ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年5月20日金曜日

緊急分析:『半導体業界は成熟産業である』と認識せよ!新産業創出の準備は出来ているか?

筆者の過去の未来予言通り『半導体業界は成熟産業である』ということが、ついに金融世界で表面化して来た。
米国政府の代理人とも言える米大手証券ゴールドマン・サックス社が世界最大の半導体メーカー、米国インテル社の投資判断を引き下げたほか、半導体製造装置銘柄への投資に慎重姿勢を示した。
これは単なる再リセッションに対する警戒感でなく、半導体市場が成熟産業と認識し、持続的成長としての投資材料でないと判断したものと筆者は見ている。

※関連記事:2010年の世界半導体市場の売り上げは、2,994億ドルに
ガートナー、2010年世界半導体マーケット・シェア (確定値) を発表 (⇒マーケットシェアデータ添付)
http://www.gartner.co.jp/press/html/pr20110418-01.html
上記の世界半導体マーケットシェア情報は、世界で最も精度と調査定義が正しい米国ガードナー社のデータである。
今、インテル社は、2つの大きな戦いを前に、焦っている。
筆者の未来予測では、半導体の覇王は米国クワルコム社。
インテル社 VS クワルコムのスマートフォン大戦争は、インテル社の敗北となる。
無線+アナログ+センシング&セキュリティー戦争は、TI社 VS インテル社はインテル社の大敗北になろう。

※関連記事:インテル、韓国企業をパートナーに
http://www.chosunonline.com/news/20110520000033

何故、クワルコム社なのかは、アーキテクトGD社のWEBサイトに答えがある。
クワルコム社を倒すARM陣営も誰もいない事も・・・。
インテル社のAtom x86アーキテクチャは組込み世界ではARMに決して勝てないと見ている。
インテル社の生き残りは、サーバーと残存者モデルとなりつつある従来型PC(デスクトップとノートPC)しかなく、ネットブックはARMベースのタブレット(iPad、android)に吸収され、この市場が一部ノートPC市場も奪うことになる。
米国マイクロソフト社は、”Windows8”では、ARM対応もしてくる。
既に、蜜月"ウィンテル(⇒マイクロソフト・インテル)”の関係は、完全に終わったのである。
両社は生き残りをかけて、今まさに未来戦略を実行しているのである。
インテル・サプライチェーンにぶら下がる半導体装置、機能材料、パッケージメーカーなどのビジネスリスクは、未来対応していなければ『極めて高い』という事である。

※重要情報:米ゴールドマンのインテル格下げ、日本の半導体関連株の売り契機に
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920018&sid=a.gmbKchC39k
 
【最新ブルームバーグ社報告書】
5月19日(ブルームバーグ):19日の日本株市場で、半導体や半導体パッケージ、半導体製造装置銘柄の下げが目立った。
米大手証券のゴールドマン・サックスが世界最大の半導体メーカー、インテルの投資判断を引き下げたほか、半導体製造装置銘柄への投資に慎重姿勢を示したことがきっかけで、国内関連企業の今後の業績に悪影響が及ぶとみた売り圧力が高まった。
半導体製造装置の大日本スクリーン製造は、取引開始直後こそ前日比1.4%高と上昇場面がみられたが、GS証の材料が市場に伝わりすぐに下げ転換。
午後の取引では5.6%安の674円まで売り込まれた。このほか、試験装置のアドバンテストが一時3.9%安の1473円、ICパッケージメーカーのイビデンが4.2%安の2610円、新光電気工業は3.5%安の764円、半導体メーカーではエルピーダメモリが4%安の1132円、東芝が3.6%安の430円まで下落した。
米ゴールドマンのアナリスト、ジェームズ・コベロ氏は18日付で、米インテルの投資判断を従来の「中立」から「売り」に引き下げた。
今後プロセッサの出荷が鈍化するとの予測や、ARMプロセッサ市場での競争が激化するとの懸念に基づく。
また同氏は、半導体製造装置セクターについても、ファウンドリーなどが設備投資額を増やしていることから来る供給過剰への懸念があるとし、投資判断を「中立」から「コーシャス」へ見直している。
日本の銘柄に対しても直接投資判断を引き下げる動きがあり、ゴールドマン証はスクリン株の判断を「買い」から「中立」に下げた。
同証の播俊也アナリストは19日付のリポートで、「2010年、11年と世界の半導体設備投資をけん引したインテルやファウンドリーは供給過剰懸念を背景に12年、13年と投資を抑制する可能性が高い」と指摘し、12年の半導体設備投資は前年比2割減と予想。
スクリンに対し、「洗浄装置市場におけるシェア上昇局面は過ぎ、今後は追われる立場になる」との判断を示した。