ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年7月10日火曜日

緊急分析:米国AMD社の最新業績と筆者が考えるIntel社新戦略の提唱

"Facebook内の分析"
米国AMD社は業績下方修正は、経済状況もあるが28nmCPU量産遅延(GF社⇒TSMC社変更)が大きい。
ライバル企業の米国Inte社(Intel社はライバルと認識していないはずだが)は、自社開発・製造プロセスの22nmの量産出荷を問題なく達成している。
今後は、2Xnmプロセスが製造出来るメーカー(IDM、ファンダリ)が何社残るか?
ここで最先端半導体ビジネスは決まる。
仮に、Intel社がモバイルCPUを撤退し、そのバーターとして最先端モバイル&グラフィックスのファンダリを本格的スタートすれば台湾も韓国も一気に失速する。
筆者が考えるこのモデルをIntel社に是非、実行して欲しい。
さすれば、世の中は大きく変わる事になる。

関連記事:
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE86807920120709