ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年8月25日土曜日

緊急分析:韓国サムスン電子、米国Apple社との米国での特許係争敗訴

韓国サムスン電子と米国Apple社の米国での特許係争、サムスン電子敗訴の分析とサムスン電子の未来予測は、Facebookに詳細な分析し(過去のアーキテクトのブログとも連動し)、既に公開しています。
米国Apple社株上昇中、サムスン電子の米国販売差し止めの期待+賠償金(約900億円)に市場が反応してである。

韓国サムスン電子への評決の主な内訳は以下の通りである。
●陪審員団は、Appleのトレードドレス'983号を支持する。
●陪審員団は、サムスンが一部の製品においてAppleの「iPhone」「iPhone 3」などで登録済みのトレードドレスを「弱めた」ことを認める。
●Apple側に、サムスンの特許に対する侵害は認められない。
●陪審員団は、UMTS規格に関連する市場の独占による独占禁止法違反がサムスンになかったことを認める。
●サムスンが支払うべき損害賠償額を10億5000万米ドルとする。

この分析に、ご興味がある方は"Toyosak Yoshihisa"まで友人登録をしてご覧下さい。

関連記事:アップルとサムスン電子の米特許訴訟でアップル勝訴、10.5億ドルの損害認める評決
http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPJT818882820120825