ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年11月8日火曜日

緊急分析:成長する中国テレビ市場で日本企業は蚊帳の外

"FacebooK内の分析"
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社によれば、中国6大テレビメーカーによる9月のLCD-TV出荷台数は、中国の10月の国慶節の影響により前月比47.3%増の520万5000台になったと報道している。
この内訳は、Hisense社は世界シェア4.5%、TCL社は同4.3%を占めた他、Genesys社は同3.9%となり蘭Royal Philips Electronics社と激しいシェア争いしている。
中国国内で見ると、TCL社が24.7%のシェアでトップをキープし、Hisense社が23.3%、Genesys社が17.2%。中国もLEDバックライト搭載TVの出荷比率は53%となり、2011年9か月平均では44%に達した。
3DTVの9月の出荷比率は17%になっている。
中国もまた3DTVが不発である。
このように日本テレビメーカーは蚊帳の外なのである。
巨大成長市場に日本企業は食い込めない、利益を出せない。
何故か?
地域適合製品戦略が間違っている事と地域の販売サプライチェーン(マージンのシステム)を理解していないからである。
インテリジェンスの無さと正しい中国人脈を掘り当てていないのが日本企業なのである。