ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年7月24日火曜日

緊急分析:日本ハイテク企業に訪れる最後にして最大のチャンスは!?

"Facebook内の分析"
筆者の未来予測通り、中国スマートフォンメーカーの大躍進中である。
これで韓国サムスン電子の大躍進、2013年で成長のピークアウトを迎えるだろう。
サムスン電子はスマートフォンが利益の源泉⇒半導体・ディスプレィが内
製事業と連座して、ダメになる。これが日本ハイテクの復活となる。あとはウォン高の環境が整えば韓国経済は崩壊するのである。
日本から奪った成長モデルは日本に返還して頂かなければならない。
「日米、台中の4国包囲網」で韓国は終わる。
2005年の半導体産業新聞コラムのサムスン電子撃破の提言通りシナリオ環境である。
ウォン高に誘導するのは現民主政権(親韓)であるから保守政権を擁立し、日銀と財務省をコントロールしなければならない。当然、野田首相が訪韓して決めた日韓スワップ協定は全面破棄すべきだろう。
経済、ビジネスは戦争であることを日本人は自覚しておくべきだろう。2012年中国のスマートフォン市場が2012年に急激な成長している。
中国モバイルインターネットは、PCからスマートフォンがアクセス数が逆転した。
このようにスマートフォンを核としたモバイル市場に大きなチャンスが到来したことで、2012年は中国IT企業が一斉に殺到してスマートフォンを投入する。
本年前半は、Alibaba社、Baidu社、Shengda(SDO)社、Qihoo 360すあ、Xiaomi社といった企業がクラウドフォンを投入し市場形成しようとしたが、実市場では韓国サムスン電子、米国Apple社、フィンランドNokia社、中国Huawei社、中国ZTE社などの新旧の主要ブランドに人気が消費者の購買意欲は集中しており、その他のブランドが活躍できそうな余地は残りの15%、2100万台程度に留まっている。
【ブログ内の分析】
●2010年12月15日水曜日
シリーズ5:崩壊する日本ハイテク産業のエピローグ:番外編➃『ハイテク韓国版』
http://a-gd.blogspot.jp/2010/12/5_15.html
●2012年3月27日火曜日
緊急分析:近未来にサムスン電子の帝国は崩壊を始めるだろう
http://a-gd.blogspot.jp/2012/03/blog-post_27.html

"Facebook内の分析"
今日は、中国政府関係者の通信エキスパートとあるプロジェクトの議論を行った。
筆者の戦略シナリオの未来予測のように、近い将来サムスン帝国崩壊が現実味を帯びてきた。
現サムスン電子の利益の源泉はスマートフォン(タブレットは販売不信)。
無線事業が半導体のアプリケーションププロセッサとNANDとDRAM、有機EL牽引し、内製デバイス価格(ツケ変え)で利益を生み出しているのが強みである。
中国市場は既にスマートフォンは1億台。
iPhoneは伸び悩みロイヤルティをキャリアが嫌い始めている。
中国の8割スマートフォンは、中国メーカーのファーウェイ社、ZTE社、Coolpad社。
サムスン電子ファーウェイにリプレイスされている。また中国側から報奨金も出されており海外製は抑制される。
そして、中国メーカーは安く、サムスン電子はこの1年でグローバルのコスト競争に追従出来なくなる。
ZTE社のスピンアウトベンチャーが、新興国のインドやアフリカを抑える事になる。
これ2年で、サムスン電子の綻びとしての結論が出る事になる。
ハイエンドはファーウェイ社が自社開発アプリケーションプロセッサ(クワッドコア)も投入しハードのみであればサムスンを超える。
中国の弱みは日本と同じUIである。
日本の仇は、中国が取る事になる。
日本半導体と通信機器の再起動は、この3年でビックチャンスが来るだろう。
日本企業は、"ReBORN"に向け準備を進めて置くことである。