緊急分析:キヤノンEOS-1DXに搭載されたDIGIC5+のデュアルプロセッサの意味

今回はキヤノン最新機種の画像エンジンDIGIC5+の機能を評価しょう。
キヤノンのDIGIC4は富士通セミコンダクターのDSC SoCソリューションをベースに開発されていると筆者は推測している。
しかし、DIGIC5、DIGIC5+は45nmプロセス採用の某半導体企業の画像エンジンベースとなるプラットフォームを採用したと見ている。

このブログの人気の投稿

緊急分析:日本半導体メーカー次に消えゆくX社は?

日本への未来予言

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨