緊急分析:カリスマなきApple帝国に迫る危機は?

"Facebook内の分析"
米国Apple社に対する世界的攻撃、どこまでこの猛攻に耐えれるか?
ジョブス氏なきAppl城は、砂上の上にある。
日本企業も毒りんごをかじりすぎると解毒剤なきりんごなので、全身機能停止となるこことも理解し、想定内にしておくべきである。
今後のモバイル端末で重要な要素技術となるのは音声認識。
Appleのバーチャルパーソナルアシスタント"Siri"が、訴訟のターゲットとなった。
今回の原告である台湾国立成功大学は、音声テキスト変換技術に関して同大学が保有する特許が侵害されたとしてApple社を提訴した。
大学側は2件の特許を米国でそれぞれ2007年と2010年に取得したと述べており、Siriが両特許を侵害したと考えているようである。

※関連記事:アップルの「Siri」にまたも特許侵害訴訟--今度は台湾の大学
http://japan.cnet.com/news/business/35019838/

このブログの人気の投稿

日本への未来予言

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨

BCP分析:トヨタ自動車世界一位陥落、次なる覇王となるのは『フォルクスワーゲン』 ➁