ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年8月22日月曜日

緊急分析:サムスン帝国に襲いかかる危機

"Facebook内の分析”
サムスン組織の腐敗。構造改革は『未来戦略室』である。イゴンヒ会長自らが改革着手しているようだが、南北王朝も同族後継者が3代引き継がれる。
北に王朝は10年以内に完全崩壊するだろう。
その時南は統一を迫られる。
筆者の2005年時点での未来予測である。

※関連記事:三星内の不正腐敗に李会長が激怒…大々的な刷新(1)
http://japanese.joins.com/article/896/142896.html?servcode=300&sectcode=320
※関連記事:三星内の不正腐敗に李会長が激怒…大々的な刷新(2)
http://japanese.joins.com/article/897/142897.html?servcode=300§code=320

"Facebook内の分析”
サムスン帝国崩壊は近い、韓国経済界も真剣に危惧している。。
日本のコピーと人材引き抜きがサムスン成長の原動力である。
しかし、サムスンは日本のダメな部分まで企業文化を焼き込んでしまった。
ハードウェア史上主義。
現代は、ソフト&サービス。韓国財界人は電気自動車参入を提唱している。日本国と日本企業は電気自動車関連エンジニアを韓国と中国に引き向かれないにする事である。

※関連記事:三星に変化を求める、このままだと意味がない
http://japanese.joins.com/article/964/142964.html?servcode=300&sectcode=320

"Facebook内の分析”
サムスン電子の現状分析をすると一番分かり易い映画がある。
アカデミー受賞した『遠すぎた橋』にようである。
サムスン電子経営戦略としてのソフト強化はまさに『マーケット・ガーデン作戦』のようである。
読者の皆さんもこの最後の夏休みに鑑賞してはいかがだろうか?

※関連記事:ハードウェア会社の三星がソフトウェア会社の買収を推進
http://japanese.joins.com/article/894/142894.html?servcode=300&sectcode=300