緊急分析:『世界特許争奪大戦争時代に突入』

"Facebook内の分析”
米国インターデジタル社を巡っての企業買収合戦。
アップル社とクワルコム社が争奪合戦を繰り広げる。
これが『特許保有企業買収戦争』の勃発である。
日本ハイテク企業は、通信分野から将来は完全排除。
ただ、バイヤーとしての立場に追い込まれる。
日本政府(経済産業省と総務省)には、このような世界情勢を変化を見ている人間はいない。
これが日本国家としての欠陥である。

※関連記事:アップルやクアルコムなど、米インターデジタル買収を検討
http://www.blogger.com/post-create.g?blogID=1563002392411992609


このブログの人気の投稿

日本への未来予言

緊急分析:第三次世界大戦の未来予言と回避手法

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨