測のサーバー戦争が実行されるのか?
今後の世界はどうなる?
この人類は我欲を制御出来ず、ユダヤの力で終末を迎えるのか?

⇒CNET JAPAN:新たな報道によると、米国とイスラエルは"Flame"ウイルスを開発してイランに攻撃を仕掛けたという。
 The Washington Postは情報筋の話として、Flameは米国家安全保障局(NSA)、米中央情報局(CIA)、イスラエル軍が共同開発したものだと報じた。
このマルウェアの狙いは、密かにイランのネットワークを調査して監視し、機密情報を政府機関に送り返すことだ。
これらの情報は、他の攻撃に使われる可能性がある。

※関連記事:米国とイスラエル、「Flame」によるサイバー攻撃をイランに実施か
http://japan.cnet.com/news/society/35018414/

【ブログ内の検証】
●2011年6月6日月曜日
緊急分析:第三次大戦は、サイバーテロから開戦の火蓋が切られる
http://a-gd.blogspot.jp/2011/06/blog-post_2377.html
●2011年8月20日土曜日
緊急分析:スーパー・リセッションが襲いかかる世界経済
http://a-gd.blogspot.jp/2011/08/blog-post_20.html

緊急分析:元経済産業省官僚がルネサスエレクトロニクス大リストラを推奨!?

"Facebook内の分析"
筆者は、インタビュー記事に絶句。
半導体業界人なら良く知る経済産業省元官僚である。
一度も実業界で経験したことがない人物がリストラで日本半導体が復活する?
凋落が加速するが正しい解答だろう。
無責任にも、業界をかき回すだけかき回し、真っ先に敵前逃亡した のは彼でなかったのか?

筆者の個人のFacebookで"いい意味で"大炎上の議論となった。

※関連記事:インタビュー:窮地の日本半導体、リストラで復活可能=元経産省室長
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE85I04P20120619

緊急分析:韓国勢のAM-OLED TV戦略は正しいのか?日本電機メーカーはどうすべきか?

"Facebook内の分析"
韓国勢のAM-OLEDに夢破れたり!!。
この戦略に引きづられたPanasonic/SONYは筆者からの4K2K液晶パレットモニターコンセプト(画面が情報のキャンバス)提案を進めるべきだろう。
AM-OLED TVは、生産・材料コストの以前に、色品質と製品寿命、画面焼きつきが改善されていない。
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社韓国AM-OLEDTVメーカーがパネルの生産・材料コストの高さを理由に、2012年のOLED-TVの出荷目標を低めに設定した。
韓国SamsungElectronics社は内製パネルの生産目標を20万台とし、韓国LG Electronics(LGE)社では、子会社の韓国LG Display(LGD)社が生産目標を10万台から5万台に引き下げている。
55型OLED-TVの価格は2012年に8000~1万ドル前後の実売価格が見込まれ、55型LCD-TVの平均価格3700ドルの倍以上になることが予測されている。

『本日ブログアクセスが230,000を超えました‼』

いつもハイテク産業界の未来予測~アーキテクトのブログ~をお読み頂きありがとうございます。 本日ブログアクセスが230,000を超えました‼
これも読者の熱いご支援のお陰です。
引き続き宜しくお願いします。

緊急分析:ルネサスエレクトロニクスのリストラと連動する工場の大バルクセール

ルネサスエレクトロニクスの親会社と銀行団のトータル1000億円の支援資金が決定した。
この1000億円はリストラ費用である。
支援資金の提供条件として、工場と社員のリストラが義務付けられている。
工場閉鎖と売却での第二次バルクセールが開始される。

※関連記事:
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPTYE85J06H20120620

【ブログ内検証】
http://a-gd.blogspot.jp/2011/07/blog-post_8617.html?m=1

緊急分析:中国NFC採用状況

"Facebook内の分析"
中国におけるNFC採用状況である。
伊仏STMicroelectronics社、中国Wasion Group社が中国Chongqing市の送電網に設置する後払い型電力メーターにNFCソリューションが採用されたと発表した。
同製品は、NFC非接触インターフェースST21NFCAや、GP2.2/Java3.0.1に基づく蘭Gemalto社のセキュアなオペレーティングシステムを組み込んだセキュア・エレメントST33F1Mなどを内蔵したSiPとなる。
13.56MHzで動作する国際規格に準拠した世界中のNFC携帯電話に対応している。
同製品を搭載した電力メーターは、2012年6月中に量産が開始される予定である。
日本より中国の方がパワーのインテリジェント化は急速に進むだろう。
これも中国の国策。

緊急分析:イビデンと豊田自動織機、半導体パッケージ基板製造の合弁会社を解散

"Facebook内の分析"
日本の機能素材メーカーもアジアから完全にキャッチアップされている。
半導体業界の常識ではIntel社と連動するイビデン社は高機能基板では世界トップ、しかしモバイル分野ではIntel社はシェアは取れず技術革新より、コスト優先されアジア企業が優位に立っているが現実の世界である。

※関連記事:イビデンと豊田自動織機、半導体パッケージ基板製造の合弁会社を解散
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=311910&lindID=1

緊急分析:ドイツInfineon Technologies社のBCP戦略

"Fcaebook内の分析"
日本半導体メーカールネサスエレクトロニクスの策が愚策(台湾TSMC社集中は台湾地震リスクを抱えるもの)とは言わないが、米国Intel社もドイツInfineon Technologies社も地政学上のBCP(Business Continuity Plan)戦略の元管理を行っている。
米国Intel社も最先端FABは、世界3カ所に建設(ライン増設含む)されている。

ドイツInfineon 社のBCPへの取り組みについて紹介されている。
これは危機管理が出来ていない日本企業には参考になる取り組みである。
同社の本社取締役会にBCM(Business Continuity Management)の最高責任者を置き、下部組織に「BCP策定」、「環境リスク管理」、「インフォメーションセキュリティ」、「セントラルセキュリティ」、「不動産管理」の5部署、さらに世界中の各拠点にBCM担当者を配置する事業体制となっている。BCMの国際規格ISO22301が現在ドラフト段階のため、英国のBCM規格BC259999に基づいてBCPを策定している。
生産ラインは前工程FAB 3か所、後工程 ASSY 8か所、一貫ライン1か所があるが、互換性のあるラインを別々に設置することにより、相互にバックアップできる体制を構築している。
また、2010年のアイスランドの大噴火の際は、アジアと欧州の物流を確保するためSCMシステムEDDIEを駆使し、スペインBarcelonaとシンガポールの運行用にジャンボジェット機を1台チャーターした他、東日本大震災では、日本のルネサスエレクトロニクス日立那珂工場に拡散炉用の石英チューブを提供し、復旧に協力している。

緊急分析:緊急来日したベルギーの経済大臣

イメージ
‎2012年6月11日の慶応大学大学院で開催されたWorkshop on Next Generation Media Technology and Creativityの写真である。 筆者は、ベルギー側の要請でこの会議に参加していた。 主賓は、ベルギーのMr.Jean-claude Marcourt、VicePresident and Minister of Economy。 当社は、ベルギー世界でトップレベルの8K4K/4k2K JPEG2000 IP企業の企業との提携関係で、世界の超最先端映像デバイス(当社コンセプトのAoC)で開発を推進している。 このビジネスモデルは日本では初? 小が大を動かすモデルである。 重要パートナーとしてはベルギー、BUSは米国、システム&デバイスアーキテクチャの知恵(私)、半導体設計は日本。 グローバルで勝つには日本メディアが使いたがる精神論が大好きなキーワードである「日の丸半導体」などは失敗を意味するもの。 グローバルでは世界最強のグローバルチームを編成し、ビジネスモデルとスキームのグランドデザインと戦略が描けているかどうかである? 日本半導体メーカーはJPEG2000をレガシーと思うだろうが、デジタルシネマの規格はJPEG2000であり、H.264⇒H.265ではない。 入力映像にTV(放送)の概念を引きづらない事である。 これが未来ビジネスを獲得できる方法である。
【筆者の格言】 非常識の実現こそが新たなグローバル・ビジネスを創出する事が出来る唯一の手段。
※関連記事: http://www.kmd.keio.ac.jp/jp/news/2012/05/workshop-on