ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年12月28日金曜日

緊急分析:富士通半導体は2013.3で決着が付く!!

筆者の昨日のブルーバーグ社インタビュー記事である。 オフレコを除いた部分、オフレコは未来予測としての富士通半導体のシナリオとけると結論である。 ※関連記事:富士通:今期PC出荷計画未達へ-欧州低迷やウィンドウズ軟調(訂正) http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MFOLIB6K50Y801.html 半導体は3月末までに方針 アーキテクトグランドデザインの豊崎禎久アナリストは、「米アップルや米アマゾンのタブレット型端末や電子書籍端末に消費者の関心が集まり、PCメーカーはたたき売りを強いられている」とコメント。ウィンドウズ8も安定性が課題となっており富士通が得意とする法人向け需要本格化には時間を要するとの見通しを示した。