ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年11月25日金曜日

日本政府への提言:『日本の宝オリンパスの光学・内視鏡技術を守れ!!』

日本政府(経済産業省・厚生労働省)は、日本の重要技術を保有するオリンパスは防衛体制を検討しておくべきであろう。
オリンパスの内視鏡を欲しがる米国企業は昔からいる。
内視鏡の治療は日本が最先端技術を保有する。
その治療を実現したのがオリンパスの内視鏡である。
内視鏡のオリンパス世界シェアは70%。
よって、医療分野で巨大企業を目指す海外企業は、投資妙味が高いとし、プライベート・エクイティファンド(PE)の米国KKR社などを使い同社を投資対象としてみている(これは、会社を取りに来る⇒ハゲタカ手法)。
日本の医療としては『治療分野(検査も非常に価値あることだが)』で特質した成果を上げているオリンパスを守らなければならない。
何故なら、胃癌は日本人が多い病気。海外企業にこの技術を奪われ、保険適用外(TPPがまさにこれを仕掛けている)の治療方法として、未来は富裕者層のみの高額医療になるかもしれない。
日本国民は、もっとオリンパス問題に関心を持つべきだろう。
海外のPEなど買収を阻止するには、一度条件付非上場としオリンパスを新経営体制を立て直すべきである。

2010年医療機器メーカーランキングでは、オリンパスは世界17位である。
※下記ランキングは、JETRO調査報告書まとめたものである。

ランキング  企業名       年間売上高(10億米ドル)
1                      Jonson&Jonson            $23.6B
2                      Simens Healthcare        $17.4B                        
3                      GE Healthcare              $16.0B
4                      Medtronic                     $14.6B
5                      Baxter International       $12.6B
6                      Philips Healthcare          $11.2B
7                      Abbott Laboratories      $8.4B
8                      Boston Scientific            $8.2B
9                      Covideien                      $7.8B
10                    Becton Dickinson           $7.2B
11                    Stryker                          $6.7B
12                    B.Braun                         $5.8B      
13                    St.Jude Medeical           $4.7B
14                    Cardinal Health              $4.6B
15                    3M Healthcare               $4.3B
16                    Zimmre                          $4.1B
17                    オリンパス                    $4.0B
18                    Hospira                          $3.9B
19                    Smith&Nephew             $3.8B
20                    東芝                              $3.7B

"Faceboo内の分析"
オリンパスに関心を示す海外のPE(KKR社)などは、バイアウト・ファンドである。
その実態は、複数の機関投資家や個人投資家から集めた資金を事業会社や金融機関に投資し、同時にその企業の経営に深く関与して企業価値を高めた後に、企業(事業分割)売却することで高い内部収益率を獲得することを目的とした投資ファンド⇒ハゲタカ・ファンドである。
これが『ハゲタカ』と言われる由縁である。
映画ハゲタでも米国軍事産業が大空電機の光学レンズ(事業分割)を狙いに来たシーンを思う浮かべる方もいるだろう。
さに、未来これを実行しようというPEがオリンパスに群がりはじめているのである。

※関連記事:オリンパスへの投資検討の可能性、現時点で全く白紙=KKR
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-24328920111124
※関連記事:バイアウト・ファンド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89
※関連記事:ヤフー株争奪戦にKKRなどPE連合が参戦へ
http://money.jp.msn.com/news/yucasee/article.aspx?cp-documentid=5590169