緊急分析:オリンパスの上場廃止の危機迫る、期日は12月14日。

"Facebook内の分析”
遂に、最終勧告『オリンパス』2011年12月14日までに報告書出さなければ上場廃止となる。
東京証券取引所は11月10日、オリンパス(東証一部、証券コード7733)株式を監理銘柄(確認中)に指定した。
東京証券取引所斎藤社長のアクションは、適切で早い。
このような迅速は判断をしないと世界から東京証券取引所も信用が無くなることになる。
尚、‎12月14日は、赤穂浪士討ち入りの日でもある。
オリンパスの従業員は約4万人、日本の優れた技術が海外企業に買収されないように日本政府には万全の体制を取って頂きたい。

※関連記事:オリンパス、12月14日までに報告書出さなければ上場廃止--監理銘柄に指定
http://japan.cnet.com/news/business/35010383/?tag=topMain

このブログの人気の投稿

日本への未来予言

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨

シリーズ2:日本半導体産業復活のソリューションと警鐘 ⑨