緊急分析:3Dプリンター市場に日本のキーエンス社参入

3Dプリンター市場は米国とイスラエルの独占市場である。
日本メーカーの世界シェアは1%、この市場に大阪のキーエンス社がチャレンジする。
3Dプリンターは従来は工業製品分野向けであったが、プリンターが200万円台を切るようになり建築事務所や大学などの新たなユーザーが広がっている。

※関連記事:あと10年で3Dプリンタはもっと小さくなる
http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/dms2010/01/dms01a.html

このブログの人気の投稿

日本への未来予言

緊急分析:第三次世界大戦の未来予言と回避手法

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨