ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年8月25日木曜日

緊急分析:アップル社スティーブ・ジョブス氏がCEOを辞任

"Facebook内の分析”
後継者は、クックCOO。
Appleリスクはここにある。
アーキテクトでもあるジョブス氏がApple社から消え去る時、最大のAppleリスクが来る。
これも未来予測に組み込まれている。
この未来予測は別のjsgi WEBのコラボレーションスペースに2年半前にXデーを公開している。

"Facebook内の分析”
日本電機メーカーに神風が吹くと言いたいところですが、今の電機メーカーのコンセプト&サービスモデルで打ち勝てる企業はありません。
違う大きなリスクはサプライチェーンに潜んでおり、ジョブス氏が消え去った時にのビジネスリスク予測と何が起こるのか?
Apple社がこけると一番の被害者は『日本』となるでしょう。
それは部品、材料のシステム構成比が高いからです。
筆者の分析では『Apple社を毒りんごと呼び、白雪姫と同じ運命。
しかし、王子様は現れず、日本企業は永遠の眠りにつく』。
これが毒リングのビジネスモデル。
これを回避する策は、実クライアントには公開は出来ないので、このようなリスクが発生するという事を理解して、ハイテク業界と株式投資ををされている方は、危機管理して頂ければと思います。

※関連記事:米アップルのジョブズCEOが辞任:識者はこうみる
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22856620110825
※関連記事:Steve Jobs resigns as Apple CEO
http://www.eetimes.com/electronics-news/4219293/Steve-Jobs-resigns-as-Apple-CEO
※関連記事:米アップルCEOが辞任、症状が予想以上に重いとの見方も
http://jp.reuters.com/article/jpMobile/idJPJAPAN-22868720110825
※関連記事:情報BOX:米アップル新CEO、クック氏の横顔
http://jp.reuters.com/article/jpMobile/idJPJAPAN-22868420110825
※関連記事:アップル株小幅安、投資家はジョブズ氏辞任を冷静に受け止め
http://jp.reuters.com/article/jpMobile/idJPJAPAN-22872820110825