ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年8月31日水曜日

緊急分析:『産業革新機構⇒東芝・日立・ソニー』3社統合液晶企業の運命は?

"Facebook内の分析”
この日本企業群による『合従連衡』スキームは未来は、統合事業失敗に終わるだろう。
液晶パネルは開発・製造の拠点は中国に取って変られるだろう。
筆者には、明確に未来が見えている。
未来の液晶の覇王は、中国なのである。
中国は液晶開発・製造事業を国家成長戦略として重要視している。
そして、スマフォ搭載液晶時代は、有機EL、MEMSディスプレィ(新技術)と超解像度パネルへと急速シフトする。
現行技術とビジネスモデル+Apple社傘下(但し、設備投資を直接されていない)では、長くは生き残れないだろう。
これ原子力行政と同じで、危ないと分かっていても政府と産業革新機構は巨額投資を行うのである。

【ブログ内の評価・分析】
●2011年6月7日火曜日
緊急分析:『産業革新機構の投資スキーム』⇒東芝とソニーの中小型液晶統合新会社構想➀
http://a-gd.blogspot.com/2011/06/blog-post_07.html
●2011年6月30日木曜日
緊急分析:『産業革新機構の投資スキーム』⇒東芝とソニーの中小型液晶統合新会社構想➁ http://a-gd.blogspot.com/2011/06/blog-post_7603.html

※関連記事:UPDATE 1-Sony, Toshiba, Hitachi to merge small display operations
http://in.reuters.com/article/2011/08/31/japan-displays-idINL4E7JV08Y20110831
※関連記事:東芝・日立・ソニーと革新機構、中小型液晶の統合会社で基本合意
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22954520110831
※関連記事:東芝、日立、ソニーが中小型液晶で新会社-同分野で世界トップへ
http://jp.wsj.com/IT/node_298672