ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年10月16日火曜日

緊急分析:米国Amazon社は半導体メーカーになる日

"Facebook内での分析”
米国Amazon社が半導体メーカーになる日。
米国TI社OMAPはAmazonのキンドル/
ファイヤーに採用されている世界トップレベルのアプリケーション・プロセッサである。
このTI社事業買収は、極めて正しい戦略である。
アプリケーションプロセッサはコンテンツを最適駆動させる為のエンジン、日本半導体メーカーは1d社もこのデバイスを開発出来なかった。
コンテンツを支配するものにはアプリケーションプロセッサは必須である。これで世界はAppleとAmazonとサムスン電子+インテル(Microsoft)3強プラス1で戦う事になる。
この明確なる成長戦略の買収と対照的に、いかに日本連合艦隊のルネサスエレクトロニクスの経営支援(産官)が馬鹿げたスキームか分かるだろう。


※関連記事:再送:UPDATE1: 米アマゾン、TIモバイルチップ部門買収に向け交渉=新聞
http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPJT821676420121015
※関連記事:アマゾン、TIモバイルチップ事業の買収を計画かhttp://japan.cnet.com/news/business/35023090/