緊急分析:フランスSoitec社集光型太陽電池

‎"Facebook内の分析"
2011年12月9日フランスSoitec社は、自社の集光型太陽電池を導入した南アフリカ初の太陽光発電所の開所式を12月4日に開催したと発表した。
同発電所は、南アフリカDurbanで開催されたCOP17に伴い設立され、発量は500kW。
32基の2軸太陽光追尾システムとフレネルレンズを用いて、モジュール変換効率は30%近くに達している。
集光型太陽電池は、中東、ゴビ砂漠など有効的な技術である。日本とアジアは緯度的に不適合である。

このブログの人気の投稿

日本への未来予言

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨

BCP分析:トヨタ自動車世界一位陥落、次なる覇王となるのは『フォルクスワーゲン』 ➁