緊急分析:NTTドコモがパトロンとなるLTE統合会社の目的は?米国クワルコム社対抗戦略

"Facebook内の分析”
2011年12月27日NTTドコモは、富士通、富士通セミコンダクター、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、韓国Samsung Electronics社の国内外メーカー5社と通信機器向け半導体の開発/販売を行う合弁会社設立に向けた合弁契約を締結したと発表した。
この新会社では各社が保有する技術やノウハウなどを集約し、最先端微細化技術を採用した半導体の省電力化・小型化を目指すとともに、LTE/LTE-Advanced(4G)への対応も検討して行くとしている。
NTTドコモは、2012年1月に準備会社通信プラットフォーム企画(株)を設立、同年3月下旬に合弁会社に移行する予定である。

※関連記事:NTTドコモ、半導体メーカー各社と合弁会社を設立
http://hardware.slashdot.jp/story/11/12/28/0237232/

このブログの人気の投稿

日本への未来予言

緊急分析:第三次世界大戦の未来予言と回避手法

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨