ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年5月8日日曜日

緊急分析:国連宛に送られたとされる『ロックフェラーの書簡』を検証する

読者の皆さんもフリーメイソンの存在、欧州(英国)ロスチャイルド家、そして米国ロックフェラー家が地球の影の権力者であり富を握る物である事は、聞いた事はあるだろう。
金融・エネルギー・食糧・軍需産業・政治の全てを支配をしているという。

※関連記事:「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」説の研究
http://hexagon.inri.client.jp/floorA6F_he/a6fhe600.html

ビル・クリントン氏(第42代米国大統領)もロックフェラー家の血縁であると囁かれている。

※関連記事:合衆国大統領を志すなら、まず最初に、隠れユダヤ人に生まれつきなさい
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/cr.htm

第44代オバマ大統領の国務長官ヒラリー・ローダム・クリントン女史は、クリントン大統領の元ファーストレディである。
近年、フリーメイソンの存在をようやく日本のメディアでも語られるようになった。
ハリウッドでもフリーメイソンの組織を組み込んだ映画が数多く公開されている。
『天使と悪魔』、『ナショナルトレジャー』などは表舞台に出る為の準備、世の中への啓蒙活動であろうか?
ダークマターから新世界に向けた時期に入ったのか?
アルカイダのリーダー、ビンラディン容疑者殺害をトリガーに、世界は第三次大戦への道へと向かう可能性が高まっている。
2002年に、国連宛に送られたとされるロックフェラーの書簡内にも第三次大戦と未来の支配者像が予告がされている。
国連は、ロックフェラーがスポンサーの組織である。
筆者にも見えている第三次大戦、そしてその時期も・・・。
ハイテク産業界の未来予測のブログ内の未来シナリオと恐ろしい程、類似している。
読者の皆さんに分かり説明をすると世界は、スターウォーズの映画のような支配者と抵抗勢力となり、この娯楽映画は黙示録であると筆者は考えている。
映画に登場する関係者を簡単にサマリーすると下記の様になる。

シス⇔元老院パルパティーン議長⇒ダースベーダ⇒銀河帝国軍(銀河共和国を騙し全てを吸収) VS ルークスカイウォーカー⇒ジェダイ⇒新共和国


この対立軸を見て何か分かりませんか?
スターウォーズの制作に深く関わっているスティーブン・スピルバーグ氏はユダヤ系米国人として知られている。
今回の分析は、ロックフェラーの書簡と言われる未来シナリオの1つのテーマに取り上げる。
何故『日本・日本人』が世界に中でも困難ばかり与えられるのか?
未来のジェダイとなるのは、日本人⇒オリエンタル・ユダヤ人(オリジナルユダヤ人)の仮説も考えられる。
これは、日本人のDNAを解析し先祖の原点に辿りつくとわかるだろう。
日本人とオリエンタル・ユダヤ人(オリジナルなユダヤ人)と男性Y染色体の大きさが同じである事をパリ大学の教授が解明し、これは世界の他の地域とは見られない現象らしい。
特に、日本の東北地区にエフライム・ユダの末裔が染色体が多いとされている。
実は、古代ユダヤ人は黒瞳・黒髪・浅黒い肌・背が低い⇒日本人と身体的に共通する点が多く、ヘブライ語と日本語、お祭り・風習、ダビデの星⇔六芒星⇒五芒星、神事の神輿⇔アークなど。
古代の史実をリサーチする事⇒歴史から消えた邪馬台国と"鉄器"で日本を統一した大和朝廷の成立を探る事が封印されたパンドラの箱を空ける事になるかも知れない。

※関連記事:日本とヘブライの共通点
http://rerundata.net/ura/hexagon/texts/textA4F/hatchJ/b1fha101.html
※関連記事:日本人のDNA系統分析の特徴について  
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000idennsi.htm

【国連総会宛てへのロックフェラーの書簡⇒Web引用】
関連記事:Rockefeller Letter to U.N. General Assembly  NWO Immediate Agenda
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/Rockefeller01.html
Rockefeller Letter to U.N. General Assembly
NWO Immediate Agenda

From: Rockefeller Global Communications
To: GAPresident@un.org
Cc: Rockefeller Global Communications
Sent: Friday, March 22, 2002 2:05 AM

To The General Assembly,

The time of the end is upon us. Like it or hate it, it's the destiny we must all face. On September 11, 2001 the world was witness to the beginning of the end. What we saw and experienced will be nothing compared to the calamity that is to soon transpire. It is sad that so many lives have been lost and yet so many more will be taken - but these things will continue to happen as this old system begins to collapse. No human government in existence now or since the ancient times have been able to sustain a perfect order. Every government has failed and will fail.

They can not protect you. They can not give you a place where people are truly free, where your neighbours are your family and foreigners are your friends. No human government today can or will ever be able to achieve this. That is why the Agenda was set. It has been referred to over time as Armageddon. But be not fearful. It will not be a nuclear holocaust or some stray asteroid from the heavens that will level our civilization. In fact it's not the planet that will suffer and be swept away.

It will be the human inhabitants of this great planet who have no respect or genuine regard for their fellow human beings. Each one of you over the next year must do some very deep and sincere thinking. You need to ask yourself these questions: Will I overcome my hatred for my fellowman or will I put aside my differences and unite and care for my neighbour? Will I treat them with kindness? Or will I continue to take advantage of them? When was the last time you took a person off the street and gave them some food or helped them find shelter for the night? Or sat beside someone on a bus, in a mall, on a train and said "Hello".

When did you last comfort a stranger who had lost someone they loved. When was the last time you befriended someone not because of their possessions or their wealth - but simply because you cared about them? When was the last time you truly showed your human spirit and heart to your fellowman? None of the above is easy. It is hard. None of us are perfect. None of us have had a good life. Some think that because we have suffered to some degree that we deserve what ever we can get - even if it means hurting another person in the process. But those who try and rise up against our negative ways will survive and will be rewarded with a life on earth that right now is only a dream. Only the meek will possess the earth. This is a certainty.

The New System is coming. The only question is: Will you choose to be there? Or will you continue to go down the road to self destruction. It's up to you. The following Agenda is unavoidable and you will need to endure through to survive and get there. So think deeply.

It's your future. And may you all do well.

Your Brother
A.I.Rockefeller
CEO
Rockefeller Global Communications
http://www.rockefeller.com.au/

======== AGENDA FOR THE NEW WORLD =========
1) A complete irresolvable collapse of Middle Eastern peace.

2a) Vatican city and Jerusalem will be destroyed by religious terrorists.

2b) World-Wide Crack Down on all religion. All Religions will be banned. Religion can not be practiced or preached outside the family home.

3) United Nations will establish an interim one world government state, followed by a declaration of worldwide peace and security.

4) Citizens of the new one world state will revolt. Sudden and systematic collapse of Great Britain, Chinese and the United States regional Governments. The rest of the world will fall into anarchy. Billions will perish. Only those of good-will, and followers of the truth will survive.

5) New system government of 144,000 members and 6 million plus subjects will take control.

6) Massive cleanup operation will commence as New World is created. Eco-systems will be restored. Infrastructures re-built. Sickness and disease will be eliminated. Aging will be reversed and the aging process itself will cease. A New restored human family will gradually bring the earth into paradisaical conditions

======== END OF AGENDA =========
Rockefeller Global Communications, Australia

(日本語翻訳文)
国連総会へのロックフェラーの手紙

ニュー・ワールド・オーダー近未来行程表

差出人:ロックフェラー・グローバル・コミュニケーション
宛先:GAPresident@un.org
Cc:ロックフェラー・グローバル・コミュニケーション
送信日:2002年3月22日金曜日午前2:05

総会へ:
終末が近づいています。好むと好まざるとにかかわらず、それは、私たち全員が直面しなければならない運命です。2001年9月11日に、世界は終末の始まりを目撃しました。私たちが目撃し、経験したものは、もうすぐ起こることになっている大災害に比べればまさしく無に等しい。非常に多くの命が失われたことは悲しむべき事実でありますが、しかし、もっと多くの命が奪われることになるでしょう。この旧いシステムが崩壊しはじめたのですから、こういった出来事は今後起こり続けます。今存在する、または、古代から存在し続けてきたいかなる政府も、完全な秩序を維持することができませんでした。すべての政府は失敗してきたし、これからも失敗するでしょう。

国は、あなたを守ることはできません。国には、人々が本当に自由に暮らし、隣人があなたの家族となり、外国人が友人となるような場所を提供する力がありません。今日、いかなる政府もこれをなし得ませんし、これからも不可能でしょう。これこそが、行程表を設定した理由なのです。それは従来、ハルマゲドンと呼ばれてきました。しかし恐るべきものではありません。私たちの文明を完全に破壊するものは、核のホロコーストでも、天から降ってくる小惑星でもありません。実際、ダメージを受け、徹底して破壊されるのは、地球ではありません。

それは、同胞である人間に対する敬意も真摯な関心もまったく持ちあわせないこの偉大な惑星の住民なのです。次の一年間、誰もが何らかの非常に深く真摯な思索を行わなければなりません。次のことを自問する必要があります。私は同胞に対する憎しみを捨てるつもりがあるか。互いの違いを乗り越えて、結束し、隣人を愛する気持ちがあるだろうか。私は、親切心をもって隣人に接するだろうか。それとも、これからも他人を利用し続けるだろうか。最後に通りに倒れている誰かを救い出し、食べ物を与え、一夜の宿を与えたのはいつか。最後にバスやショッピングモールで誰かの傍らに座り、「こんにちは」と声をかけたのはいつか。

愛する人を失った見知らぬ誰かを最後に慰めたのはいつか。その持ち物とかお金のためではなく、純粋に心配して誰かの世話をしたのはいつか。同胞に対して人間らしい心を真に示したのはいつか。これらはいずれも容易なことではありません。難しい。完璧な人間はいません。善人として生きてきた人はいません。ある人はこう考えます。「我々はある程度苦しんだので、自分が手に入れられるものなら何でも手に入れる資格がある。たとえその過程で誰かを傷つけることになろうとも」と。しかし、ネガティブな手段を捨てて、決然と立ち上がる人は、生き残り、現在は単なる夢でしかない地上における命を報いとして受けるでしょう。へりくだる人だけが地を相続するのです。これは確実です。

新しい体制が始まろうとしています。唯一の問いは「あなたは生き残ることを選択するか」です。これを行わなければ、あなたは、自己破壊への道を転がり堕ちるだけでしょう。それはあなた次第です。次の行程表を避けることは不可能であり、生き残ってそこにたどりつくには忍耐が必要です。だからしっかりと考えていただきたいのです。

あなたの未来がかかっています。どうかあなたがた全員が生き残ることができますように。

あなたの兄弟
A・I・ロックフェラー
最高経営責任者
ロックフェラー・グローバル・コミュニケーション
www.rockefeller.com.au

======== ニュー・ワールドへの行程表========
1) 中東和平の完全かつ解決不能な崩壊。


2a) バチカン市国とエルサレムが宗教テロリストによって破壊される。


2b) あらゆる宗教に対する世界的な規制。すべての宗教が禁止される。
宗教活動や説教は、自宅以外の場所において禁止される。


3) 世界的な平和と安全保障の宣言に続いて、国連において暫定的な世界統一政府が樹立される。


新しい世界統一政府の住民が謀反を起こす。英国や中国、米国の政府が突然、システマチックに崩壊する。世界の残りの地域が無政府状態に陥る。数十億人が死亡する。
善意の人々、真理に従う人々だけが生き残る。


5) 144,000人と6百万人及びその従者たちから成る新体制政府が支配する。


6) ニュー・ワールドの到来と同時に、大規模な掃討作戦が開始される。
生態系が回復する。
インフラが再建される。
病気が根絶される。
若返りが起き、老化のプロセスそのものが止まる。
回復された新人類が、地球を天国のような状態に徐々に変えていく。
======== 行程表終わり========
ロックフェラー・グローバル・コミュニケーション・オーストラリア

【ブログ内予言の検証】
●2011年5月6日金曜日
緊急分析:第三次世界大戦の未来予言と回避手法
http://a-gd.blogspot.com/2011/05/blog-post_7834.html
●2011年4月23日土曜日
地球からの最期の警鐘:人類滅亡のタイマー始動
http://a-gd.blogspot.com/2011/04/blog-post_23.html

日本のマスコミである枝久フジサンケイグループ代表とロックフェラー家のデービッド・ロックフェラー・ジュニア氏と会談している。
読者の皆さんは、この背景にに何を感じますか?

※関連記事:日本にエール キッシンジャー氏、ロックフェラー氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000118-san-soci

2011年~2013年世界各地で宗教戦争が始まる。
これを助長するのがSNSであり、ハイテクのネットワークツールである。
独裁者が国を統治する事が、平和(個人の価値観によるが)が長く続くのである。
近代では、旧ユーゴスラビアを見れば、独裁者亡き後の悲惨な状況は分かるだろう。
中東は、米国のアンコントローラブルな状態に陥り、イスラムとキリスト教の対立が激しくなる。
大規模な宗教戦争の後、人類はこの戦争の愚かさを知る事になり、宗教解脱へと向かうのではないだろうか?
ロックフェラーの書簡からもそう読み取れる。

※関連記事:エジプトでイスラム原理主義者がキリスト教会を襲撃=12人が死亡、210人が負傷
http://jp.wsj.com/World/Europe/node_233108