ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年12月29日木曜日

緊急分析:中国政府による太陽電池『内需』拡大政策の真意は?

"Facebook内の分析"
中国の国内産業育成型、経済浮揚策として『内需』拡大を支援する。
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社によれば、中国の第12次5か年計画において、2015年までに太陽光発電の導入量を当初の目標値より50%高い15GWに設定している。
これは中国の太陽電池メーカーが欧州、米国、インドにおいてダンピング問題に直面しているため、内需を増加させる狙もあるが、最大の要因は、欧州経済危機で、一気に欧州太陽バブル(FIT政策)が弾け市場が冷え込んだからである。
特に、米国では中国太陽電池メーカーの安売り攻勢で、大手米国メーカーが破綻に追い込まれている。
この中国政府の内需政策で中国メーカーは更に、低価格(国内向けで更に価格競争となり、しいてはグローバル市場にも影響する)に対する競争力を付け、日本太陽電池メーカーは淘汰されて行くのが短期の未来予測である。