ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年5月26日木曜日

緊急分析:日本政府による『電力使用制限令』

日本政府が実施する政策は言わば戒厳令である。
縛りは、100万円以下の罰則規定を設ける。
日本政府は、東京電力と東北電力管内の大口需要家を対象に、今夏発動する『電力使用制限令』について、病院や鉄道、半導体工場など約30分野を例外扱いにする方針を固めている。
半導体工場は、ルネサスエレクトロニクスひたち那珂工場の復旧と自動車メーカー供給問題にも配慮した形だが、皮肉な事に『日米半導体摩擦』以来、注目をされ業界のために政策を実施された。
これは半導体業界のロビー活動の成果というより、自動車業界のロビー活動の成果だと筆者は見ている。

※関連記事:電力使用制限令:病院・鉄道を除外 例外扱い30分野、削減幅を圧縮
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110525dde007010048000c.html