ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年8月19日金曜日

緊急分析:『世界の太陽電池バブルは崩壊、日本需要は特需』

"Facebook内の分析”
太陽光パネル市場(ウェハ市場も)は、数量ベースでは世界的に拡大しているが、この需要を牽引しているのは価格の低下、デフレによって作り出される市場という事である。
そのため、米国エバーグリーン社やその他米国企業などは、中国勢をはじめとする競合企業とのコスト削減競争に敗れ始めている。
実質、世界太陽電池の健全市場は終わり、これは『太陽電池バブル』は崩壊を意味する。
日本は福島第一原発事故の振り子の逆ブレ(原子力⇒再生可能エネルギー)の国内特需があるのみである。

※関連記事:中国のLDKソーラー:売上高見通しを下方修正-在庫評価損計上へ
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aH9D8pD9dj0o
※関連記事:【NewsBrief】太陽光パネルの米エバーグリーンが破産申請―中国勢に押され
http://jp.wsj.com/US/Economy/node_290874
※関連記事:アジアと北米の太陽光発電市場、発電量は増加も売上高は横ばい
http://eetimes.jp/ee/articles/1108/17/news029.html