ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年10月25日木曜日

緊急分析:不可解なエルピーダメモリの売却価格に気付いた米国裁判所

エルピーダメモリの米国マイクロン社買収は、最初から不可解な事ばかりである。
米国エルピーダ社の債権者が反対している係争問題は、米国デラウェア破産裁判所のクリストファー・ソンチ判事は2012年10月24日、エルピーダメモリが同社破産手続きプロセスについて債権者に十分な情報を提供していない事に、米国マイクロン社への売却を認めない可能性があると警告した。
何を隠蔽したいのか?エルピーダメモリよ。
それは、企業買収が最初から出来レースだからあるからだろう。
このまま時だけが悪戯に過ぎればエルピーダメモリは漂流し、そして転覆するだろう。

※関連記事:エルピーダ情報提供は不十分、マイクロンへの売却却下も=米判事
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89O02J20121025