緊急分析:米国Apple社が非営利組織EPEAT認定を返上

"Facebook内の分析”
 米国Apple社は「環境に配慮しない企業になる」のだろうか?
Apple社は、環境配慮型製品の製造を推進する為の主要プログラムから同社が離脱することを決定した。
これは、同社の設計方針がプログラムの条件と合わなくなったと述べたと海外マスコミを通じて報じられている。
2012年6月下旬、Apple社は非営利組織EPEATに対し、同社製品への環境配慮の認定を今後申請しないことと、既に取得した認定を返上することを伝えてうる。

※関連記事:
http://japan.cnet.com/news/business/35019020/

このブログの人気の投稿

日本への未来予言

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨

シリーズ2:日本半導体産業復活のソリューションと警鐘 ⑨