緊急分析:福島第1原発1号機~2号機間から1万シーベルトの放射線が確認

"Facebook内の分析”
福島第1原発1号機〜2号機間の配管外側で、1万ミリシーベルトの放射線の数値が測​定された。
これは、被爆量として致死量である。
日本政府発表と対応は、後​手後手である。
作業員の被爆量が心配である。
米国のNRCのよう​な機関が必要であろう。

※関連記事:過去最高10シーベルトを計測 福島第一の配管外側
http://www.asahi.com/national/update/0801/TKY201108010451.html

このブログの人気の投稿

日本への未来予言

緊急分析:第三次世界大戦の未来予言と回避手法

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨