ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年4月12日火曜日

緊急分析:東日本大震災から誘発される東海地区(世界)の地震⑧

読者の皆さんも国土地理院の最新調査結果をホームページで確認した方が良いだろう。

※重要情報:平成23年3月の地殻変動について 全国の地殻変動概況
http://www.gsi.go.jp/WNEW/PRESS-RELEASE/2011-goudou0408.htm

プレート型地震の東日本大震災により、日本列島(北海道〜西日本)が大きく歪んでいる事が分かる。
アナリストは、客観的にデータ解析する事も1つの能力である。
過去の巨大地震発生メカニズムを分析すると、巨大地震の1ヶ月〜1年後に直下型地震が起こる確率が高い。
東日本大震災⇒X地区(M8.X)の直下型地震を想定して読者の皆さんも災害に対する準備と危機意識を高く保っていて下さい。
読者の皆さん、ご家族・生命・財産はご自身で守るしかないのです。

"X"地区と"Xデー"に関心のある方は、Facebook⇒Toyosaki Yoshihisa"にアクセスして下さい。

【ブログ内検証】
●2011年4月8日金曜日
緊急分析:東日本大震災から誘発される東海地区(世界)の地震⑦
http://a-gd.blogspot.com/2011/04/blog-post_08.html

今日、日本政府(原子力保安院)は史上最悪の事故"レベル7"に評価を漸く引き上げた。
日本は、国際救援を米国など核保有国のノウハウを得て福島第一原子力発電所の事故を収束させなければならない。
東日本地区での”もの作り"は、生産性に欠き、再び発生する大型余震で工場停止するリスクを半年以上抱え、電力抑制に最低3年、福島第一原子力のメルトダウンの可能性を抱えたまま収束作業に3〜5年(4基石棺化迄で最長10年と試算)と考えると世界の部品安定供給拠点としては適切でないだろう。
そして、ビジネスの場としても適さない。
読者の皆さんには、冷酷に聞こえるかもしれないがハイテク部品はグローバルの顧客対応であり、外国人(顧客)による工場監査・開発打ち合わせ・工場視察(訪問)など実施出来ないものと見ている。
筆者も海外版企業との開発打ち合わせを『東京』で行っているが本社技術者は日本出張禁止なのである。
代替え案として大阪出張は可能。(海外競合企業は、受け入れ可能⇒新規ビジネスの場合、工場視察と監査のペア)
福島第一原子力発電所の問題が長期化+事態の深刻化(メルトダウン・非難区域拡大・放射能汚染など)すれば海外企業は、日本の電子部品ベンダーの切り替えを更に加速する。
日本ハイテク産業界は、グローバル競争の中で自社の未来成長(持続的成長可能)のポジショニングを想定した経営戦略を取る事を筆者は提唱する。
日本政府の対応の遅れは、日本ハイテク産業(エレクトロニクス・材料・自動車)の崩壊どころか日本経済をメルトダウンさせる事になるのである。

天災として、東日本大震災は日本を襲い、世界は救援の手を差し伸べてくれている。
この事は、日本は深く感謝している。
現場のビジネスは、グローバル競争の中で日本の考える復興時間軸の中では、止まってくれない。
東日本大震災の復旧下で、少しシビアな話だが日本企業の"もの作り戦略組み換え"の判断ミスが、グローバル市場環境で海外競合企業に完全に抜き去られる可能性もある事を肝に命じて欲しい。
海外競合企業(台湾・韓国・中国)は、この東日本大震災を飛躍の好機と考えているのである。
(実例として、阪神大震災で神戸港の港湾流通のビジネスを韓国の釜山港に奪われ今だビジネスを取り戻せていない)
日本人は『性善説』であり、この習性を利用される事も警戒して欲しい。
戦略を持ったしたたかさが、今の日本に必要な事である。
よって、戦略マーケティング(経営連動型)が重要なのである。

【ブログ内予言の検証】
●2011年1月28日金曜日
シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言⑩
日本国崩壊のエピローグ
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/6_28.html

昨日は、久々に神奈川県庁を訪問し、ハイテク産業政策、未来の日本国家財源、グローバル環境での日本国の交渉力向上などお話をさせて頂いた。
今日のブログに関係することだが、日本国は新たな戦略とこの戦略に適合した人材を配置した組織構築をしない限り、この国は急速に衰退するだろう。
筆者はアーキテクトGD社のコラボレーション・スペース内でもこのブログでも、日本国衰退とハイテク産業崩壊シナリオを公開し、警鐘している
全て、課題を先送りにしてきた団塊世代の国家経営・企業経営のツケと膿を吐き出す時期となり、その時間は2013年である。
日本国は破綻に向かって、カウントダウンに入った。

"jsgiWEB"サイト内テーマ
閲覧したい方は、↓にログインして、無償会員登録(会員登録制)をして下さい。
http://jsgi.jp/cwin/rgfree.php

●W・ペセック 氏の分析(日本崩壊のシナリオ)

●10年後に「米国」は無くなる

●日本の国家システムを破壊する民主党(日本国心肺停止は?)


●中国バブル崩壊の兆し

●メモリ価格上昇シナリオの検証(北朝鮮38度線南下)

●米中経済摩擦勃発「日本のポジショニングは?」

●日本国の救世主になるはずだった「中川昭一怪死(暗殺)の真相?」

●日本企業の実像はユダヤ支配

●さらば、半導体・液晶の日本市場よ!

●巨大地震が日本を襲う

●原子炉放射の汚染で日本経済が破綻加速する

●放射能汚染で、水・食糧が調達出来なる日


●迫りくる食糧危機、救うのはハイテク技術