ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年4月5日火曜日

シリーズ7:未来社会を切り拓く日本(世界)ハイテク産業ルネサンス成長市場➃

昨日、世界の半導体業界を驚かせる企業買収ディールが成立したとロイター通信社の第一報の報道がなされた。
その内容は、米Texas Instruments社は米国時間4月4日、競合企業である米アナログ半導体メーカーNational Semiconductor社を65億米ドルで買収するということであった。

この買収は、米国政府当局の承認を得なくてはならないため、買収が完了するには6カ月から9カ月かかるものと見ている。
Texas Instruments社によるNational Semiconductor社の買収により、Texas Instruments社は高収益型アナログ半導体で世界最強の企業へと変貌する。
National Semiconductor社の製品が加わることでアナログポートフォリオをユーザーに、トータルソリューションとして提供出来、Texas Instruments社は3万部品におよぶ製品群に、National Semiconductor社1万2000部品⇒4万2000の製品を持つことになる。
筆者が提案する戦略マーケティングを全く理解出来ない、日本半導体企業の再編とは、中身がまったく異なるのである。
流石、Texas Instruments社であり、これこそが持続的超長可能な経営手法である。
これが戦略マーケティングのお手本である。
米韓のハイテク企業トップの経営判断の”スピード”が早い。
このような事を簡単にやり遂げる事が出来ない日本ハイテク企業は、永遠に負け続けるこれが筆者からの答えである。
2007年にTexas Instruments社米国幹部社員に向けて、筆者がプライベート提案した当時の新戦略はアーキテクトGD社のWEBで一部公開中(テーマ⇒2007年米国TI社グローバル新戦略提言)である。
もし、日本半導体企業が未来に生き残りをしたいのであれば、筆者の戦略プランを実行するしか生き残り策は無いかと思う。
筆者を今に至るまでのサポートしてくれた日本半導体企業に対して、大型実ビジネス案件付きの戦略コンサルティングでを実行しご恩返ししている最中なので、突然依頼されてもサポートは出来ない可能性が高いだろう。
通常にアナリストやコンサルタントに、戦略マーケティングの構築と実践プログラムとしてのデザインウィンを要望されても実ビジネスは絶対に獲得出来ないだろう。

再度、筆者から読者の皆さんにメッセージを送ると『戦略なき国家と企業は滅びるのである』。
これら再編は、単なる半導体メーカーだけの問題ではなく、グローバルで商流の組み替えが発生する事から日本独自の半導体商社のサプライチェーンも破壊される。
この事は死活問題となろう。
筆者は、2007年4月のDAFS(外国系半導体商社協会)のプライベート講演内で予言していた事である。
レーダーチャートの広がりを見せているのがTexas Instruments社そのものである。
日本半導体メーカーとの差異がこれで分かるだろう。














※関連記事:米TI、米ナショナル・セミコンダクターを65億ドルで買収へ
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-20427020110404
※関連記事:TI、ナショナル セミコンダクターを65億ドルで買収へ
http://japan.cnet.com/news/business/35001289/