ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年11月28日月曜日

緊急分析:米国AMD社がGrobal foundries社の28nm製造計画をキャンセル

米国AMD社がGrobal foundries社の28nm製造計画をキャンセル。
業界のサプライチェーンにぶら下がる企業はゼロサムゲームとなる。

※関連記事:Reports: AMD cancels Globalfoundries 28-nm APUs
http://www.eetimes.com/electronics-news/4230842/Reports-AMD-cancels-Globalfoundries-28nm-APUs

"Facebook内の分析"
台湾地震が再来しまた半導体業界は右往左往する事になるだろう。
筆者は、未来予測シナリオに加えている。
学習しない半導体メーカーと我欲ばかり貪るメーカーにはある力でバランスを取られることになる。
TSMC社一極集中はBCPのリスク回避の視点ゼロ。
FAB分散は、今後必須となる。

"Facebook内の分析”
人も企業も災害から何も学ばず我欲に走っている。
この産業界は、もう、いいのではないでしょうか?
半導体業界が一極集中の怖さを思いしれば・・・・。
迷惑を掛けるのは電子機器メーカーで消費が冷え込む事になる。
台湾での地震が再来する時、愚かさを後悔するでしょう。
福島第一原発のように津波の高さと全電源喪失を想定外と言ったように・・・・。
過去の地震でどれだけリスクがあるか科学者は、事前に警鐘していたのですから。

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社によれば、TSMC社の28nmプロセスラインの生産能力がタイトになっている。
28nmによる生産は2011年末までに月産2万枚とする予定で、2012年にFab15が立ち上がることで大幅に能力が拡大する見通し。
米Altera、AMD、Qualcommなどが28nmプロセスを採用している他、米Broadcom、LSIなども28nmを採用する見込み。