ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年11月10日木曜日

緊急分析:2011年世界テレビ市場は鈍化、その要因は?

"Facebook内の分析”

デジタルテレビ市場が1つ階段を登り、2011年休止状態(世界経済、日本のエコポイントによる2年分の先取り要因)である。
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、2011年のTV用LCDの出荷台数が初めて減少に転じる可能性が出ているようである。
テレビ出荷台数は、2010年の2億2000万台から前年比6%減の2億780万台となる見込み。
2012年はこの反動で、同19.0%増の2億4730万台となる見通し。
しかし、2012年の世界経済はスーパーリセッションとなり、どん底状態の中、一気に消費意欲は無くなる。
その時、テレビ市場は2011年の出荷台数を下回るシナリオも十分考えられると筆者は見ている。