緊急分析:2015年に電子商取引で『中国は世界一になる』

米国ボストン・コンサルティング・グループ社が中国のインターネットでの小売り取引額が2015年に2兆元(約24兆2000億円)を超え、米国を抜いて世界最大のインターネット小売市場になるとの見通しを発表した。
2011年11月22日同社が発表したリポートによるば、中国の電子商取引の売上高は10年に約4倍の4760億元と、2008年の1280億元から増加した。
昨年は、都市部の住民のうち23%がオンラインで物品を購入している。
2015年には中国の都市住民のうち44%がインターネットで物品を購入するようになると予想されてる。

※関連記事:中国の電子商取引、2015年に米抜き24兆円へ-コンサルタント会社
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920016&sid=agm6g4dDA35g

このブログの人気の投稿

緊急分析:日本半導体メーカー次に消えゆくX社は?

日本への未来予言

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨