ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年5月24日火曜日

緊急分析:日本自動車産業界減産⇒マイコンのシングルソースのルネサスエレクトロニクスが影響

現在の日本経済は、トヨタ自動車・ホンダなど日本自動車産業(関連サプライチェーン)の製造・国内販売⇒輸出によって支えられている。
3.11東日本大震災によって、ECUなど車を制御する半導体部品(MCU=マイコン)供給元である『ルネサスエレクトロニクス』のひたち那珂工場の大ダメージで、マイコン製造・供給が不可能となり、現在一部工場のライン復が行われ、数カ月後には半導体部品が完成するが、これもほぼトヨタ自動車にアロケーションされる事になるだろう。
日本・海外自動車メーカーも関連電装メーカーシェア率の高い(ルネサスエレクトロニクス⇒旧ルネサステクノロジ⇒旧日立製作所半導体⇒32ビットSH、16ビットH8マイコン)を1社供給体制のシングルソースにしていた事が今回の自動車減産に要因になっている。
1社供給体制からマルチソース(セカンドソース)型にビジネスモデルも回帰すべきである。
追い打ちをかけたのが、トヨタ自動車の勝ちのパターン(原価低減手法)であった『トヨタ生産方式として世界的に有名になったカンバン方式』が仇となり、在庫が最小単位での最適化をされていた為、部品在庫が無く製造ライン停止となったのである。
コスト優先のシステムが大きな代償となり、跳ね返ってくる。
自動車業界の減産は、日本経済・半導体業界にも大きな影響を与え、世界的にもスーパー・リセッションを呼び込む現象を引き起こす。
この状況に、国内は今後3年間は電力不足となり日本車のシェアも低下する事になるだろう。
最近のトヨタ自動車の戦略は、”次世代IT+自動車とのコンバージェンスに関する米国企業との業務提携を立て続けに発表”をしているが、これは目先の状況に足して煙幕=フレアを放っている様なものである。
トヨタ自動車の新戦略としての次世代IT武装は、テレマテックスとスマートフォンは、米グーグル社&米フェイスブック社も当然考えている事が容易に想像がつく。
本命となるグーグル社と提携する自動車メーカーこそが次世代ビークル&テレマテックスをITプラットフォーム市場を制すると筆者は見ている。
将来は、EV車でグーグル社が自動車メーカーのプラットフォームを提供しているかもしれない。
トヨタは、『グーグルとアップルという眠れる獅』を起こすことになるのか・・・。


※関連写真:煙幕(フレア)
http://sizenote.tumblr.com/post/458841498/f-22
※関連記事:H8
http://ja.wikipedia.org/wiki/H8
※トヨタ生産方式
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E7%94%9F%E7%94%A3%E6%96%B9%E5%BC%8F
※関連記事:トヨタ100万減、ホンダ96万減。日産、三菱自も激減
http://president.jp.reuters.com/article/2011/05/06/ACDBEBE4-7167-11E0-8072-B82A3F99CD51.php
※関連記事:休日を6~8月に前倒し ホンダ、一時帰休も検討
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052201000901.html
※関連記事:電機業界で半導体不足の懸念一段と、夏の生産計画変更も
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1105230049/
※関連記事:セールスフォースとトヨタ、クルマ向けSNS「トヨタフレンド」構築に向けた戦略的提携
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000018-rbb-sci
※関連記事:メールでクルマ情報=電池残量など通知―トヨタと米社
http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_240251
※関連記事:トヨタ、マイクロソフトと提携合意…EV・PHVのテレマ構築に向けトヨタ子会社に共同出資
http://response.jp/article/2011/04/07/154464.html