ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年5月26日木曜日

緊急分析:菅首相『G8で自然エネルギーを20%』宣言

日本政府は、自然エネルギー⇒太陽光発電を軸に2020年代までに20%までに引き上げる。
孫正義氏は『自然エネルギー協会』を立ち上げメガソーラ太陽光発電の出力20000キロワット、電力発電量の30%を目指すという。
福島第一原発事故は、日本の原発産業もメルトダウンさせ、変わりにクリーンテクノロジー産業を創出する。
新たなクリーンテクノロジーは、日本経済を活性化させるだろう。
太陽光発電は単品でなく、ITソリューションと次世代蓄電池と発電システムのハイブリッドを構築する事が日本のテクノロジーの強みであり、グローバル競合企業との差別化である。
但し、現民主政権の日本政府が倒れてもこのクリーンテクノロジー推進政策と政府の縛り(産業政策など)を絶対に変えない事である。
『継続こそ力なりである』

※関連記事:G8サミット:開幕 くすぶる「日本リスク」 首相、払しょくできず
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110527ddm002030078000c.html
※関連記事(⇒情報更新):ソフトバンク、自然エネルギー事業の実施に向け定款変更を付議へ
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-21403520110527